京都国立近代美術館 The National Museum of Modern Art, Kyoto

京都国立近代美術館

Photo:左から 外観 撮影:四方邦煕/1Fエントランス 撮影:河田憲政/4Fコレクションギャラリー 撮影:河田憲政(上段)/カフェ505(下段)

京都国立近代美術館についてABOUT The National Museum of Modern Art, Kyoto

京都国立近代美術館の開館は、東京の国立近代美術館(現在の東京国立近代美術館)開館の約10年半後の1963年であった。

それは国立近代美術館が東京に開館した翌年の1953年、第二次大戦中の在外資産としてフランスに没収されていた川崎造船所(現川崎重工業株式会社)社長・松方幸次郎が、ヨーロッパで集めたコレクションの日本への返還問題が具体化されたことに端を発する。

フランスから返還される本コレクションは、特別の美術館に保管されることが条件だという意向もあり、松方ゆかりの兵庫県、そして京都市が名乗りを上げたが、フランス側は、「首都東京」にこの松方コレクションを擁する美術館の創設が不可欠だと主張し、それが現在の国立西洋美術館となった。

しかし、美術館建設を熱望した京都市が、この「松方コレクション誘致の案」を「国立近代美術館の誘致」へと切り替え、ここに「国立近代美術館京都分館構想」がクローズアップされた。

東京にあった国立近代美術館も、京都市から提出されたこの「分館構想案」を検討し、1962年に分館設置の法令が施行の運びとなり、翌年、京都国立近代美術館が開館した。

京都市は、産業上の要望として、京都の地場産業である陶芸や染織など、伝統工芸の展示に相当の比重を置いてほしいと要望し、京都国立近代美術館はこれにこたえてその後「伝統工芸」のみならず、広く「工芸」を展望する企画展やコレクションの充実につとめている。

「工芸」においては、陶芸や染織のみならず、ガラスやジュエリー、テキスタイルから、家具、ファッション、建築まで、「工芸」に対する捉え方を拡張。同時に、ピカソやゴッホ、モディリアニといった近代美術の画家たちだけではなく、土田麦僊や村上華岳といった日本画家、浅井忠や梅原龍三郎など、多数の画家たちの展覧会も開催してきた。また、近代美術館の当然の使命として、現代美術も扱っている。

1986年秋に、展覧会での出品点数および所蔵作品の増加、作品の大型化などに伴い、施設の拡張・充実のため、建築家 槇文彦氏の設計による新館が竣工した。

2001年に、それまで文化庁の機関に属していた京都国立近代美術館は、時代の流れとともに独立行政法人として再編され、東京国立近代美術館、国立西洋美術館、国立国際美術館、そして現在は国立新美術館も加わって、「独立行政法人国立美術館」となった。

京都国立近代美術館の所蔵するコレクションに、河井寬次郎の「川勝コレクション」、版画家・長谷川潔の作者自身から譲られたコレクション、近年ではブルーノ・タウトを日本に招へいしたことで知られる建築家・上野伊三郎とその妻で工芸家の上野リチのコレクション、池田満寿夫や京都の版画家・井田照一のコレクション、さらには竹久夢二の多数の作品・資料を擁する「川西英コレクション」、青木繁や岸田劉生、富本憲吉、バーナード・リーチらの名品を含んだ「芝川照吉コレクション」など、特色豊かなコレクションを多数形成している。

アクセスマップACCESS MAP

Googlemapで見る

京都国立近代美術館
〒606-8344京都府 京都市左京区岡崎円勝寺町  TEL 075-761-4111(代表)

利用案内INFORMATION

京都国立近代美術館 公式サイトURL
https://www.momak.go.jp/
所在地
〒606-8344 京都府 京都市左京区岡崎円勝寺町
TEL 075-761-4111(代表)
最寄駅
<JR~バス> JR・近鉄京都駅前(A1のりば)から 市バス5番 岩倉行、(D1のりば)から市バス100番(急行)「銀閣寺」行

