EXHIBITION

特別展「和食 ~日本の自然、人々の知恵~」

国立科学博物館

  • 開催期間:※開催中止となりました。
  • クリップ数:27 件
特別展「和食 ~日本の自然、人々の知恵~」 国立科学博物館-1
特別展「和食 ~日本の自然、人々の知恵~」 国立科学博物館-2
特別展「和食 ~日本の自然、人々の知恵~」 国立科学博物館-3
特別展「和食 ~日本の自然、人々の知恵~」 国立科学博物館-4
特別展「和食 ~日本の自然、人々の知恵~」 国立科学博物館-5
特別展「和食 ~日本の自然、人々の知恵~」 国立科学博物館-6
特別展「和食 ~日本の自然、人々の知恵~」 国立科学博物館-7
特別展「和食 ~日本の自然、人々の知恵~」 国立科学博物館-8
特別展「和食 ~日本の自然、人々の知恵~」 国立科学博物館-9
特別展「和食 ~日本の自然、人々の知恵~」 国立科学博物館-10
特別展「和食 ~日本の自然、人々の知恵~」 国立科学博物館-11
特別展「和食 ~日本の自然、人々の知恵~」 国立科学博物館-12
特別展「和食 ~日本の自然、人々の知恵~」 国立科学博物館-13
特別展「和食 ~日本の自然、人々の知恵~」 国立科学博物館-14
特別展「和食 ~日本の自然、人々の知恵~」 国立科学博物館-15
特別展「和食 ~日本の自然、人々の知恵~」 国立科学博物館-16
特別展「和食 ~日本の自然、人々の知恵~」 国立科学博物館-17
特別展「和食 ~日本の自然、人々の知恵~」 国立科学博物館-18
奈良時代の貴族の宴会料理の再現模型 奥村彪生監修 奈良文化財研究所蔵
卑弥呼の食卓の再現模型 大阪府立弥生文化博物館蔵
東北地方の多彩な地ダイコン 画像提供:東北大学農学部非常勤講師 佐々木寿
織田信長が徳川家康をもてなした本膳料理(1582(天正10)年5月15日)の再現模型 奥村彪生監修 御食国若狭おばま食文化館蔵
江戸時代の屋台の再現(イメージ) 背景画像:「東都名所高輪二十六夜待遊興之図」(部分)東京都江戸東京博物館蔵
明治天皇の午餐会(1887(明治20)年5月13日)の料理の再現模型 明治記念館蔵
マンガ「サザエさん」(1956(昭和31)年6月13日、朝日新聞掲載)
©長谷川町子美術館
「元禄8年11月御菓子之畫圖」虎屋黒川家文書 虎屋文庫蔵
料理屋番付 江戸時代後期 東京家政学院大学附属図書館大江文庫蔵
野菜や魚介類など250点以上の標本や模型が並ぶ展示室(イメージ)
潮間帯の岩上に生育するヒジキ(干潮時)
コウジカビの顕微鏡拡大写真
木灰をまぶした米にコウジカビを生やして作られる種麹
スマートキッチン家電「OiCy Taste」 画像提供:クックパッド
NHK「今日の料理」より 1970年代撮影
宇宙航空研究開発機構(JAXA)が参画するプロジェクトSpace Food X  未来の食卓
© Space Food X
映像展示の様子1(イメージ)
映像展示の様子2(イメージ)
特別展「和食 ~日本の自然、人々の知恵~」 国立科学博物館-1
特別展「和食 ~日本の自然、人々の知恵~」 国立科学博物館-1
特別展「和食 ~日本の自然、人々の知恵~」 国立科学博物館-1
特別展「和食 ~日本の自然、人々の知恵~」 国立科学博物館-1
特別展「和食 ~日本の自然、人々の知恵~」 国立科学博物館-1
特別展「和食 ~日本の自然、人々の知恵~」 国立科学博物館-1
特別展「和食 ~日本の自然、人々の知恵~」 国立科学博物館-1
特別展「和食 ~日本の自然、人々の知恵~」 国立科学博物館-1
特別展「和食 ~日本の自然、人々の知恵~」 国立科学博物館-1
特別展「和食 ~日本の自然、人々の知恵~」 国立科学博物館-1
特別展「和食 ~日本の自然、人々の知恵~」 国立科学博物館-1
特別展「和食 ~日本の自然、人々の知恵~」 国立科学博物館-1
特別展「和食 ~日本の自然、人々の知恵~」 国立科学博物館-1
特別展「和食 ~日本の自然、人々の知恵~」 国立科学博物館-1
特別展「和食 ~日本の自然、人々の知恵~」 国立科学博物館-1
特別展「和食 ~日本の自然、人々の知恵~」 国立科学博物館-1
特別展「和食 ~日本の自然、人々の知恵~」 国立科学博物館-1
特別展「和食 ~日本の自然、人々の知恵~」 国立科学博物館-1

