jyusuranさんのページトップ

プロフィール

jyusuran

アートブログ

アートブログはまだありません。

展覧会の感想・評価一覧

企画展 ライトアップ木島櫻谷 ― 四季連作大屏風と沁みる生写し

4.0

住友家得意の木島櫻谷

住友家本邸を飾るために描かれた屏風絵が一つの展示ルームで観られるのは壮観です。
その後の予定があったので、急ぎ足での鑑賞となってしまったのですが、お時間のある方は、是非、ソファベ… Read More

THANKS!をクリックしたユーザー
kage0512さん、にゃんちゅうさん
特別展 村居正之の世界—歴史を刻む 悠久の青—

5.0

青が美しい作品群

「村居正之の世界―歴史を刻む 悠久の青―」@智さくら美術館

村居氏の「ギリシャ・シリーズ」の展示。

青で描かれる、写真かと思うくらいの精密さと、実写ではないことを示す青い闇と月明か… Read More

THANKS!をクリックしたユーザー
アバウトさん
ゴッホと静物画 -伝統から革新へ-

ゴッホと静物画 -伝統から革新へ-

SOMPO美術館|東京都

会期:

5.0

「ゴッホにそれほど興味がない」と思っていても観てほしいです。

ただでさえ日本人が好むゴッホなので混みあっているのに、ほぼ全ての作品が撮影可能だったため、かなり観にくいので、これから行く方はご注意を。

ルノアール、セザンヌ、マネ、ゴーギャン… Read More

THANKS!をクリックしたユーザー
Rudolphさん
倉俣史朗のデザイン――記憶のなかの小宇宙

倉俣史朗のデザイン――記憶のなかの小宇宙

世田谷美術館|東京都

会期:

5.0

倉俣史朗のデザイン―記憶のなかの小宇宙

古さを感じない、或いは、わざと懐かしめのデザインを現代芸術家が狙ったように感じさせる、現役感満載の作品群を観て、倉俣史朗の凄さを感じました。
生活感を感じさせないデザインなので、… Read More

THANKS!をクリックしたユーザー
アバウトさん
第10回菊池ビエンナーレ 現代陶芸の今

4.0

第10回菊池ビエンナーレ展「現代陶芸の<今>」

私立のかなりマニアックな(失礼)美術館が、このような公募展を長年継続されていることに敬意を表します。
いわゆる壺、皿、器ではない、純粋な表現作品としての焼き物が数多く観られる素晴… Read More

THANKS!をクリックしたユーザー
morinousagisanさん、さいさん
横山美術館名品展 明治・大正の輸出陶磁器 技巧から意匠へ

3.0

実用性のある焼き物が良かったです

横山美術館名品展「明治・大正の輸出陶磁器 技巧から意匠へ」

前半、宮川香山らの「花瓶に立体的な花や鳥など」が細工された陶器は、本当にこれが焼き物かと思う技巧で本当に素晴らしい。
Read More

ベルギーと日本 光をえがき、命をかたどる

ベルギーと日本 光をえがき、命をかたどる

目黒区美術館|東京都

会期:

5.0

ベルギーと日本 光をえがき、命をかたどる

ベルギーと言われて、ビールとワッフルくらいしか思いつかないのですが、戦前は関東大震災時にはベルギーの芸術家たちが作品を寄贈してくれたり、と盛んな交流があったことを知りました。
と… Read More

THANKS!をクリックしたユーザー
morinousagisanさん、さいさん
憧憬の地 ブルターニュ  ―モネ、ゴーガン、黒田清輝らが見た異郷

4.0

憧憬の地 ブルターニュ

フランス西部のブルターニュをモチーフとした作品を集めた展示。単一の画家ではなくこういう共通項で集めた展示は、日本人受けしないのかしら?大雨の日に行ったとはいえ、国立西洋美術館と… Read More

THANKS!をクリックしたユーザー
Nine Livesさん、morinousagisanさん、micco3216さん
河本五郎 反骨の陶芸

河本五郎 反骨の陶芸

菊池寛実記念 智美術館|東京都

会期:

4.0

河本五郎「反骨の陶芸」

河本氏が「前半陶器、後半磁器」を中心に作成したこともあり、単一作家の個展にしては多様な展示になっています。

私は「土を焼いた」感じがありありと分かる作品が好きなので、特に初期作… Read More

THANKS!をクリックしたユーザー
morinousagisanさん、さいさん

美術館の感想・評価一覧

府中市美術館

府中市美術館

東京都

5.0

適度な大きさの美術館

建物を入り、エスカレータで2階の展示室に上がることで”日常生活”から離れ、観終えて階段を降りて1階ロビーに立ったところで”日常生活”に戻ってきたと感じられる造りの良い美術館です。
常設展示もなかなか充実しています。

菊池寛実記念 智美術館

4.0

ちょうど良い異空間

建物は高くそびえるビルですが、展示室は地下。
1階の受付を通ったあと、篠田桃紅氏の作品がコラージュされた螺旋階段を降りて展示室へ行きます。
広くはない展示室は、あまり”直線”のな… Read More

THANKS!をクリックしたユーザー
itotomoさん、さいさん

鑑賞レポート

鑑賞レポートはまだありません。

こちらの機能は、会員登録(無料)後にご利用いただけます。

会員登録はこちらから
SIGN UP
ログインはこちらから
SIGN IN

※あなたの美術館鑑賞をアートアジェンダがサポートいたします。
詳しくはこちら

CLOSE

こちらの機能は、会員登録(無料)後にご利用いただけます。

会員登録はこちらから
SIGN UP
ログインはこちらから
SIGN IN

ログインせずに「いいね(THANKS!)」する場合は こちら

CLOSE


がマイページにクリップされました

CLOSE マイページクリップ一覧を見る


がお気に入りに登録されました

CLOSE マイページお気に入り一覧を見る


を訪問済みに移動しました

CLOSE マイページ訪問済みイベントを見る

CLOSE

name

参考になりました!をクリックしたユーザー 一覧
CLOSE