美術館・展覧会情報サイト アートアジェンダ

京都国立博物館Kyoto National Museum

京都国立博物館

Photo:左から 京都国立博物館 正門/明治古都館とロダン ※現在休館のため外観のみご覧いただけます/平成知新館 写真撮影・北島俊治(上段)/平成知新館 展示室 1F(Read More下段)Close

京都国立博物館についてABOUT Kyoto National Museum

京都国立博物館は、主に平安時代から江戸時代にかけての京都の文化を中心とした文化財を収集・保管・展示するとともに、文化財に関する研究、普及活動を行う国立の博物館として、1897年(明治30年)5月に開館した。

1888年(明治21年)、宮内省に臨時全国宝物取調局が設置され、日本各地の社寺等の文化財(宝物)の調査が行われた。その結果、特に文化財が集中していた京都・奈良において、明治初期より、近代化の波にさらされ、寺社の文化財が破損・遺失の危機に直面しており、それらを保護し、収蔵保管する施設の整備が急務とされ、京都と奈良に国立の博物館の設置が決定した。

当時、東京には現在の東京国立博物館の前身となる博物館が1872年に設立されており、1889年(明治22年)5月の宮内大臣通達によって、東京の博物館を「帝国博物館」と改めるとともに「帝国京都博物館」と「帝国奈良博物館」の設置の方針が定められた。

帝国京都博物館の本館は、赤坂離宮や奈良国立博物館本館、東京国立博物館表慶館などを手掛けた宮内省内匠寮技師 片山東熊の設計により、煉瓦造平屋建て・フレンチルネサンス様式を取り入れた建物で、1895年(明治28年)10月に竣工し、1897年(明治30年)5月に開館した。

1900年(明治33年)、帝国京都博物館・帝国奈良博物館はそれぞれ「京都帝室博物館」・「奈良帝室博物館」と改称され、東京の帝国博物館総長の管轄下に置かれたのち、1924年(大正13年)には皇太子(後の昭和天皇)の成婚を記念して京都帝室博物館は京都市に下賜され、「恩賜京都博物館」と改称した。

戦後1947年、東京と奈良の帝室博物館は管轄が宮内省から文部省へ変わり、1952年4月、この2館とともに恩賜京都博物館も国に移管され、現館名の京都国立博物館となった。それまで、京都を中心とする社寺等からの寄託品を展示の主体としており、館蔵品購入のための予算を持たなかったが、国立移管後は、館蔵品購入のための独自予算が計上されるとともに、国有となった文化財の一部が管理換によって館蔵品に加わるシステムが整えられた。

館蔵品には国宝27件、重要文化財180件(2015年3月現在)が含まれる。また建物自体も、本館(明治古都館)・表門(正門)・札売場及び袖塀が1969年(昭和44年)、「旧帝国京都博物館」として国の重要文化財に指定されており、技術資料参考館(旧恩賜京都博物館陳列品収納用倉庫)が2008年(平成20年)、国の登録有形文化財に登録されている。

平成26年9月より、建築家 谷口吉生氏の設計による新館「平成知新館」を開館。京都国立博物館の敷地の中では、明治の赤煉瓦造りの本館「明治古都館」と新館「平成知新館」という二つの異なった趣の建物が対照をなす。

*明治古都館は現在、埋蔵文化財発掘調査等を行っているために当分の間休館いたします。

アクセスマップACCESS MAP

Googlemapで見る

〒605-0931 京都府京都市東山区茶屋町527  TEL 075-525-2473 (テレホンサービス)
京都国立博物館 [MAP]

利用案内INFORMATION

京都国立博物館 公式サイトURL
http://www.kyohaku.go.jp/jp/
所在地
〒605-0931 京都府京都市東山区茶屋町527
TEL 075-525-2473 (テレホンサービス)
最寄駅
JR京都駅下車、市バス京都駅前D1のりばから100号、D2のりばから206・208号系統にて博物館・三十三間堂前下車、徒歩すぐ

JR京都駅下車、JR奈良線にて東福寺駅下車、京阪電車にて七条駅下車、徒歩7分

近鉄 丹波橋駅下車、京阪電車丹波橋駅から七条駅下車、徒歩7分
その他、最寄り駅からのアクセス詳細はこちらから
開館時間
開館時間 09:30〜17:00(最終入館時間 16:30)
開館時間についての追記事項
(いずれも入館は閉館の30分前まで)

<名品ギャラリー>
火~木・日:9:30から17:00まで
金・土曜日:9:30から18:00まで

<特別展覧会開催中>
火~木・日:9:30から18:00まで
金・土曜日:9:30から18:00まで
定休日
月曜日 
定休日についての追記事項
※月曜日が祝・休日となる場合は開館、翌火曜日が休館
※年末年始
※展示作業等のための臨時休館あり
入館料・観覧料
<名品ギャラリー ※特集陳列を含む>
一般 520円(410円)
大学生 260円(210円)
※( )内は団体20名以上

<特別展覧会>
特別展覧会は、別料金となります。
開催展覧会情報をご確認ください。
入館料・観覧料についての追記事項
※高校生以下および満18歳未満、満70歳以上の方は無料です(年齢のわかるものをご提示ください)。
※障がい者の方とその介護者各1名の方は無料となります(障害者手帳等をご提示ください)。
※平成知新館に学校の教育活動、総合学習等で小学生・中学生・高校生を引率される先生方は、無料となります。
割引クーポン
特になし
美術館名 よみがな
きょうとこくりつはくぶつかん

京都国立博物館 開催展覧会情報EXHIBITION INFO

特別展 京のかたな 匠のわざと雅のこころ

開催期間:

王城の地・京都では、平安時代から現代にいたるまで、多くの刀工が工房を構え、多くの名刀を生み出してきました。 これら京都で製作さ...

