TRIO パリ・東京・大阪
モダンアート・コレクション

東京国立近代美術館

  • 開催期間:2024年5月21日(火)~2024年8月25日(日)
  • クリップ数:105 件
  • 感想・評価:10 件
TRIO パリ・東京・大阪 モダンアート・コレクション 東京国立近代美術館-1
TRIO パリ・東京・大阪 モダンアート・コレクション 東京国立近代美術館-2
TRIO パリ・東京・大阪 モダンアート・コレクション 東京国立近代美術館-1
TRIO パリ・東京・大阪 モダンアート・コレクション 東京国立近代美術館-1

この展覧会についてABOUT THIS EXHIBITION

パリ、東京、大阪-それぞれ独自の文化を育んできた3都市の美術館のコレクションが集結します。セーヌ川のほとりに建つパリ市立近代美術館、皇居にほど近い東京国立近代美術館、大阪市の中心部に位置する大阪中之島美術館はいずれも、大都市の美術館として、豊かなモダンアートのコレクションを築いてきました。

本展覧会は、そんな3館のコレクションから共通点のある作品でトリオを組み、構成するという、これまでにないユニークな展示を試みます。

時代や流派、洋の東西を越えて、主題やモチーフ、色や形、素材、作品が生まれた背景など、自由な発想で組まれたトリオの共通点はさまざま。総勢110名の作家による、絵画、彫刻、版画、素描、写真、デザイン、映像など150点あまりの作品で34のトリオを組み、それをテーマやコンセプトに応じて7つの章に分けて紹介することで、20世紀初頭から現代までのモダンアートの新たな見方を提案し、その魅力を浮かびあがらせます。

【FEATURE|展覧会レポート】
東京・パリ・大阪―3都市の美術館による夢のトリオ。比べて見る楽しさに出会う

開催概要EVENT DETAILS

会期 2024年5月21日(火)~2024年8月25日(日)
会場 東京国立近代美術館 Google Map
住所 東京都千代田区北の丸公園3-1
時間 10:00~17:00 (最終入場時間 16:30)
  • 金曜・土曜は10:00~20:00(最終入場時間 19:30)
休館日 月曜日、7月16日、8月13日
※ただし7月15日、8月12日は開館
観覧料 一般 2,200円(2,000円)
大学生 1,200円(1,000円)
高校生 700円(500円)
  • ※( )内は前売りおよび20名以上の団体料金
    ※中学生以下、障害者手帳をご提示の方とその付添者(1名)は無料
    ※本展の観覧料で観覧日当日に限り、同時開催の所蔵作品展「MOMATコレクション」も観覧できます
TEL050-5541-8600(ハローダイヤル)
URLhttps://art.nikkei.com/trio/

東京国立近代美術館の情報はこちらMUSEUM INFORMATION

東京国立近代美術館 東京国立近代美術館

巡回展TRAVELING EXHIBITION

TRIO パリ・東京・大阪 モダンアート・コレクション 巡回情報
※巡回先は、全情報が載っていない場合もございます。最新の巡回先一覧は、展覧会公式サイトなどでご確認いただけますよう、お願いいたします。
また、会期が変更など開催情報に変更が生じる場合がありますので、お出かけの際には、公式サイトにて最新情報をご確認ください。

