美術館・展覧会情報サイト アートアジェンダ

松岡美術館Matsuoka Museum of Art

松岡美術館

松岡美術館についてABOUT Matsuoka Museum of Art

松岡美術館は、松岡地所創立者の松岡清次郎(1894年-1989年)によって、昭和50年(1975年)11月、東京都港区新橋に創設された私立美術館である。

東京・築地の小田原町に米穀商の三男として生まれた松岡清次郎は、若い頃から骨董の趣味があったが、ヨーロッパでオークションを体験したのが切っ掛けとなり、78歳から本格的に収集を始める。

当初は新橋の自社ビル内に開設したが、平成12年(2000年)4月、松岡清次郎の遺志を継いだ遺族によって現在の創立者私邸跡地に新美術館を建設し、移転・再開した。

収蔵品は、ブールデルやヘンリー・ムアなどの現代彫刻、ガンダーラ石造彫刻や中世ヒンドゥー教彫刻といった東洋彫刻、中国・朝鮮・日本・ベトナムの東洋陶磁器、室町水墨画から昭和に至る日本絵画、ルノワールやモディリアーニ、ヴラマンクといったフランス近代絵画など多岐にわたる。

主な収蔵品に、 西洋画では、クロード・モネ『ノルマンディの田舎道』(1868年)、ピエール=オーギュスト・ルノワール『リュシアン・ドーデの肖像』(1879年)、ウジェーヌ・ブーダン『海、水先案内人』(1884年)、カミーユ・ピサロ『カルーゼル橋の午後』(1903年)、ポール・シニャック『オレンジを積んだ船、マルセイユ』(1923年)、ジョルジュ・ルオー『ブルターニュ教会の内部』(1938年)、モーリス・ド・ヴラマンク『スノンシュ森の落日』(1938年)。日本画には、伝周文『竹林閑居図』(紙本墨画淡彩 室町時代 竹庵大縁の賛あり 2015年度重要文化財指定)、伝狩野山楽『老松古木花鳥図屏風』(六曲一双 紙本著色 桃山時代)、円山応挙『遊鯉水禽図屏風』(六曲一双 絹本著色 天明元年)などがある。

アクセスマップACCESS MAP

Googlemapで見る

〒108-0071 東京都港区白金台5-12-6  TEL 03-5449-0251
松岡美術館 [MAP]

利用案内INFORMATION

松岡美術館 公式サイトURL
http://www.matsuoka-museum.jp/
所在地
〒108-0071 東京都港区白金台5-12-6
TEL 03-5449-0251
最寄駅
東京メトロ南北線・都営地下鉄三田線 白金台駅 1番出口から徒歩6分
JR目黒駅 東口から徒歩15分
開館時間
開館時間 10:00〜17:00(最終入館時間 16:30)
定休日
月曜日 
定休日についての追記事項
・月曜日が祝日の場合は翌平日
・年末年始、展示替え期間
入館料・観覧料
一般 800円
65歳以上/障害者 700円
中高大生 500円
※20名以上の団体は各100円引
割引クーポン
特になし
美術館名 よみがな
まつおかびじゅつかん

松岡美術館 開催展覧会情報EXHIBITION INFO

松岡コレクションの日本油彩画

開催期間:

松岡美術館の創設者、松岡清次郎が独自の審美眼を頼りに蒐集した日本洋画作品は130点余り。その多くは1970-80年代の団体展出品作です。...

松岡コレクションの日本油彩画

1970-80年代の団体展出品作品、約25点
開催スタートまであと1日

松岡コレクション―中国動物俑の世界

開催期間:

古代中国の人々は死後も霊魂が存在すると信じ、墓所で先祖の霊魂が不自由なく暮らせるよう、人や動物などを象ったやきもの‐陶俑を副葬...

松岡コレクション―中国動物俑の世界

漢代から唐代の動物俑を中心に
開催スタートまであと1日

松岡美術館 <常設展>

松岡美術館では、「古代オリエント美術」「現代彫刻」「古代東洋彫刻」などにカテゴライズされる収蔵品を展示する常設展を設けています...

松岡美術館 <常設展>

官能的なヒンドゥー教神像彫刻も素敵!
常設展

これまでに松岡美術館で開催された展覧会

松岡コレクション ― エコール・ド・パリを中心に

開催期間:

エコール・ド・パリの画家たちを中心に、松岡コレクションより20世紀前半のフランス近代絵画を紹介します。 キスリング、シャガール、...

