マリー・クワント展

Bunkamura ザ・ミュージアム

  • 開催期間:2022年11月26日(土)〜2023年1月29日(日)
  • クリップ数:17 件
マリー・クワント展 Bunkamura ザ・ミュージアム-1
マリー・クワント展 Bunkamura ザ・ミュージアム-2
マリー・クワント展 Bunkamura ザ・ミュージアム-3
マリー・クワント展 Bunkamura ザ・ミュージアム-4
マリー・クワント展 Bunkamura ザ・ミュージアム-5
マリー・クワント展 Bunkamura ザ・ミュージアム-6
マリー・クワント展 Bunkamura ザ・ミュージアム-7
マリー・クワント展 Bunkamura ザ・ミュージアム-8
マリー・クワント展 Bunkamura ザ・ミュージアム-9
マリー・クワント展 Bunkamura ザ・ミュージアム-10
マリー・クワント展 Bunkamura ザ・ミュージアム-11
マリー・クワント展 Bunkamura ザ・ミュージアム-12
マリー・クワント展 Bunkamura ザ・ミュージアム-13
マリー・クワント展 Bunkamura ザ・ミュージアム-14
《マリー・クワントと、ヘアスタイリングを担当していたヴィダル・サスーン》 1964年 © Ronald Dumont/Daily Express/Hulton Archive/Getty Images
《マリー・クワントと、夫でビジネスパートナーのアレキサンダー・プランケット・グリーン》 1960年 Courtesy of Terence Pepper Collection. © John Cowan Archive
《マリー・クワントのブティック「バザー」のショッパーを持つモデル》 1959年 Image courtesy of Mary Quant Archive / Victoria and Albert Museum, London
《マリー・クワントのカクテルドレスを着るリエーゼ・デニス》 1960年ごろ Photograph by Woburn Studios Image courtesy Mary Quant Archive / Victoria and Albert Museum, London
《近衛兵の先を行く》 1961年 Photograph by John Cowan © John Cowan Archive
《カーディガンドレスの「レックス・ハリソン」を着るジーン・シュリンプトン》 1962年 © John French / Victoria and Albert Museum, London
《ベストとスカートを組み合わせた「コール・ヒーバー(石炭担ぎ)」を着るセリア・ハモンド(左)とジーン・シュリンプトン》 1962年 Photograph by John French © John French / Victoria and Albert Museum, London
《ジンジャー・グループのために作られたピナフォア「スノッブ」とストライプのアンサンブルを着るロス・ワトキンスとポーリン・ストーン》1963年 © John French / Victoria and Albert Museum, London
《ドレス「ミス・マフェット」を着るパティ・ボイドとローリングストーンズ》 1964年 Photograph by John French © John French / Victoria and Albert Museum, London
《マリー・クワントのタイツと靴》 1965年ごろ Image courtesy Mary Quant Archive / Victoria and Albert Museum, London
《シャツドレスとショートパンツを着るケリー・ウィルソン》 1966年 Photo Duffy © Duffy Archive
《ベストとショートパンツのアンサンブルを着るツイッギー》 1966年 © Photograph Terence Donovan, courtesy Terence Donovan Archive. The Sunday Times, 23 October 1966
《マリー・クワントのカンゴール製ベレー帽の広告》 1967年 Image courtesy of The Advertising Archives
《ストライプのアンサンブルを着る2人のモデル》 1973年春 Image courtesy Mary Quant Archive / Victoria and Albert Museum, London
マリー・クワント展 Bunkamura ザ・ミュージアム-1
マリー・クワント展 Bunkamura ザ・ミュージアム-1
マリー・クワント展 Bunkamura ザ・ミュージアム-1
マリー・クワント展 Bunkamura ザ・ミュージアム-1
マリー・クワント展 Bunkamura ザ・ミュージアム-1
マリー・クワント展 Bunkamura ザ・ミュージアム-1
マリー・クワント展 Bunkamura ザ・ミュージアム-1
マリー・クワント展 Bunkamura ザ・ミュージアム-1
マリー・クワント展 Bunkamura ザ・ミュージアム-1
マリー・クワント展 Bunkamura ザ・ミュージアム-1
マリー・クワント展 Bunkamura ザ・ミュージアム-1
マリー・クワント展 Bunkamura ザ・ミュージアム-1
マリー・クワント展 Bunkamura ザ・ミュージアム-1
マリー・クワント展 Bunkamura ザ・ミュージアム-1

この展覧会についてABOUT THIS EXHIBITION

ミニスカートブームを生んだ、革新的デザイナー
マリー・クワントの仕事


2022年に92歳となり、今もなおイギリスで最も親しまれるファッションデザイナーの一人であるマリー・クワント。若い女性のための革新的なファッションを打ち出し、1960年代イギリス発の若者文化「スウィンギング・ロンドン」を牽引した、その軌跡を紹介します。

