美術館・展覧会情報サイト アートアジェンダ

練馬区立美術館Nerima Art Museum

練馬区立美術館

練馬区立美術館についてABOUT Nerima Art Museum

練馬区立美術館は、東京都練馬区貫井に1985年10月に開館した、区立の美術館である。

日本の近・現代美術を中心に、最近では近世、西洋にも触手を伸ばし、さまざまな展覧会を開催している。開館30周年記念となった2015年には、「没後100年 小林清親展」「舟越保武彫刻展」「アルフレッド・シスレー展」など、美術ファン必見の意欲的な展覧会を開催。

『ときめきの美 いま 練馬から』をキャッチフレーズとし、近・現代という『いま』を生きている美術作品を中心に、美を「みる・みせる・つくる」、つまり「鑑賞・発表・制作」という美術館の機能をフル活用し、活動をつづける。

他の美術館とは異なる視点を意識し、大胆な切り口で新たな美の知見を広げ、独自性を追求している。寄託を含めた6700点を超えるコレクションは、練馬区立美術館ならではの多彩で個性ある特徴的な蒐集となっている。

2015年4月、練馬区立美術館に隣接する「練馬区立美術の森緑地」がリニューアルオープン。天然芝を敷きつめた園内に20種類・32体のファンタジーな彫刻群が潜む。誰もが知っている動物が、誰も見たことのないアートになり、見て触れて想像をめぐらせることのできる、いわば“幻想美術動物園”となっている。

アクセスマップACCESS MAP

Googlemapで見る

〒176-0021 東京都練馬区貫井1-36-16  TEL 03-3577-1821
練馬区立美術館 [MAP]

利用案内INFORMATION

練馬区立美術館 公式サイトURL
http://www.neribun.or.jp/museum/
所在地
〒176-0021 東京都練馬区貫井1-36-16
TEL 03-3577-1821
最寄駅
中村橋駅(池袋駅より6駅目約16分)下車 徒歩3分

<西武池袋線中村橋駅からの道順>
改札は1ヶ所(東側)。改札を左に出て、線路沿いの道を石神井公園駅方向に130メートル先の右側。
開館時間
開館時間 10:00〜18:00(最終入館時間 17:30)
定休日
月曜日 
定休日についての追記事項
・月曜日が祝休日のときはその翌平日
・年末年始(12月29日~1月3日)
・展示準備期間
入館料・観覧料
展覧会により有料・無料の場合があります。
開催中の展覧会情報をご確認ください。
割引クーポン
特になし
美術館名 よみがな
ねりまくりつびじゅつかん

練馬区立美術館 開催展覧会情報EXHIBITION INFO

戦後美術の現在形 池田龍雄展-楕円幻想

開催期間:

こちらの展覧会はご招待チケットプレゼント中!
日本の戦後美術を代表する一人である池田龍雄(いけだ た...

 戦後美術の現在形 池田龍雄展-楕円幻想

日本の戦後美術を代表する一人
開催スタートまであと5日

これまでに練馬区立美術館で開催された展覧会

練馬区独立70周年記念展「サヴィニャック パリにかけたポスターの魔法」

開催期間:

フランスを代表するポスター作家であるレイモン・サヴィニャック(1907-2002)。サーカ...

 練馬区独立70周年記念展「サヴィニャック パリにかけたポスターの魔法」

「どのようにメッセージを届けるか」
会期終了

小野木学 絵本原画展―ぼくの中のコドモ―

開催期間:

「ぼくは絵をかくことで、自身の中のこどもをたしかめているのでしょう。」 小野木学(おのぎまなぶ 1924~1976)は、その人生の半分...

 小野木学 絵本原画展―ぼくの中のコドモ―

ぼくの中のこどもがおもしろがって描いた
会期終了

練馬区独立70周年記念展 没後20年 麻田浩展 ―静謐なる楽園の廃墟―

開催期間:

麻田浩(1931~97)は、日本画家、麻田辨自(あさだ べんじ)を父に、同じく日本画家、鷹...

