美術館・展覧会情報サイト アートアジェンダ

MOA美術館MOA Museum of Art

MOA美術館

MOA美術館についてABOUT MOA Museum of Art

1982(昭和57)年に開館したMOA美術館は、熱海駅の背後に位置する海抜250mの丘陵地に建ち、初島や伊豆大島が浮かぶ相模灘など雄大な景観が見渡せる。つつじ山、梅園などがある瑞雲郷と名付けられた約236,400㎡(約71,500坪)の広大な庭園内に位置し、四季折々の豊かな自然の景観を堪能することができる。

MOA美術館は、創立者 岡田茂吉(おかだもきち 1882-1955年)のコレクションを基盤に、国宝3件、重要文化財66件、重要美術品46件を含む約3500件を所蔵している。

所蔵作品は、国宝である3点、「紅白梅図屏風」 尾形光琳 二曲一双、 手鑑「翰墨城」 1帖 311葉、「色絵藤花文茶壺」 野々村仁清、その他、重要文化財、重要美術品を含む、日本・東洋の陶磁器、彫刻、書跡、染織、絵画、金工など多岐にわたる。

改修工事を終えて、2017年2月に再オープンした美術館は、ロビーエリア、展示スペースなどの設計を世界的に活躍する現代美術作家 杉本博司が、建築家 榊田倫之と共に主宰する「新素材研究所」によって手がけられた。古代や中世、近世に用いられた素材や技法を、現代にどう再構築して受け継いでいくかという問いに取りくみ、さまざまな試みを行った。

国宝「色絵藤花文茶壺」の部屋は、職人の技術の粋をきわめた仕上げで、江戸黒ともよばれる深みのある黒漆喰の美しい壁でかこまれている。展示スペースには、樹齢数百年の行者杉をつかった框を配するなど、そこに飾られるものの美を最大限に生かし、古びないあたらしさを感じさせている。日本の伝統的な素材を用いた現代的な空間によって、あたらしいMOA美術館が体現されている。

アクセスマップACCESS MAP

Googlemapで見る

〒413-8511 静岡県熱海市桃山町26-2  TEL 0557-84-2511
MOA美術館 [MAP]

利用案内INFORMATION

MOA美術館 公式サイトURL
http://www.moaart.or.jp/
所在地
〒413-8511 静岡県熱海市桃山町26-2
TEL 0557-84-2511
最寄駅
JR熱海駅より
バス バスターミナル8番乗り場よりMOA美術館行き約7分 終点「MOA美術館」下車すぐ
タクシー 約5分
開館時間
開館時間 09:30〜16:30(最終入館時間 16:00)
定休日
木曜日 
定休日についての追記事項
※木曜日が祝日の場合開館
※年末年始
※展示替期間は休館
入館料・観覧料
一般 1,600円 (1,300円)
高大生 1,000円 (700円)
小中生 無料
シニア割引 1,400円
障害者割引 800円
※( )内は10名以上の団体料金
※各種割引の併用はできません
※高大生の方は入館の際、身分を証明できるものを要提示
※シニア割引の適用は65歳以上となります(証明できるものを要提示)
※障害者割引の適用は障害のある方とその付添者1名となります(証明できるものを要提示)
入館料・観覧料についての追記事項
<前売観覧券> 1,300~1,400円
※熱海市内契約旅館、契約旅行会社などで購入できます
<SNS割引>
インスタグラムより公式MOA美術館ページをフォローした画面を切符売り場に提示で割引あり
割引クーポン
特になし
美術館名 よみがな
えむおーえーびじゅつかん

MOA美術館 開催展覧会情報EXHIBITION INFO

特別展 人間国宝展

開催期間:

日本の伝統工芸は、千年を越える長い歴史に支えられた高度な文化的所産であり、陶芸、染織、漆芸、金工、木竹工、人形などの幅広い分野...

特別展 人間国宝展

頂点を極めた54名の人間国宝の作品を展観
ただいま開催中

これまでにMOA美術館で開催された展覧会

リニューアル記念特別展 信長とクアトロ・ラガッツィ 桃山の夢と幻 + 杉本博司と天正少年…

開催期間:

MOA美術館は、2017年2月5日、杉本博司と榊田倫之の主宰する新素材研究所の建築意匠によっ...

リニューアル記念特別展 信長とクアトロ・ラガッツィ 桃山の夢と幻 + 杉本博司と天正少年使節が見たヨーロッパ

華やかな桃山時代の文化と美術を概観
会期終了

歌麿とその時代 浮世絵黄金期の輝き

開催期間:

江戸時代後期、庶民の大衆芸術であった浮世絵がめざましく発展しました。寛政期(1789~1801年)には「美人画」を代表する絵師、喜多川...