感想・評価 | 鑑賞レポートREVIEWS

4.0

ユニークな展示 観慣れた作品もすこしだけ違ってみえました。

今展、「パリ市立近代美術館、東京国立近代美術館、大阪中之島美術館のコレクションから、共通点のある作品でトリオ(TRIO)を組む、主題やモチーフ、色や形、素材、作品が生まれた背景など自由な発想で組まれたトリオ、総勢110名の作家の150点あまりの作品で34のトリオを組み、それをテーマやコンセプトに応じて7つの章に分けて展示、20世紀初頭から現代までのモダンアートの新たな見方を提案し、その魅力を浮かびあがらせる」などとPRされていました。トリオと言っても、3都市の美術館からの同じテーマやコンセプトでの出展であれば、別に作品数は3点とは限らない様でしたでした。東京国立近美さんは、ずっと昔からかなりよく出かけているので、コレクションには馴染みのものも多いとは思うのですが、「現代アート」の辺りは結構スルーしてしまっている私ですから、初お目見え作品もあるかも知れません。パリ市立近代美術館へは行ったことがありません。随分以前にツアー旅行で二度ほどパリに立ち寄っていますが、その時は限りあるパリでのフリー滞在時間に、自分が苦手な「現代アート」の美術館へは、行こうとは思わなかったのです。大阪中之島美術館も、大阪へは仕事でやはり二度ほど出かけたことがあってもそれだけで、観光や美術館などに使える時間は皆無でしたから、やはり行ったことがありません。このとても変わった、美術史上初の展示手法の展覧会ということなので、なんとなく面白そうな感じでもあり、ちょっとこの夏は苦手な現代アートが集中していて少々疲れ気味ではあるのですが、一応出かけてみました。
平日午後の割合空いている時間帯に訪ねました。よくあることで、最初のコーナーのみ人が集中して流れていませんでしたが、以後は特段の混雑もなく、自由に観進めることが出来ました。ただ、グループ化のためにコーナーが多くなっているのか、若干人の流れは悪くなりがちでした。一部作品を除き、写真撮影OKでした(トリオでの撮影はスペースの問題で無理な場合が多いのは、仕方ないことでした)。
先の館側のPRにあった通り、共通テーマが設定され、3館のコレクションの中から選ばれた作品を並べて展示し、例えば「モデルたちのパワー」というテーマで"横たわる女性像"を現した作品は、パリのアンリ・マティス《椅子にもたれるオダリスク》と東京の萬鉄五郎《裸体美人》と大阪のア… Read More

THANKS!をクリックしたユーザー
morinousagisanさん

5.0

豪華コラボレーション

メインビジュアルがとても目立っていて
それはよかったけれど
展示の内容は、思っていたよりも展示数が多かったのと
アーティストの数も多くて110名とのこと
多様性に富んだ展示で、とても楽しい
特にラウル・デュフィの
何面にもわたる作品、いかにもパリらしくて
可愛く、洗練されていたなあ
豪華な3つの美術館のコラボレーションはもとより
MOMATの常設展も楽しめます

REPORT

画家の人生に思いを馳せて

 パリ・東京・大阪の美術館から集められた作品を同じテーマで見比べる展示会だが、個人的には単純に観たかった作品に吸い寄せられるように足を運んだ感じだった。
 最初に出迎えてくれたのは佐伯祐三の『郵便配達夫』。大阪中之島美術館は…readmore

THANKS!をクリックしたユーザー
morinousagisanさん、にゃんちゅうさん
  • VIEW179
  • THANKS2
  • BY mocca

4.0

ユニークな企画展

パリ・東京・大阪の各美術館のコレクションから、34のテーマでそれぞれ3点の作品を選んで展示するという、ユニークな企画展。
テーマ設定と選択する作品に、キュレーターのセンスがダイレクトに反映します。
どのように選定作業が進められたのか、それぞれの美術館の学芸員・キュレーターがどんな議論を積み重ねたのか?
そんなプロセスや舞台裏にも興味が湧いてくる展覧会です。

国内の収蔵作品は、これまで観たことのあるものが多くありますが、こういうテーマ設定で他の作品と並べて展示されると、また違った鑑賞の仕方ができて、新鮮味も感じられます。

一方で、個々の作品が飛びぬけて個性的で存在感を放っていると、テーマで3作品を括ることが足手まといにもなりかねなくなります。
例えば、「近代都市のアレゴリー」というテーマで取り上げられているラウル・デュフィの≪電気の精≫、古賀春江の≪海≫など。
これらは単独で観るしかない作品です。

実験的な要素もありますが、これからもこのような意欲的な企画展が開催されることを期待したいです。

音声ガイドは有村架純さん。やさしく、落ち着いたトーンで、ナビゲーションしてもらえます。予習・復習もできるアプリ配信版を利用しました。

THANKS!をクリックしたユーザー
アバウトさん、morinousagisanさん

5.0

3館作品が響き合い新たな視点が開く

企画が実に楽しい展覧会だった。
以前、横浜・愛知・富山の美術館が「トライアローグ」として同作家の所蔵品を展示したが、この展覧会は、作家も時代も洋邦も超えて一つのテーマに沿って三重奏を奏でていた。
思いも付かなかったコラボに「面白い!」「やられた!」となったり、いつも近美で観ている作品も他と合わさることで新たな発見があった。知らない作家作品にも興味が持てる秀逸な企画だった。

