特別展「兵庫県立美術館開館20周年記念 李禹煥」

兵庫県立美術館

  • 開催期間:2022年12月13日(火)〜2023年2月12日(日)
  • クリップ数:11 件
特別展「兵庫県立美術館開館20周年記念 李禹煥」 兵庫県立美術館-1
特別展「兵庫県立美術館開館20周年記念 李禹煥」 兵庫県立美術館-2
特別展「兵庫県立美術館開館20周年記念 李禹煥」 兵庫県立美術館-3
特別展「兵庫県立美術館開館20周年記念 李禹煥」 兵庫県立美術館-4
特別展「兵庫県立美術館開館20周年記念 李禹煥」 兵庫県立美術館-5
特別展「兵庫県立美術館開館20周年記念 李禹煥」 兵庫県立美術館-6
特別展「兵庫県立美術館開館20周年記念 李禹煥」 兵庫県立美術館-7
特別展「兵庫県立美術館開館20周年記念 李禹煥」 兵庫県立美術館-8
特別展「兵庫県立美術館開館20周年記念 李禹煥」 兵庫県立美術館-9
特別展「兵庫県立美術館開館20周年記念 李禹煥」 兵庫県立美術館-10
李禹煥、鎌倉にて、2022年 Photo©Lee Ufan, Photo by Shu Nakagawa
《関係項》1968/2019年 石、鉄、ガラス 石:高さ約80cm、鉄板:1.6×240×200cm ガラス板:1.5×240×200cm 森美術館、東京 Photo by Kei Miyajima
《関係項―棲処(B)》2017年 石 作家蔵 展示風景:「ル・コルビュジエの中の李禹煥 記憶の彼方に」展、ラ・トゥーレット修道院、エヴー、フランス、2017年9月20日-12月20日
©Foundation Le Corbusier, Photo by Jean-Philippe Simard
《関係項―無限の糸》2022年 ステンレス、糸 サイズ可変 作家蔵 展示風景:「李禹煥 レクイエム」アリスカン、アルル、フランス、2021年10月30日-2022年9月30日
©Studio Lee Ufan / Photo by Claire Dorn
《線より》1977年 岩絵具、膠/カンヴァス 182×227 cm 東京国立近代美術館
《点より》1977年 岩絵具、膠/カンヴァス 182×227 cm 東京国立近代美術館
《風より》1985年 岩絵具、油/カンヴァス 227×182㎝ 豊田市美術館
《応答》2021年 アクリル絵具/カンヴァス 291×218cm 作家蔵
李禹煥、フランス、アルル、アリスカンにて、2021年
©Studio Lee Ufan / Photo by Claire Dorn
李禹煥、フランス、アングレームでの《関係項-星の影》設置作業、2021年
Photo©Lee Ufan
特別展「兵庫県立美術館開館20周年記念 李禹煥」 兵庫県立美術館-1
特別展「兵庫県立美術館開館20周年記念 李禹煥」 兵庫県立美術館-1
特別展「兵庫県立美術館開館20周年記念 李禹煥」 兵庫県立美術館-1
特別展「兵庫県立美術館開館20周年記念 李禹煥」 兵庫県立美術館-1
特別展「兵庫県立美術館開館20周年記念 李禹煥」 兵庫県立美術館-1
特別展「兵庫県立美術館開館20周年記念 李禹煥」 兵庫県立美術館-1
特別展「兵庫県立美術館開館20周年記念 李禹煥」 兵庫県立美術館-1
特別展「兵庫県立美術館開館20周年記念 李禹煥」 兵庫県立美術館-1
特別展「兵庫県立美術館開館20周年記念 李禹煥」 兵庫県立美術館-1
特別展「兵庫県立美術館開館20周年記念 李禹煥」 兵庫県立美術館-1

こちらの展覧会は、ご招待チケットプレゼントがあります。詳細はこちら ↓

この展覧会についてABOUT THIS EXHIBITION

国際的にも大きな注目を集めてきた「もの派」を代表する美術家、李禹煥(リ・ウファン、1936年生)の待望の日本での大規模な回顧展を開催します。

東洋と西洋のさまざまな思想や文学を貪欲に吸収した李は、1960年代から現代美術に関心を深め、60年代後半に入って本格的に制作を開始しました。視覚の不確かさを乗り越えようとした李は、自然や人工の素材を節制の姿勢で組み合わせ提示する「もの派」と呼ばれる動向を牽引しました。また、すべては相互関係のもとにあるという世界観を、視覚芸術だけでなく、著述においても展開しました。

李の作品は、芸術をイメージや主題、意味の世界から解放し、ものともの、ものと人との関係を問いかけます。それは、世界のすべてが共時的に存在し、相互に関連しあっていることの証なのです。奇しくも私たちは、新型コロナウィルスの脅威に晒され、人間中心主義の世界観に変更を迫られています。李の思想と実践は、未曾有の危機を脱するための啓示に満ちた導きでもあります。

本展では、「もの派」にいたる前の視覚の問題を問う初期作品から、彫刻の概念を変えた〈関係項〉シリーズ、そして、静謐なリズムを奏でる精神性の高い絵画など、代表作が一堂に会します。また、李の創造の軌跡をたどる過去の作品とともに、新たな境地を示す新作も出品される予定です。

