ANDY WARHOL KYOTO/
アンディ・ウォーホル・キョウト

京都市京セラ美術館

  • 開催期間:2022年9月17日(土)〜2023年2月12日(日)
  • クリップ数:75 件
  • 感想・評価:10 件
ANDY WARHOL KYOTO/アンディ・ウォーホル・キョウト 京都市京セラ美術館-1
ANDY WARHOL KYOTO/アンディ・ウォーホル・キョウト 京都市京セラ美術館-2
ANDY WARHOL KYOTO/アンディ・ウォーホル・キョウト 京都市京セラ美術館-3
ANDY WARHOL KYOTO/アンディ・ウォーホル・キョウト 京都市京セラ美術館-4
ANDY WARHOL KYOTO/アンディ・ウォーホル・キョウト 京都市京セラ美術館-5
ANDY WARHOL KYOTO/アンディ・ウォーホル・キョウト 京都市京セラ美術館-6
ANDY WARHOL KYOTO/アンディ・ウォーホル・キョウト 京都市京セラ美術館-7
アンディ・ウォーホル《三つのマリリン》 1962年 アンディ・ウォーホル美術館蔵
© The Andy Warhol Foundation for the Visual Arts, Inc. / Artists Rights Society (ARS), New York
アンディ・ウォーホル《孔雀》 1957年頃 アンディ・ウォーホル美術館蔵
© The Andy Warhol Foundation for the Visual Arts, Inc. / Artists Rights Society (ARS), New York
アンディ・ウォーホル《ツナ缶の惨事》 1963年 アンディ・ウォーホル美術館蔵
© The Andy Warhol Foundation for the Visual Arts, Inc. / Artists Rights Society (ARS), New York
アンディ・ウォーホル《京都(清水寺)1956年7月25日》 1956年 アンディ・ウォーホル美術館蔵
© The Andy Warhol Foundation for the Visual Arts, Inc. / Artists Rights Society (ARS), New York
アンディ・ウォーホル《最後の晩餐》 1986年 アンディ・ウォーホル美術館蔵
© The Andy Warhol Foundation for the Visual Arts, Inc. / Artists Rights Society (ARS), New York
アンディ・ウォーホル《自画像》 1979年 アンディ・ウォーホル美術館蔵
© The Andy Warhol Foundation for the Visual Arts, Inc. / Artists Rights Society (ARS), New York
ANDY WARHOL KYOTO
ANDY WARHOL KYOTO/アンディ・ウォーホル・キョウト 京都市京セラ美術館-1
ANDY WARHOL KYOTO/アンディ・ウォーホル・キョウト 京都市京セラ美術館-1
ANDY WARHOL KYOTO/アンディ・ウォーホル・キョウト 京都市京セラ美術館-1
ANDY WARHOL KYOTO/アンディ・ウォーホル・キョウト 京都市京セラ美術館-1
ANDY WARHOL KYOTO/アンディ・ウォーホル・キョウト 京都市京セラ美術館-1
ANDY WARHOL KYOTO/アンディ・ウォーホル・キョウト 京都市京セラ美術館-1
ANDY WARHOL KYOTO/アンディ・ウォーホル・キョウト 京都市京セラ美術館-1

この展覧会についてABOUT THIS EXHIBITION

N.Y.ポップアートの旗手 ”アンディ・ウォ-ホル” 大回顧展、2020年、京都初にして単独開催が遂に決定

1960年代のニューヨークで、大衆文化・消費社会のイメージを主題や素材とする「ポップ・アート」の旗手として活躍した唯一無二のアーティスト、アンディ・ウォーホル。

本展は、日本で約6年ぶりの開催となる大規模な個展であり、京都における初の本格的なウォーホル展となります。米国ピッツバーグにあるアンディ・ウォーホル美術館の所蔵品から、イラストレーターとして活躍していた1950年代の初期作品をはじめ、1960年代に制作された「死と惨事」シリーズに代表される象徴的なキャンバス作品、映画やテレビ番組などの映像、注文絵画としてのセレブリティのポートレート、そして、宗教画を参照した晩年の作品などを展示します。

