展覧会の感想・評価一覧

111年目の中原淳一

111年目の中原淳一

渋谷区立松濤美術館|東京都

会期:

4.0

ちょっと前のスタイルブック

20240710
こういうウエストの細いスタイルブックを見本に、おしゃれ差さん達はこういうワンピースを着たのね。
びっくりの細さだけど、ステキ。
ソレイユ も、山手通りの中原邸も、懐かしさで一杯。
おしゃれってこういうことね。。

Beautiful Japan 吉田初三郎の世界

Beautiful Japan 吉田初三郎の世界

府中市美術館|東京都

会期:

5.0

興味尽きない

20240618
昭和初期の観光地図や、新規開通鉄路の地図に興味津々。
現在の駅名とは違うその土地固有の名前の駅に、その土地の歴史を感じる。「〇〇が丘」なんてのはつまらない。
ドローンもな… Read More

THANKS!をクリックしたユーザー
morinousagisanさん
サントリー美術館コレクション展 名品ときたま迷品

5.0

名品ばかり。

20240609
不思議な球!
ガラス製の文具たちが素敵。硯用の小さな衝立や文鎮も欲しい、欲しい。
一番気に入ったのはかんざしたち。茶道具など花鳥風月以外の意外なものを髪に挿すなんていいなぁ。
髪を結うのならこんなかんざしを挿したい。

どうぶつ百景 江戸東京博物館コレクションより

5.0

浮世絵だけじゃない動物いっぱい

20240522
驚きの展示は、武士の子供が馬になれておくための木馬。
木馬ってこういう使い方をするものだったんだ。
しっぽもちゃんとあって、ドラマでみるおバカな若様の遊び道具じゃないのに… Read More

時代とあゆむ袋物商 たばこ入れからハンドバッグまで

4.0

なくなりつつある道具

20240521
たばこ自体を見なくなった昨今。
たばこ入れにおしゃれを極める男性陣に頭がさがります。
こんな入れ物を腰に下げていたら、目を見張るをねぇ。
女性コレクションも粋で、ちょっと… Read More

THANKS!をクリックしたユーザー
morinousagisanさん
【特別展】犬派?猫派? ―俵屋宗達、竹内栖鳳、藤田嗣治から山口晃まで―

4.0

こんなにあるのか「犬」「猫」

20240517
犬や猫を主役に描いているものも、思わぬところにいるものも、みんな可愛い。
山口画伯の掛け軸は個人的にはちょっとだたが、表紙絵は欲しいほど。
今後、象やうさぎなどある動物特集も面白そう。
期待しています。

月岡芳年 月百姿

月岡芳年 月百姿

太田記念美術館|東京都

会期:

5.0

明治もすてたもんじゃない

ところどころに残る空摺り。
題名の色紙状のものは細かい模様がも凝る
着物にも模様があるものもあった。
色合いもきれい。

THANKS!をクリックしたユーザー
kage0512さん
静嘉堂文庫竣工100年・特別展 画鬼 河鍋暁斎×鬼才 松浦武四郎 ー「地獄極楽めぐり図」からリアル武四郎涅槃図まで

5.0

武四郎も暁斎も素晴らしい

20240424
日曜に鼎談を聞いて、余韻が残る間に鑑賞。
二人ともすごい。
こういう風に何かに没頭できるってスバラシイ。
大首飾りも用賀で見て以来なので、またまた「重そうだ」と思ってしまったワタシ。
首にかけてみたいな。

こちらの機能は、会員登録(無料)後にご利用いただけます。

会員登録はこちらから
SIGN UP
ログインはこちらから
SIGN IN

※あなたの美術館鑑賞をアートアジェンダがサポートいたします。
詳しくはこちら

CLOSE

こちらの機能は、会員登録(無料)後にご利用いただけます。

会員登録はこちらから
SIGN UP
ログインはこちらから
SIGN IN

ログインせずに「いいね(THANKS!)」する場合は こちら

CLOSE


がマイページにクリップされました

CLOSE マイページクリップ一覧を見る


がお気に入りに登録されました

CLOSE マイページお気に入り一覧を見る


を訪問済みに移動しました

CLOSE マイページ訪問済みイベントを見る

CLOSE

name

参考になりました!をクリックしたユーザー 一覧
CLOSE