ぷーりっちゅさんのページ

フォローする

展覧会の感想・評価一覧

企画展 楽しい隠遁生活 ―文人たちのマインドフルネス

4.0

曰く「出口はない」という隠遁生活は、やはり展覧会でのぞき見して楽しみましょう。

隠遁生活とかマインドフルネスとか、正直よく分かりません。歴史上の隠遁生活者も、許由、伯夷、叔斉、達磨、西行、芭蕉、良寛、長明、兼好、など極有名どころしか知りません。「隠遁」とは、世俗的な… Read More

THANKS!をクリックしたユーザー
morinousagisanさん
特別展 畠中光享コレクション 恋し、こがれたインドの染織-世界にはばたいた布たち

4.0

衣替えの今? おもいっきり素敵な布を広げた、布の魅力に浸るひと時。

5-6年前だったか渋谷の松濤美術館さんで「インドに咲く染と織の華」展を観ました。同じ畠中光享コレクションでした。色とりどりの薄布が天井からナイヤガラの滝の様に展示されていたのが、凄… Read More

THANKS!をクリックしたユーザー
morinousagisanさん、haruさん
超絶技巧、未来へ!明治工芸とそのDNA

超絶技巧、未来へ!明治工芸とそのDNA

三井記念美術館|東京都

会期:

5.0

伝統の技に様々な素材と新しい技を重ねて、新たな表現領域を探求する現代作家たちの超絶技巧

今展では、金属、木、陶磁、漆、ガラス、紙など様々な素材を用い、自らに信じられないほどの負荷をかけ、アスリートのような鍛錬を実践している現代アーティストたち17名の作品、64点が紹介… Read More

THANKS!をクリックしたユーザー
morinousagisanさん、micco3216さん、uchikoさん
春陽会誕生100年 それぞれの闘い 岸田劉生、中川一政から岡鹿之助へ

4.0

西洋の模倣ではない日本の洋画を突き詰める作家たちの思いが、ひしひしと伝わってくる展覧会

「春陽会誕生100年 それぞれの闘い 岸田劉生、中川一政から岡鹿之助へ」展
春陽会は、大正11年、民間最大の美術団体だった日本美術院の洋画部を脱退した画家たちと草土社が合流し構成され… Read More

THANKS!をクリックしたユーザー
黒豆さん、morinousagisanさん、micco3216さん、melonsさん
虫めづる日本の人々

虫めづる日本の人々

サントリー美術館|東京都

会期:

4.0

何とも地味なタイトルで、パンフレットも地味でしたが、なかなかどうして、よい展覧会でした。

感想が遅くなってしまいましたが、今展は、江戸時代の絵画や工芸品を中心に、歴史的な美術作品を通して日本人の虫好きを検証するという、ょっと変わった、でもなかなかに興味深い展覧会です… Read More

THANKS!をクリックしたユーザー
morinousagisanさん、はるにゃんさん
テート美術館展 光 — ターナー、印象派から現代へ

4.0

自分にとって「光」とは何かを、考えさせられた、そんな展覧会でした。

イギリスは本当に不思議な国です。私はイギリスには行ったことがありません。無知な私は、この展覧会「テート美術館展」の情報を目にし、ニューヨークの近代美術館やパリのポンピドゥー・セ… Read More

THANKS!をクリックしたユーザー
morinousagisanさん、micco3216さん、アバウトさん
美人画 麗しきキモノ

美人画 麗しきキモノ

太田記念美術館|東京都

会期:

5.0

着物好きにはたまりません。

浮世絵と言って現代の私たちに最も馴染みなのが「北斎」「広重」の風景画の絵師たちと、それから物語絵系の「国芳」から「芳年」などといった「奇想の絵師」たちですが、もちろん師宣・春信… Read More

THANKS!をクリックしたユーザー
morinousagisanさん、uchikoさん、Rina.FJさん
[館蔵]秋の優品展 白・黒・モノクローム

[館蔵]秋の優品展 白・黒・モノクローム

五島美術館|東京都

会期:

4.0

「モノクローム」の世界は、不思議に心を落ち着かせてくれます。

「白・黒・モノクローム」をキーワードに、水墨画だったり、禅画や書だったり、陶芸だったり、文具だったり、様々なモノクロームの美意識を表現した名品が約50点を通して、墨線の濃淡や白色… Read More

THANKS!をクリックしたユーザー
morinousagisanさん、uchikoさん
うえののそこから「はじまり、はじまり」  荒木珠奈 展

3.0

物語は自分の記憶の底で紡がれる

「子供から大人まで楽しめる、ちょっと怖くて懐かしい展覧会」?? 光と影、昔話、家や舟といった物語を想起させるようなモチーフを用いて、私たちの心の底にある懐かしい感覚や感情、記憶を揺… Read More

THANKS!をクリックしたユーザー
morinousagisanさん
堅山南風《大震災実写図巻》と 近代の画家 大観・玉堂・青邨・蓬春

4.0

鯉など花鳥画の「堅山南風」優しい筆致で辛い記憶を克明に。

今年は関東大震災から100年の節目の年になります。大正12年(1923年)9月1日に起きた関東大震災は、死者・行方不明者が10万人以上にのぼり、大きな被害をもたらしました。人命や家屋などの被… Read More

THANKS!をクリックしたユーザー
morinousagisanさん、はるにゃんさん、micco3216さん、karachanさん

こちらの機能は、会員登録(無料)後にご利用いただけます。

会員登録はこちらから
SIGN UP
ログインはこちらから
SIGN IN

※あなたの美術館鑑賞をアートアジェンダがサポートいたします。
詳しくはこちら

CLOSE

こちらの機能は、会員登録(無料)後にご利用いただけます。

会員登録はこちらから
SIGN UP
ログインはこちらから
SIGN IN

ログインせずに「いいね(THANKS!)」する場合は こちら

CLOSE


がマイページにクリップされました

CLOSE マイページクリップ一覧を見る


がお気に入りに登録されました

CLOSE マイページお気に入り一覧を見る


を訪問済みに移動しました

CLOSE マイページ訪問済みイベントを見る

CLOSE

name

参考になりました!をクリックしたユーザー 一覧
CLOSE