<阪急電鉄・京阪電鉄~バス> 阪急烏丸駅・河原町駅・京阪三条駅から市バス5番「岩倉」行、阪急烏丸駅・河原町駅・京阪祇園四条駅から市バス46番「平安神宮」行

いずれも「岡崎公園 美術館・平安神宮前」下車すぐ

<市バス他系統・地下鉄>
「岡崎公園 ロームシアター京都・みやこめっせ前」下車徒歩5分
「東山二条・岡崎公園口」下車徒歩約10分
地下鉄東西線「東山」駅下車徒歩約10分
開館時間
開館時間 09:30〜17:00
開館時間についての追記事項
夜間開館期間あり 午前9時30分~午後8時
※入館は閉館の30分前まで
定休日
月曜日 
定休日についての追記事項
・月曜日が休日に当たる場合は、翌日が休館
・年末・年始
・展示替期間の休館
※開館時間、休館日は臨時に変更する場合があります。
入館料・観覧料
<企画展>
各展覧会によって異なります。
開催展覧会情報をご確認ください。
※尚、企画展の観覧券でコレクション・ギャラリーもご観覧いただけます。

<コレクション・ギャラリー>
一般 430円(220円)
大学生 130円(70円)
高校生・18歳未満・65歳以上 無料
※( )内、団体20名以上
入館料・観覧料についての追記事項
※障害者等(身体障害者、精神障害者、知的障害者、被爆者、戦傷病者)の方については、ご本人及びその付き添い者(1名)が観覧無料。ご来館の際に証明となる手帳を窓口にてご提示ください。
※保育・学校教育活動等の一環として、保育園児、幼稚園児、小学生、中学生を引率される方については、観覧無料。高校生を引率される方については、共催展を除いた展覧会を無料で観覧することができます。なお、下見についてはいずれも有料となります。
割引クーポン
特になし
美術館名 よみがな
きょうとこくりつきんだいびじゅつかん

京都国立近代美術館についての感想・評価REVIEWS

5.0

しばしトリップして近代美術に触れる

企画展の内容は、近現代の内容で最近は、時代の変化にもよるのと、現在活躍中の作家さんの企画展示もあるからかもしれませんが、多様で趣向が変わっている感じもします。いろんな世界が垣間見れるのが楽しいです。

常設展示・コレクションに関しては、企画展を見た後に見にいくと、なんとなく落ち着いた感じがします。

建築自体は縦長で、ガラス越しに上の階からは平安神宮の鳥居が目の前に見えるので、近代美術から時代を遡ったような錯覚を覚える趣きがあります。館の庭があるミュージアムも多くありますが、土地の面積・立地条件の関係上、どちらかというと、庭=館外の景色、という気がします。

館内は自体はとても静かで、出入り口近辺のミュージアムショップもおしゃれです。

(その後何度か訪問しましたので、内容を更新しました)

THANKS!をクリックしたユーザー
tonoさん、Audreyさん、他1人

あなたも感想・評価を投稿してみませんか?
(展覧会についての感想・評価は、各展覧会のページよりご投稿をお願いいたします。
こちらは、「美術館」自体についての感想・評価の投稿欄となります。)
感想・評価を投稿する

京都国立近代美術館 開催展覧会情報EXHIBITION INFO

京都国立近代美術館にて、今後開催予定の展覧会

これまでに京都国立近代美術館で開催された展覧会

チェコ・デザイン 100年の旅

チェコ・デザイン 100年の旅

会期終了

会期:

芸術家アルフォンス・ミュシャ(ムハ)が生まれ、またフランス絵画から影響を受けたチェコ・キュビズムと呼ばれる独自の様式を生み出し...

記憶と空間の造形 イタリア現代陶芸の巨匠 ニーノ・カルーソ

記憶と空間の造形 イタリア現代陶芸の巨匠 ニーノ・カルーソ

会期終了

会期:

イタリア現代陶芸を代表する作家であるニーノ・カルーソ(1928–2017)は、神話性、象徴性...

円山応挙から近代京都画壇へ

円山応挙から近代京都画壇へ

会期終了

会期:

18世紀の京都において、円山応挙は、実物写生の精神に基づいた写生画というジャンルを切り開きました。 精緻に描かれた応挙の写生画は...

こちらの機能は、会員登録(無料)後にご利用いただけます。

会員登録はこちらから
SIGN UP
ログインはこちらから
SIGN IN

※あなたの美術館鑑賞をアートアジェンダがサポートいたします。
詳しくはこちら

CLOSE

こちらの機能は、会員登録(無料)後にご利用いただけます。

会員登録はこちらから
SIGN UP
ログインはこちらから
SIGN IN

ログインせずに「いいね(THANKS!)」する場合は こちら

CLOSE


がマイページにクリップされました

CLOSE マイページクリップ一覧を見る


がお気に入りに登録されました

CLOSE マイページお気に入り一覧を見る


を訪問済みに移動しました

CLOSE マイページ訪問済みイベントを見る

CLOSE

name

参考になりました!をクリックしたユーザー 一覧
CLOSE