美術館・展覧会情報サイト アートアジェンダ

検索

並び順

表示地域設定変更 全国の展覧会

世田谷美術館|東京都会期終了チェコ・デザイン 100年の旅

会期:

チェコ共和国と日本の関係は、オーストリア=ハンガリー帝国の一部であった時代から、二つの大戦を挟んで現在に至るまで意外に深いものがあります。 後に初代大統領となったトマーシュ・G・マサリクがチ...

チェコ・デザイン 100年の旅

静嘉堂文庫美術館|東京都会期終了入門 墨の美術―古写経・古筆・水墨画―

会期:

本展は、「墨」をテーマに、奈良時代から室町時代までの日本美術の優品を紹介する展覧会です。 奈良時代には仏教の広がりとともに、国家事業としても...

入門 墨の美術―古写経・古筆・水墨画―

五島美術館|東京都会期終了館蔵 秋の優品展―筆墨の躍動―

会期:

館蔵品の中から、水墨画や墨跡、近代の書画を中心に、日本・中国の名品約40点を展示。 古くより連綿と受けつがれてきた筆墨表現のうち、人々の目に驚きと彩りを与えた躍動感ある作品に注目。 紙絹を舞...

館蔵 秋の優品展―筆墨の躍動―

世田谷美術館|東京都会期終了高橋秀+藤田桜 ― 素敵なふたり

会期:

ちょっと心がくすぐられる、生命感あふれる有機的なフォルムの作風で知られる高橋秀(1930- )。布を自在に使った愛らしく表情豊かな作品で、雑誌の表紙絵や絵本を手がけてきた藤田桜。 二人は1958年の結...

高橋秀+藤田桜 ― 素敵なふたり

静嘉堂文庫美術館|東京都会期終了書物にみる海外交流の歴史 ~本が開いた異国の扉~

会期:

長い豊かな時を持つ日本の歴史は、各時代を通し、海外とのさまざまな交流の上に育まれてきたものと言えるでしょう。 古代以来、我が国の文化は大陸や...

書物にみる海外交流の歴史 ~本が開いた異国の扉~

五島美術館|東京都会期終了館蔵 夏の優品展―動物のかたち―

会期:

古来、動物たちの造形は豊穣や栄達、そして長寿などを願う吉祥の象徴でもありました。 館蔵品の中から約50点の名品を選び、古代から近代まで、愛らしい鳥たちや小動物、ほのぼのとした牛・馬、水辺の生...

館蔵 夏の優品展―動物のかたち―

五島美術館|東京都会期終了館蔵 近代の日本画展

会期:

館蔵の近代日本画コレクションから、「人物表現」を中心に、横山大観、下村観山、川合玉堂、上村松園、鏑木清方、松岡映丘、安田靫彦、前田青邨など、明治から昭和にかけての近代日本を代表する画家の作...

館蔵  近代の日本画展

世田谷美術館|東京都会期終了ある編集者のユートピア 小野二郎:ウィリアム・モリス、晶文社、高山建築学校

会期:

編集者にしてウィリアム・モリス研究家の小野二郎(1929-1982)が生涯を通して追い求めたテーマがユ...

ある編集者のユートピア 小野二郎:ウィリアム・モリス、晶文社、高山建築学校

静嘉堂文庫美術館|東京都会期終了日本刀の華 備前刀

会期:

日本刀の主要製作地(山城・大和・備前・相模・美濃)のうち、備前(岡山県南東部)は、上質な原料や水運の利に恵まれ、平安時代より優れた刀工を輩出し、圧倒的な生産量を誇ったことから、今日「刀剣王...

日本刀の華 備前刀

五島美術館|東京都会期終了館蔵 春の優品展 ―和と漢へのまなざし

会期:

館蔵品の中から、『和漢朗詠集』と、その撰者・藤原公任に関連する古筆、あわせて日本・中国を題材とした絵画を選び展観。 和歌と漢詩文の世界への憧...

