展覧会の感想・評価一覧

コレクション 4つの水紋

コレクション 4つの水紋

埼玉県立近代美術館|埼玉県

会期:

4.0

幅広い収蔵品展

4つの作品それぞれのテーマを起点に、そのテーマにゆるーく関連した収蔵品を展示した展覧会。洋画、日本画、国内外の印象派から現代アートまでと、作品の幅は広い。ところどころある有名巨匠… Read More

与謝蕪村「ぎこちない」を芸術にした画家

与謝蕪村「ぎこちない」を芸術にした画家

府中市美術館|東京都

会期:

4.0

楽しい絵

たしかにぎこちないし、すごいうまいわけでもない。豪壮でもなければ雅でもない。美を追求した美しい絵ではないが、楽しい絵だ。ほんわかした平和な庶民の絵に思えた。酔っ払いにも寛容で、… Read More

THANKS!をクリックしたユーザー
XXXXXさん
ロンドン・ナショナル・ポートレートギャラリー所蔵 KING&QUEEN展 ―名画で読み解く 英国王室物語―

4.0

英国王室の歴史概略展

美術展というよりは、英国王室の歴史概要展。各時代の王、女王、ロイヤルファミリー、ときに愛人の肖像画、写真をみながら、英国王室の歴史の概略をチューダー朝から現在までたどる。複製画… Read More

THANKS!をクリックしたユーザー
Nine Livesさん
特別展「桃山ー天下人の100年」

特別展「桃山ー天下人の100年」

東京国立博物館|東京都

会期:

5.0

描かれた民衆の活気が印象的だった

戦国動乱期から徳川時代に入るまでの美術。この時代は戦国大名好みの勇壮で豪華な美術が多いイメージだが、大きい屏風にちまちまと小さい人物が大勢描かれたものも多い。戦乱気なのに、退廃… Read More

THANKS!をクリックしたユーザー
morinousagisanさん
企画展「大東京の華―都市を彩るモダン文化」

4.0

和と洋

西洋文化が押し寄せてきたときの東京。それはあこがれであり、富を象徴するものでもあったようだ。しかし、完全に西洋化せず、和洋折衷であったり、洋服にさりげなく和をあしらったりして、日本らしさも維持しているところが良かった。

THANKS!をクリックしたユーザー
fumiko773さん
The UKIYO-E 2020 ― 日本三大浮世絵コレクション

The UKIYO-E 2020 ― 日本三大浮世絵コレクション

東京都美術館|東京都

会期:

5.0

大川端夕涼み

初期から江戸末期までの浮世絵を堪能できた。贅を凝らした摺物が良かった。年賀状もこういうものを限られた人だけに送るのもいいと思った。今回個人的に一番の作品は鳥居清長の「大川端夕涼… Read More

THANKS!をクリックしたユーザー
Nine Livesさん
ロンドン・ナショナル・ギャラリー展

ロンドン・ナショナル・ギャラリー展

国立西洋美術館|東京都

会期:

5.0

やっぱり実物

レンブラントの超有名自画像やゴッホの超有名ひまわりなどの実物をゆっくりと鑑賞できた。ひと時の間、それらの超有名名画の世界で一番近くにいる人になるのはいいものだ。今回私が気に入っ… Read More

THANKS!をクリックしたユーザー
ファイさん
ピーター・ドイグ展

ピーター・ドイグ展

東京国立近代美術館|東京都

会期:

5.0

いろんな想像を楽しむ

ミステリアスで、幻想的で、夢の中のような絵画。サスペンスドラマのシーンのような絵では、自分がそのシーンに居合わせているような感じがし、いったい何があったのだろう?といろいろな想… Read More

THANKS!をクリックしたユーザー
Audreyさん、ファイさん

こちらの機能は、会員登録(無料)後にご利用いただけます。

会員登録はこちらから
SIGN UP
ログインはこちらから
SIGN IN

※あなたの美術館鑑賞をアートアジェンダがサポートいたします。
詳しくはこちら

CLOSE


がマイページにクリップされました

CLOSE マイページクリップ一覧を見る


がお気に入りに登録されました

CLOSE マイページお気に入り一覧を見る


を訪問済みに移動しました

CLOSE マイページ訪問済みイベントを見る

name

参考になりました!をクリックしたユーザー 一覧
CLOSE