モネ 連作の情景

上野の森美術館

  • 開催期間:2023年10月20日(金)~2024年1月28日(日)
  • クリップ数:184 件
  • 感想・評価:13 件
モネ 連作の情景 上野の森美術館-1
モネ 連作の情景 上野の森美術館-2
モネ 連作の情景 上野の森美術館-3
モネ 連作の情景 上野の森美術館-4
モネ 連作の情景 上野の森美術館-5
モネ 連作の情景 上野の森美術館-6
モネ 連作の情景 上野の森美術館-7
モネ 連作の情景 上野の森美術館-8
モネ 連作の情景 上野の森美術館-9
モネ 連作の情景 上野の森美術館-10
モネ 連作の情景 上野の森美術館-11
モネ 連作の情景 上野の森美術館-12
モネ 連作の情景 上野の森美術館-13
《ルーヴル河岸》1867年頃 油彩、カンヴァス 65.1×92.6cm デン・ハーグ美術館
© Kunstmuseum Den Haag - bequest Mr. and Mrs. G.L.F. Philips-van der Willigen, 1942
《昼食》1868-69年 油彩、カンヴァス 231.5×151.5cmシュテーデル美術館
© Städel Museum, Frankfurt am Main
《ヴェトゥイユの教会》1880年 油彩、カンヴァス 50.5×61.0cm サウサンプトン市立美術館
© Southampton City Art Gallery
《ラ・マンヌポルト(エトルタ)》1883年 油彩、カンヴァス 65.4×81.3cm メトロポリタン美術館
© The Metropolitan Museum of Art. Image source: Art Resource, NY. Bequest of William Church Osborn, 1951 (51.30.5)
《エトルタのラ・マンヌポルト》1886年 油彩、カンヴァス 81.3×65.4cm メトロポリタン美術館
© The Metropolitan Museum of Art. Image source: Art Resource, NY. Bequest of Lillie P. Bliss, 1931 (31.67.11)
《ヴェンティミーリアの眺め》1884年 油彩、カンヴァス 65.1×91.7cm ケルヴィングローヴ美術館・博物館
© CSG CIC Glasgow Museums Collection. Presented by the Trustees of the Hamilton Bequest, 1943
《ジヴェルニーの積みわら》1884年 油彩、カンヴァス 66.1×81.3cm ポーラ美術館
《積みわら、雪の効果》1891年 油彩、カンヴァス 65.0×92.0cm スコットランド・ナショナル・ギャラリー
© National Galleries of Scotland. Bequest of Sir Alexander Maitland 1965
《ウォータールー橋、曇り》1900年 油彩、カンヴァス65.0×100.0cm ヒュー・レイン・ギャラリー
Collection & image © Hugh Lane Gallery, Dublin (Reg. No. 304)
《ウォータールー橋、ロンドン、夕暮れ》1904年 油彩、カンヴァス 65.7×101.6cm ワシントン・ナショナル・ギャラリー
© National Gallery of Art, Washington, Collection of Mr. and Mrs. Paul Mellon. 1983.1.27
《ウォータールー橋、ロンドン、日没》1904年 油彩、カンヴァス 65.5×92.7cm ワシントン・ナショナル・ギャラリー
© National Gallery of Art, Washington, Collection of Mr. and Mrs. Paul Mellon. 1983.1.28
《睡蓮》1897-98年 油彩、カンヴァス 66.0×104.1cm ロサンゼルス・カウンティ美術館
Los Angeles County Museum of Art, Mrs. Fred Hathaway Bixby Bequest, M.62.8.13 photo © Museum Associates/LACMA
《睡蓮の池》1918年 油彩、カンヴァス 131.0×197.0cm ハッソ・プラットナー・コレクション
© Collection Hasso Plattner
モネ 連作の情景 上野の森美術館-1
モネ 連作の情景 上野の森美術館-1
モネ 連作の情景 上野の森美術館-1
モネ 連作の情景 上野の森美術館-1
モネ 連作の情景 上野の森美術館-1
モネ 連作の情景 上野の森美術館-1
モネ 連作の情景 上野の森美術館-1
モネ 連作の情景 上野の森美術館-1
モネ 連作の情景 上野の森美術館-1
モネ 連作の情景 上野の森美術館-1
モネ 連作の情景 上野の森美術館-1
モネ 連作の情景 上野の森美術館-1
モネ 連作の情景 上野の森美術館-1

