美術館・展覧会情報サイト アートアジェンダ

Bunkamura ザ・ミュージアムThe Bunkamura Museum of Art

Bunkamura ザ・ミュージアム

Bunkamura ザ・ミュージアムについてABOUT The Bunkamura Museum of Art

Bunkamura ザ・ミュージアムは、映画館、コンサートホール、レストランなどのある大型複合文化施設 Bunkamura 内にある美術館である。1989年(平成元年)、東京都渋谷区に開業した。

Bunkamuraの建物の中心部は、開放感ある吹き抜けになっており、地階にあるフレンチレストラン「ドゥ マゴ パリ 」のオープンテラス席がフロアーに広がっているのが見られる。光が差したオープンテラス席を眺めながら、エスカレーターを降りて行くと、美術館「Bunkamura ザ・ミュージアム」の入り口がある。

これまで、ダ・ヴィンチ、ルーベンス、印象派など、主に19-20世紀の西洋絵画展、海外美術館の名品展、女性芸術家の作品展などの企画展が開催されている。企画・展示を運営の主体とし、近代美術の流れに焦点をあてた展覧会が開催されている。

アクセスマップACCESS MAP

Googlemapで見る

〒150-8507 東京都渋谷区道玄坂2-24-1 Bunkamura B1F  TEL 03-5777-8600 (ハローダイヤル)
Bunkamura ザ・ミュージアム [MAP]

利用案内INFORMATION

Bunkamura ザ・ミュージアム 公式サイトURL
https://www.bunkamura.co.jp/museum/
所在地
〒150-8507 東京都渋谷区道玄坂2-24-1 Bunkamura B1F
TEL 03-5777-8600 (ハローダイヤル)
最寄駅
JR線/東京メトロ銀座線/京王井の頭線 渋谷駅 ハチ公口より徒歩7分

東急東横線/田園都市線/東京メトロ半蔵門線/副都心線 渋谷駅 3a出口より徒歩5分

京王井の頭線 神泉駅 北口より徒歩7分

<無料シャトルバス>
渋谷駅 宮益坂口(東急東横店)と本店(Bunkamura)との循環バスが、9:50~20:15の間に12~15分間隔で運転。(本店発 10時~20時15分、東横店発9時50分~20時)
開館時間
開館時間 10:00〜18:00(最終入館時間 17:30)
開館時間についての追記事項
毎週金・土曜日は21:00まで(最終入館時間 20:30)
定休日
定休日についての追記事項
展覧会により異なります。
入館料・観覧料
展覧会により異なります。
割引クーポン
特になし
美術館名 よみがな
ぶんかむらざみゅーじあむ

Bunkamura ザ・ミュージアムについての感想・評価REVIEWS

この美術館にはまだ感想・評価の投稿がありません。
最初の感想・評価を投稿してみませんか?

感想・評価を投稿する

Bunkamura ザ・ミュージアム 開催展覧会情報EXHIBITION INFO

開催中建国300年 ヨーロッパの宝石箱リヒテンシュタイン 侯爵家の至宝展

会期:

世界で唯一、侯爵家(君主)の家名が国名となっているリヒテンシュタイン。 スイスとオーストリアにはさまれた小国ながら、世界でも屈指の規模を誇る...

建国300年 ヨーロッパの宝石箱リヒテンシュタイン 侯爵家の至宝展

開催予定ニューヨークが生んだ伝説の写真家 永遠のソール・ライター

会期:

こちらの展覧会はご招待チケットプレゼント中!
2017年、Bunkamura ザ・ミュージアムで日本初の回顧展を開催し、大きな話...

ニューヨークが生んだ伝説の写真家 永遠のソール・ライター

Bunkamura ザ・ミュージアムにて、今後開催予定の展覧会

これまでにBunkamura ザ・ミュージアムで開催された展覧会

会期終了みんなのミュシャ ミュシャからマンガへ ―― 線の魔術

会期:

アール・ヌーヴォーを代表する芸術家アルフォンス・ミュシャ(1860-1939)。彼が紡ぎ出した、線の魔術とも言える華やかな作品は、今もなお世界中の人た...