松岡コレクション ― エコール・ド・パリを中心に

ピカソやヴラマンクら独創性溢れる作品も
会期終了

松岡コレクション ― 水のうつわ・空のうつわ 涼を招く東洋陶磁

開催期間:

水と空をキーワードに、涼やかな東洋陶磁を紹介します。 碧緑の青磁、ターコイズブルー...

松岡コレクション ― 水のうつわ・空のうつわ 涼を招く東洋陶磁

水と空をキーワードに東洋陶磁を紹介
会期終了

館蔵 古伊万里 華やぎのうつわ

開催期間:

乳白色の磁肌に清澄な色彩で花鳥や唐人物が絵付けされた優美な柿右衛門様式、濃紺の染付に赤と金による桜花や元禄美人が煌びやかな古伊...

館蔵 古伊万里 華やぎのうつわ

古伊万里や初期色絵の古九谷様式など
会期終了

館蔵 日本画展 人、動物、自然

開催期間:

日本画の伝統を継承しつつも、近代感覚を取り入れ新しい表現を模索した荒木寛畝、橋本雅邦、横山大観、下村観山また、京都画壇を牽引し...

館蔵 日本画展 人、動物、自然

日本画ならではの情趣豊かな味わい
会期終了

高雅典麗 中国陶磁コレクション

開催期間:

窯の中での焼成中、器に偶然降りかかった灰が溶けて生じる自然釉。 その光沢の美しさに気付いた古代中国の人々は、これを人為的に行う...

高雅典麗 中国陶磁コレクション

美麗なる中国陶磁
会期終了

松岡コレクション 屛風と掛軸 大画面の魅力・多幅対の愉しみ

開催期間:

伸縮自在な屏風はその名のとおり風を屏(ふせ)ぎ、居住空間を間仕切る調度であり、瞬く間に大画面を展開して特別な場を創り出し、権威や...

松岡コレクション 屛風と掛軸 大画面の魅力・多幅対の愉しみ

屛風と掛軸の多彩な魅力と愉しみ方
会期終了

館蔵 中国の工芸

開催期間:

陶磁器以外の中国工芸に焦点を当て、青銅器、銅鏡、金銅仏、漆工芸、玉器の約50点にて構成いたします。 実用品でありながら、美を兼ね...

館蔵 中国の工芸

中国工芸美術5000年の歴史の一端を展覧
会期終了

松岡コレクション 印象派・新印象派

開催期間:

19世紀後半のフランス、印象派の画家たちは絵筆を手にして野外で直接カンヴァスに向かいました。 従前の規範に囚われず、かれらが光...

松岡コレクション 印象派・新印象派

フランスの風や光を感じる
会期終了

松岡コレクション 美しい人びと

開催期間:

松岡コレクションの絵画部門より、前期は歴史や物語にちなんだ作品を中心に、後期は四季折々の風情とともに、江戸時代から明治・大正・...

松岡コレクション 美しい人びと

明治の日本画家・渡辺省亭の花鳥画も展示
会期終了

松岡清次郎が愛した画家たち 鎌倉秀雄・小笠原光・林美枝子・今井ロヂン

開催期間:

松岡美術館の創立者・松岡清次郎は毎年上野で開催される団体展に足繁く通い、自らが気に...

松岡清次郎が愛した画家たち 鎌倉秀雄・小笠原光・林美枝子・今井ロヂン

全13点中、6点は白金台で初めての展示
会期終了

館蔵 東洋陶磁展

開催期間:

松岡美術館のメインコレクションである中国陶磁は所蔵作品の3割以上を占めていますが、中国以外にも韓国、ベトナム、日本といった国々...

館蔵 東洋陶磁展

中国をはじめ東洋の陶磁を一堂に展観
会期終了

松岡コレクション 中国の陶磁 明から清まで

開催期間:

新石器時代からの永いながい歴史を誇る中国のやきもの。常に最先端の技術を駆使して焼成されたやきものは、優れた品質とともに各時代の...

松岡コレクション 中国の陶磁 明から清まで

世界中の人々に愛好されてきた中国の陶磁
会期終了

PAGE TOPPAGE TOP

こちらの機能は、会員登録(無料)後にご利用いただけます。

会員登録はこちらから
SIGN UP
ログインはこちらから
SIGN IN

※あなたの美術館鑑賞をアートアジェンダがサポートいたします。
詳しくはこちら

CLOSE


がマイページにクリップされました

CLOSE マイページクリップ一覧を見る


がお気に入りに登録されました

CLOSE マイページお気に入り一覧を見る


を訪問済みに移動しました

CLOSE マイページ訪問済みイベントを見る

CLOSE