Art AgendA

すみだ北斎美術館The Sumida Hokusai Museum

すみだ北斎美術館についてABOUT The Sumida Hokusai Museum

1760年(宝暦10年)に本所割下水付近(現在の墨田区亀沢付近)で生まれ、およそ90年の生涯のほとんどを墨田区内で過ごした、世界的な画家として評価の高い葛飾北斎やその門人の作品の紹介、また北斎と「すみだ」との関わりなどについて伝え、地域の産業や観光に寄与する地域活性化の拠点として、「すみだ北斎美術館」が2016年11月22日に開設した。

すみだ北斎美術館では、国際的な期待に応えることができる、状態が良く質の高い作品を収集し、コレクションを充実を目指す。墨田区が収集した作品に加え、現在の収蔵作品のうち特筆すべきものとして、ピーター・モースコレクションや故楢﨑宗重コレクションをはじめ、高名な研究者から譲り受けた資料がある。

◆ ピーター・モース コレクション
ピーター・モース氏(1935-1993)は、ホノルル美術館副主任研究員等を歴任し、東西の版画芸術を研究する一方、葛飾北斎の一大コレクターとして世界的に知られた存在であった。大森貝塚を発見したエドワード・S・モースの血縁(弟のひ孫)にもあたる。モース氏のコレクションは、欧米における北斎の個人収集としては最高・最大の内容と言われ、研究者の眼で収集された希少価値の高い作品が多く含まれていることが特徴である。平成5年のモース氏の急逝後、そのコレクションの散逸を惜しんだ遺族の「すみだ北斎美術館」計画への理解により、総数600点に近い北斎作品や研究資料などを墨田区が一括取得するに至った。

◆楢﨑宗重コレクション
楢﨑宗重(ならざきむねしげ)氏(1904-2001)は、浮世絵の研究者として数多くの著書や研究論文を発表し、浮世絵研究の日本での第一人者といわれている。楢﨑氏のコレクションは、自身の研究活動の中で収集・所蔵していたもので、浮世絵版画に止まらず、浮世絵にまつわる資料として、日本及び中国の古美術から近世絵画・版画、近代絵画まで、さらに日記や絵巻物などの関連資料も含まれている。日本美術の正統的な価値を年代順に追うことのできるコレクションとしての価値は高く、体系的な美術史研究を進める上でも貴重な資料といえる。すみだ北斎美術館開設の趣旨に賛同を得て、平成7年に一括して寄贈を受けた。

すみだ北斎美術館の建築は、妹島和世の設計によるものである。浮世絵作品の保存展示を考慮し、建物全体として閉じながらも、スリRead Moreット部分からは館内の様子が伺え、地域の人々にとってすみだ北斎美術館が身近に感じられるものとなる。また、館内からも公園や周辺地域を眺めることができ、最上階からは東京スカイツリー®といった墨田の特色を眺めることができる。建物外壁は、淡い鏡面のアルミパネルが使用され、建物外壁にやわらかく下町の風景が映り込み、周辺地域の風景に溶け込んでいる。

◆妹島和世 プロフィール
1987年妹島和世建築設計事務所設立。
1995年西沢立衛とともにSANAAを設立。
2010年第12回ベネチアビエンナーレ国際建築展の総合ディレクターを務める。
主な受賞として日本建築学会賞*、ベネチアビエンナーレ国際建築展金獅子賞*(イタリア)、プリツカー賞*(アメリカ)、芸術文化勲章オフィシエ(フランス)、芸術選奨文部科学大臣賞*、村野藤吾賞など。(*はSANAAとして受賞)

すみだ北斎美術館は、自館所蔵作品だけでなく、国内外から作品を借入れ、多様な企画展示を行うために、デリケートな浮世絵作品の保存展示に適した機能・設備を備えている。

すみだ北斎美術館の建築地には、江戸時代に弘前藩津軽家の大名屋敷があった。藩主からの依頼により、北斎は屏風に馬の絵を描いて帰ったというエピソードが残されていることなどから、この場所は北斎とゆかりの深い土地であるといえる。
Close

アクセスマップACCESS MAP

Googlemapで見る

〒130-0014 東京都墨田区亀沢2-7-2  TEL 03-5777-8600 (ハローダイヤル)
すみだ北斎美術館 [MAP]

利用案内INFORMATION

すみだ北斎美術館 公式サイトURL
http://hokusai-museum.jp/
所在地
〒130-0014 東京都墨田区亀沢2-7-2
TEL 03-5777-8600 (ハローダイヤル)
最寄駅
都営地下鉄大江戸線「両国駅」A3出口より徒歩5分

JR総武線「両国駅」東口より徒歩9分

都営バス・墨田区内循環バス「都営両国駅前」より徒歩5分

墨田区内循環バス「すみだ北斎美術館前(津軽家上屋敷跡)停留所」からすぐ
開館時間
開館時間 09:30〜17:30(最終入館時間 17:00)
定休日
月曜日 
定休日についての追記事項
毎週月曜日(月曜が祝日または振替休日の場合はその翌平日)、年末年始(2016年12月26日~2017年1月1日)
上記以外にも臨時休館する場合がございます。
入館料・観覧料
<常設展>
一般 400円(団体320円)
高校生、大学生、専門学校生、65歳以上 300円(団体240円)

<企画展>
※展覧会ごとに異なります。
開催展覧会情報をご確認ください。
入館料・観覧料についての追記事項
※高校生・大学生・専門学校生の方は生徒手帳・学生証を、65歳以上の方は年齢を証明するもの(健康保険証・運転免許証など)のご提示をお願いします。
※団体(学校団体以外)での来館の際は団体のみなさまへをご確認ください
※学校団体での来館の際は学校の先生方へをご確認ください

※常設展観覧料が無料となる方
・未就学児童、小学生、中学生
・墨田区内の高等学校に在学している高校生及び引率者が教育課程に基づいて観覧する場合(事前にご連絡ください。区外の高等学校に在学している高校生及び引率者は有料となります)
・身体障害者手帳・愛の手帳・療育手帳・精神障害者保健福祉手帳・被爆者健康手帳をお持ちの方及びその付添いの方(付添いの方は当該手帳をお持ちの方1名につき1名まで。入館の際は障害者手帳等のご提示をお願いいたします)
・幼稚園児、小・中学生及び保育所に入所する児童の引率者が教育上または保育上の目的のために観覧する場合(事前にご連絡をください)
割引クーポン
特になし
美術館・博物館名 よみがな
すみだほくさいびじゅつかん

すみだ北斎美術館 開催展覧会情報EXHIBITION INFO

すみだ北斎美術館てくてく東海道-北斎と旅する五十三次-

開催期間:

「東海道五十三次」といえば、歌川広重が有名です。しかし!広重からさかのぼること約30年。北斎も「東海道五十三次」シリーズを手掛け...

 てくてく東海道-北斎と旅する五十三次-

「春興五十三駄之内」の初摺の揃いは必見
ただいま開催中

PAGE TOPPAGE TOP

こちらの機能は、会員登録(無料)後にご利用いただけます。

会員登録はこちらから
SIGN UP
ログインはこちらから
SIGN IN
CLOSE


がマイページにクリップされました

CLOSE マイページクリップ一覧を見る


がお気に入りに登録されました

CLOSE マイページお気に入り一覧を見る


を訪問済みに移動しました

CLOSE マイページ訪問済みイベントを見る

CLOSE