ブランクーシ 本質を象る

アーティゾン美術館

  • 開催期間:2024年3月30日(土)~2024年7月7日(日)
  • クリップ数:56 件
  • 感想・評価:3 件
ブランクーシ 本質を象る アーティゾン美術館-1
ブランクーシ 本質を象る アーティゾン美術館-2
ブランクーシ 本質を象る アーティゾン美術館-3
ブランクーシ 本質を象る アーティゾン美術館-4
ブランクーシ 本質を象る アーティゾン美術館-5
ブランクーシ 本質を象る アーティゾン美術館-6
ブランクーシ 本質を象る アーティゾン美術館-7
ブランクーシ 本質を象る アーティゾン美術館-8
ブランクーシ 本質を象る アーティゾン美術館-9
ブランクーシ 本質を象る アーティゾン美術館-10
ブランクーシ 本質を象る アーティゾン美術館-11
ブランクーシ 本質を象る アーティゾン美術館-12
コンスタンティン・ブランクーシ 《接吻》 1907-10年、石膏、高さ28.0cm、石橋財団アーティゾン美術館
《コンスタンティン・ブランクーシ》1924年
(撮影:キャサリン・ドライヤー)、石橋財団アーティゾン美術館
コンスタンティン・ブランクーシ《ポガニー嬢Ⅱ》1925年 (2006年鋳造)、磨かれたブロンズ、高さ44.8cm、石橋財団アーティゾン美術館
コンスタンティン・ブランクーシ《アトリエの風景、”無限柱”、”ポガニー嬢II”》1922-1925年、ゼラチンシルバープリント、東京都写真美術館
コンスタンティン・ブランクーシ《苦しみ》1907年、ブロンズ、29.2×28.8×22.3cm、アート・インスティテュート・オブ・シカゴ
コンスタンティン・ブランクーシ《眠れるミューズ》1910-1911年頃、石膏、19.0×28.0×19.5cm、大阪中之島美術館(5月12日まで展示)
コンスタンティン・ブランクーシ《スタンディング・ボーイ》1913年頃、テンペラ・紙、57.9×33.7cm、メナード美術館
コンスタンティン・ブランクーシ《雄鶏》1924年(1972年鋳造)、ブロンズ、92.4×10.5×45.0cm、豊田市美術館
コンスタンティン・ブランクーシ《魚》1924-26年(1992年鋳造)、磨かれたブロンズ、13.5×42.0×3.0cm、個人蔵
コンスタンティン・ブランクーシ《空間の鳥》1926年(1982年鋳造)、ブロンズ、大理石(円筒形台座)、石灰岩(十字形台座)、132.4×35.5×35.5cm、横浜美術館
コンスタンティン・ブランクーシ《洗練された若い女性(ナンシー・キュナールの肖像)》1928-32年(2013年鋳造)、磨かれたブロンズ、54.9×14.9×21.9 cm、個人蔵
コンスタンティン・ブランクーシ《鳥》1930年、フレスコ、29.0×47.0cm、個人蔵
ブランクーシ 本質を象る アーティゾン美術館-1
ブランクーシ 本質を象る アーティゾン美術館-1
ブランクーシ 本質を象る アーティゾン美術館-1
ブランクーシ 本質を象る アーティゾン美術館-1
ブランクーシ 本質を象る アーティゾン美術館-1
ブランクーシ 本質を象る アーティゾン美術館-1
ブランクーシ 本質を象る アーティゾン美術館-1
ブランクーシ 本質を象る アーティゾン美術館-1
ブランクーシ 本質を象る アーティゾン美術館-1
ブランクーシ 本質を象る アーティゾン美術館-1
ブランクーシ 本質を象る アーティゾン美術館-1
ブランクーシ 本質を象る アーティゾン美術館-1

この展覧会についてABOUT THIS EXHIBITION

ルーマニア出身の彫刻家、コンスタンティン・ブランクーシ(1876-1957)は、純粋なフォルムの探究を通じて、ロダン以後の20世紀彫刻の領野を切り拓いた存在として知られます。

本展は、彫刻作品を中核に、フレスコ、テンペラなどの絵画作品やドローイング、写真作品などが織りなす、ブランクーシの創作活動の全体を美術館で紹介する、日本で初めての機会となります。

パリのブランクーシ・エステートおよび国内外の美術館等より借用の彫刻作品約20点に、絵画作品、写真作品を加えた、計約90点で構成されます。

◆ 同時開催
石橋財団コレクション選 特集コーナー展示 清水多嘉示(5・4階展示室)

開催概要EVENT DETAILS

会期 2024年3月30日(土)~2024年7月7日(日)
会場 アーティゾン美術館 Google Map
展示室6階展示室
住所 東京都中央区京橋1-7-2
時間 10:00~18:00 (最終入場時間 17:30)
  • 5月3日を除く金曜日は20:00まで
    (最終入場時間19:30)
休館日 月曜日、4月30日、5月7日
※ただし4月29日、5月6日は開館
観覧料 日時指定予約制
ウェブ予約チケット 1,800円
窓口販売チケット 2,000円
学生無料 (要ウェブ予約)
  • ※予約枠に空きがあれば、美術館窓口でもチケットを購入できます
    ※中学生以下の方はウェブ予約不要です
    ※この料金で同時開催の展覧会を全て観覧できます
TEL050-5541-8600 (ハローダイヤル)
URLhttps://www.artizon.museum/