特別展 京のかたな 匠のわざと雅のこころ

山城鍛冶の技術系譜と刀剣文化への影響
これから開催予定

これまでに京都国立博物館で開催された展覧会

特集展示 新収品展

開催期間:

2010(平成22)~2016(平成28)年度に京都国立博物館が収集した美術品・文化財の一部を展示します。 京都国立博物館では旧平常展示館...

特集展示 新収品展

バラエティに富んだ名品の数々
会期終了

池大雅 天衣無縫の旅の画家

開催期間:

円山応挙や伊藤若冲など、個性派画家がしのぎを削った江戸時代中期の京都画壇。その活況のなかで、与謝蕪村とともに「南画の大成者」と...

池大雅 天衣無縫の旅の画家

愛された人間像にも迫る
会期終了

貝塚廣海家コレクション受贈記念 豪商の蔵─美しい暮らしの遺産─

開催期間:

廣海(ひろみ)家は、大阪府貝塚市の旧商家。米穀の廻船問屋として天保6年(1835)に開業...

貝塚廣海家コレクション受贈記念 豪商の蔵─美しい暮らしの遺産─

秀吉の書状、伊藤若冲、司馬江漢の作品等
会期終了

特集展示 雛まつりと人形

開催期間:

三月三日の雛まつりは古くから行われているように思われがちですが、人形を飾ってこの日を祝うようになったのは、江戸時代の初めとされ...

特集展示 雛まつりと人形

各種の雛人形が勢ぞろい
会期終了

特集展示 御所文化を受け継ぐ─近世・近代の有職研究─

開催期間:

平安時代に頂点を迎えた御所を中心とする公家文化は、社会の変動や応仁の乱をはじめとする内戦によって、次第に簡略化へと向かいました...

特集展示 御所文化を受け継ぐ─近世・近代の有職研究─

近世・近代の御所文化再興の様相を振返る
会期終了

特集展示 いぬづくし─干支を愛でる─

開催期間:

社会性が高い犬は、古くから人間に愛されてきました。 やはり猟犬としてのかかわりが古く、『播磨国風土記』には麻奈志漏(まなしろ)...

特集展示 いぬづくし─干支を愛でる─

2018年の干支にちなんで、いぬづくし
会期終了

京都国立博物館開館120周年記念 特別展覧会「国宝」

開催期間:

2017年は、日本の法令上「国宝」の語が初めて使用された「古社寺保存法」制定より120年にあたります。 京都国立博物館開館と軌を一に...

京都国立博物館開館120周年記念 特別展覧会「国宝」

41年ぶりとなる「国宝展」!
会期終了

開館120周年記念特別展覧会 海北友松(かいほうゆうしょう)

開催期間:

武家に生まれ、桃山を生きた!この絵師、ただものではない! 海北友松(1533~1615)は狩野永徳や長谷川等伯と並び称される桃山画壇の...

開館120周年記念特別展覧会 海北友松(かいほうゆうしょう)

幻の最高傑作60年ぶり里帰り展示!
会期終了

特集陳列 皇室の御寺 泉涌寺

開催期間:

京都の東山に壮大な伽藍をかまえる泉涌寺は、いまから800年ほどまえ、俊芿(しゅんじょう、1166~1227)により開創されました。 寺名...

特集陳列 皇室の御寺 泉涌寺

「御寺」泉涌寺の800年の歴史を辿る
会期終了

特集陳列 生誕300年 伊藤若冲

開催期間:

18世紀の京都で活躍した伊藤若冲(1716~1800)は花鳥画を多く描いた人で、とりわけ鶏はその代名詞ともいえる得意画題でした。 しかし、...

特集陳列 生誕300年 伊藤若冲

花鳥画以外の若冲の側面
会期終了

新春特集陳列 とりづくし─干支を愛でる─

開催期間:

平成29年(2017)の干支である酉(とり)にちなんで、鶏や鳥にちなんだ美術作品を特集します 夜明けを知らせる鶏は古くより「陽鳥」と...

新春特集陳列 とりづくし─干支を愛でる─

鳥たちの羽ばたく華麗な世界
会期終了

特別展覧会 没後150年 坂本龍馬

開催期間:

坂本龍馬は19世紀半ば、幕末に活動した志士です。天保6年(1835)に土佐で生まれ、慶応3年(1867)に京都で亡くなりました。 龍馬は現...

特別展覧会 没後150年 坂本龍馬

坂本龍馬の生きた幕末という時代に迫る
会期終了

PAGE TOPPAGE TOP

こちらの機能は、会員登録(無料)後にご利用いただけます。

会員登録はこちらから
SIGN UP
ログインはこちらから
SIGN IN

※あなたの美術館鑑賞をアートアジェンダがサポートいたします。
詳しくはこちら

CLOSE


がマイページにクリップされました

CLOSE マイページクリップ一覧を見る


がお気に入りに登録されました

CLOSE マイページお気に入り一覧を見る


を訪問済みに移動しました

CLOSE マイページ訪問済みイベントを見る

CLOSE