美術館・博物館情報サイト アートアジェンダ

FEATURE

  • HOME>
  • FEATURE>
  • 世界的にも有名な浮世絵師である葛飾北斎のゆかりの地、墨田区両国に昨年11月にオープンした「すみだ北斎美術館」。生涯に渡り、絵の奥意を極め続けた天才絵師 葛飾北斎に親しむ。

SPECIAL FEATURES - VOL.007

世界的にも有名な浮世絵師である葛飾北斎のゆかりの地、
墨田区両国に昨年11月にオープンした「すみだ北斎美術館」。
生涯に渡り、絵の奥意を極め続けた天才絵師 葛飾北斎に親しむ。

SPECIAL FEATURES VOL.007 世界的にも有名な浮世絵師である葛飾北斎のゆかりの地、墨田区両国に昨年11月にオープンした「すみだ北斎美術館」。生涯に渡り、絵の奥意を極め続けた天才絵師 葛飾北斎に親しむ。

昨年の2016年11月、世界的にも有名な浮世絵師である葛飾北斎(かつしかほくさい 1760-1849)のゆかりの地、墨田区の両国に、北斎を専門とする美術館「すみだ北斎美術館」がオープンした。

約100年余りも行方知れずとなっていた幻の絵巻「隅田川両岸景色図巻(すみだがわりょうがんけしきずかん)」が、2008年にヨーロッパで再発見され、日本へ里帰りし、すみだ北斎美術館のオープン時の企画展でお披露目されたことでも大きな話題となった。また、北斎の名前を冠した美術館のオープンにより、世界に散逸した北斎の名品が、再び生誕の地に集められ、北斎専門の美術館として開館したことは、大変意義深い。

両国駅に降り立ち、美術館へ向かう道は「北斎通り」との愛称で親しまれており、北斎の生きた時代に思いを馳せながらの街歩きも風情があるではないか。

両国駅を背に「北斎通り」を進むと、交差点右手に視界が開け、木々に囲まれた緑町公園が見えてくる。淡い鏡面のアルミパネルの外壁を持つ、地面および屋上から建物全体に細く切り込んだスリットが入った、N字型のようにも見える存在感を放つ建物が、公園に隣接して立ち現れる。

すみだ北斎美術館

建築界のノーベル賞と称されるプリツカー賞の受賞歴を持つ、世界的に活躍する建築家 妹島和世氏による設計だ。

建物全体に「裏」をつくらず、周辺地域のどこからでもアクセスすることができる構造になっている。浮世絵作品の保存展示を考慮し、スリット部分に窓を設けることで、採光をほどよく制限している。

採光をほどよく制限した構造に(左)建物全体をゆるやかに分割するスリットは、地上階部分ではアプローチの空間となっており、外部通路で結ばれている(右)

採光をほどよく制限した構造に(左)
建物全体をゆるやかに分割するスリットは、地上階部分ではアプローチの空間となっており、外部通路で結ばれている(右)

鏡面のアルミパネルを外壁に用いたことで、下町の風景がやわらかく映り込み、周辺地域に溶け込んでいる。決して奇抜で異質な感じを与えず、ここ北斎ゆかりの地に、新しい文化の風が吹き込むような、新鮮な関心を人々に抱かせる建築になっているのではないだろうか。

「冨嶽三十六景 凱風快晴」 大判錦絵 天保2年(1831年)頃

「冨嶽三十六景 凱風快晴」 大判錦絵 天保2年(1831年)頃

葛飾北斎は、「冨嶽三十六景」などの風景を題材にした浮世絵で知られる。生涯に渡り、絵の奥意を極めようと、向上心を持ち続け、90歳で病に倒れるまで絵筆を握り続けた。

北斎は、この時代から世界的にも知られ、多大な影響を与えていた芸術家であった。オランダ商館の医師として来日したフィリップ・フランツ・フォン・シーボルト(1796-1866年)は、自著『Nippon』の挿図に『北斎漫画』の図柄を用いたといわれる。その後1867年のパリ万国博覧会を機にジャポニスム(日本趣味)が起こり、美術工芸品とともに浮世絵も紹介されて、ヨーロッパの芸術家たちに大きな影響を与え、印象派誕生のきっかけとなっている。

また、ヴィンセント・ヴァン・ゴッホ(1853-1890年)、エドガー・ドガ(1834-1917年)、アール・ヌーヴォーを代表するガラス工芸家のエミール・ガレ(1846-1904年)、音楽家のクロード・ドビュッシー(1862-1918年)などは、北斎の浮世絵から影響を受け、発想を得た作品を生み出したといわれている。

「冨嶽三十六景 神奈川沖浪裏」 大判錦絵 天保2年(1831)頃

「冨嶽三十六景 神奈川沖浪裏」 大判錦絵 天保2年(1831)頃

すみだ北斎美術館のコレクションは、現在約1800点。特筆すべきものとして、「ピーター・モースコレクション」や「楢崎宗重コレクション」がある。

「ピーター・モースコレクション」は、大森貝塚を発見したエドワード・S・モースの血縁(弟のひ孫)にあたるピーター・モース氏(1935-1993年)によるコレクションである。研究者としての眼で収集された希少価値の高い作品が多く含まれ、また葛飾北斎の一大コレクターとして世界的に知られた存在でもある。1993年のモース氏の急逝後、そのコレクションの散逸を惜しんだ遺族より、墨田区が総数600点に近い北斎作品や研究資料などを譲り受けている。

