美術館・展覧会情報サイト アートアジェンダ

世田谷美術館分館 向井潤吉アトリエ館Setagaya Art Museum

世田谷美術館分館 向井潤吉アトリエ館

Photo:©宮本和義

世田谷美術館分館 向井潤吉アトリエ館についてABOUT Setagaya Art Museum

戦後より一貫して、日本の風土に根ざした茅葺き屋根の民家をモティーフとして、制作を重ねてきた向井潤吉。

戦後の高度経済成長の中で次々にその姿を消していく民家を求めて、つねに現場におもむき、誇張のない的確な写実表現によって、民家のありのままの姿を生き生きととらえてきた。それはまた、日本の美しい風土そのものを描き残してきたとも言える。

向井潤吉アトリエ館は、向井潤吉とその家族が昭和8年より住居として利用してきた建物である。世田谷区・弦巻の閑静な住宅地に位置する。クヌギ・コナラ・ケヤキなど、武蔵野の面影を今に残す樹木に囲まれたアトリエ館は、まさに、向井潤吉の制作の息づかいを伝え、瀟洒な雰囲気を醸し出している。

アトリエ館は、昭和37年に建てられた、アトリエと住まいを兼ねた建築と、昭和44年に岩手県一関より移築された土蔵によって、構成されている。

アトリエ館では、年間3回の企画展を開催し、それぞれに向井潤吉の70年近くにわたる画業を、さまざまな視点から探り、紹介している。

アクセスマップACCESS MAP

Googlemapで見る

〒154-0016 東京都世田谷区弦巻2-5-1  TEL 03-5450-9581
世田谷美術館分館 向井潤吉アトリエ館 [MAP]

利用案内INFORMATION

世田谷美術館分館 向井潤吉アトリエ館 公式サイトURL
http://www.mukaijunkichi-annex.jp/
所在地
〒154-0016 東京都世田谷区弦巻2-5-1
TEL 03-5450-9581
最寄駅
東急田園都市線 「駒沢大学」駅西口 下車/徒歩10分
東急世田谷線 「松陰神社前」駅 下車/徒歩17分
開館時間
開館時間 10:00〜18:00(最終入館時間 17:30)
定休日
月曜日 
定休日についての追記事項
ただし、祝・休日と重なった場合は開館し、翌平日休館
入館料・観覧料
一般 200円(160円)
大高生 150円(120円)
65歳以上/中小生 100円(80円)
※( )内は20名以上の団体料金
入館料・観覧料についての追記事項
※障害者の方は100円(80円)。ただし障害者で、小・中・高・大学生、および障害者の介護者(当該障害者一名につき、一名に限る)は無料。証明書をご提示のうえ、お申し出下さい
※小・中学生は、土・日・祝・休日、夏休み期間は無料
割引クーポン
特になし
美術館名 よみがな
せたがやびじゅつかん むかいじゅんきちあとりえかん

世田谷美術館分館 向井潤吉アトリエ館 開催展覧会情報EXHIBITION INFO

向井潤吉 民家と街道

開催期間:

かつて江戸を基点につくられた五街道をはじめ、全国各地の街道は、明治以降の鉄道や自動車道といった交通網の整備を経て、現代の私たち...

向井潤吉 民家と街道

妙味あふれる旅のエッセイも
ただいま開催中

これまでに世田谷美術館分館 向井潤吉アトリエ館で開催された展覧会

向井潤吉1970's-1980's 民家集大成

開催期間:

――いつまでも珍重凍結しておきたい風景はむしろ心の底にある。 空、雲のいろ、陽と曇りの度合いなど。 向井潤吉(1901-1995)は、10代...

向井潤吉1970's-1980's 民家集大成

向井の画業の内面に潜む同時代性を探る
会期終了

向井潤吉1960's 民家遍歴

開催期間:

向井潤吉(1901-1995)は、10代半ばより関西美術院にて洋画を学び、戦前には単身渡欧、戦中の従軍経験を経て、戦後より一貫して全国各...

向井潤吉1960's 民家遍歴

自身の画業を決定づけた60年代を中心に
会期終了

向井潤吉 民家への道

開催期間:

向井潤吉(1901-1995)の画業は、青年時代の洋画との出会いから数えれば、70余年にわたります。平成29年度の向井潤吉アトリエ館では、...

向井潤吉 民家への道

洋画との出会いから民家を巡る旅まで
会期終了

向井潤吉が描いた山と民家

開催期間:

山は、ふるさとの代名詞ともいえるものです。わたしたちの暮らしに多くの恵みをもたらし、大いなる存在として古来より信仰の対象ともさ...

向井潤吉が描いた山と民家

豊かな自然の色彩による作品を展示
会期終了

向井潤吉 武蔵野の面影を求めて

開催期間:

「初冬から早春にかけて武蔵野の風趣は凛として静かに美しい。」 武蔵野は、古く万葉の時代に詠まれ、その風趣は徳冨蘆花や国木田独歩...

向井潤吉 武蔵野の面影を求めて

武蔵野を愛した画家、向井潤吉
会期終了

向井潤吉 水辺の情景

開催期間:

水辺に佇む民家。その風景は、水が人々の豊かな生活を支えてきた証だといえるでしょう。時に厳しい自然は人々の生活をおびやかしますが...

向井潤吉 水辺の情景

向井の多彩な絵画表現による水辺の風情
会期終了

向井潤吉 西日本紀行

開催期間:

京都に生まれ、関西美術院で美術の基礎を学んだ向井潤吉。 本展では、これまでまとめて紹介する機会の少なかった西日本を描いた油彩画...

向井潤吉 西日本紀行

草屋根の民家を描き続けた向井潤吉
会期終了

PAGE TOPPAGE TOP

こちらの機能は、会員登録(無料)後にご利用いただけます。

会員登録はこちらから
SIGN UP
ログインはこちらから
SIGN IN

※あなたの美術館鑑賞をアートアジェンダがサポートいたします。
詳しくはこちら

CLOSE


がマイページにクリップされました

CLOSE マイページクリップ一覧を見る


がお気に入りに登録されました

CLOSE マイページお気に入り一覧を見る


を訪問済みに移動しました

CLOSE マイページ訪問済みイベントを見る

CLOSE