大衆消費社会のいわば光と影の両面を映し出す作品約200点を通して、複雑なウォーホル像に迫ります。

企画:imura art planning、ソニー・ミュージックエンタテインメント
WEB:https://www.andywarholkyoto.jp

開催概要EVENT DETAILS

会期 2022年9月17日(土)〜2023年2月12日(日)
会場 京都市京セラ美術館 Google Map
展示室京都市京セラ美術館 新館 東山キューブ
住所 京都府京都市左京区岡崎円勝寺町124
時間 10:00〜18:00 (最終入場時間 17:30)
  • ※2023年1月・2月 土日祝限定、早朝開館実施
    下記の日程は、9時から開館
    1月7日(土)、1月8日(日)、1月9日(月・祝)、1月14日(土)、1月15日(日)、1月21日(土)、2023年 1月22日(日)、1月28日(土)、1月29日(日)、2月4日(土)、2月5日(日)、2月11日(土)、2月12日(日)
休館日 月曜日 
(但し祝日の場合は開館)、年末年始
観覧料 【前売券販売期間:8/17(水)~9/16(金)】
土日祝一般 2,000円
平日一般 1,800円
大学・高校生1,200円
中学・小学生 600円
【当日券販売期間:9/17(土)~】
土日祝一般 2,200円
平日一般 2,000円
大学・高校生 1,400円
中学・小学生 800円

◆イープラス限定チケット
【早割先行ペアチケット】
6月1日(水)~7月14日(木)
・早割先行ペアチケット 3,000円
【グッズ付きチケット】
7月15日(金)~9月16日(金)
・公式図録付きチケット 4,330円
・公式トートバッグ付きチケット 4,220円
・BE@RBRICK ANDY WARHOL
"Cow Wallpaper" 100% & 400%付きチケット 19,400円
  • ※20人以上の団体割引料金は前売と同料金
    ※障がい者手帳等をお持ちの方(要証明)と同伴される介護者1名は無料
    ※未就学児は無料(要保護者同伴)
    ※会場内混雑の際は、今後、日時予約をお願いする場合や入場までお待ちいただく場合があります
TEL075-771-4334
URLhttps://www.andywarholkyoto.jp/

京都市京セラ美術館の情報はこちらMUSEUM INFORMATION

京都市京セラ美術館 京都市京セラ美術館

感想・評価 | 鑑賞レポートREVIEWS

5.0

とてもよかったです

とても好きな芸術家の一人なので、秋分の日の後に出向きました。
京都のみの開催、ということ、昨年はたしか、コロナで延期となり、とても楽しみにしていました。

ご本人が京都に来られてことがあったということ、はじめて知りました。外人は、日本といえば、東京もしくは京都と言われると、聞きましたので、堪能されたのだと思います。
関西でも京都は東京に近い感じですが、一線を画している、とも思います。

さっと見れる感じで、グッズも盛りだくさんありました。
私は、ルーショッパーのエコバッグを利用しており、作品がみれてよかったと思いました。

3.0

ウォーホル入門としては良い展覧会

 結構時間が必要かと思ったら割とサクサクっと見られた。ウォーホルは1974年に東京大丸で見た記憶がある。当時18歳高校3年。牛の壁紙だけは覚えている。
 作品は年代的にはほぼ網羅されていたとは思う。映画の極北《エンパイア》と《眠り (Sleep)》も見られるが最後まで見る人はたぶんいないだろう。
 あと、気になった作品が、同時代の現代アーティストの肖像(ステラ、ジャド、モリスら)と《タイムカプセル》。後者はおそらくデュシャンのグリーンボックスを意識していたと思う。撮影可はうれしい。出入り口付近にある自撮りディスプレイ(前に立つと背景にウォーホル作品が出現する)もお忘れなく。
 ちなみに、京セラ美術館(旧京都市美術館)は2015年に開催されたPARASOPHIA京都国際現代美術祭の思い出が強い。継続開催されていないことが残念。

5.0

ウォーホル像を浮かび上がらせる

京都開催ということで、日本あるいは京都とのウォーホルの繋がりを紹介する展示が出色だったということがひとつ。ポップ・アートのシニカルな軽薄さは、アンディ・ウォーホルという存在を身近にすると同時に遠ざける側面があるように感じていたが、旅の記録がウォーホルの足跡を浮かび上がらせ、キョウトを通じて人間ウォーホルが立ち現れてきたようで新鮮だった。
正直、アンディ・ウォーホルの作品にはそれほど興味がなかったので、高額な入場料を払ってまで見に行くべきか迷っていたが、写真や絵画、映像作品やインスタレーションまで網羅的に展示されていたことや、当時のセレブリティ・カルチャーの一端を垣間見ることができるような作品群には興味をそそられ、それなりに満足感のある展覧会だった。
会場を進むにつれて、作品から感じる印象が変化するのもおもしろい。アンディ・ウォーホルとその作品のイメージには軽快な明るさと陰鬱な物悲しさが共存する。そのような起伏も本展のみどころのひとつかもしれない。

