EXHIBITION

再開記念展 松岡コレクションの真髄

松岡美術館

  • 開催期間:2022年1月26日(水)〜2022年4月17日(日)
  • クリップ数:21 件
再開記念展 松岡コレクションの真髄 松岡美術館-1
再開記念展 松岡コレクションの真髄 松岡美術館-2
再開記念展 松岡コレクションの真髄 松岡美術館-3
再開記念展 松岡コレクションの真髄 松岡美術館-4
再開記念展 松岡コレクションの真髄 松岡美術館-5
再開記念展 松岡コレクションの真髄 松岡美術館-6
再開記念展 松岡コレクションの真髄 松岡美術館-7
再開記念展 松岡コレクションの真髄 松岡美術館-8
再開記念展 松岡コレクションの真髄 松岡美術館-9
再開記念展 松岡コレクションの真髄 松岡美術館-10
再開記念展 松岡コレクションの真髄 松岡美術館-11
再開記念展 松岡コレクションの真髄 松岡美術館-12
再開記念展 松岡コレクションの真髄 松岡美術館-13
再開記念展 松岡コレクションの真髄 松岡美術館-14
青花龍唐草文天球瓶 明時代 永楽期 景徳鎮窯
青花双鳳草虫図八角瓶 元時代 14世紀 景徳鎮窯
横山 大観《梅花》
前期展示 1/26(水)~3/6(日)
伝 周文《竹林閑居図》
後期展示 3/8(火)~4/17(日)
アルテミス ローマ時代 1-2世紀頃
釉裏紅牡丹文大盤 明時代 景徳鎮窯
釉裏紅芭蕉文水注 明時代洪武期 景徳鎮窯
三彩馬 唐時代
色絵芭蕉柳図輪花鉢 江戸時代 17世紀
渡辺 省亭《藤花游鯉之図》
前期展示 1/26(水)~3/6(日)
渡辺 省亭《青梅に雀の図》
前期展示 1/26(水)~3/6(日)
渡辺 省亭《桜にやまどりの図》
後期展示 3/8(火)~4/17(日)
渡辺 省亭《寒菊図》
後期展示 3/8(火)~4/17(日)
アフロディテ像頭部 ヘレ二ズム期 紀元前3世紀
再開記念展 松岡コレクションの真髄 松岡美術館-1
再開記念展 松岡コレクションの真髄 松岡美術館-1
再開記念展 松岡コレクションの真髄 松岡美術館-1
再開記念展 松岡コレクションの真髄 松岡美術館-1
再開記念展 松岡コレクションの真髄 松岡美術館-1
再開記念展 松岡コレクションの真髄 松岡美術館-1
再開記念展 松岡コレクションの真髄 松岡美術館-1
再開記念展 松岡コレクションの真髄 松岡美術館-1
再開記念展 松岡コレクションの真髄 松岡美術館-1
再開記念展 松岡コレクションの真髄 松岡美術館-1
再開記念展 松岡コレクションの真髄 松岡美術館-1
再開記念展 松岡コレクションの真髄 松岡美術館-1
再開記念展 松岡コレクションの真髄 松岡美術館-1
再開記念展 松岡コレクションの真髄 松岡美術館-1

こちらの展覧会は、ご招待チケットプレゼントがあります。詳細はこちら ↓

この展覧会についてABOUT THIS EXHIBITION

初代館長であり、美術館の創設者である松岡清次郎は若いころから書画骨董を愛し、生涯をかけて一大コレクションを築きました。自らの感性のおもむくまま、時には「日本にまだないものを」と選び抜かれた美術品は、1800件あまりを数えます。今回は約2年8か月ぶりの再開を記念して、松岡コレクション屈指の名品を紹介します。

