美術館・展覧会情報サイト アートアジェンダ

MOA美術館MOA Museum of Art

MOA美術館

MOA美術館についてABOUT MOA Museum of Art

1982(昭和57)年に開館したMOA美術館は、熱海駅の背後に位置する海抜250mの丘陵地に建ち、初島や伊豆大島が浮かぶ相模灘など雄大な景観が見渡せる。つつじ山、梅園などがある瑞雲郷と名付けられた約236,400㎡(約71,500坪)の広大な庭園内に位置し、四季折々の豊かな自然の景観を堪能することができる。

MOA美術館は、創立者 岡田茂吉(おかだもきち 1882-1955年)のコレクションを基盤に、国宝3件、重要文化財66件、重要美術品46件を含む約3500件を所蔵している。

所蔵作品は、国宝である3点、「紅白梅図屏風」 尾形光琳 二曲一双、 手鑑「翰墨城」 1帖 311葉、「色絵藤花文茶壺」 野々村仁清、その他、重要文化財、重要美術品を含む、日本・東洋の陶磁器、彫刻、書跡、染織、絵画、金工など多岐にわたる。

改修工事を終えて、2017年2月に再オープンした美術館は、ロビーエリア、展示スペースなどの設計を世界的に活躍する現代美術作家 杉本博司が、建築家 榊田倫之と共に主宰する「新素材研究所」によって手がけられた。古代や中世、近世に用いられた素材や技法を、現代にどう再構築して受け継いでいくかという問いに取りくみ、さまざまな試みを行った。

国宝「色絵藤花文茶壺」の部屋は、職人の技術の粋をきわめた仕上げで、江戸黒ともよばれる深みのある黒漆喰の美しい壁でかこまれている。展示スペースには、樹齢数百年の行者杉をつかった框を配するなど、そこに飾られるものの美を最大限に生かし、古びないあたらしさを感じさせている。日本の伝統的な素材を用いた現代的な空間によって、あたらしいMOA美術館が体現されている。

アクセスマップACCESS MAP

Googlemapで見る

〒413-8511 静岡県熱海市桃山町26-2  TEL 0557-84-2511
MOA美術館 [MAP]

利用案内INFORMATION

MOA美術館 公式サイトURL
http://www.moaart.or.jp/
所在地
〒413-8511 静岡県熱海市桃山町26-2
TEL 0557-84-2511
最寄駅
JR熱海駅より
バス バスターミナル8番乗り場よりMOA美術館行き約7分 終点「MOA美術館」下車すぐ
タクシー 約5分
開館時間
開館時間 09:30〜16:30(最終入館時間 16:00)
定休日
木曜日 
定休日についての追記事項
※木曜日が祝日の場合開館
※年末年始
※展示替期間は休館
入館料・観覧料
一般 1,600円 (1,300円)
高大生 1,000円 (700円)
小中生 無料
シニア割引 1,400円
障害者割引 800円
※( )内は10名以上の団体料金
※各種割引の併用はできません
※高大生の方は入館の際、身分を証明できるものを要提示
※シニア割引の適用は65歳以上となります(証明できるものを要提示)
※障害者割引の適用は障害のある方とその付添者1名となります(証明できるものを要提示)
入館料・観覧料についての追記事項
<前売観覧券> 1,300~1,400円
※熱海市内契約旅館、契約旅行会社などで購入できます
<SNS割引>
インスタグラムより公式MOA美術館ページをフォローした画面を切符売り場に提示で割引あり
割引クーポン
特になし
美術館名 よみがな
えむおーえーびじゅつかん

MOA美術館についての感想・評価REVIEWS

この美術館にはまだ感想・評価の投稿がありません。
最初の感想・評価を投稿してみませんか?

感想・評価を投稿する

MOA美術館 開催展覧会情報EXHIBITION INFO

開催中リニューアル3周年記念 名品展 第2部 桃山・江戸の華とわび

会期:

桃山時代には、華やかな金碧障屏画が城郭や邸宅を飾る一方、茶の湯の世界では、舶来した唐物の賞翫に加え、不完全・不定形や自然の生地の美を志向する...

リニューアル3周年記念 名品展 第2部 桃山・江戸の華とわび

MOA美術館にて、今後開催予定の展覧会

これまでにMOA美術館で開催された展覧会

会期終了奇想の又兵衛 山中常盤物語絵巻

会期:

岩佐又兵衛勝以(いわさまたべえかつもち 1578~1650)は、豊かな頬と長い頤の人物表現や大和絵と漢画を折衷したような独特の画風で一世を風靡し、後の画界に大きな影響を与えました。 山中常盤物語絵巻...

