日本の中のマネ 展
ー出会い、120年のイメージー

練馬区立美術館

  • 開催期間:2022年9月4日(日)〜2022年11月3日(木・祝)
  • クリップ数:9 件
日本の中のマネ 展 ー出会い、120年のイメージー 練馬区立美術館-1
日本の中のマネ 展 ー出会い、120年のイメージー 練馬区立美術館-2
日本の中のマネ 展 ー出会い、120年のイメージー 練馬区立美術館-3
日本の中のマネ 展 ー出会い、120年のイメージー 練馬区立美術館-4
日本の中のマネ 展 ー出会い、120年のイメージー 練馬区立美術館-5
日本の中のマネ 展 ー出会い、120年のイメージー 練馬区立美術館-6
《肖像(少年1,2,3)》森村泰昌 1988年 発色現像方式印画、透明メディウム 東京都現代美術館
エドゥアール・マネ《散歩(ガンビー夫人)》1880-81年頃 油彩、カンヴァス 東京富士美術館
《帽子を被った男性から見た草上の二人》福田美蘭 1992年 アクリル、合板 高松市美術館
《草上の小憩》石井柏亭 1904(明治37)年 油彩、オイルパステル、カンヴァス 東京国立近代美術館
安井曾太郎《水浴裸婦》1914(大正3)年 油彩、カンヴァス 石橋財団アーティゾン美術館
《アンティーブ岬》クロード・モネ 1888年 油彩、カンヴァス 愛媛県美術館
日本の中のマネ 展 ー出会い、120年のイメージー 練馬区立美術館-1
日本の中のマネ 展 ー出会い、120年のイメージー 練馬区立美術館-1
日本の中のマネ 展 ー出会い、120年のイメージー 練馬区立美術館-1
日本の中のマネ 展 ー出会い、120年のイメージー 練馬区立美術館-1
日本の中のマネ 展 ー出会い、120年のイメージー 練馬区立美術館-1
日本の中のマネ 展 ー出会い、120年のイメージー 練馬区立美術館-1

この展覧会についてABOUT THIS EXHIBITION

19世紀フランスを代表する画家エドゥアール・マネ(1832-83)の日本における受容について考察する展覧会です。我が国における洋画黎明期の美術家や美術批評家たちはどのようにマネを解釈し、理解したのでしょうか。

例えば、美術批評家で画家の石井柏亭は、マネへのオマージュ作品を手掛けています。また、医師で詩人、小説家、美術批評家の顔を持つ木下杢太郎は、西洋近代絵画を受容する上でマネへの理解こそ不可欠であると主張しました。

本展では、まず、西洋近代美術におけるマネの位置づけを確認した上で、明治から昭和初期までに見られる批評や作品を通して、日本における最初期のマネ受容について検討します。そして、現代作家のマネ解釈を、森村泰昌や福田美蘭の作品を通して考察します。

洋画黎明期の日本おけるマネ受容から、現代の日本人アーティストのマネ解釈を踏まえ、日本におけるマネ像を探る展覧会です。

開催概要EVENT DETAILS

会期 2022年9月4日(日)〜2022年11月3日(木・祝)
  • 会期中一部展示替えあり
会場 練馬区立美術館 Google Map
住所 東京都練馬区貫井1-36-16
時間 10:00〜18:00 (最終入場時間 17:30)
休館日 月曜日 
※ただし、9月19日(月・祝)、10月10日(月・祝)は開館
9月20日(火)、10月11日(火)
観覧料 一般 1,000円
高校・大学生および65~74歳 800円
中学生以下および75歳以上 無料(その他各種割引制度あり)
  • ※一般以外の方(無料・割引対象者)は年齢等が確認できるものを要提示
TEL03-3577-1821
URLhttps://www.neribun.or.jp/museum.html

練馬区立美術館の情報はこちらMUSEUM INFORMATION

練馬区立美術館 練馬区立美術館

感想・評価 | 鑑賞レポートREVIEWS

あなたも感想・評価を投稿してみませんか?
感想・評価を投稿する

より詳しい鑑賞レポート 《600文字以上》のご投稿はこちらから。
ページ枠でご紹介となります。
鑑賞レポート《600文字以上》を投稿する

周辺で開催中の展覧会も探してみて下さい。
東京都練馬区で開催中の展覧会

出展予定作品・関連画像IMAGESS

《肖像(少年1,2,3)》森村泰昌 1988年 発色現像方式印画、透明メディウム 東京都現代美術館

エドゥアール・マネ《散歩(ガンビー夫人)》1880-81年頃 油彩、カンヴァス 東京富士美術館

《帽子を被った男性から見た草上の二人》福田美蘭 1992年 アクリル、合板 高松市美術館

《草上の小憩》石井柏亭 1904(明治37)年 油彩、オイルパステル、カンヴァス 東京国立近代美術館

安井曾太郎《水浴裸婦》1914(大正3)年 油彩、カンヴァス 石橋財団アーティゾン美術館

《アンティーブ岬》クロード・モネ 1888年 油彩、カンヴァス 愛媛県美術館

こちらの機能は、会員登録(無料)後にご利用いただけます。

会員登録はこちらから
SIGN UP
ログインはこちらから
SIGN IN

※あなたの美術館鑑賞をアートアジェンダがサポートいたします。
詳しくはこちら

CLOSE

こちらの機能は、会員登録(無料)後にご利用いただけます。

会員登録はこちらから
SIGN UP
ログインはこちらから
SIGN IN

ログインせずに「いいね(THANKS!)」する場合は こちら

CLOSE


がマイページにクリップされました

CLOSE マイページクリップ一覧を見る


がお気に入りに登録されました

CLOSE マイページお気に入り一覧を見る


を訪問済みに移動しました

CLOSE マイページ訪問済みイベントを見る

CLOSE

name

参考になりました!をクリックしたユーザー 一覧
CLOSE