展覧会の感想・評価一覧

イスラエル博物館所蔵 ピカソ ― ひらめきの原点 ―

4.0

テレビドラマ ジーニアス:ピカソ をもう一度見直したい

ナショジオチャンネルで以前、ジーニアス:ピカソのドラマを見たので、ピカソの人生はなんとなく知っていた。ドラマを思い出しながら絵を見ていった。絵の中にはドラマの中のエピソードを彷… Read More

スコットランド国立美術館 THE GREATS 美の巨匠たち

5.0

エディンバラを再訪したくなりました。

当初は地元の名士寄贈や寄託などによってコレクションが構成されていたそうで、スコットランド人気質にあった絵が多いと感じた。エディンバラの街並みを描いた風景画から1999年にエディンバ… Read More

THANKS!をクリックしたユーザー
Nine Livesさん、ファイさん
ボテロ展 ふくよかな魔法

ボテロ展 ふくよかな魔法

Bunkamura ザ・ミュージアム|東京都

会期:

5.0

気持ちがほっこりする

御年90歳で未だ現役でバリバリ絵を描いているボテロさん。4章では2019年から取り組んでいるというドローイングが展示されている。線が若々しくて感性がすばらしい。ぽっちゃりさんた… Read More

THANKS!をクリックしたユーザー
non3563さん
メトロポリタン美術館展 西洋絵画の500年

メトロポリタン美術館展 西洋絵画の500年

国立新美術館|東京都

会期:

4.0

西洋絵画史の教科書!

METで「スカイライト・プロジェクト(天窓からの自然光をギャラリーの照明に活用することで、より快適で自然な鑑賞環境を整える試み)」が進行中のため、借りてこれたとのこと。西洋美術史を… Read More

THANKS!をクリックしたユーザー
ファイさん
日本・モンゴル外交関係樹立50周年記念特別展「邂逅する写真たち――モンゴルの100年前と今」

4.0

モンゴルの今を知る

モンゴル、という名前だけで行った。モンゴルといえば、チンギスハン。中国ドラマのフビライのイメージから私の中ではアップデートされていなかった。100年前の写真はそのイメージそのままだ… Read More

泉屋博古館東京リニューアルオープン記念展Ⅰ日本画トライアングル

5.0

やっぱ大阪やで!!

上島鳳山「十二ヶ月美人」vs鏑木清方「明治風俗十二ヶ月」
どちらが好きかと聞かれたら、鳳山の艶っぽさに軍配を上げたくなるのは、
私が大阪人だからでしょうか。

東京では高島北海が良… Read More

THANKS!をクリックしたユーザー
Audreyさん、puffchumさん
ジャポニスム―世界を魅了した浮世絵

ジャポニスム―世界を魅了した浮世絵

千葉市美術館|千葉県

会期:

5.0

構成が素晴らしい

ジャポニスムをアメリカ、ロシアの版画作品から知る。
作品を並べることで、浮世絵に衝撃を受けた画家たちが、いかに自分たちのものにするかの模索を垣間見ることができた。浮世絵初心者にも、ある程度見慣れた方にもおすすめの展示。

THANKS!をクリックしたユーザー
kage0512さん
江戸絵画と笑おう

江戸絵画と笑おう

千葉市美術館|千葉県

会期:

5.0

親子、友達と見て欲しい

楽しい、見てクスッとなる作品ばかりでした。コロナ禍でなければ、いろいろ感想を言い合いたいところです。

THANKS!をクリックしたユーザー
Toshinoさん
聖徳太子1400年遠忌記念 特別展「聖徳太子と法隆寺」

4.0

今年は聖徳太子1400年遠忌

聖徳太子についての展覧会が複数企画されているののひとつ。時間定員制を取っているからか、比較的ゆったりと観賞することができた。

日出処の天子とか聖徳太子のマンガをまた読み直してみたいと思った。

THANKS!をクリックしたユーザー
ファイさん

こちらの機能は、会員登録(無料)後にご利用いただけます。

会員登録はこちらから
SIGN UP
ログインはこちらから
SIGN IN

※あなたの美術館鑑賞をアートアジェンダがサポートいたします。
詳しくはこちら

CLOSE

こちらの機能は、会員登録(無料)後にご利用いただけます。

会員登録はこちらから
SIGN UP
ログインはこちらから
SIGN IN

ログインせずに「いいね(THANKS!)」する場合は こちら

CLOSE


がマイページにクリップされました

CLOSE マイページクリップ一覧を見る


がお気に入りに登録されました

CLOSE マイページお気に入り一覧を見る


を訪問済みに移動しました

CLOSE マイページ訪問済みイベントを見る

CLOSE

name

参考になりました!をクリックしたユーザー 一覧
CLOSE