東京国立近代美術館 The National Museum of Modern Art, Tokyo

東京国立近代美術館東京国立近代美術館

左から:本館外観 撮影:上野則宏/所蔵品ギャラリー(4F)(中央上段)撮影:木奥恵三/所蔵品ギャラリー(3F「日本画」コーナー)(中央下段)撮影:木奥恵三/所蔵品ギャラリー(4F) 撮影:木奥恵三

東京国立近代美術館についてABOUT The National Museum of Modern Art, Tokyo

東京国立近代美術館は、独立行政法人国立美術館が運営する美術館である。東京都千代田区北の丸公園内にある、本館および石川県金沢市にある国立工芸館から構成される。

明治時代後半から現代までの近現代美術作品(絵画・彫刻・水彩画・素描・版画・写真など)を随時コレクションし、収蔵品は13,000点超におよぶ。

1952年(昭和27年)12月、文部省設置法により、東京都中央区京橋の旧日活本社ビルの土地と建物を購入し、日本初の国立美術館(文部省所轄)として開館。1963年(昭和38年)4月には、京都市に京都分館が開館。1967年(昭和42年)6月、京都分館が京都国立近代美術館として独立した。

その後、1969年(昭和44年)6月には、収蔵規模に限界がきたことに伴って、千代田区北の丸公園の一画に新館を建設し、新たに本館として移転、再開館した。1970年(昭和45年)5月、京橋の旧本館がフィルムセンターとして開館。2018年(平成30年)4月1日に「国立映画アーカイブ」として独立。1977年(昭和52年)11月15日には、工芸館が開館。2020年(令和2年)に「国立工芸館」として石川県金沢市へ移転、開館した。

北の丸公園に新たに建設された本館は、近代美術館評議員であったブリヂストン創業者の石橋正二郎個人が、工学博士谷口吉郎の設計による建物を新築し「寄贈」したものである。

さらにコレクションのさらなる増加、企画展の規模拡大、建物の老朽化が危惧され、展示室の大幅な拡充、ライブラリ・視聴覚施設の充実(ライブラリの公開)、バリアフリー化、耐震工事を図った、2002年(平成14年)1月まで約2年半におよぶ大規模な増築・改修工事が行われた。

本館は、合計すると約4,500㎡の展示スペースを有する国内有数の美術館となった。4-2階の所蔵品ギャラリーでは、13,000点を超える充実のコレクションから選りすぐった約200点を展観する「MOMATコレクション」展を開催、

日本の19世紀末から「いま」にいたる、日本画、洋画、版画、水彩、素描、彫刻、写真、映像などの多様なジャンルの作品を展示している。また、1,300㎡を有する1階の企画展ギャラリーでは、特定のテーマに基づいた国内外の美術作品を展示する企画展を年4、5回開催している。

利用案内INFORMATION

東京国立近代美術館 公式サイトURL
https://www.momat.go.jp
所在地
〒102-8322 東京都 千代田区北の丸公園3-1
TEL 050-5541-8600(ハローダイヤル)
最寄駅
東京メトロ東西線 竹橋駅 1b出口より徒歩3分
開館時間
10:00〜17:00 (最終入館時間 16:30)
金・土曜は20:00まで開館(最終入場時間 19:30)
定休日
月曜日 
※月曜日が祝日又は振替休日に当たる場合は開館し、翌日休館
※展示替期間、年末年始
入館料・観覧料
<企画展>
※展覧会により異なります。
開催展覧会情報をご確認ください。

<所蔵作品展> 
一般 500円(400円)
大学生 250円(200円)
※( )内は20名以上の団体料金
※国際博物館の日(5月18日)、文化の日(11月3日)は所蔵作品展を無料で観覧できます(休館日にあたる場合を除く)
※所蔵作品展は高校生以下および18歳未満、65歳以上、障害者手帳をお持ちの方(付添者は原則1名まで)、キャンパスメンバーズ、MOMATパスポートをお持ちの方は無料
※それぞれ入館の際、学生証、健康保険証、運転免許証などの年齢の分かるもの、障害者手帳等を要提示
割引クーポン
特になし
美術館名 よみがな
とうきょうこくりつきんだいびじゅつかん

