展覧会の感想・評価一覧

サンリオ展 ニッポンのカワイイ文化60年史

5.0

ただただ懐かしかった・・・

なんか色々忘れていたグッズなど思い出しました。
そして断捨離で捨ててしまった未使用のイチゴのポケットティッシュが、
サンリオ製品だったと思い出して後悔しきりでした。
田園調布のほう… Read More

美術館「えき」KYOTO開館25周年記念 シダネルとマルタン展 最後の印象派

5.0

神秘的な光と色彩、緩やかに癒やされる

これほど似た作風で2人が当時のパリ画壇の中核にいたことに驚いた。
よくつぶしあわなかったな、と。
展示物を眺めていると、
サンキャッチャーの光のまどろみの中にいるような錯覚に一瞬お… Read More

ANDY WARHOL KYOTO/アンディ・ウォーホル・キョウト

5.0

日本の伝統文化を敬われていたことを日本人として誇らしく思った

京都に影響を受けたスケッチや生け花をモチーフにした作品には驚いた。
日本の歴史ある伝統技術をさりげなく取り入れ、らしさ、も見失っていない。
日本人には嬉しい展示物の数々が楽しめた… Read More

THANKS!をクリックしたユーザー
morinousagisanさん、micco3216さん
特別展 ドレスデン国立古典絵画館所蔵  フェルメールと17世紀オランダ絵画展

5.0

「窓辺で手紙を読む女」、やはり1番人気でした

「窓辺で手紙を読む女」のキューピッドをお目当てに行きました。
愛のキューピッドというわりに、顔の表情は無表情で、
足下の仮面や弓矢の扱い方など私は気になりましたが、
カーテンの赤や… Read More

細見古香庵生誕120年記念 美の境地

細見古香庵生誕120年記念 美の境地

細見美術館|京都府

会期:

4.0

各々の展示室の行き来が、狭い階段を登ったり降りたりでお年寄りや車椅子の方には不便かも

楽しみにしていた秀吉公の吉野の花見図屏風は、
細部まで細かく描写されていて、見ていて飽きませんでした。
花見の人達の表情・動作・着物の色柄、繊細でした。
その屏風の側に、直筆の… Read More

特別展「東山魁夷 唐招提寺御影堂障壁画展」

3.0

館内照明がいくらなんでも暗すぎる

すごく楽しみにしていて期待大で見に行ったものの、10年以上にわたる準備期間の詳細な部分絵なども展示されてはいたものの、
如何せん、館内全体の照明が暗くて見づらく、ふすま絵自体の… Read More

こちらの機能は、会員登録(無料)後にご利用いただけます。

会員登録はこちらから
SIGN UP
ログインはこちらから
SIGN IN

※あなたの美術館鑑賞をアートアジェンダがサポートいたします。
詳しくはこちら

CLOSE

こちらの機能は、会員登録(無料)後にご利用いただけます。

会員登録はこちらから
SIGN UP
ログインはこちらから
SIGN IN

ログインせずに「いいね(THANKS!)」する場合は こちら

CLOSE


がマイページにクリップされました

CLOSE マイページクリップ一覧を見る


がお気に入りに登録されました

CLOSE マイページお気に入り一覧を見る


を訪問済みに移動しました

CLOSE マイページ訪問済みイベントを見る

CLOSE

name

参考になりました!をクリックしたユーザー 一覧
CLOSE