◆ 李禹煥(リ・ウファン)
1936年、韓国慶尚南道に生まれる。ソウル大学校美術大学入学後の1956年に来日し、その後、日本大学文学部で哲学を学ぶ。1960年代末から始まった戦後日本美術におけるもっとも重要な動向の一つ、「もの派」を牽引した作家として広く知られている。1969年には論考「事物から存在へ」が美術出版社芸術評論に入選、1971年刊行の『出会いを求めて』は「もの派」の理論を支える重要文献となった。『余白の芸術』(2000年)は、英語、フランス語、韓国語に翻訳されている。50年以上に渡り国内外で作品を発表し続けてきた李は、近年ではグッゲンハイム美術館(ニューヨーク、アメリカ合衆国、2011 年)、ヴェルサイユ宮殿(ヴェルサイユ、フランス、2014年)、ポンピドゥー・センター・メス(メス、フランス、2019 年)で個展を開催するなど、ますます活躍の場を広げている。国内では、2010年に香川県直島町に安藤忠雄設計の李禹煥美術館が開館している。本展は、「李禹煥 余白の芸術展」(横浜美術館、2005年)以来の大規模な個展となる。

開催概要EVENT DETAILS

会期 2022年12月13日(火)〜2023年2月12日(日)
会場 兵庫県立美術館 Google Map
住所 兵庫県神戸市中央区脇浜海岸通1-1-1 (HAT神戸内)
時間 10:00〜18:00 (最終入場時間 17:30)
休館日 月曜日 
年末年始 12月31日(土)~1月2日(月)
1月10日(火)
※ただし1月9日(月)は開館
観覧料 一般 1,600円(1,400円)
大学生 1,200円(1,000円)
高校生以下 無料
70歳以上 800円
障がいのある方(一般) 400円
障がいのある方(大学生) 300円
  • ※( )内は前売料金
    ※前売は一般、大学生のみ。前売販売期間:10月1日(土)~12月12日(月)
    ※一般以外の料金でご利用の方は観覧当日に証明書を要提示
    ※障がいのある方1名につき、介護の方1名無料
    ※コレクション展は別途観覧料が必要です(本展とあわせて観覧される場合は割引があります)
    ※予約制ではありません。混雑時は入場制限のある場合があります
    ※団体鑑賞をご希望の場合は1ヶ月前までに兵庫県立美術館にご連絡ください
TEL078-262-1011
URLhttps://www.artm.pref.hyogo.jp

兵庫県立美術館の情報はこちらMUSEUM INFORMATION

兵庫県立美術館 兵庫県立美術館

ご招待チケットプレゼントINVITATION TICKET GIFT

こちらの展覧会は、5組10名様にご招待チケットがございます。鑑賞後に当サイトの【感想・評価】のほか【鑑賞レポート】や【アートブログ】へのご投稿をお寄せいただける方を優先にプレゼントさせていただいております。

この展覧会のご招待チケットに応募する

巡回展TRAVELING EXHIBITION

特別展「兵庫県立美術館開館20周年記念 李禹煥」 巡回情報
※巡回先は、全情報が載っていない場合もございます。最新の巡回先一覧は、展覧会公式サイトなどでご確認いただけますよう、お願いいたします。
また、会期が変更など開催情報に変更が生じる場合がありますので、お出かけの際には、公式サイトにて最新情報をご確認ください。

感想・評価 | 鑑賞レポートREVIEWS

あなたも感想・評価を投稿してみませんか?
感想・評価を投稿する

より詳しい鑑賞レポート 《600文字以上》のご投稿はこちらから。
ページ枠でご紹介となります。
鑑賞レポート《600文字以上》を投稿する

周辺で開催中の展覧会も探してみて下さい。
兵庫県で開催中の展覧会

出展作品・関連画像IMAGES

李禹煥、鎌倉にて、2022年 Photo©Lee Ufan, Photo by Shu Nakagawa

《関係項》1968/2019年 石、鉄、ガラス 石:高さ約80cm、鉄板:1.6×240×200cm ガラス板:1.5×240×200cm 森美術館、東京 Photo by Kei Miyajima

《関係項―棲処(B)》2017年 石 作家蔵 展示風景:「ル・コルビュジエの中の李禹煥 記憶の彼方に」展、ラ・トゥーレット修道院、エヴー、フランス、2017年9月20日-12月20日
©Foundation Le Corbusier, Photo by Jean-Philippe Simard

《関係項―無限の糸》2022年 ステンレス、糸 サイズ可変 作家蔵 展示風景:「李禹煥 レクイエム」アリスカン、アルル、フランス、2021年10月30日-2022年9月30日
©Studio Lee Ufan / Photo by Claire Dorn

《線より》1977年 岩絵具、膠/カンヴァス 182×227 cm 東京国立近代美術館

《点より》1977年 岩絵具、膠/カンヴァス 182×227 cm 東京国立近代美術館

《風より》1985年 岩絵具、油/カンヴァス 227×182㎝ 豊田市美術館

《応答》2021年 アクリル絵具/カンヴァス 291×218cm 作家蔵

李禹煥、フランス、アルル、アリスカンにて、2021年
©Studio Lee Ufan / Photo by Claire Dorn

こちらの機能は、会員登録(無料)後にご利用いただけます。

会員登録はこちらから
SIGN UP
ログインはこちらから
SIGN IN

※あなたの美術館鑑賞をアートアジェンダがサポートいたします。
詳しくはこちら

CLOSE

こちらの機能は、会員登録(無料)後にご利用いただけます。

会員登録はこちらから
SIGN UP
ログインはこちらから
SIGN IN

ログインせずに「いいね(THANKS!)」する場合は こちら

CLOSE


がマイページにクリップされました

CLOSE マイページクリップ一覧を見る


がお気に入りに登録されました

CLOSE マイページお気に入り一覧を見る


を訪問済みに移動しました

CLOSE マイページ訪問済みイベントを見る

CLOSE

name

参考になりました!をクリックしたユーザー 一覧
CLOSE