美術館・展覧会情報サイト アートアジェンダ

菊池寛実記念 智美術館Musee Tomo

菊池寛実記念 智美術館

菊池寛実記念 智美術館についてABOUT Musee Tomo

菊池寛実記念 智美術館(きくちかんじつきねん ともびじゅつかん)は、現代陶芸のコレクターである菊池智(とも)が長年にわたり蒐集してきたコレクションを母体に、現代陶芸の紹介を主たる目的とし、2003年4月に東京・虎ノ門に開館した。

美術館はホテル・オークラのすぐ近くの虎ノ門の高台に立つライム・ストーンの外壁をもつ西久保ビルの地下1階にある。西久保ビルという名称は中世の時代に西久保城があったことに由来する。敷地内には、西久保ビル(2003年竣工)と大正時代に建てられた西洋館(国の登録文化財)、智の父でありこの地を拠点として活動した実業家・菊池寛実(かんじつ)のための持仏堂と和風の蔵が、百年ほどの歴史のある庭を囲んで都心の中に独特な空間を構成し、隠れ家的な雰囲気を醸しだしている。

1階の玄関ホールと地下の展示室を結ぶ螺旋階段室は、菊池智のアイデアによる空間で、壁面には銀の和紙がはられ、その上に書家の篠田桃紅氏の「いろは歌」の料紙が「真・行・草」の漢字をかたどったコラージュ作品としてほどこされているガラスの手摺りはガラス作家の横山尚人氏によるもので、天井からの光を受けて美しい曲線を描く。菊池寛実記念 智美術館は、随所に設立者である菊池智の美意識が反映されており、地下1階の展示室では暗がりのなかから作品が1点ずつスポットライトを浴びて姿をあらわし、作家の思いを受け止め、美しい作品と出会いを目指した展示が試みられている。

智美術館では、開館以来、「藤本能道(ふじもとよしみち)展」「十五代樂吉左衞門展」「小池頌子展」をはじめ、さまざまな企画展を開催。隔年ごとに開催している「菊池ビエンナーレ」は、現代陶芸の振興を目的としており、智美術館の主幹事業である。

アクセスマップACCESS MAP

Googlemapで見る

〒105-0001 東京都港区虎ノ門4-1-35 西久保ビル  TEL 03-5733-5131(代表)
菊池寛実記念 智美術館

利用案内INFORMATION

菊池寛実記念 智美術館 公式サイトURL
http://www.musee-tomo.or.jp/
所在地
〒105-0001 東京都港区虎ノ門4-1-35 西久保ビル
TEL 03-5733-5131(代表)
最寄駅
日比谷線 神谷町駅 出口4bより徒歩6分
南北線 六本木一丁目駅 改札口より徒歩8分(改札口を出て正面左前方エスカレーターを乗り継ぎ一番上)
南北線/銀座線 溜池山王駅 出口13より徒歩8分
銀座線 虎ノ門駅 出口3より徒歩10分

<バス>「神谷町駅前」下車徒歩7分
都バス 渋88(渋谷駅前-新橋駅前)、橋86(目黒駅前-新橋駅前)、浜95(品川車庫前-赤羽橋駅前)
開館時間
開館時間 11:00〜18:00(最終入館時間 17:30)
定休日
月曜日 
定休日についての追記事項
※年末年始
※月曜日が祝日の場合は開館し、翌火曜日が休館。GWなどの月曜日を含む連休の場合は、連休明け平日が休館日
※展示替期間は休館 展覧会スケジュールをご確認ください。
入館料・観覧料
※展覧会により異なります。
開催展覧会情報をご確認ください。
割引クーポン
特になし
美術館名 よみがな
きくちかんじつきねん ともびじゅつかん

菊池寛実記念 智美術館についての感想・評価REVIEWS

この美術館にはまだ感想・評価の投稿がありません。
最初の感想・評価を投稿してみませんか?
(展覧会についての感想・評価は、各展覧会のページよりご投稿をお願いいたします。
こちらは、「美術館」自体についての感想・評価の投稿欄となります。)

感想・評価を投稿する

菊池寛実記念 智美術館 開催展覧会情報EXHIBITION INFO

開催予定菊池コレクション 「継ぐ」―今泉今右衛門、酒井田柿右衛門、三輪休雪、樂吉左衞門

会期:

本展は、継承するやきものに焦点を当て、菊池コレクションを中心に構成する展覧会です。 2019年は...

菊池コレクション 「継ぐ」―今泉今右衛門、酒井田柿右衛門、三輪休雪、樂吉左衞門

これまでに菊池寛実記念 智美術館で開催された展覧会

会期終了第8回菊池ビエンナーレ 現代陶芸の〈今〉

会期:

菊池ビエンナーレは、現代陶芸の振興を目的に、2004年度から公益財団法人 菊池美術財団が隔年で開催している陶芸の公募展です。 本公募展の特色は、陶...