「都市のグラフィティ」として佐伯祐三「ガス灯と広告」とバスキア「無題」は、もう降参するしかなかったw。意表を突かれるだけでなく、「空想の庭」「現実と非現実のあわい」「こどもの肖像」等々美しく響き合う組みあわせも心地よい。
個々作品を楽しむにもとても良かった。ラウル・デュフィ「電気の精」は見逃せないし、マティス「椅子にもたれるオダリスク」、モディリアーニ「髪をほどいた横たわる裸婦」、ボナール「昼食」等々眼福だった。近美の作品もいつもだとガラスケース越しに観る小倉遊亀「浴女 その一」が近くで見ることができたのは収穫だった。

あの近美がとても狭く感じた。3枚一組にするので角が多く、鑑賞しづらい位置も多かった。
最後のビデオアートとかは割愛しても良かったかな……。
ポストカードは3枚そろいで欲しかった。

今回の考え方は、いままで買い求めてきた展覧会のポストカードで、自分なりの「TORIO」が自宅でも作れるなと思った♪

6月12日(水)11時入館。混雑無し。数点を除いて撮影可。
誰でも楽しめる企画なので、夏休みに入るときっと混雑するだろう……。

THANKS!をクリックしたユーザー
micco3216さん、ぷりんさん、morinousagisanさん、Camdenさん

4.0

ナイス企画

三館の所蔵品三点をひとまとめのトリオにして全34組の展示。各トリオに表題が付せられ解説もトリオ毎。その仕掛けのために、普段なら作品一点ごとに少しずつ移動してゆくところ、気がつけば、三点の真ん中に立ち一度にトリオ全体を観るような動きをしていました。これも企画者の意図した鑑賞スタイルにまんまとハマっていたのかな。

トリオの組み方はモチーフ、主題の共通性で括られる。組によっては、1+1+1=3以上のパワーを持って、観る者に働きかけてくるものあり。その筆頭格はNo.15「モデルたちのパワー」組。照明効果も手伝ってはいますが、横たわる女性(特に裸婦)というモチーフ自体が有する迫力。何百年にも亘り時に物議をかもしながら取り上げられてきたわけです。マチス、萬鉄五郎に、バブル期に19億円で話題となった大阪市のモディリアーニの実物も登場。
その他のトリオで個人的な推しは、No.10「空想の庭」(デュフィ、辻永、ポーシャン)、No.26「色彩とリズム」(ドローネー、田中敦子、菅野聖子)あたり。

ポストカードは一枚、三岸好太郎《雲の上を飛ぶ蝶》を購入。サックスブルーとアイボリーで上下二分割した情景に舞う色とりどりの蝶が幻想的で気に入り購入しました。

THANKS!をクリックしたユーザー
morinousagisanさん、アバウトさん

4.0

独自の視点

初日にお伺いしました。
それほど混んでなくゆっくり観ることができました。海外からの旅行客の方がとても多いです。

同じテーマでいろいろな表現方法の作品が並べられていておもしろかったです。

THANKS!をクリックしたユーザー
karachanさん

4.0

長谷川利行特集が嬉しい

TRIO展、結構良かったです。
パリ東京大阪の美術館からテーマやモチーフなど何らかの共通点を見出して3つの作品を展観しています。
注目作品にフォーカスというよりキュレーションで見せるタイプの近年増えてきた展覧会ですね。
ユトリロに長谷川利行、松本竣介、佐伯祐三を組み合わせるとかそんな感じです。
モディリアーニ、スーティン、ボナールあたりが見られるのは嬉しいかな。
日本画と写真を中心に展示替えあり、ヨロテツの裸婦は途中退場期間あり。
大半の作品は写真撮影可能、拍子抜けするぐらい空いていました。