 練馬区独立70周年記念展 没後20年 麻田浩展 ―静謐なる楽園の廃墟―

静謐で美しい廃墟空間と画家の心情とは
会期終了

練馬区独立70周年記念展 生誕150年記念 藤島武二展

開催期間:

藤島武二(1867―1943)は薩摩藩士の3男として鹿児島県に生まれました。 17歳で上京、川端玉章、山本芳翠らの画塾に学び、三重県津市で...

 練馬区独立70周年記念展 生誕150年記念 藤島武二展

初公開作品や資料を含む約160点!
会期終了

生誕110年記念 漆の画家 太齋春夫展

開催期間:

太齋春夫(だざいはるお/1907-1944)は、仙台市長町に生まれ、1932年(昭和7)、東京美術学校図画師範科を卒業しました。在学中より...

 生誕110年記念 漆の画家 太齋春夫展

漆の可能性を模索し続けたその軌跡を辿る
会期終了

練馬区独立70周年記念展 「19世紀パリ時間旅行―失われた街を求めて」

開催期間:

フランス文学者の鹿島茂氏(明治大学教授、フランス文学者)による「失われたパリの復元...

 練馬区独立70周年記念展 「19世紀パリ時間旅行―失われた街を求めて」

19世紀パリを見つめるタイム・トラベル
会期終了

田沼武能肖像写真展 時代(とき)を刻んだ貌(かお)

開催期間:

写真家、田沼武能(たぬま・たけよし、1929生)は木村伊兵衛に師事。世界中の子供達の姿を撮影する写真家として知られています。 その...

 田沼武能肖像写真展 時代(とき)を刻んだ貌(かお)

「人間大好き人間」田沼がとらえた表情
会期終了

粟津則雄コレクション展 “思考する眼”の向こうに

開催期間:

粟津則雄氏(あわづのりお 1927生)はオディロン・ルドンやパウル・クレーなど芸術家の評伝をはじめ、アルチュール・ランボーやカフカ...

 粟津則雄コレクション展 “思考する眼”の向こうに

粟津コレクションから選りすぐりの約50点
会期終了

朝井閑右衛門展 空想の饗宴

開催期間:

練馬ゆかりの作家でもある朝井閑右衛門(あさいかんえもん)の初期から晩年まで、写実と幻想の狭間で制作を続け、独自の地歩を築いた朝...

 朝井閑右衛門展 空想の饗宴

練馬ゆかりの作家 朝井閑右衛門の画業
会期終了

しりあがり寿の現代美術 回・転・展

開催期間:

しりあがり寿は、朝日新聞に連載中の「地球防衛家のヒトビト」をはじめ数多くの独特の批評精神に満ちたギャグ漫画で知られ、その仕事は...

 しりあがり寿の現代美術 回・転・展

回転インスタレーションを中心に
会期終了

没後50年“日本のルソー” 横井弘三の世界展

開催期間:

長野県飯田市に生まれた横井弘三(1889~1965)は、1892年(明治22)に上京し、独学で絵画を学びました。1915年(大正4)の第二回二科...

 没後50年“日本のルソー” 横井弘三の世界展

人を微笑ませるのびやかな絵
会期終了

国芳イズム―歌川国芳とその系脈 武蔵野の洋画家 悳俊彦コレクション

開催期間:

悳俊彦(いさおとしひこ/1935生)は風土会に所属し一貫して武蔵野の自然を描く洋画家で...

 国芳イズム―歌川国芳とその系脈 武蔵野の洋画家 悳俊彦コレクション

格好良さ満載!魅力にあふれて。
会期終了

PAGE TOPPAGE TOP

こちらの機能は、会員登録(無料)後にご利用いただけます。

会員登録はこちらから
SIGN UP
ログインはこちらから
SIGN IN

※あなたの美術館鑑賞をアートアジェンダがサポートいたします。
詳しくはこちら

CLOSE


がマイページにクリップされました

CLOSE マイページクリップ一覧を見る


がお気に入りに登録されました

CLOSE マイページお気に入り一覧を見る


を訪問済みに移動しました

CLOSE マイページ訪問済みイベントを見る

CLOSE