西洋の伝統や階級文化に縛られた旧来的な価値観とは異なる、若々しさや躍動感にあふれるデザインを世に送り出したクワントは、ミニスカートやタイツなど、今日当たり前になっているアイテムを広く浸透させたことで知られます。衣服から化粧品、インテリアまでのライフスタイル全般に及んだ個性的なクリエーションもさることながら、量産化時代の波に乗った世界的なブランド展開や、自らファッションアイコンとなる広報戦略もメディアに注目され、時代を先導しました。

本展では、ヴィクトリア・アンド・アルバート博物館(V&A)より来日する約100点の衣服を中心に、小物や写真資料、映像などで、1955年~75年にかけてのクワントのデザイナーとしての業績と、時代を切り開いた起業家としての歩みをたどります。

開催概要EVENT DETAILS

会期 2022年11月26日(土)〜2023年1月29日(日)
会場 Bunkamura ザ・ミュージアム Google Map
住所 東京都渋谷区道玄坂2-24-1 Bunkamura B1F
時間 10:00〜18:00 (最終入場時間 17:30)
  • 毎週金・土曜日は21:00まで (最終入場時間 20:30)
    ※状況により、会期・開館時間等が変更となる可能性があります
休館日 12月6日(火)、1月1日(日・祝)
観覧料 一般 1,700円(1,500円)
大学・高校生 1,000円(800円)
中学・小学生 700円(500円)
  • ※( )内は前売料金
    ※学生券をお求めの場合は、学生証を要提示(小学生は除く)
    ※障がい者手帳の提示で本人と付添いの方1名は半額となります
    (一般850円、大学・高校生500円、中学・小学生350円)当日窓口にて購入してください
    ※未就学児は入館無料
    ※チケット販売情報詳細は、Bunkamuraの公式サイトをご確認ください
    ※本展は会期中すべての日程で【オンラインによる事前予約】が可能です。予約方法等の詳細は展覧会の公式サイトをご確認ください
TEL050-5541-8600(ハローダイヤル)
URLhttps://www.bunkamura.co.jp/museum/exhibition/22_maryquant/

Bunkamura ザ・ミュージアムの情報はこちらMUSEUM INFORMATION

Bunkamura ザ・ミュージアム Bunkamura ザ・ミュージアム

感想・評価 | 鑑賞レポートREVIEWS

あなたも感想・評価を投稿してみませんか?
感想・評価を投稿する

より詳しい鑑賞レポート 《600文字以上》のご投稿はこちらから。
ページ枠でご紹介となります。
鑑賞レポート《600文字以上》を投稿する

周辺で開催中の展覧会も探してみて下さい。
東京都渋谷区で開催中の展覧会

出展作品・関連画像IMAGES

《マリー・クワントと、ヘアスタイリングを担当していたヴィダル・サスーン》 1964年 © Ronald Dumont/Daily Express/Hulton Archive/Getty Images

《マリー・クワントと、夫でビジネスパートナーのアレキサンダー・プランケット・グリーン》 1960年 Courtesy of Terence Pepper Collection. © John Cowan Archive

《マリー・クワントのブティック「バザー」のショッパーを持つモデル》 1959年 Image courtesy of Mary Quant Archive / Victoria and Albert Museum, London

《マリー・クワントのカクテルドレスを着るリエーゼ・デニス》 1960年ごろ Photograph by Woburn Studios Image courtesy Mary Quant Archive / Victoria and Albert Museum, London

《近衛兵の先を行く》 1961年 Photograph by John Cowan © John Cowan Archive

《カーディガンドレスの「レックス・ハリソン」を着るジーン・シュリンプトン》 1962年 © John French / Victoria and Albert Museum, London

《ベストとスカートを組み合わせた「コール・ヒーバー(石炭担ぎ)」を着るセリア・ハモンド(左)とジーン・シュリンプトン》 1962年 Photograph by John French © John French / Victoria and Albert Museum, London

《ジンジャー・グループのために作られたピナフォア「スノッブ」とストライプのアンサンブルを着るロス・ワトキンスとポーリン・ストーン》1963年 © John French / Victoria and Albert Museum, London

《ドレス「ミス・マフェット」を着るパティ・ボイドとローリングストーンズ》 1964年 Photograph by John French © John French / Victoria and Albert Museum, London

こちらの機能は、会員登録(無料)後にご利用いただけます。

会員登録はこちらから
SIGN UP
ログインはこちらから
SIGN IN

※あなたの美術館鑑賞をアートアジェンダがサポートいたします。
詳しくはこちら

CLOSE

こちらの機能は、会員登録(無料)後にご利用いただけます。

会員登録はこちらから
SIGN UP
ログインはこちらから
SIGN IN

ログインせずに「いいね(THANKS!)」する場合は こちら

CLOSE


がマイページにクリップされました

CLOSE マイページクリップ一覧を見る


がお気に入りに登録されました

CLOSE マイページお気に入り一覧を見る


を訪問済みに移動しました

CLOSE マイページ訪問済みイベントを見る

CLOSE

name

参考になりました!をクリックしたユーザー 一覧
CLOSE