この展覧会についてABOUT THIS EXHIBITION

印象派の代表的な画家のひとり、クロード・モネ(1840-1926)は、自然の光と色彩に対する並外れた感覚を持ち、柔らかい色遣いと温かい光の表現を得意とし、自然の息遣いが感じられる作品を数多く残しました。同じ場所やテーマを一つの対象として着目し異なる天候、異なる時間、異なる季節を通して一瞬の表情や風の動き、時の移り変わりをカンヴァスに写し取った「連作」は、巨匠モネの画業から切り離して語ることはできません。移ろいゆく景色と、その全ての表情を描き留めようとしたモネの時と光に対する探究心が感じられる「連作」は、モネの画家としての芸術的精神を色濃く映し出していると言えるのかもしれません。

1874年に第1回印象派展が開催されてから150年の節目を迎えることを記念し、東京と大阪を会場に国内外のモネの代表作60点以上※が一堂に会す本展では、モネの代名詞として日本でも広く親しまれている〈積みわら〉〈睡蓮〉などをモティーフとした「連作」に焦点を当てながら、時間や光とのたゆまぬ対話を続けた画家の生涯を辿ります。また、サロン(官展)を離れ、印象派の旗手として活動を始めるきっかけとなった、日本初公開となる人物画の大作《昼食》を中心に、「印象派以前」の作品もご紹介し、モネの革新的な表現手法の一つである「連作」に至る過程を追います。展示作品のすべてがモネ作品となる、壮大なモネ芸術の世界をご堪能ください。

開催概要EVENT DETAILS

会期 2023年10月20日(金)~2024年1月28日(日)
会場 上野の森美術館 Google Map
住所 東京都台東区上野公園 1-2
時間
  • 9:00~17:00(金・土・祝日は~19:00)
    ※入館は閉館の30分前まで
休館日 2023年12月31日(日)、2024年1月1日(月・祝)
観覧料 一般 2,800円(3,000円)
大・専・高校生 1,600円(1,800円)
中・小学生 1,000円(1,200円)
  • ※( )内は土・日・祝日料金です
    ※未就学児は無料です。日時指定予約は不要です
    ※身体障害者手帳・愛の手帳・療育手帳・精神障害者保健福祉手帳・被爆者健康手帳をお持ちの方とその介護者1名は、当日料金の半額となります。会場チケット窓口にて障がい者手帳を提示の上、購入してください。なお日時指定予約は不要です
    ※学生の方、各種お手帳をお持ちの方は、証明できるものを要提示
TEL050-5541-8600(ハローダイヤル/9:00~20:00)
URLhttp://www.ueno-mori.org/

上野の森美術館の情報はこちらMUSEUM INFORMATION

上野の森美術館 上野の森美術館

巡回展TRAVELING EXHIBITION

モネ 連作の情景 巡回情報
※巡回先は、全情報が載っていない場合もございます。最新の巡回先一覧は、展覧会公式サイトなどでご確認いただけますよう、お願いいたします。
また、会期が変更など開催情報に変更が生じる場合がありますので、お出かけの際には、公式サイトにて最新情報をご確認ください。

感想・評価 | 鑑賞レポートREVIEWS

4.0

睡蓮は少しだけ

もう少し人が少なくてゆっくりみれたらもっと満足度があがったのになー、と残念な印象。雨が降っている平日の夕方でしたが混み方は半端なかったです。時間指定にするならもうちょっと人数絞って入場させてほしかったですねえ。
絵はとても素晴らしかったです。睡蓮はちょっとだけ。
こんなにいっぺんにモネを見たことがなかったので、サインチェックがとても楽しかったです。

