美術館・展覧会情報サイト アートアジェンダ

東京国立近代美術館The National Museum of Modern Art, Tokyo

東京国立近代美術館

左から:本館外観 撮影:上野則宏/所蔵品ギャラリー(4F)(中央上段)撮影:木奥恵三/所蔵品ギャラリー(3F「日本画」コーナー)(中央下段)撮影:木奥恵三/所蔵品ギャラリー(4F) 撮影:木奥恵三

東京国立近代美術館についてABOUT The National Museum of Modern Art, Tokyo

東京国立近代美術館は、東京都千代田区北の丸公園内にある、独立行政法人国立美術館が運営する美術館である。本館および、フィルムセンター(京橋本館・相模原分館)、工芸館から構成される。

明治時代後半から現代までの近現代美術作品(絵画・彫刻・水彩画・素描・版画・写真など)を随時コレクションし、常時展示した初めての美術館であり、それまで企画展等で「借り物」の展示を中心に行われていた日本の美術館運営に初めて「美術館による美術品収集」をもたらした。収蔵品は12500点超におよぶ。

1952年(昭和27年)12月、文部省設置法により、東京都中央区京橋の旧日活本社ビルの土地と建物を購入し、日本初の国立美術館(文部省所轄)として開館。1963年(昭和38年)4月には、京都市に京都分館が開館。1967年(昭和42年)6月、京都分館が京都国立近代美術館として独立した。

その後、1969年(昭和44年)6月には、収蔵規模に限界がきたことに伴って、千代田区北の丸公園の一画に新館を建設し、新たに本館として移転、再開館した。1970年(昭和45年)5月、京橋の旧本館がフィルムセンターとして開館。1977年(昭和52年)11月15日には、工芸館が開館。

北の丸公園に新たに建設された本館は、近代美術館評議員であったブリヂストン創業者の石橋正二郎個人が、工学博士谷口吉郎の設計による建物を新築し「寄贈」したものである。

さらにコレクションのさらなる増加、企画展の規模拡大、建物の老朽化が危惧され、展示室の大幅な拡充、ライブラリ・視聴覚施設の充実(ライブラリの公開)、バリアフリー化、耐震工事を図った、2002年(平成14年)1月まで約2年半におよぶ大規模な増築・改修工事が行われた。

本館は、合計すると約4,500㎡の展示スペースを有する国内有数の美術館となった。4-2階の所蔵品ギャラリーでは、12500点を超える充実のコレクションから選りすぐった約200点を展観する「MOMATコレクション」展を開催、

日本の20世紀初頭から「いま」にいたる、日本画、洋画、版画、水彩、素描、彫刻、写真、映像などの多様なジャンルの作品を展示している。また、1,300㎡を有する1階の企画展ギャラリーでは、特定のテーマに基づいた国内外の美術作品を展示する企画展を年4,5回開催している。

アクセスマップACCESS MAP

Googlemapで見る

〒102-8322 東京都千代田区北の丸公園3-1  TEL 03-5777-8600 (ハローダイヤル)
東京国立近代美術館 [MAP]

利用案内INFORMATION

東京国立近代美術館 公式サイトURL
http://www.momat.go.jp
所在地
〒102-8322 東京都千代田区北の丸公園3-1
TEL 03-5777-8600 (ハローダイヤル)
最寄駅
東京メトロ東西線 竹橋駅 1b出口より徒歩3分
開館時間
開館時間 10:00〜17:00(最終入館時間 16:30)
開館時間についての追記事項
金・土曜は20:00まで開館(最終入場時間 19:30)
定休日
月曜日 
定休日についての追記事項
※月曜日が祝日又は振替休日に当たる場合は開館し、翌日休館
※展示替期間、年末年始
入館料・観覧料
<企画展>
※展覧会により異なります。
開催展覧会情報をご確認ください。

<所蔵作品展> 
一般 430円(220円)
大学生 130円(70円)
※( )内は20名以上の団体料金
※ 毎月第1日曜日、国際博物館の日(5月18日)、文化の日(11月3日)は所蔵作品展を無料で観覧できます
※所蔵作品展は高校生以下および18歳未満、65歳以上、障害者手帳をお持ちの方(付添者は原則1名まで)、キャンパスメンバーズ、MOMATパスポートをお持ちの方は無料
※それぞれ入館の際、学生証、健康保険証、運転免許証などの年齢の分かるもの、障害者手帳等を要提示
割引クーポン
特になし
美術館名 よみがな
とうきょうこくりつきんだいびじゅつかん

東京国立近代美術館についての感想・評価REVIEWS

この美術館にはまだ感想・評価の投稿がありません。
最初の感想・評価を投稿してみませんか?

感想・評価を投稿する

東京国立近代美術館 開催展覧会情報EXHIBITION INFO

開催中高畑勲展─日本のアニメーションに遺したもの Takahata Isao : A legend in Japanese Animation

会期:

初の長編演出(監督)となった「太陽の王子 ホルスの大冒険」(1968年)で、悪魔と闘う人々の団結という...

高畑勲展─日本のアニメーションに遺したもの Takahata Isao : A legend in Japanese Animation

開催予定鏑木清方 幻の《築地明石町》特別公開

会期:

東京神田に生まれ、挿絵画家として画業をスタートさせた鏑木清方(1878-1972)は、美人画で上村松園と並び称された日本画家です。 今年、東京国立近代...