奇想の又兵衛 山中常盤物語絵巻

会期終了 第21回岡田茂吉賞展 現代日本工芸の最前線

会期:

日本の工芸はわが国を代表する芸術・文化として国内外から大きな注目を集めています。2020年の東京オリンビック・パラリンピックを目前に控え、現在は...

 第21回岡田茂吉賞展 現代日本工芸の最前線

会期終了広重が描いた静岡 東海道五十三次を中心に

会期:

江戸時代、徳川幕府によって整備が進められた街道のうち、江戸と京都を結ぶ東海道は、参勤交代の大名行列や寺社巡礼の庶民などが往来し賑わいました。...

広重が描いた静岡 東海道五十三次を中心に

会期終了北斎漫画と冨嶽三十六景

会期:

葛飾北斎(1760-1849)は、90歳で没するまでの約70年間にわたり、狂歌絵本、読本、絵手本、錦絵、肉筆画など様々な分野で活躍しました。 その画業は、在世当時からヨーロッパに伝わり、特に「北斎漫画」...

北斎漫画と冨嶽三十六景

会期終了特別展 URUSHI 伝統と革新

会期:

日本は世界に卓越する工芸の伝統を有し、なかでも漆芸は、日本を代表する工芸として1300年以上の永い歴史を持ち、芸術的にも技術的にも高度の発達をとげ継承されてきました。 近代以降多くの漆芸家が、...

特別展 URUSHI 伝統と革新

会期終了リニューアル3周年記念名品展 第1部 国宝「紅白梅図屏風」

会期:

MOA美術館では、国宝「紅白梅図屏風」をはじめとするMOA美術館のコレクションから精選した所蔵名品展を開催します。 国宝「紅白梅図屏風」は、江戸時...

リニューアル3周年記念名品展 第1部 国宝「紅白梅図屏風」

会期終了竹内栖鳳展  コレクションを中心に

会期:

明治以降の近代美術界は、西洋の美術思想や絵画技法の導入と伝統の継承との狭間で揺れ動きました。そのような時代にあって、竹内栖鳳(1864-1942)は...

竹内栖鳳展  コレクションを中心に

会期終了特別展 人間国宝展

会期:

日本の伝統工芸は、千年を越える長い歴史に支えられた高度な文化的所産であり、陶芸、染織、漆芸、金工、木竹工、人形などの幅広い分野にわたっています。 そこには、素材の特性を最大限に活かしながら...

特別展 人間国宝展

会期終了リニューアル記念特別展 信長とクアトロ・ラガッツィ 桃山の夢と幻 + 杉本博司と天正少年使節が…

会期:

MOA美術館は、2017年2月5日、杉本博司と榊田倫之の主宰する新素材研究所の建築意匠によってリニュー...

リニューアル記念特別展 信長とクアトロ・ラガッツィ 桃山の夢と幻 + 杉本博司と天正少年使節が見たヨーロッパ

会期終了歌麿とその時代 浮世絵黄金期の輝き

会期:

江戸時代後期、庶民の大衆芸術であった浮世絵がめざましく発展しました。寛政期(1789~1801年)には「美人画」を代表する絵師、喜多川歌麿が登場しま...

歌麿とその時代 浮世絵黄金期の輝き

会期終了吉田博木版画展

会期:

吉田博(1876-1950)は、明治から昭和にかけて、水彩画や油彩画の分野で西洋画壇を牽引した画家として知られ、太平洋画会の中心人物として活躍しました。 44歳で自身の下絵による木版画が出版された後、...

吉田博木版画展

会期終了琳派-光悦と光琳

会期:

琳派は、狩野派・土佐派のような家系や師弟関係を中心とした流派とは違い、作風に対する共感などにより、後の作家達に継承されました。 江戸時代初期の本阿弥光悦や俵屋宗達らにより始まり、元禄期を中...

琳派-光悦と光琳

PAGE TOPPAGE TOP

こちらの機能は、会員登録(無料)後にご利用いただけます。

会員登録はこちらから
SIGN UP
ログインはこちらから
SIGN IN

※あなたの美術館鑑賞をアートアジェンダがサポートいたします。
詳しくはこちら

CLOSE


がマイページにクリップされました

CLOSE マイページクリップ一覧を見る


がお気に入りに登録されました

CLOSE マイページお気に入り一覧を見る


を訪問済みに移動しました

CLOSE マイページ訪問済みイベントを見る

CLOSE

name

参考になりました!をクリックしたユーザー 一覧

CLOSE