4.0

点数少なめだけど平日でも修羅場

会期終了10日程前の水曜、16時半入場。
平日でも人混みがすごくて、展示スペースもグッズショップもけっこうな修羅場だった。
前半は撮影禁止、後半はほとんどが撮影可。
意外と点数が少なくて少し物足りなかったが、優しい色使いに癒やされた。

REPORT

私的これぞモネ作品との出会い

2024年最初の展覧会はモネから。数年前からぽつぽつと気になる展覧会に足を運んでおりますが、上野の森美術館は初訪問でした。

美術館めぐりが好きですと話すと大抵は「高尚な趣味をお持ちで…」と返ってくることに違和感を感じるのであまり…readmore

THANKS!をクリックしたユーザー
さんぽさん、にゃんちゅうさん
  • VIEW891
  • THANKS2
  • BY Rudolph

5.0

思っていたより空いていました。

1/2、9時半から案内の当日券で並ばずに入れました。もっと混んでいる覚悟で伺ったのでよかったです。コロナ禍よりずっと前に初めて観たモネ展はディズニーランドのアトラクション並みに並んで入ったのを思うと、、、事前チケット制に感謝。

4.0

一期一会の精神

国内外のいろんな美術館からよく揃えていただいたと思う。同じ景色も時と天候等によって見え方は異なるし、それを見る人の年齢、そのときの心情によっても異なって見えるだろう。モネの連作は、経時的な移り変わりというよりも、その一瞬に対する刹那的な一期一会の精神を感じる。署名を絵になじむようにしてあるのがプチ発見だった。

THANKS!をクリックしたユーザー
にゃんちゅうさん、amnos28さん、他1人

3.0

日時指定の意味とは

土曜の夕方に伺いました。
17:30〜で指定して、17:15頃に到着しましたが、もう中に入れるとのこと。
何分前から案内するとの説明もなく、来た順に入れるという雰囲気でした。
中は混雑していて、とてもゆっくり見られる状況ではありませんでした。
連作という事で、見比べてみたかったのですが、無理でした。
グッズも同様で、大阪のほうに行けばよかったと、後悔しました。

THANKS!をクリックしたユーザー
Boodlesさん

1.0

運営最悪

平日にも関わらず激混みで何も見れませんでした。チケットはオンラインから購入しています。人数はソフト管理しているはずなのにあの混みは酷すぎます。上野の森は何度かお伺いしていますがこんなに酷い運営ははじめてでした。非常に残念です。

THANKS!をクリックしたユーザー
Boodlesさん

3.0

モネ

多分、一般的に認知されている柔らかくモヤモヤとしている感じの睡蓮が、私は好きで
それを見たくての訪問でしたが、それはほぼ見れませんでした。

100%モネと言うのは、各地から集めて来られて、とても大変な作業なのでしょうが、
きっとコアなモネのファンならばの展覧会なのかな?と思いました。

訪問前にテレビのプロモーションで楕円形に展示された睡蓮の中心にナビゲーターの女優さんが体ごと堪能しているのを見て、(それはフランスの話で、今回の展示では無いのですが)、見に行けば同じ様な体験がー。などという甘い期待は、しなければ良かったとおもいました。そして、それならば、入り口の睡蓮を踏む体験の映像を省いて、訪問しやすい価格にしてくださればと私は思いましたが・・・・
なにしろとてもとても混んでました。

THANKS!をクリックしたユーザー
Boodlesさん、micco3216さん、karachanさん

3.0

モネ100%は確かに嬉しい。

モネだけというのは究極の選択でとても気持ちいい。
国内外集めた努力もかなりものものだった。
連作という形式も知っていても、なかなか見られるものでは無いので、見逃せなかった。
〈積みわら、雪の効果〉〈睡蓮の池〉は絶品。
まぁ私としては初期は大事だけど興味の対象ではあまりなかったが、それを差し引いても良い作品チョイスだった。ただし大型作品はほぼ無い。
図録を見ると、大阪展では睡蓮をもっと展示するようだった。見たかったなぁ……。

