藤田嗣治 心の旅路をたどる
―手紙と手しごとを手がかりに

アサヒグループ大山崎山荘美術館

  • 開催期間:2023年12月16日(土)~2024年2月25日(日)
  • クリップ数:16 件
  • 感想・評価:3 件
藤田嗣治 心の旅路をたどる―手紙と手しごとを手がかりに アサヒグループ大山崎山荘美術館-1
藤田嗣治 心の旅路をたどる―手紙と手しごとを手がかりに アサヒグループ大山崎山荘美術館-2
ニューヨークのスタジオでポーズをとる藤田、1930年頃
ポスタービジュアル
藤田嗣治 心の旅路をたどる―手紙と手しごとを手がかりに アサヒグループ大山崎山荘美術館-1
藤田嗣治 心の旅路をたどる―手紙と手しごとを手がかりに アサヒグループ大山崎山荘美術館-1

この展覧会についてABOUT THIS EXHIBITION

明治の日本から単身渡欧し、エコール・ド・パリの代表的な画家として活躍した藤田嗣治(レオナール・フジタ、1886-1968)。

日本画の技法を油彩画に融合させて編み出した独自の画風で「乳白色の肌」と絶賛された裸婦や猫の主題は人気を博し、また彼自身の個性的な風貌や言動でも一世を風靡しました。第二次世界大戦中の日本では作戦記録画の制作にも関わりますが、戦後は日本画壇と縁を絶ってフランスへ帰化、カトリックに改宗して、彼の地に骨を埋めました。

数奇な人生を歩んだ藤田ですが、その名声と本人による巧みな印象操作によって、彼の人となりやその時々の心もちは、いまだ謎に包まれたままです。本展では、藤田が親しい人々に送った手紙や、生涯を通じて作りつづけた「手しごと」ともいうべき木工細工、妻のために遺した作品などを通じて、彼の人生とその心の旅路をたどることを試みます。

開催概要EVENT DETAILS

会期 2023年12月16日(土)~2024年2月25日(日)
  • ※会期中、一部作品の展示替えあり
会場 アサヒグループ大山崎山荘美術館 Google Map
住所 京都府乙訓郡大山崎町銭原5-3
時間 10:00~17:00 (最終入場時間 16:30)
休館日 月曜日 
2023年12月26日(火)~2024年1月3日(水)
1月9日(火)、2月13日(火)
※元日を除き月曜開館
観覧料 一般 1,300円(1,200円)
高・大学生 500円(400円)
中学生以下 無料
障害者手帳をお持ちの方 300円
  • ※( )内は20名以上の団体料金
TEL075-957-3123 (総合案内)
URLhttps://www.asahigroup-oyamazaki.com/exhibition/foujita/

アサヒグループ大山崎山荘美術館の情報はこちらMUSEUM INFORMATION

アサヒグループ大山崎山荘美術館 アサヒグループ大山崎山荘美術館

感想・評価 | 鑑賞レポートREVIEWS

REPORT

藤田の手紙を通して「心の旅路」がたどれます!

「アサヒグループ大山崎山荘美術館」という展示室が、「藤田の別荘か?」と錯覚してしまうほど、藤田作品と展示室がマッチしていることに、まず驚いた。そして、展示作品数は意外に多く、藤田の芸術家としての足跡を徹底的に、時代ごとに詳…readmore

THANKS!をクリックしたユーザー
1567sckrさん、morinousagisanさん、uchikoさん
  • VIEW255
  • THANKS3
  • BY moca

4.0

藤田の心

以前にも拝見したことがある作品「猪熊弦一郎を励ます絵手紙」ですが、何度見ても、藤田の猪熊弦一郎に対する心に感動しました。絶対に手術は成功するとの確信を、必ず治るから安心して治療に専念しなさいという友の心をひしひしと感じる作品でした。いかに絵がうまいからといって、時間をかけて猪熊弦一郎のことを思って描いている様がまざまざと蘇ってきます。

戦後、日本に見捨てられたことで、フランスに帰化、カトリックに改宗し、人生最後の仕事となった「平和の聖母礼拝堂(フジタ礼拝堂)」は、アンリ・マティス同様、後世永遠に受け継がれる芸術となったわけですが、人生後半の絵画、特に子供の肖像画には、一抹の寂しさを感じるのは私だけでしょうか。

THANKS!をクリックしたユーザー
mocaさん、さいさん、micco3216さん、morinousagisanさん、uchikoさん

あなたも感想・評価を投稿してみませんか?
感想・評価を投稿する

より詳しい鑑賞レポート 《600文字以上》のご投稿は、
こちらから。ページ枠でご紹介となります。
鑑賞レポート《600文字以上》を投稿する

周辺で開催中の展覧会も探してみて下さい。
京都府で開催中の展覧会

出展作品・関連画像IMAGES

ニューヨークのスタジオでポーズをとる藤田、1930年頃

ポスタービジュアル

こちらの機能は、会員登録(無料)後にご利用いただけます。

会員登録はこちらから
SIGN UP
ログインはこちらから
SIGN IN

※あなたの美術館鑑賞をアートアジェンダがサポートいたします。
詳しくはこちら

CLOSE

こちらの機能は、会員登録(無料)後にご利用いただけます。

会員登録はこちらから
SIGN UP
ログインはこちらから
SIGN IN

ログインせずに「いいね(THANKS!)」する場合は こちら

CLOSE


がマイページにクリップされました

CLOSE マイページクリップ一覧を見る


がお気に入りに登録されました

CLOSE マイページお気に入り一覧を見る


を訪問済みに移動しました

CLOSE マイページ訪問済みイベントを見る

CLOSE

name

参考になりました!をクリックしたユーザー 一覧
CLOSE