THANKS!をクリックしたユーザー
さいさん、morinousagisanさん

REPORT

ブリロの箱

鳥取県、ナイスなネタ提供してくれますねえ(笑)
時あたかも、京都でウォーホルの大回顧展開催中。
その時を狙ってかどうか知らんけど、新設する鳥取県立美術館の目玉用にウォーホル作品を3億で購入したことに、県民が嚙みついたんですと。…readmore

THANKS!をクリックしたユーザー
morinousagisanさん、堀間律人@forimalistさん、micco3216さん、さいさん

4.0

久しぶりにウォーホルを全身に浴びた感じ

アンディ・ウォーホルは京都に少なくとも2回、訪問しているそうで、1回目が1956年、2回目が1974年。1956年はポップアートの美術家になる前で、商業イラストレーターとして活動していた。そして1974年はポップアートの代表的な作家として活躍していた時期です。その辺の兼ね合いで京都で集めたモノや京都で描いたドローイングが展示されていた。

そういえば、姫路で開催している杉本博司の展覧会「本歌取り」には《罐鈴汁缶》というタイトルの作品が展示してあった。読みは「かんべるしるかん」。「1974年、来日中に京都の老舗旅館に宿泊したウォーホルが、宿帳に即興でキャンベルスープ缶を殴り書きし、サインと日付をいれたもの」を表装したものなんですが、ああ、あれが1974年の京都訪問かあ、と思ったわけです。

初めて見る作品もそこそこおあって、既視感のない展示でした。見せ方もよかったし、退屈しませんでした。

ただし、入場料は平日なので2000円でした。それが、なんと土日祝日は2200円。なんか、やな感じ。撮影はOKでした。でもスマホのみだそうで、カメラはNGです。これもやな感じ。

THANKS!をクリックしたユーザー
micco3216さん

5.0

2200円?この内容ならむしろ安い

結論から言うと、最高でした。

【よかった点】
1. 作品の質が良い。
ウォーホルの中でも一級の作品が揃っています。初期から晩年まで展示されているので、この展示を見ればウォーホルのことをよく理解できるでしょう。
作品は全ておすすめですが、個人的にはウォーホルが花畑で撮っている写真や、徹子の部屋に出演時の写真、京都を散策する写真、などウォーホルを被写体とした写真に興味を惹かれました。また、最後の晩餐の作品も興味深かったです。


2.展示が良い。
展示方法も工夫されていて、ウォーホルの柄の壁や、大型展示の動線、複製品など、混み合うことも想定しながらすごくよく考えられた展示だと思いました。

3.京都でやる意義がある
ウォーホルが京都に来たということだけでなく、この旅行がウォーホルに与えた影響などもよく分かりました。

4.グッズを買い占めたい
グッズのクオリティが良すぎて、全部買い占めそうになりました。
おすすめはよーじやのあぶらとり紙です。

【注意点】
1.混む
とりあえず、混むのは間違いないです。確実に良い写真を撮りたい、空いた状態で鑑賞したいのであれば、開館時間の30分前くらいから並ぶと良いと思います。
もちろん日時指定チケットは買っておいてください。

2.高い
土日祝は2200円です。特別展といえど、高い部類に入ると思います。一方で、この質であれば高くても文句ないかなと思いました。


気合を入れて、ぜひ行ってみてください!!

THANKS!をクリックしたユーザー
morinousagisanさん、micco3216さん、他2人

REPORT

さらりと見やすい、でもお高いかな…

2年開催延期になっていたアンディ・ウォーホル・キョウト。
京都市内のいたるところで宣伝が目立ち、話題性抜群の展示だ。
また巡回なしの展示と言うこともあり、京都とアンディ・ウォーホルの関わりも重視しているようだった。どちらかとい…readmore

THANKS!をクリックしたユーザー
morinousagisanさん、micco3216さん、さいさん
  • VIEW739
  • THANKS3
  • BY s3koto

REPORT

繰り返し目にはしてきたが、私は何を知っていたと言うのかと自問する 今年のベスト入り確定か?

混む前にと始まって早々に行ってきました。平日にも関わらず老若男女、小さなお子さん連れの家族(この子はなーんてラッキーなんだ!こんな小さな時から美術館へ連れて行ってもらえるなんて‼)世代も様々で結構混んでいました。
誰もが彼の…readmore

THANKS!をクリックしたユーザー
micco3216さん、uchikoさん、さいさん、karachanさん

5.0

アンディの頭の中を覗いてみたい!

