Sukekiyo-Acckermanさんのページ

フォローする

鑑賞レポート

トランスボーダー 和歌山とアメリカをめぐる移民と美術

イベント詳細ページを見る

  • 訪問年月:-
  • 投稿日:
有刺鉄線の内側を描いた者たち

和歌山県立近代美術館に初訪問し、原勝四郎展の後に、同時開催の「トランスボーダー展」も見た。
トランスボーダーとは国境を超えるという意味。すなわち移民。
中学時代にレッド・ツェッペリンの"Immigrant Song"、邦題「移民の歌」を聞いて移民は英語でもイミグラン… Read More

原勝四郎展 南海の光を描く

イベント詳細ページを見る

  • 訪問年月:-
  • 投稿日:
東京美術学校に二回入学し二回中退した男

さらに二回目の中退後、船を買って漁師になり、それも長続きせずようやく画業に専念して一生終えたという人。
それが原勝四郎だ。はるばる和歌山まで行って見た原勝四郎展、全く知らない画家だったが会場の略歴で知った。

そんな経歴により、描いた絵もさぞかし荒んで… Read More

秋季特別展「みちのく いとしい仏たち」

イベント詳細ページを見る

  • 訪問年月:-
  • 投稿日:
みちのく神仏ご一行様 京から江戸へ

10月に上洛した時に行きそびれた「みちのく いとしい仏たち」、東京展に行くしかないかとあきらめてたが、何とか会期ギリギリで再び京都へ行く機会ができて、真っ先に龍谷ミュージアムへと向かった。
JR京都駅から徒歩15分くらいで到着。平日の11時半ごろだったが、意… Read More

安井仲治展

イベント詳細ページを見る

  • 会場:愛知県美術館
  • 開催期間:
  • 訪問年月:-
  • 投稿日:
真を写さないのも写真

2年ぶりに名古屋に来た。目的は名古屋市美の福田美蘭展だが、ついでに県美にも行ってみた。
やってたのは安井仲治という戦前の写真家の生誕120年回顧展だ。
写真展への興味はさほどないけど、予習してみると日本の写真史において重要な人物だとのこと。
たまには襟を正… Read More

開館35周年記念 福田美蘭―美術って、なに?

イベント詳細ページを見る

  • 訪問年月:-
  • 投稿日:
これぞ本歌取り

本歌取り。和歌の技法の一つをどこぞの御仁が美術作品に応用したとして、ちょっとだけ話題になったりしている。
横文字のカッコつけた言い方だと、オマージュ、インスパイア、トリビュートなんてのもあるが、早い話がパクリである。
元ネタがあって、それに細工を加え… Read More

山王美術館コレクションでつづる 横山大観・梅原龍三郎展

イベント詳細ページを見る

  • 会場:山王美術館
  • 開催期間:
  • 訪問年月:-
  • 投稿日:
月曜に展覧会が見れる幸せ

当サイトに何回か書いてるが、地方在住者が都会の美術館巡りするとき月曜にやってるとこは誠にありがたい。
大阪の山王美術館もその一つで、定休日は火曜と水曜だ。
その月曜にやって来た。前回は京阪京橋駅からプロムナードなる屋根付き歩道だったが今回はJR京橋駅か… Read More

画人たちの仏教絵画 ―如春斎再び!―

イベント詳細ページを見る

  • 訪問年月:-
  • 投稿日:
仏画に浸る秋天好日

10月下旬の秋晴れの日曜日、久しぶりに大谷美術館へと足を運んだ。
最寄り駅は阪神香櫨園駅で、駅からは阪神高速沿いを歩いて10分弱で到着。「せとうち美術館ネットワーク」の割引券使って入場料は200円引きだ。
2階の展示室へと上がり、この秋の特別展「画人たちの仏… Read More

企画展「若冲と応挙」

イベント詳細ページを見る

  • 訪問年月:-
  • 投稿日:
見るべきは応挙の無惨絵

三の丸尚蔵館がいよいよ新築開館しますね。楽しみです。
開館記念展が4期に分けて開催されますが、やはりどうしても若冲の《動植綵絵》が気になります。
展示予定は11月の第1期に8幅、来年5月からの第4期に4幅だそう。一挙30幅を期待してましたが、やはりなかなか簡単… Read More

京都市美術館開館90周年記念展 竹内栖鳳 破壊と創生のエネルギー

イベント詳細ページを見る

  • 訪問年月:-
  • 投稿日:
気になる後期

先月に続いて岡崎公園の国立&市立美術館のダブル訪問だ。今回も先に京近見てから、道路渡って市美へとやってきた。
(道路はあんまり車が通らないので楽勝で横断できるが、よい子は横断歩道を渡りましょう)
やってるのは開館90周年記念の竹内栖鳳展だ。京都画壇の開… Read More

特別展 生誕270年 長沢芦雪

イベント詳細ページを見る

  • 訪問年月:-
  • 投稿日:
商魂込めて

「アレ」の影響は長澤芦雪展にまで及んでた。グッズ売り場にアレコラボのコーナーができてたの見て、こんなとこまで出てくるかと呆れてしまった。
やっぱ、さすが浪花の商魂はたくましいわ。恐れ入りました(笑)

しかし、冗談抜きでこの芦雪展、商魂丸出しじゃんと思う… Read More

こちらの機能は、会員登録(無料)後にご利用いただけます。

会員登録はこちらから
SIGN UP
ログインはこちらから
SIGN IN

※あなたの美術館鑑賞をアートアジェンダがサポートいたします。
詳しくはこちら

CLOSE


がマイページにクリップされました

CLOSE マイページクリップ一覧を見る


がお気に入りに登録されました

CLOSE マイページお気に入り一覧を見る


を訪問済みに移動しました

CLOSE マイページ訪問済みイベントを見る

CLOSE