紙のおばけさんのページ

フォローする

展覧会の感想・評価一覧

決定版! 女性画家たちの大阪

決定版! 女性画家たちの大阪

大阪中之島美術館|大阪府

会期:

4.0

島成園展としても充実、大阪にみる女性画家たちの軌跡

大阪画壇における女性画家の活躍を概観できる本展の中でも、とりわけ印象的なのはやはり島成園だ。第一章からその活躍ぶりが強調され、後の女性画家たちへ創作の刺激を与えたことが示されて… Read More

THANKS!をクリックしたユーザー
morinousagisanさん、karachanさん
コシノジュンコ 原点から現点

コシノジュンコ 原点から現点

あべのハルカス美術館|大阪府

会期:

5.0

「対極」なるものをつなぐファッションの力

ファッションデザイナー、コシノジュンコの「原点から現点」を年代記的に辿りながら、その創造性を紐解いていく本展。相対するものを共存させるコシノの「対極」的な表現は、両者の可能性を… Read More

THANKS!をクリックしたユーザー
ぷりんさん
テート美術館展 光 ― ターナー、印象派から現代へ

4.0

闇の魅力と光のテクニック

宗教的主題から自然主義的な絵画まで、そして実験的な写真表現から光学的な現代アートまで、さまざまな「光」の表現を概観する本展だが、「光」を主題とするからといって「明るい」作品が多… Read More

THANKS!をクリックしたユーザー
morinousagisanさん、micco3216さん、karachanさん、アバウトさん
ガウディとサグラダ・ファミリア展

ガウディとサグラダ・ファミリア展

佐川美術館|滋賀県

会期:

4.0

サグラダ・ファミリアの魅力を解きほぐす意欲的な展覧会

サグラダ・ファミリアの建築美学、ひいてはガウディの創造哲学を詳らかに示そうという意欲的な展覧会だった。そのため本展は文字情報が多い。もちろん図案や模型など多岐に渡る資料が建築芸… Read More

THANKS!をクリックしたユーザー
morinousagisanさん、karachanさん
開館60周年記念 京都画壇の青春―栖鳳、松園につづく新世代たち

4.0

京都画壇を通してみる日本画のポテンシャル

西欧や東京に対してコンプレックスを抱えながら表現を模索していたという明治以降の京都画壇。作家たちの思考錯誤とその成果としての「日本画」から京都の美術界を眺めることができておもし… Read More

THANKS!をクリックしたユーザー
morinousagisanさん、Sunriseさん
イヴ・サンローラン展 時を超えるスタイル

イヴ・サンローラン展 時を超えるスタイル

国立新美術館|東京都

会期:

5.0

スタイルへの憧れと実践

イヴ・サンローランが打ち立てたスタイルの数々は、なにも完全に新奇なものであるというわけではない。ジェンダー化された衣服の形式やアート作品のモチーフなど、その参照元は明解だ。本展… Read More

THANKS!をクリックしたユーザー
morinousagisanさん
永遠の都ローマ展

永遠の都ローマ展

東京都美術館|東京都

会期:

4.0

文化芸術の源流としての古代ローマ

「永遠の都ローマ」という展覧会タイトルが暗示しているのは、文化芸術の源流としてローマが今なおその威厳を失っていないということだ。それがもっとも印象づけられるのは日本との関係を示… Read More

THANKS!をクリックしたユーザー
micco3216さん
特別展 ホーム・スイート・ホーム

特別展 ホーム・スイート・ホーム

国立国際美術館|大阪府

会期:

3.0

複数化する「ホーム」という現実

「ホーム」という言葉の持つごくごく個人的な安心感は、他人にとってはその反対か、あるいは無関心の対象でもありうる。本展に漂う現代アート特有の「言葉少ない」雰囲気は、そのようなこと… Read More

THANKS!をクリックしたユーザー
morinousagisanさん
発掘された珠玉の名品 少女たち -夢と希望・そのはざまで 星野画廊コレクションより

3.0

「少女たち」の性と生に思いをはせる

「少女たち」というテーマを掲げてはいるが、展示されているのは少女とされる年代の女性の絵画だけではなく、時間的には幅のある女性像の展覧会だった。星野画廊コレクションから120点ほど選… Read More

THANKS!をクリックしたユーザー
morinousagisanさん
ルーヴル美術館展 愛を描く

ルーヴル美術館展 愛を描く

京都市京セラ美術館|京都府

会期:

3.0

どこか味気ない「愛」

「愛」という、かなり抽象的かつ哲学的な要素も多分に含んだテーマを選択した割には、あまり深みが感じられない。ルーヴル美術館が収蔵する膨大なコレクションの中から16-19世紀頃の西洋絵… Read More

THANKS!をクリックしたユーザー
morinousagisanさん

こちらの機能は、会員登録(無料)後にご利用いただけます。

会員登録はこちらから
SIGN UP
ログインはこちらから
SIGN IN

※あなたの美術館鑑賞をアートアジェンダがサポートいたします。
詳しくはこちら

CLOSE

こちらの機能は、会員登録(無料)後にご利用いただけます。

会員登録はこちらから
SIGN UP
ログインはこちらから
SIGN IN

ログインせずに「いいね(THANKS!)」する場合は こちら

CLOSE


がマイページにクリップされました

CLOSE マイページクリップ一覧を見る


がお気に入りに登録されました

CLOSE マイページお気に入り一覧を見る


を訪問済みに移動しました

CLOSE マイページ訪問済みイベントを見る

CLOSE

name

参考になりました!をクリックしたユーザー 一覧
CLOSE