アクセスマップACCESS MAP

Googlemapで見る

東京国立近代美術館
〒102-8322 東京都 千代田区北の丸公園3-1  TEL 050-5541-8600(ハローダイヤル)

東京国立近代美術館についての感想・評価REVIEWS

3.0

所蔵作品展に行ってきました

平日開館時間に予約をしました 人影はほとんどなくほぼ貸し切り状態です
長谷川潔のアネモネの銅版画 平塚運一の木版画臼杵の石仏 梅原龍三郎の静物画などが良かったです

その後近くの丸紅ギャラリーにも行ってきました
こちらも素敵でした

あなたも感想・評価を投稿してみませんか?
(展覧会についての感想・評価は、各展覧会のページよりご投稿をお願いいたします。
こちらは、「美術館」自体についての感想・評価の投稿欄となります。)
感想・評価を投稿する

東京国立近代美術館 開催展覧会情報EXHIBITION INFO

中平卓馬 火―氾濫

中平卓馬 火―氾濫

開催中

会期:

日本の写真を変えた、伝説的写真家 約20年ぶりの大回顧展 日本の戦後写真における転換期となった1960 年代末から70 年代半ばにかけて...

TRIO パリ・東京・大阪 モダンアート・コレクション

TRIO パリ・東京・大阪 モダンアート・コレクション

開催予定

会期:

パリ、東京、大阪-それぞれ独自の文化を育んできた3都市の美術館のコレクションが集結し...

これまでに東京国立近代美術館で開催された展覧会

生誕120年 棟方志功展 メイキング・オブ・ムナカタ

生誕120年 棟方志功展 メイキング・オブ・ムナカタ

会期終了

会期:

ヴェネチア・ビエンナーレでの受賞をはじめ、「世界のムナカタ」として国際的な評価を得...

東京国立近代美術館70周年記念展 重要文化財の秘密

東京国立近代美術館70周年記念展 重要文化財の秘密

会期終了

会期:

東京国立近代美術館は1952年12月に開館し、2022年度は開館70周年にあたります。これを記...

大竹伸朗展

大竹伸朗展

会期終了

会期:

大竹伸朗(おおたけ・しんろう 1955-)は、1980年代初めに華々しくデビューして以来、絵画、版画、素描、彫刻、映像、絵本、音、エッ...

ゲルハルト・リヒター展

ゲルハルト・リヒター展

会期終了

会期:

現代アートの巨匠、大規模個展開催 ドイツが生んだ現代アートの巨匠ゲルハルト・リヒター(1932-)。本展は、1960年代に本格的に活動を...

没後50年 鏑木清方展

没後50年 鏑木清方展

会期終了

会期:

鏑木清方(1878-1972)の代表作として知られ、長きにわたり所在不明だった《築地明石町》(1927年)と、合わせて三部作となる《新富町...

隈研吾展 新しい公共性をつくるためのネコの5原則

隈研吾展 新しい公共性をつくるためのネコの5原則

会期終了

会期:

米TIME誌にて「2019年世界で訪れるべき最も素晴らしい場所100選」に選ばれた《V&Aダンデ...

あやしい絵展

あやしい絵展

会期終了

会期:

絵に潜む真実、のぞく勇気はありますか? 明治期、あらゆる分野において西洋から知識、技術などがもたらされるなか、美術も西洋からの...

こちらの機能は、会員登録(無料)後にご利用いただけます。

会員登録はこちらから
SIGN UP
ログインはこちらから
SIGN IN

※あなたの美術館鑑賞をアートアジェンダがサポートいたします。
詳しくはこちら

CLOSE

こちらの機能は、会員登録(無料)後にご利用いただけます。

会員登録はこちらから
SIGN UP
ログインはこちらから
SIGN IN

ログインせずに「いいね(THANKS!)」する場合は こちら

CLOSE


がマイページにクリップされました

CLOSE マイページクリップ一覧を見る


がお気に入りに登録されました

CLOSE マイページお気に入り一覧を見る


を訪問済みに移動しました

CLOSE マイページ訪問済みイベントを見る

CLOSE

name

参考になりました!をクリックしたユーザー 一覧
CLOSE