美術館・展覧会情報サイト アートアジェンダ

京都国立近代美術館The National Museum of Modern Art, Kyoto

京都国立近代美術館

Photo:左から 外観 撮影:四方邦煕/1Fエントランス 撮影:河田憲政/4Fコレクションギャラリー 撮影:河田憲政(上段)/カフェ505(下段)

京都国立近代美術館についてABOUT The National Museum of Modern Art, Kyoto

京都国立近代美術館の開館は、東京の国立近代美術館(現在の東京国立近代美術館)開館の約10年半後の1963年であった。

それは国立近代美術館が東京に開館した翌年の1953年、第二次大戦中の在外資産としてフランスに没収されていた川崎造船所(現川崎重工業株式会社)社長・松方幸次郎が、ヨーロッパで集めたコレクションの日本への返還問題が具体化されたことに端を発する。

フランスから返還される本コレクションは、特別の美術館に保管されることが条件だという意向もあり、松方ゆかりの兵庫県、そして京都市が名乗りを上げたが、フランス側は、「首都東京」にこの松方コレクションを擁する美術館の創設が不可欠だと主張し、それが現在の国立西洋美術館となった。

しかし、美術館建設を熱望した京都市が、この「松方コレクション誘致の案」を「国立近代美術館の誘致」へと切り替え、ここに「国立近代美術館京都分館構想」がクローズアップされた。

東京にあった国立近代美術館も、京都市から提出されたこの「分館構想案」を検討し、1962年に分館設置の法令が施行の運びとなり、翌年、京都国立近代美術館が開館した。

京都市は、産業上の要望として、京都の地場産業である陶芸や染織など、伝統工芸の展示に相当の比重を置いてほしいと要望し、京都国立近代美術館はこれにこたえてその後「伝統工芸」のみならず、広く「工芸」を展望する企画展やコレクションの充実につとめている。

「工芸」においては、陶芸や染織のみならず、ガラスやジュエリー、テキスタイルから、家具、ファッション、建築まで、「工芸」に対する捉え方を拡張。同時に、ピカソやゴッホ、モディリアニといった近代美術の画家たちだけではなく、土田麦僊や村上華岳といった日本画家、浅井忠や梅原龍三郎など、多数の画家たちの展覧会も開催してきた。また、近代美術館の当然の使命として、現代美術も扱っている。

1986年秋に、展覧会での出品点数および所蔵作品の増加、作品の大型化などに伴い、施設の拡張・充実のため、建築家 槇文彦氏の設計による新館が竣工した。

2001年に、それまで文化庁の機関に属していた京都国立近代美術館は、時代の流れとともに独立行政法人として再編され、東京国立近代美術館、国立西洋美術館、国立国際美術館、そして現在は国立新美術館も加わって、「独立行政法人国立美術館」となった。

京都国立近代美術館の所蔵するコレクションに、河井寬次郎の「川勝コレクション」、版画家・長谷川潔の作者自身から譲られたコレクション、近年ではブルーノ・タウトを日本に招へいしたことで知られる建築家・上野伊三郎とその妻で工芸家の上野リチのコレクション、池田満寿夫や京都の版画家・井田照一のコレクション、さらには竹久夢二の多数の作品・資料を擁する「川西英コレクション」、青木繁や岸田劉生、富本憲吉、バーナード・リーチらの名品を含んだ「芝川照吉コレクション」など、特色豊かなコレクションを多数形成している。

アクセスマップACCESS MAP

Googlemapで見る

〒606-8344 京都府京都市左京区岡崎円勝寺町  TEL 075-761-4111(代表)
京都国立近代美術館 [MAP]

利用案内INFORMATION

京都国立近代美術館 公式サイトURL
http://www.momak.go.jp/
所在地
〒606-8344 京都府京都市左京区岡崎円勝寺町
TEL 075-761-4111(代表)
最寄駅
<JR~バス> JR・近鉄京都駅前(A1のりば)から 市バス5番 岩倉行、(D1のりば)から市バス100番(急行)「銀閣寺」行