歌麿とその時代 浮世絵黄金期の輝き

江戸時代後期、黄金期の浮世絵の魅力
会期終了

吉田博木版画展

開催期間:

吉田博(1876-1950)は、明治から昭和にかけて、水彩画や油彩画の分野で西洋画壇を牽引した画家として知られ、太平洋画会の中心人物と...

吉田博木版画展

「冨士拾景」「瀬戸内海集」他作品約80点
会期終了

琳派-光悦と光琳

開催期間:

琳派は、狩野派・土佐派のような家系や師弟関係を中心とした流派とは違い、作風に対する共感などにより、後の作家達に継承されました。...

琳派-光悦と光琳

琳派の代表作家の絵画と工芸の優品を展観
会期終了

岩佐又兵衛 浄瑠璃物語絵巻

開催期間:

岩佐又兵衛勝以(いわさまたべえかつもち 1578~1650)は、豊かな頬と長い頤(おとがい) の人物表現や大和絵と漢画を折衷したような独特...

岩佐又兵衛 浄瑠璃物語絵巻

絢爛豪華な絵巻群
会期終了

北斎と広重 冨嶽三十六景と東海道五十三次

開催期間:

葛飾北斎(1760~1849)は、狂歌絵本、読本、絵手本、錦絵、肉筆画など多彩な分野で活躍し、その画業は存命中ヨーロッパにまで及び、後...

北斎と広重 冨嶽三十六景と東海道五十三次

二大絵師による屈指の名作
会期終了

所蔵 名品展 尾形光琳 国宝「紅白梅図屏風」

開催期間:

「紅白梅図屏風」は、二曲一双の金地を背景に白梅と紅梅を対峙させ、「たらし込み」の技法を用いて梅樹を写実的に表現する一方で、図案...

所蔵 名品展 尾形光琳 国宝「紅白梅図屏風」

日本・東洋美術の精華を堪能
会期終了

暮らしの中の伝統工芸

開催期間:

豊饒な日本の文化を背景に、高度な技術を惜しみなく注がれて発展してきた伝統工芸は、現在では美術館の展示として接する機会の方が多い...

暮らしの中の伝統工芸

現代の生活に伝統工芸を採り入れる提案
会期終了

千宗屋キュレーション 茶の湯の美ーコレクション選ー

開催期間:

茶の湯は、時代の美意識を反映する鋭敏な感覚を持った茶人らによって道具が取り合わされ、美的な世界が創り上げられてきました。 本展...

千宗屋キュレーション 茶の湯の美ーコレクション選ー

千宗屋氏による茶道具の取り合わせ
会期終了

MOA美術館 リニューアルオープン記念 第6弾 第20回岡田茂吉賞展

開催期間:

MOA美術館の創立者岡田茂吉は、終生変わることのなかった美術愛好家として、日本美術の動...

MOA美術館 リニューアルオープン記念 第6弾 第20回岡田茂吉賞展

20周年を迎える岡田茂吉賞
会期終了

夏休みコレクション展 北斎「冨嶽三十六景」

開催期間:

葛飾北斎(1760-1849)は、90歳で没するまでの約70年にわたり、狂歌絵本、読本、絵手本、錦絵、肉筆画など次々と新たな分野で活躍し、...

夏休みコレクション展 北斎「冨嶽三十六景」

浮世絵風景版画を確立させた記念碑的作品
会期終了

美人画の系譜 江戸から近代まで 春章・歌麿・松園・深水を中心に

開催期間:

戦国時代が終わり泰平の世を迎えると、現世を謳歌する気分が高まり、人々の遊楽の情景が...

美人画の系譜 江戸から近代まで 春章・歌麿・松園・深水を中心に

江戸時代から近代にいたる美人画の競演
会期終了

PAGE TOPPAGE TOP

こちらの機能は、会員登録(無料)後にご利用いただけます。

会員登録はこちらから
SIGN UP
ログインはこちらから
SIGN IN

※あなたの美術館鑑賞をアートアジェンダがサポートいたします。
詳しくはこちら

CLOSE


がマイページにクリップされました

CLOSE マイページクリップ一覧を見る


がお気に入りに登録されました

CLOSE マイページお気に入り一覧を見る


を訪問済みに移動しました

CLOSE マイページ訪問済みイベントを見る

CLOSE