この展覧会についてABOUT THIS EXHIBITION

本展覧会は、「和食」の魅力を紹介する国立科学博物館として初めての大規模特別展です。日本列島の自然と環境の多様性やそこに暮らす人々の知恵と工夫の歴史を「和食」を通じて紹介します。

◆ 和食ってなに?
和食は、外来の文化も柔軟に受容しながら発展し、今もなお変化し続けています。明治時代以降に広まった日本独自の「洋食」などにも目を向けつつ、日本列島の自然がもたらした多様な食材、人々の知恵で作り出された発酵などの技術、古代から未来をも見据えた和食の歴史的変遷などを、バラエティ豊かな標本や資料、そしてインタラクティブな映像演出を交えて、わかりやすく紹介していきます。

◆ 監修者からのメッセージ
単独の学問領域・分野によるアプローチでは、「和食」の全容をみるのは困難です。和食の多様な食材は、生物学、とくに分類学や、農学、水産学、発酵学など自然科学の手法によって研究が進められてきました。本展では、国立科学博物館をはじめとする多数の国内機関等による豊富な標本や研究成果が最大限活用されています。和食の歴史に関しても、遺跡から出土する植物の種子や動物骨の分析から、あるいは過去に残された記録をたんねんに読み解くことによって明らかにされてきました。
最近ではこれらにDNA分析や安定同位体分析など自然科学の手法が応用されたいわゆる「文理融合」が進んで、これまでにはわからなかったことも見えるようになりつつあります。食材や資(史)料を集めるのは、フィールドワークの作業が欠かせません。多分野の研究者たちがその足で地道に集めた資(史)料に思いをはせながらご覧いただければ、「和食」への理解もさらに進むのではないでしょうか。

国立科学博物館 副館長(兼)人類研究部長 篠田 謙一
和食文化学会 会長 佐藤 洋一郎

開催概要EVENT DETAILS

会期
  • ※開催中止となりました。
    新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐため、開幕延期となっていた本展は、緊急事態宣言が延長されたことに伴い、開幕が中止となりました。詳細は公式サイトをご確認ください。
会場 国立科学博物館Google Map
住所 東京都台東区上野公園 7-20
時間 9:00〜17:00
  • ※金曜日・土曜日は20:00まで
    ※ただし、4月26日(日)・29日(水・祝)、
    5月3日(日・祝)~5日(火・祝)は20:00まで
    4月27日(月)・28日(火)・30日(木)、
    5月6日(水・休)は18:00まで
    (入場は各閉館時間の30分前まで)
休館日 月曜日 
5月7日(木)・19日(火)
※ただし、3月30日(月)、4月27日(月)、
5月4日(月・祝)・18日(月)、
6月8日(月)は開館
観覧料 一般・大学生 1,700円(1,500円)
小・中・高校生 600円(500円)
  • ※( )内は前売料金(販売期間:2月14日(金)~3月13日(金))
    ※未就学児は無料。障害者手帳をお持ちの方とその介護者1名は無料
    ※本展を観覧された方は同日に限り常設展(地球館・日本館)も観覧できます
    ※本展では金曜・土曜限定ペア得ナイト券の販売はありません

    【お得な当日割引券】
    「平日アフター3券」
    会場で平日(土・日・祝休日を除く)午後3時以降販売かつ当日入場限定
    一般・大学生1,500円、小・中・高校生500円
    「小・中・高校生グループ券」
    会場で当日販売。小・中・高校生2名以上同時入場限定。1名につき500円
TELハローダイヤル:03-5777-8600
URLhttps://washoku2020.jp/

国立科学博物館の情報はこちらMUSEUM INFORMATION

国立科学博物館 国立科学博物館

感想・評価 | 鑑賞レポートREVIEWS

あなたも感想・評価を投稿してみませんか?
感想・評価を投稿する

より詳しい鑑賞レポート 《600文字以上》のご投稿はこちらから。
ページ枠でご紹介となります。
鑑賞レポート《600文字以上》を投稿する

周辺で開催中の展覧会も探してみて下さい。
東京都台東区で開催中の展覧会

こちらの機能は、会員登録(無料)後にご利用いただけます。

会員登録はこちらから
SIGN UP
ログインはこちらから
SIGN IN

※あなたの美術館鑑賞をアートアジェンダがサポートいたします。
詳しくはこちら

CLOSE

こちらの機能は、会員登録(無料)後にご利用いただけます。

会員登録はこちらから
SIGN UP
ログインはこちらから
SIGN IN

ログインせずに「いいね(THANKS!)」する場合は こちら

CLOSE


がマイページにクリップされました

CLOSE マイページクリップ一覧を見る


がお気に入りに登録されました

CLOSE マイページお気に入り一覧を見る


を訪問済みに移動しました

CLOSE マイページ訪問済みイベントを見る

name

参考になりました!をクリックしたユーザー 一覧
CLOSE