<阪急電鉄・京阪電鉄~バス> 阪急烏丸駅・河原町駅・京阪三条駅から市バス5番「岩倉」行、阪急烏丸駅・河原町駅・京阪祇園四条駅から市バス46番「平安神宮」行

いずれも「岡崎公園 美術館・平安神宮前」下車すぐ

<市バス他系統・地下鉄>
「岡崎公園 ロームシアター京都・みやこめっせ前」下車徒歩5分
「東山二条・岡崎公園口」下車徒歩約10分
地下鉄東西線「東山」駅下車徒歩約10分
開館時間
開館時間 09:30〜17:00(最終入館時間 16:30)
開館時間についての追記事項
夜間開館期間あり 午前9時30分~午後8時(入館は午後7時30分まで)
定休日
月曜日 
定休日についての追記事項
・月曜日が休日に当たる場合は、翌日が休館
・年末・年始
・展示替期間の休館
※開館時間、休館日は臨時に変更する場合があります。
入館料・観覧料
<企画展>
各展覧会によって異なります。
開催展覧会情報をご確認ください。
※尚、企画展の観覧券でコレクション・ギャラリーもご観覧いただけます。

<コレクション・ギャラリー>
一般 430円(220円)
大学生 130円(70円)
高校生・18歳未満・65歳以上 無料
※( )内、団体20名以上
入館料・観覧料についての追記事項
※障害者等(身体障害者、精神障害者、知的障害者、被爆者、戦傷病者)の方については、ご本人及びその付き添い者(1名)が観覧無料。ご来館の際に証明となる手帳を窓口にてご提示ください。
※保育・学校教育活動等の一環として、保育園児、幼稚園児、小学生、中学生を引率される方については、観覧無料。高校生を引率される方については、共催展を除いた展覧会を無料で観覧することができます。なお、下見についてはいずれも有料となります。
割引クーポン
特になし
美術館名 よみがな
きょうとこくりつきんだいびじゅつかん

京都国立近代美術館 開催展覧会情報EXHIBITION INFO

バウハウスへの応答

開催期間:

1919年、今からほぼ100年前に先進的な総合芸術学校バウハウスが、ドイツのヴァイマールに設立されました。 設立に際し、初代校長ヴァ...

バウハウスへの応答

バウハウスの今日的意義を再考
ただいま開催中

生誕110年 東山魁夷展

開催期間:

東山魁夷は、清澄で深い情感をたたえた風景画により、戦後の日本画の世界に大きな足跡を残しました。 自然と真摯に向き合い、思索を重...

生誕110年 東山魁夷展

戦後の日本を代表する国民的画家 東山魁夷
開催スタートまであと13日

没後50年 藤田嗣治展

開催期間:

明治半ばの日本で生まれ、80年を超える人生の約半分をフランスで暮らし、晩年にはフランス国籍を取得して欧州の土となった画家・藤田嗣...

没後50年 藤田嗣治展

「乳白色の裸婦」の代表作が一堂に介する
これから開催予定

これまでに京都国立近代美術館で開催された展覧会

生誕150年 横山大観展

開催期間:

横山大観(1868-1958)の生誕150年、没後60年を記念し、回顧展を開催します。 東京美術学校に学んだ大観は、師の岡倉天心とともに同...

生誕150年 横山大観展

横山大観の芸術の本質を改めて探る
会期終了

明治150年展 明治の日本画と工芸

開催期間:

1868年に明治時代に入ると、政府主導のもと殖産興業や輸出振興政策が推し進められ、海外での日本美術への関心が高まりました。政府は『...

明治150年展 明治の日本画と工芸

近代化社会の中で生み出された明治の美術
会期終了

ゴッホ展 巡りゆく日本の夢

開催期間:

ファン・ゴッホは、浮世絵をはじめとする日本美術から大きな影響を受け、生涯にわたってさまざまな作品を描きました。 本展では、「...