1950年代のイラストレーター時代を経て1960年代からポップアートで時代を牽引した、アンディの生涯をみる大回顧展、大満足でした。印象的なエピソードとして、56年来日して京都に来た際、龍安寺の石庭、枯山水から着想を得て、ニューヨークのエンパイアステートビルを定点カメラで8時間回した、モノクロ無声映画を作製したとの事。どこにでもアイデアは落ちていることを示し、また、それがそうなるのとアンディの頭に驚きを感じました。
なお、乃木坂46の齋藤飛鳥さんの無料音声ガイドを聞きながら作品を見ることができ、これからの展覧会の基本スタイルになる予感がしました!

THANKS!をクリックしたユーザー
morinousagisanさん

5.0

日本の伝統文化を敬われていたことを日本人として誇らしく思った

京都に影響を受けたスケッチや生け花をモチーフにした作品には驚いた。
日本の歴史ある伝統技術をさりげなく取り入れ、らしさ、も見失っていない。
日本人には嬉しい展示物の数々が楽しめた。
三つのマリリンは、現役時代のきらびやかさと晩年の悲劇が融合されてるような不思議な感覚に囚われた。
展示の仕方が圧巻で、
例えば、壁一面の某メーカーのスープ缶の牛、牛、牛、・・・。
また、唯一触れられる作品においては、ソニーコンピュータサイエンス研究所の体験型作品「Fragment Shadow」を組み込んだ照明演出もされていた。
第四章まで見た後の最終章でやっと、最後の晩餐。
ダ・ヴィンチ作品を解体した大胆な構図とカラフルな色彩。
ただただこの存在感に圧倒されました。

THANKS!をクリックしたユーザー
micco3216さん、morinousagisanさん

あなたも感想・評価を投稿してみませんか?
感想・評価を投稿する

より詳しい鑑賞レポート 《600文字以上》のご投稿は、
こちらから。ページ枠でご紹介となります。
鑑賞レポート《600文字以上》を投稿する

周辺で開催中の展覧会も探してみて下さい。
京都府で開催中の展覧会

出展作品・関連画像IMAGES

アンディ・ウォーホル《三つのマリリン》 1962年 アンディ・ウォーホル美術館蔵
© The Andy Warhol Foundation for the Visual Arts, Inc. / Artists Rights Society (ARS), New York

アンディ・ウォーホル《孔雀》 1957年頃 アンディ・ウォーホル美術館蔵
© The Andy Warhol Foundation for the Visual Arts, Inc. / Artists Rights Society (ARS), New York

アンディ・ウォーホル《ツナ缶の惨事》 1963年 アンディ・ウォーホル美術館蔵
© The Andy Warhol Foundation for the Visual Arts, Inc. / Artists Rights Society (ARS), New York

アンディ・ウォーホル《京都(清水寺)1956年7月25日》 1956年 アンディ・ウォーホル美術館蔵
© The Andy Warhol Foundation for the Visual Arts, Inc. / Artists Rights Society (ARS), New York

アンディ・ウォーホル《最後の晩餐》 1986年 アンディ・ウォーホル美術館蔵
© The Andy Warhol Foundation for the Visual Arts, Inc. / Artists Rights Society (ARS), New York

アンディ・ウォーホル《自画像》 1979年 アンディ・ウォーホル美術館蔵
© The Andy Warhol Foundation for the Visual Arts, Inc. / Artists Rights Society (ARS), New York

ANDY WARHOL KYOTO

こちらの機能は、会員登録(無料)後にご利用いただけます。

会員登録はこちらから
SIGN UP
ログインはこちらから
SIGN IN

※あなたの美術館鑑賞をアートアジェンダがサポートいたします。
詳しくはこちら

CLOSE

こちらの機能は、会員登録(無料)後にご利用いただけます。

会員登録はこちらから
SIGN UP
ログインはこちらから
SIGN IN

ログインせずに「いいね(THANKS!)」する場合は こちら

CLOSE


がマイページにクリップされました

CLOSE マイページクリップ一覧を見る


がお気に入りに登録されました

CLOSE マイページお気に入り一覧を見る


を訪問済みに移動しました

CLOSE マイページ訪問済みイベントを見る

CLOSE

name

参考になりました!をクリックしたユーザー 一覧
CLOSE