ただ、相変わらずこの美術館の脆弱さには残念だ。
企画の規模からして、館の大きさがが貧弱。
宣伝もかなりしているので、日時指定予約をしても混雑は予測できるだろう。毎回の大混雑は学習能力が無い。
モネを後ろに下がって鑑賞できないのは魅力半減だ。
入口の捌き方もふなれで混乱を招いていた。
ショップに経っては、30分待ちは当たり前のようで、寒い中外で並ぶことになる。雨でも降っていたら最悪だろう。
美術館と言うより、アトラクションのような感覚の運営だ。
大阪展に行ける方はそちらの方がきっと正解だろう。

11月15日(水)12時日時指定予約入館・混雑あり・撮影可作品あり。

THANKS!をクリックしたユーザー
にゃんちゅうさん、morinousagisanさん

5.0

なんて豪華な!

美術鑑賞をするきっかけになったモネの作品。
それは国立西洋美術館の常設の作品なのだけれど
何が好きかというと、まず何と言っても色の美しさ。

今回の展示でも、自然界の色と思えるような美しいエメラルドグリーン、
薄い朝の霧のピンクなど、見ている側の心も澄ませてくれるような
美しい色をたくさん見せてくれる。

確かセザンヌが、「モネがは単なる目。だが、なんと素晴らしい目を持っているのか」
というような言葉を残しているが、人の心に訴える絵、
見せる絵を残していただき、感激。

40以上の異なる美術館から70点が一堂に会すという
印象派展第1回(1873)から150年の記念すべき年でのこの展示。
自分がこれまで(まだまだ見たいと思っているが)見た作品とは
作風というか、イメージ、勢いが違うものも多くて
さすがそれだけ多くの美術館、国から集めたものだと感動した。

来年には大阪にも巡回するとか。
中之島美術館に訪れたことがないので、また追いかけて
違った箱でも見てみたいなと思う。

東京会場の展示は、(きっと大阪も)混んでいたけれど、
入り口周辺はまずは飛ばして、奥を見ながらまた戻ると
人が少ない時間帯もある。写真も結構撮れて楽しい。

急がず時間に余裕を持てる日に、ゆったり鑑賞できると
最高の展示としか言えない。

THANKS!をクリックしたユーザー
にゃんちゅうさん、micco3216さん

3.0

100%モネ・・・だけど

会期前半だというのに混んでいるらしいので 平日朝一番の予約を入れ時間前に着いたのですが
既に入場を開始していて 1階は結構な込み具合でした

入口の睡蓮の葉の上を歩くとちゃぷちゃぷと音がして 楽しかったです

全作品モネですが 色々な作家の作品の中で あっモネだ という方がモネは際立つように感じました <アルジャントゥイユの雪>の隣に大好きな<かささぎ>を呼んで欲しかったなぁ

作品数も多くはなく 入館料がお高いので★3にしました
 

THANKS!をクリックしたユーザー
Boodlesさん、Nine Livesさん

1.0

運営が酷い

久々にこんな運営が酷い展覧会にむかついた。入場料2800円もするのに、中は混んでてまるで絵が見えない。入場もわざわざ予約枠のスタート時間は混むから10分程度遅めに行ったのに、なんともう次の時間枠の人たちを予約時間前なのに入れていて大行列。これじゃ狭い会場が常ににぱんぱんになるのは当然。

さらにグッズ会場はバーゲン並みの大混雑。買いたいグッズがなかったのでスタッフに聞いたら、キレ気味に売り切れですっていわれて、再入荷は?ってきいたらそんなのわかりませんって睨まれた。公式には売り切れとは買いてなかったし、むしろグッズ目当てに行ったのに酷すぎる。

これだけ高額の入場料でこの対応。あまりに客を舐めている。二度とこの会場には行かない。嫌な気持ちにしかならなかった。

THANKS!をクリックしたユーザー
hirroommiiさん、Boodlesさん、Nine Livesさん、kage0512さん、micco3216さん、他1人