でこの企画展だけだとまだ半分で2~4階のコレクション展と合わせてTRIO展なんだと思います。
長谷川利行とアジェの特集が組まれていたり、ベーコン、小村雪岱新収蔵、速水御舟、石内都などすごく楽しい。
展示替え後は鏑木清方と北野恒富が楽しみでホントに自分好みで驚く。
企画展のボリュームもすごく大きいわけではないのでMOMATコレクション展も是非。

THANKS!をクリックしたユーザー
moccaさん、morinousagisanさん、シンディさん、komagatayaさん、karachanさん

4.0

全体に良い作品

ある共通点を持った作品を3つの美術館から1つずつトリオにして見せてくれる展覧会。共通点といってもそんなに厳密なものでなく、3作品をじっくり見比べるという感じではない。大阪からいい作品が来ているし、パリはやっぱりいいものを持っているなと思った。東京もいいのだが、こちらはだいたい前に見たことがあるので私にとって新鮮味はなかった。メッツァンジェの大きいキュビスム絵画を見られたのが良かった。ホームページ等には取り上げられていないが、実物の大きさで見る価値があると思う。仮にWebや印刷物で見ても何が描いてあるか全然わからないだろうが、実物で見ると確かに3人の女性がわかる。まあ大きい実物をみてもあまりよくわからないのではあるが、大きくてもわからないことを確認できるのが良い。

THANKS!をクリックしたユーザー
karachanさん

5.0

TRIOってそういう意味だったのか!楽しい!見やすい!

「3つの美術館から作品来るのね~」くらいな感覚で初日訪問。
その空間に入るなり、おぉおお~!トリオの意味納得。

ミニ・テーマ毎に3つの美術館からそれぞれ一点ずつ(例外はあるけど)セレクトされ、3点が並んで我々を迎えてくれる。

美術専攻とかしていなくても、目視で似ているところはわかったりするから嬉しい。ミニ・テーマ毎に短い解説文パネルが上の方にあって(その位置のお蔭で)近視眼的視点ではなく、鑑賞者は自然とちょっと引いて3点全体を見渡してふむふむ、近寄ってふむふむ、となる。各作品ごとにはキャプションがないのが逆にいい。

色んなテーマが紙芝居的に展開していくので、だんだん「今度はどんなトリオかな?」と自分なりに共通点を探すのが楽しみになっていく。結果、視覚・感覚総動員で作品にじっと見入ることになって、普段の「キャプション⇔作品で指差し確認」的鑑賞でない鑑賞スタイルになって、なんかとっても満足。

今日は初日でまだ空いていて、おまけに作品ごとのキャプションがないお蔭で行列にならないし、ストレスフリーで鑑賞。写真は数点を除いて全て撮影可。

これは個人的にはとてもオススメ♪
ピンときたら是非訪問を。

THANKS!をクリックしたユーザー
Boodlesさん、Camdenさん、シンディさん、karachanさん、fumiko773さん

あなたも感想・評価を投稿してみませんか?
感想・評価を投稿する

より詳しい鑑賞レポート 《600文字以上》のご投稿は、
こちらから。ページ枠でご紹介となります。
鑑賞レポート《600文字以上》を投稿する

周辺で開催中の展覧会も探してみて下さい。
東京都千代田区で開催中の展覧会

出展作品・関連画像IMAGES

こちらの機能は、会員登録(無料)後にご利用いただけます。

会員登録はこちらから
SIGN UP
ログインはこちらから
SIGN IN

※あなたの美術館鑑賞をアートアジェンダがサポートいたします。
詳しくはこちら

CLOSE

こちらの機能は、会員登録(無料)後にご利用いただけます。

会員登録はこちらから
SIGN UP
ログインはこちらから
SIGN IN

ログインせずに「いいね(THANKS!)」する場合は こちら

CLOSE


がマイページにクリップされました

CLOSE マイページクリップ一覧を見る


がお気に入りに登録されました

CLOSE マイページお気に入り一覧を見る


を訪問済みに移動しました

CLOSE マイページ訪問済みイベントを見る

CLOSE

name

参考になりました!をクリックしたユーザー 一覧
CLOSE