「楢崎宗重コレクション」は、浮世絵研究の日本での第一人者といわれる楢崎宗重氏(ならさき むねしげ 1904-2001年)によるコレクションである。自身の研究活動の中で収集・所蔵していたもので、浮世絵版画のほか、日本及び中国の古美術から近世絵画・版画、近代絵画、さらに絵巻物などの資料が含まれる。日本美術を年代順に追うことのできる価値の高いこれらのコレクションを平成7年に、すみだ北斎美術館が一括して寄贈を受けたものである。

4階 常設展示室

4階 常設展示室

すみだ北斎美術館は、地下1階、地上4階建てで、展示室は、3階と4階にある。4階左手に入り口のある常設展示室は、北斎のアトリエが再現された模型がある。北斎が84歳の頃、墨田区内の榛馬場(はんのきばば)と呼ばれた場所に娘の阿栄とともに住んでいた様子を門人の露木為一(つゆき いいつ)が絵に残していた。それを元に、畳敷の部屋に、絵筆を取る北斎、そして“おんな北斎”とも言われ、のちに葛飾応為(かつしか おうい)の画号を持った娘の阿栄の姿が、等身大の模型でリアルに再現されている。

また、北斎の画業における各期の代表作が、実物大高精細レプリカによって、エピソードとともに見ることができたり、『北斎漫画』などをタッチパネルモニタで紹介する「北斎絵手本大図鑑」や、高精細画面モニタによる錦絵鑑賞、錦絵の制作工程を映像も交えて紹介するコーナーなども見どころである。

「冨嶽三十六景」に描きこまれた富士山を探しだしてタッチし、正解すると次の画面に進める、というゲーム感覚のタッチパネルモニタなどもある。作品を鑑賞するだけでは気づかない、北斎による富士山の表現の多様さにあらためて目を向けることができるなど、北斎への理解を深めていくことのできる常設展示室が楽しい。

春興五十三駄之内 日本橋

「春興五十三駄之内 日本橋」 摺物 享和4年(1804)

現在は、2017年4月18日(火) から2017年6月11日(日)まで、開館記念展Ⅲ「てくてく東海道-北斎と旅する五十三次-」が開催されている。「東海道五十三次」といえば、歌川広重が有名であるが、広重より約30年早く、北斎は「東海道五十三次」シリーズを手掛けていた。

「てくてく東海道-北斎と旅する五十三次-」
開催期間: 2017年4月18日(火)~2017年6月11日(日)

当時、1802(享和2)年に出版された『東海道中膝栗毛』のヒットや旅行ブームを背景に「東海道五十三次」は浮世絵で人気のテーマとなった。広重の「東海道五十三次」は風景を描いたものが多いが、北斎はその土地の風俗を描いたものが多い。また、手に取ってじっくりと楽しまれることの多かったと考えられる小さめのサイズの作品が多い。

「東海道五十三次 絵本駅路鈴 興津」中判錦絵 文化(1804-18)初中期頃(左)  「東海道五十三次絵尽 土山」小判錦絵 文化7年(1810)(右)

「東海道五十三次 絵本駅路鈴 興津」中判錦絵 文化(1804-18)初中期頃(左) 「東海道五十三次絵尽 土山」小判錦絵 文化7年(1810)(右)

今回の展示では、6種類の東海道五十三次シリーズが紹介されており、中でも「春興五十三次駄之内(しゅんきょうごじゅうさんだのうち)」の初摺の揃いは、希少であり特に必見である。また、すみだ北斎美術館が所有するピーター・モース コレクションからの作品である「東海道五十三次絵尽(とうかいどうごじゅうさんつぎえづくし)」は、正方形に近い小さな錦絵で、これらのシリーズは、前期と後期に分けて全作品が公開予定である。

また、同じくピーター・モース コレクションの「五十三次江都の往かい(ごじゅうさんつぎえどのゆきかい)」は、最も色彩が鮮やかで、小さな作品から、物語の中に引き込まれるような臨場感が感じられる。

「五十三次江都の住かい 袋井」 小判錦絵 文化(1804-18)初中期頃

「五十三次江都の住かい 袋井」 小判錦絵 文化(1804-18)初中期頃

作品をゆっくり眺めながら、“てくてく”と江戸の東海道への旅を楽しみたい。

浮世絵の持つ風情は、時代を超えて日本人の心にあたたかな郷愁を誘う。北斎が生きた時代の旅情あふれる風景、江戸の人々に感じられる逞しさ、街にあふれる活気、細やかに描かれた衣装や風物などに、北斎のあたたかな眼差しや人間性も見え隠れしている。ひとつひとつの浮世絵作品に込められた豊かな世界を堪能できる機会をもっと楽しんでいきたいものである。

参考文献:すみだ北斎美術館 ウェブサイト

PAGE TOPPAGE TOP