館蔵 春の優品展 ―和と漢へのまなざし

世田谷美術館分館 向井潤吉アトリエ館|東京都会期終了草屋根と絵筆 向井潤吉のエッセイとともに

会期:

戦後、1945年の晩秋から、失われゆく草屋根の民家を描き続けた画家・向井潤吉(1901-1995)。 向井は、日本各地を巡る旅の体験を綴った文章も数多く残...

草屋根と絵筆 向井潤吉のエッセイとともに

世田谷美術館分館 清川泰次記念ギャラリー|東京都会期終了清川泰次 具象から抽象へのあゆみ

会期:

2019年は、画家・清川泰次(1919-2000)の生誕100年にあたります。清川泰次記念ギャラリーでは、今年度のふたつの展覧会を通じ、清川の約60年にわたる画...

清川泰次 具象から抽象へのあゆみ

世田谷美術館分館 宮本三郎記念美術館|東京都会期終了宮本三郎 花々と、女たちと Women and Flowers

会期:

洋画家・宮本三郎(1905-1974) は生涯に二度渡欧し、西洋絵画の歴史や伝統を学びました。 1939年の初めてのパリでは、ルーヴル美術館で名画を鑑賞し、...

宮本三郎 花々と、女たちと Women and Flowers

五島美術館|東京都会期終了館蔵 中国の陶芸展

会期:

漢時代から明・清時代にわたる館蔵の中国陶磁器コレクション約60点を展観。 戦国時代の計量道具から、唐三彩の壺、宋時代の砧青磁、明時代の青花・五彩まで、時代順に展示し、2000年にわたる中国のやき...

館蔵 中国の陶芸展

世田谷美術館|東京都会期終了田沼武能写真展 東京わが残像 1948-1964

会期:

田沼武能(たぬまたけよし 1929-)は東京写真工業専門学校(現・東京工芸大学)を卒業後サン・ニュース・フォトス社に入り、木村伊兵衛の助手として写...

田沼武能写真展 東京わが残像 1948-1964

静嘉堂文庫美術館|東京都会期終了~桐村喜世美氏所蔵品受贈記念~岩﨑家のお雛さまと御所人形

会期:

丸く愛らしい顔立ちに品格のただよう、幼児の姿をした内裏雛をはじめ、子供仕立てに作られたお雛さまは、昭和初期、三菱第4代社長の岩﨑小彌太(1879-...

~桐村喜世美氏所蔵品受贈記念~岩﨑家のお雛さまと御所人形

五島美術館|東京都会期終了館蔵 茶道具取合せ展

会期:

展示室に五島美術館の茶室の床の間の原寸模型をしつらえ、館蔵の茶道具コレクションから約70点を選び展観します。 茶匠の茶会記などを参考に道具の取合せを再現します。 特集展示として朝鮮半島の陶芸...

館蔵 茶道具取合せ展

世田谷美術館|東京都会期終了ブルーノ・ムナーリ――役に立たない機械をつくった男

会期:

イタリアの画家にして、デザイナー、さらには絵本を多数制作し、子どものための造形教育にも力を注いだ、ブルーノ・ムナーリ(1907-1998)。 その多彩...

ブルーノ・ムナーリ――役に立たない機械をつくった男

PAGE TOPPAGE TOP

検索対象地域設定

最大12か所までお選びいただけます。
※地域設定を指定しない場合、全国(全都道府県)が対象に表示されます。

都道府県別のチェックをすべて外す

関東地方

近畿地方

東北地方

中部地方

中国地方

九州地方

北海道

四国地方

こちらの機能は、会員登録(無料)後にご利用いただけます。

会員登録はこちらから
SIGN UP
ログインはこちらから
SIGN IN

※あなたの美術館鑑賞をアートアジェンダがサポートいたします。
詳しくはこちら

CLOSE


がマイページにクリップされました

CLOSE マイページクリップ一覧を見る


がお気に入りに登録されました

CLOSE マイページお気に入り一覧を見る


を訪問済みに移動しました

CLOSE マイページ訪問済みイベントを見る

CLOSE