◆ 企画展1「館蔵 東洋陶磁名品選 松岡清次郎の志をたどる」
本展では、コレクションの3割を占める陶磁器作品の中から、選りすぐりの東洋陶磁を購入順に出品し、蒐集の歴史を振り返ります。清次郎のお気に入りであった古九谷を含む日本陶磁をはじめ、稀有な作例である首を下げた三彩馬など唐時代から清時代の中国陶磁を中心に、40数件をご紹介します。また、数奇な運命を経て清次郎の手中に収まり、美術館設立の決定打となった《青花龍唐草文天球瓶》《青花双鳳草虫図八角瓶》は、約7年ぶりの同時出品となります。

◆ 企画展2「館蔵 日本画 花鳥風月」
日本では、古くから花を愛で、鳥の声に耳をすまし、季節の風物を慈しむ心を大切にしてきました。
本展では清次郎が特に気に入っていた横山大観《梅花》をはじめとして、花鳥風月に美を見出した日本画をご紹介します。
室町水墨画から、江戸時代の酒井抱一、近現代の渡辺省亭、川合玉堂、鏑木清方、山口蓬春らによる名品で四季のうつろいをお愉しみ下さい。後期展示予定の 重要文化財 伝 周文《竹林閑居図》は、2年に渡る修復を経て初めての出品です。

◆ 企画展3「古代ギリシア・ローマ大理石彫刻展」
このほど新たに常設展示となる《アルテミス》にあわせて、展示室1では古代ギリシア・ローマの大理石彫刻8点を出品します。個性豊かな神々や彫像に刻された人物を通して、古代西洋の息吹をお届けします。

◆ 常設展示
古代オリエント美術
ガンダーラ・インド彫刻
ヨーロッパ近代彫刻(ブールデル、ヘンリー・ムア、エミリオ・グレコ)

開催概要EVENT DETAILS

会期 2022年1月26日(水)〜2022年4月17日(日)
  • ※3月8日(火)より展示作品の一部入れ替えあり
2019年6月より休館中。来年2022年1月26日(水)より再開館予定です。
会場 松岡美術館 Google Map
住所 東京都港区白金台5-12-6
時間 10:00〜17:00 (最終入場時間 16:30)
  • ※毎月第1金曜日のみ 10:00~19:00
    (最終入場時間 18:30)
休館日 月曜日 
祝日の場合は翌平日
2022年1月25日(火)まで長期休館
観覧料 一般 1,200円
25歳以下 500円
高校生以下 無料
障がい者手帳をお持ちの方 無料
TEL03-5449-0251
URLhttps://www.matsuoka-museum.jp/

松岡美術館の情報はこちらMUSEUM INFORMATION

松岡美術館 松岡美術館

ご招待チケットプレゼントINVITATION TICKET GIFT

こちらの展覧会は、5組10名様にご招待チケットがございます。鑑賞後に当サイトの【感想・評価】のほか【鑑賞レポート】や【アートブログ】へのご投稿をお寄せいただける方を優先にプレゼントさせていただいております。

この展覧会のご招待チケットに応募する

感想・評価 | 鑑賞レポートREVIEWS

あなたも感想・評価を投稿してみませんか?
感想・評価を投稿する

より詳しい鑑賞レポート 《600文字以上》のご投稿はこちらから。
ページ枠でご紹介となります。
鑑賞レポート《600文字以上》を投稿する

周辺で開催中の展覧会も探してみて下さい。
東京都港区で開催中の展覧会

こちらの機能は、会員登録(無料)後にご利用いただけます。

会員登録はこちらから
SIGN UP
ログインはこちらから
SIGN IN

※あなたの美術館鑑賞をアートアジェンダがサポートいたします。
詳しくはこちら

CLOSE

こちらの機能は、会員登録(無料)後にご利用いただけます。

会員登録はこちらから
SIGN UP
ログインはこちらから
SIGN IN

ログインせずに「いいね(THANKS!)」する場合は こちら

CLOSE


がマイページにクリップされました

CLOSE マイページクリップ一覧を見る


がお気に入りに登録されました

CLOSE マイページお気に入り一覧を見る


を訪問済みに移動しました

CLOSE マイページ訪問済みイベントを見る

CLOSE

name

参考になりました!をクリックしたユーザー 一覧
CLOSE