アーティゾン美術館の情報はこちらMUSEUM INFORMATION

アーティゾン美術館 アーティゾン美術館

感想・評価 | 鑑賞レポートREVIEWS

5.0

シンプルなのに記憶に残るフォルムと存在

あちこちで観た記憶が集積していて、まさか日本で初めての展覧会だとは思わなかった。
形成期のオーソドックスな作品からゴロンとしたフォルムの変遷から鳥の伸びやかな作品まで、まとめて観られるのは至福。
どの作品も明らかに〈存在する力〉を孕んでいてしっかりとそのフォルムは記憶に刻まれる。
アトリエの写真や本人が自分の作品の魅力を引き出した本人撮影の写真も、作品をより知るのに興味深かった。
私は「フォルム」の章の作品群が好きで、〈眠れるミューズ〉〈うぶごえ〉等々何度も作品の周りをグルグル回ってしまったw。あの微妙なカーブや切り取り部分が実にくすぐられる。
交流のあった作家の展示もあったが、まぁ少ないし、展覧会の本筋ではない。
欲をいえば、デッサンとかあるのなら発想の基を知るためにも観たかったな。

4月10日(水)14時予約入館。混雑無し。撮影可。

THANKS!をクリックしたユーザー
morinousagisanさん

3.0

ミニマルなブランクーシ

ミニマルでモダン、ロダンの先を見据えた造形が実に素敵だ。
その作品を撮影した写真が意外に良くて見入ってしまいました。
大辻清司作品のような物質感というか、よりモノとしての存在感が際立って見えました。
コレクション展にも立体作品が多く出ていました。
照明もよくてかなりカッコイイ展示空間になっています。
何度か通ってブランクーシの一端だけでも掴みたい。
写真撮影可能。

THANKS!をクリックしたユーザー
morinousagisanさん、karachanさん

4.0

シャープな造形

週末の10時半ごろ訪問。入館時はそれほどではなかったですが、出るときはそこそこ賑わっていました。6階が本展で、かなりゆったりしたスペースで展示されています。写真も全体の半分くらいありました。写実的な感じは無く、全体的につるっとした抽象的な彫刻が多いです。後半に展示されている雄鶏やポガニー嬢はよかったです。ブランクーシという方は知らなかったのですが、作品も見られて満足でした。ただ、キャプションが無く,出品リストに併せて載っているので、いちいちリストを開かなくてはいけないのがストレスでした。

あなたも感想・評価を投稿してみませんか?
感想・評価を投稿する

より詳しい鑑賞レポート 《600文字以上》のご投稿は、
こちらから。ページ枠でご紹介となります。
鑑賞レポート《600文字以上》を投稿する

周辺で開催中の展覧会も探してみて下さい。
東京都中央区で開催中の展覧会

出展作品・関連画像IMAGES

コンスタンティン・ブランクーシ 《接吻》 1907-10年、石膏、高さ28.0cm、石橋財団アーティゾン美術館

《コンスタンティン・ブランクーシ》1924年
(撮影:キャサリン・ドライヤー)、石橋財団アーティゾン美術館

コンスタンティン・ブランクーシ《ポガニー嬢Ⅱ》1925年 (2006年鋳造)、磨かれたブロンズ、高さ44.8cm、石橋財団アーティゾン美術館

コンスタンティン・ブランクーシ《アトリエの風景、”無限柱”、”ポガニー嬢II”》1922-1925年、ゼラチンシルバープリント、東京都写真美術館

コンスタンティン・ブランクーシ《苦しみ》1907年、ブロンズ、29.2×28.8×22.3cm、アート・インスティテュート・オブ・シカゴ

コンスタンティン・ブランクーシ《眠れるミューズ》1910-1911年頃、石膏、19.0×28.0×19.5cm、大阪中之島美術館(5月12日まで展示)

コンスタンティン・ブランクーシ《スタンディング・ボーイ》1913年頃、テンペラ・紙、57.9×33.7cm、メナード美術館

コンスタンティン・ブランクーシ《雄鶏》1924年(1972年鋳造)、ブロンズ、92.4×10.5×45.0cm、豊田市美術館

コンスタンティン・ブランクーシ《魚》1924-26年(1992年鋳造)、磨かれたブロンズ、13.5×42.0×3.0cm、個人蔵

こちらの機能は、会員登録(無料)後にご利用いただけます。

会員登録はこちらから
SIGN UP
ログインはこちらから
SIGN IN

※あなたの美術館鑑賞をアートアジェンダがサポートいたします。
詳しくはこちら

CLOSE

こちらの機能は、会員登録(無料)後にご利用いただけます。

会員登録はこちらから
SIGN UP
ログインはこちらから
SIGN IN

ログインせずに「いいね(THANKS!)」する場合は こちら

CLOSE


がマイページにクリップされました

CLOSE マイページクリップ一覧を見る


がお気に入りに登録されました

CLOSE マイページお気に入り一覧を見る


を訪問済みに移動しました

CLOSE マイページ訪問済みイベントを見る

CLOSE

name

参考になりました!をクリックしたユーザー 一覧
CLOSE