第8回菊池ビエンナーレ 現代陶芸の〈今〉

会期終了生誕100年 藤本能道 展

会期:

本年は戦後日本の陶芸界を代表する作家のひとりである、藤本能道(ふじもとよしみち、1919-1992)の生誕100年にあたります。 藤本は伝統的な色絵磁器の技法を学んだうえで、絵具の改良や釉薬を用いた新...

生誕100年 藤本能道 展

会期終了野蛮と洗練 加守田章二の陶芸 展

会期:

加守田章二(かもだしょうじ 1933~1983)は、20世紀後半に活躍し、50歳を目前に亡くなった夭逝の陶芸家です。陶器の形態に造形、文様、質感の関係性を追求し、独自の陶芸表現を切り拓きました。 大阪府...

野蛮と洗練 加守田章二の陶芸 展

会期終了川瀬忍 作陶50年の間

会期:

青磁は、呈色剤に鉄分を用いた釉薬を還元焼成により青く発色させたやきものであり、非常に古い歴史を持つ陶磁技法のひとつです。 原初的な青磁は紀元前の中国に成立したとされ、日本にも唐物としてもた...

川瀬忍 作陶50年の間

会期終了陶と模様のものがたり 菊池コレクション

会期:

連続する文様は形にリズムを与え、様々な模様や意匠は見る者の想像力を喚起します。何もない空白に模様を施し、飾ろうとすることは人間の本能的な欲求...

陶と模様のものがたり 菊池コレクション

会期終了線の造形、線の空間 飯塚琅玕齋と田辺竹雲斎でめぐる竹工芸

会期:

竹工芸の作品は、しなやかで強靭な竹の特性を生かし、編組技術によって形づくられます。竹を割り、削って加工した多様な「線」は豊かな表情や質感を示...

線の造形、線の空間 飯塚琅玕齋と田辺竹雲斎でめぐる竹工芸

会期終了第7回菊池ビエンナーレ展 現代陶芸の<今>

会期:

菊池ビエンナーレは、現代陶芸の振興を目的に、2004年から隔年で開催している陶芸の公募展です。 本公募展の特色は、実用や造形など部門を設けず陶を...

第7回菊池ビエンナーレ展 現代陶芸の<今>

会期終了八木一夫と清水九兵衞―陶芸と彫刻のあいだで

会期:

第二次世界大戦の敗戦からの復興期に、製陶を生業とする京都の東山に新しい陶芸を試みる青年たちがいました。本展で紹介するのは、それぞれの立場から...

八木一夫と清水九兵衞―陶芸と彫刻のあいだで

会期終了珠玉の現代陶芸 マダム菊池のコレクション

会期:

菊池智は昨年夏に93歳で生涯を終えました。父は炭鉱やガス会社の経営などエネルギー産業に従事した実業家の菊池寛実(かんじつ・1885-1967)で、智自身も...

珠玉の現代陶芸 マダム菊池のコレクション

会期終了篠田桃紅 昔日の彼方に

会期:

篠田桃紅氏(しのだとうこう 1913〜)は墨と紙の芸術家です。 既存の筆法や書風を超えて文字を追求し、墨線による抽象のかたちへと昇華させた氏の作品は、国内外で高い評価を受けて来ました。 智美術館...

篠田桃紅 昔日の彼方に

会期終了工芸の現在 第二回菊池寛実賞

会期:

このたび菊池寛実記念 智美術館では、「第2回菊池寛実賞 工芸の現在」展を開催します。2014年度に第1回展を開催し、このたび第2回展を迎えることとなりました。 本展では、工芸分野で活躍する作家を、陶...

工芸の現在 第二回菊池寛実賞

会期終了The Power of Colors 色彩のちから

会期:

菊池コレクションは、菊池寛実記念 智美術館創立者の菊池智(1923-)が長年にわたり蒐集した現代陶芸のコレクションです。 土と炎から生みだされるや...

The Power of Colors 色彩のちから

PAGE TOPPAGE TOP

こちらの機能は、会員登録(無料)後にご利用いただけます。

会員登録はこちらから
SIGN UP
ログインはこちらから
SIGN IN

※あなたの美術館鑑賞をアートアジェンダがサポートいたします。
詳しくはこちら

CLOSE


がマイページにクリップされました

CLOSE マイページクリップ一覧を見る


がお気に入りに登録されました

CLOSE マイページお気に入り一覧を見る


を訪問済みに移動しました

CLOSE マイページ訪問済みイベントを見る

CLOSE

name

参考になりました!をクリックしたユーザー 一覧

CLOSE