ゴッホ展 巡りゆく日本の夢

日本初公開作品含む約40点のゴッホ作品
会期終了

岡本神草の時代

開催期間:

京都市立絵画専門学校の卒業制作を、厳選で知られている第1回国画創作協会展に入選させ、新興美人画作家として注目された岡本神草(お...

岡本神草の時代

本画、素描、資料など約100点で画業を紹介
会期終了

絹谷幸二 色彩とイメージの旅

開催期間:

日本の美術界において、第一線で活躍している作家の一人である絹谷幸二は、1966年に東京藝術大学美術学部油画科を卒業後、同大学院の壁...

絹谷幸二 色彩とイメージの旅

新作、展覧会初公開作品も!
会期終了

技を極める-ヴァン クリーフ&アーペル ハイジュエリーと日本の工芸

開催期間:

ヴァン クリーフ&アーペルは、ハイジュエリーとして世界で高く評価されています。 本展...

技を極める-ヴァン クリーフ&アーペル ハイジュエリーと日本の工芸

ヴァンクリーフ&アーペルの作品約80点
会期終了

endless 山田正亮の絵画

開催期間:

“描く”ことを自らの人生と一体化させ、美術の潮流から距離をとり、孤独の中で生涯描き続けた画家、山田正亮(やまだ・まさあき 1929-20...

endless 山田正亮の絵画

50冊以上にもなる制作ノートを初公開
会期終了

茶碗の中の宇宙 樂家一子相伝の芸術

開催期間:

茶碗の中の宇宙とは、全ての装飾や美しい形を捨て、手捏ねによる成形でさらに土を削ぎ落としながら造形を完成させていった茶碗を用い、...

茶碗の中の宇宙 樂家一子相伝の芸術

手捏ねによる成形が魅せる無限の世界
会期終了

メアリー・カサット展

開催期間:

印象派を代表する米国人女性画家、メアリー・カサット(1844-1926)の回顧展が35年ぶりに日本で開催されます。 米国ペンシルヴェニア...

メアリー・カサット展

愛にあふれるカサット芸術の真髄
会期終了

あの時みんな熱かった! アンフォルメルと日本の美術

開催期間:

「もはや戦後ではない」が流行語となった1956(昭和31)年、パリで活躍する美術評論家ミシェル・タピエがセレクトし、「アンフォルメル...

あの時みんな熱かった! アンフォルメルと日本の美術

日本の美術に影響を与えたアンフォルメル
会期終了

キューバの映画ポスター 竹尾ポスターコレクションより

開催期間:

カリブの島国キューバが、映画ポスターの国でもあることをご存じでしょうか? 魅力的な音楽やダンスで常に注目を浴びるキューバは、19...

キューバの映画ポスター 竹尾ポスターコレクションより

知られざる「映画ポスターの楽園」へ!
会期終了

ポール・スミス展 | HELLO, MY NAME IS PAUL SMITH

開催期間:

世界中で高い人気を誇るイギリスのファッションブランド、ポール・スミス。 2013年11月、ロンドンのデザイン・ミュージアムで開幕し、...

ポール・スミス展 | HELLO, MY NAME IS PAUL SMITH

約2,800点の膨大な展示品が楽しめる!
会期終了

PAGE TOPPAGE TOP

こちらの機能は、会員登録(無料)後にご利用いただけます。

会員登録はこちらから
SIGN UP
ログインはこちらから
SIGN IN

※あなたの美術館鑑賞をアートアジェンダがサポートいたします。
詳しくはこちら

CLOSE


がマイページにクリップされました

CLOSE マイページクリップ一覧を見る


がお気に入りに登録されました

CLOSE マイページお気に入り一覧を見る


を訪問済みに移動しました

CLOSE マイページ訪問済みイベントを見る

CLOSE