鏑木清方 幻の《築地明石町》特別公開

開催中所蔵作品展 MOMATコレクション

東京国立近代美術館のコレクションは現在12,500点あまり。2012年のリニューアル工事を経て新しく生まれ変わった所蔵作品展「MOMATコレクション」では、その中から毎回200点ほどを選りすぐり、3フロア、3,...

所蔵作品展 MOMATコレクション

東京国立近代美術館にて、今後開催予定の展覧会

これまでに東京国立近代美術館で開催された展覧会

会期終了 福沢一郎展 このどうしようもない世界を笑いとばせ

会期:

福沢一郎(1898-1992)は、昭和戦前期から戦後まで日本の洋画界を牽引した画家です。 戦前にはフランスのシュルレアリスム(超現実主義)を日本に紹介...

 福沢一郎展 このどうしようもない世界を笑いとばせ

会期終了アジアにめざめたら:アートが変わる、世界が変わる 1960-1990年代

会期:

日本・韓国・シンガポールの国立美術館による共同企画。1960年代から90年代の激動のアジアで誕生した実験的な美術の動向を、国の枠組みを超えて比較・...

アジアにめざめたら:アートが変わる、世界が変わる 1960-1990年代

会期終了コレクションを中心とした小企画 瀧口修造と彼が見つめた作家たち

会期:

美術評論家・詩人の瀧口修造(1903-1979)は日本にシュルレアリスムを紹介し、また批評活動を通して若手作家を応援し続けたことで知られています。そし...

コレクションを中心とした小企画 瀧口修造と彼が見つめた作家たち

会期終了ゴードン・マッタ゠クラーク展

会期:

1970年代にニューヨークを中心に活躍し、35歳で夭折したアーティスト、ゴードン・マッタ゠クラーク(1943-78)。 アート、建築、ストリートカルチャー、食など多くの分野でフォロワーを生み続ける先駆者の...

ゴードン・マッタ゠クラーク展

会期終了生誕150年 横山大観展

会期:

横山大観(1868-1958)の生誕150年、没後60年を記念し、回顧展を開催します。 東京美術学校に学んだ大観は、師の岡倉天心とともに同校を去り、日本美術院を設立。新たな時代における新たな絵画の創出を...

生誕150年 横山大観展

会期終了没後40年 熊谷守一 生きるよろこび

会期:

熊谷守一(くまがいもりかず 1880‐1977)は、明るい色彩と単純化された形を特徴とする作風で広く知られます。特に、花や虫、鳥など身近な生きものを描...

没後40年 熊谷守一 生きるよろこび

会期終了日本の家 1945年以降の建築と暮らし

会期:

本展は、日本の建築家56組による75件の住宅建築を、模型、図面、写真、映像など400点を超える作品資料を通して体験していただくという大胆な試みです。...

日本の家 1945年以降の建築と暮らし

会期終了茶碗の中の宇宙 樂家一子相伝の芸術

会期:

茶碗の中の宇宙とは、全ての装飾や美しい形を捨て、手捏ねによる成形でさらに土を削ぎ落としながら造形を完成させていった茶碗を用い、その茶碗によっ...

茶碗の中の宇宙 樂家一子相伝の芸術

会期終了endless 山田正亮の絵画

会期:

山田正亮(1929-2010)は、第二次世界大戦後間もない頃から半世紀以上にわたり5,000点近い絵画を描き、戦後日本の美術史に比類のない足跡を残しました。 彼の仕事の全貌を今日の視点から紹介する本展は...

endless 山田正亮の絵画

会期終了瑛九1935-1937 闇の中で「レアル」をさがす

会期:

瑛九とは何者か? 瑛九(えいきゅう、本名:杉田秀夫 1911-1960)は1936年にフォト・デッサン集『眠りの理由』で鮮烈なデビューを飾り、その後さまざ...

瑛九1935-1937 闇の中で「レアル」をさがす

会期終了トーマス・ルフ展 / THOMAS RUFF

会期:

トーマス・ルフ(1958年ドイツ、ツェル・アム・ハルマースバッハ生まれ)は、アンドレアス・グルスキーやトーマス・シュトゥルートらとともにデュッセルドルフ芸術アカデミーでベルント&ヒラ・ベッヒャー...

トーマス・ルフ展 / THOMAS RUFF

会期終了MOMATコレクション

会期:

和服姿で、天体望遠鏡をのぞき込む、太田聴雨(おおた ちょうう)《星をみる女性》、岸田劉生《麗子肖像(麗子五歳之像)》、初公開となる新収蔵の尾竹竹坡 《銀河宇宙》、畦地梅太郎 《山男(三)》など...

MOMATコレクション

PAGE TOPPAGE TOP

こちらの機能は、会員登録(無料)後にご利用いただけます。

会員登録はこちらから
SIGN UP
ログインはこちらから
SIGN IN

※あなたの美術館鑑賞をアートアジェンダがサポートいたします。
詳しくはこちら

CLOSE


がマイページにクリップされました

CLOSE マイページクリップ一覧を見る


がお気に入りに登録されました

CLOSE マイページお気に入り一覧を見る


を訪問済みに移動しました

CLOSE マイページ訪問済みイベントを見る

CLOSE

name

参考になりました!をクリックしたユーザー 一覧

CLOSE