4.0

トリを飾る睡蓮の連作はちょっと物足りない

コピー通り「100%モネ。」の展示内容で、その心地よい絵画をたっぷり堪能することが出来ました。それも国内外の様々な美術館等から掻き集めた作品の数々をまとめて観られる貴重な機会となりました。
同じ場所で描いた連作作品を並べて展示するために、異なるところから借りないといけなかったようです。これだけいろいろなところから借りるとなると、その工数は途轍もなさそう。そのためか入館料は平日2800円、土日祝3000円と特別に値が張ります。

連作として同じ場所を異なる時刻、天候、角度などで描いた作品を並べて鑑賞できます。
でもトリを飾る睡蓮の連作3点は、典型的な連作の睡蓮とは趣が異なるもので、ちょっと物足りず残念でした。

平日に行きましたが、当日券を買うのに10分くらい待ちました。中は、ところどころで滞留していました。グッズ売り場はいったん外に出てから並びますが、長蛇の列で諦めました。30分以上は待ちそうです。

THANKS!をクリックしたユーザー
Boodlesさん、Nine Livesさん、kage0512さん、Tarさん、micco3216さん、他2人

あなたも感想・評価を投稿してみませんか?
感想・評価を投稿する

より詳しい鑑賞レポート 《600文字以上》のご投稿は、
こちらから。ページ枠でご紹介となります。
鑑賞レポート《600文字以上》を投稿する

周辺で開催中の展覧会も探してみて下さい。
東京都台東区で開催中の展覧会

出展作品・関連画像IMAGES

《ルーヴル河岸》1867年頃 油彩、カンヴァス 65.1×92.6cm デン・ハーグ美術館
© Kunstmuseum Den Haag - bequest Mr. and Mrs. G.L.F. Philips-van der Willigen, 1942

《昼食》1868-69年 油彩、カンヴァス 231.5×151.5cmシュテーデル美術館
© Städel Museum, Frankfurt am Main

《ヴェトゥイユの教会》1880年 油彩、カンヴァス 50.5×61.0cm サウサンプトン市立美術館
© Southampton City Art Gallery

《ラ・マンヌポルト(エトルタ)》1883年 油彩、カンヴァス 65.4×81.3cm メトロポリタン美術館
© The Metropolitan Museum of Art. Image source: Art Resource, NY. Bequest of William Church Osborn, 1951 (51.30.5)

《エトルタのラ・マンヌポルト》1886年 油彩、カンヴァス 81.3×65.4cm メトロポリタン美術館
© The Metropolitan Museum of Art. Image source: Art Resource, NY. Bequest of Lillie P. Bliss, 1931 (31.67.11)

《ヴェンティミーリアの眺め》1884年 油彩、カンヴァス 65.1×91.7cm ケルヴィングローヴ美術館・博物館
© CSG CIC Glasgow Museums Collection. Presented by the Trustees of the Hamilton Bequest, 1943

《ジヴェルニーの積みわら》1884年 油彩、カンヴァス 66.1×81.3cm ポーラ美術館

《積みわら、雪の効果》1891年 油彩、カンヴァス 65.0×92.0cm スコットランド・ナショナル・ギャラリー
© National Galleries of Scotland. Bequest of Sir Alexander Maitland 1965

《ウォータールー橋、曇り》1900年 油彩、カンヴァス65.0×100.0cm ヒュー・レイン・ギャラリー
Collection & image © Hugh Lane Gallery, Dublin (Reg. No. 304)

こちらの機能は、会員登録(無料)後にご利用いただけます。

会員登録はこちらから
SIGN UP
ログインはこちらから
SIGN IN

※あなたの美術館鑑賞をアートアジェンダがサポートいたします。
詳しくはこちら

CLOSE

こちらの機能は、会員登録(無料)後にご利用いただけます。

会員登録はこちらから
SIGN UP
ログインはこちらから
SIGN IN

ログインせずに「いいね(THANKS!)」する場合は こちら

CLOSE


がマイページにクリップされました

CLOSE マイページクリップ一覧を見る


がお気に入りに登録されました

CLOSE マイページお気に入り一覧を見る


を訪問済みに移動しました

CLOSE マイページ訪問済みイベントを見る

CLOSE

name

参考になりました!をクリックしたユーザー 一覧
CLOSE