みんなのミュシャ ミュシャからマンガへ ―― 線の魔術

会期終了Bunkamura30周年記念 印象派への旅 海運王の夢 バレル・コレクション

会期:

産業革命期に英国随一の海港都市として栄えたスコットランド、グラスゴー出身の海運王ウィリアム・...

Bunkamura30周年記念 印象派への旅 海運王の夢 バレル・コレクション

会期終了クマのプーさん展

会期:

食いしん坊でおっちょこちょい、いまでは誰もが知る世界一有名なクマ「プーさん」は、1926年にイギリスで生まれました。 物語を書いたA.A.ミルンと、イラストを描いたE.H.シェパードふたりの共作によっ...

クマのプーさん展

会期終了国立トレチャコフ美術館所蔵 ロマンティック・ロシア

会期:

白樺や樫の木の深い森、雪に覆われた大平原、木々の葉が金色に色づく黄金の秋、長い冬が終わって樹木や草花が芽吹く春。こうしたロシアの大自然に、画...

国立トレチャコフ美術館所蔵 ロマンティック・ロシア

会期終了生誕60周年記念 くまのパディントン™展

会期:

イギリスを代表する児童文学「パディントン」シリーズは、1958年、作者マイケル・ボンド氏によって誕生しました。 その後、40以上の言語に翻訳・出版...

生誕60周年記念 くまのパディントン™展

会期終了猪熊弦一郎展 猫たち

会期:

猪熊弦一郎(1902-1993年)は、百花繚乱の昭和の画壇にあって試行錯誤を繰り返しながらも、常に独自の境地を維持し、極めて個性的な作品群を残した画家です。 「いちどに1ダースの猫を飼っていた」ほど...

猪熊弦一郎展 猫たち

会期終了神聖ローマ帝国皇帝 ルドルフ2世の驚異の世界展

会期:

プラハに宮廷を構え、神聖ローマ帝国皇帝として君臨したハプスブルク家のルドルフ2世(1552-1612)は、稀代の収集家として、また芸術の庇護者として知...

神聖ローマ帝国皇帝 ルドルフ2世の驚異の世界展

会期終了オットー・ネーベル展 シャガール、カンディンスキー、クレーの時代

会期:

スイス、ドイツで活動した画家オットー・ネーベル(1892-1973)。1920年代半ばにワイマールに滞在し...

オットー・ネーベル展 シャガール、カンディンスキー、クレーの時代

会期終了ベルギー奇想の系譜 ボスからマグリット、ヤン・ファーブルまで

会期:

現在のベルギー・フランドル地方とその周辺地域では、中世末期から発達してきた写実的描写の伝統の上に、幻想絵画(Fantastic Painting)というカテゴ...

ベルギー奇想の系譜 ボスからマグリット、ヤン・ファーブルまで

会期終了ニューヨークが生んだ伝説 写真家 ソール・ライター展

会期:

1950年代からニューヨークで第一線のファッション・カメラマンとして活躍しながら、1980年代に商業写真から退き、世間から姿を消したソール・ライター...

ニューヨークが生んだ伝説 写真家 ソール・ライター展

会期終了ゴールドマン コレクション これぞ暁斎!世界が認めたその画力

会期:

河鍋暁斎(1831-1889)は、時代が大きく揺れ動いた幕末から明治を生きた絵師です。幼い頃に浮世絵師の歌川国芳に入門したのち、狩野派に学び19歳の若さ...

ゴールドマン コレクション これぞ暁斎!世界が認めたその画力

会期終了マリメッコ展― デザイン、ファブリック、ライフスタイル

会期:

フィンランドを代表するデザインハウス、マリメッコは1951年、アルミ・ラティアによってヘルシンキで創業されました。テキスタイルデザインを学んだの...

マリメッコ展― デザイン、ファブリック、ライフスタイル

PAGE TOPPAGE TOP

こちらの機能は、会員登録(無料)後にご利用いただけます。

会員登録はこちらから
SIGN UP
ログインはこちらから
SIGN IN

※あなたの美術館鑑賞をアートアジェンダがサポートいたします。
詳しくはこちら

CLOSE


がマイページにクリップされました

CLOSE マイページクリップ一覧を見る


がお気に入りに登録されました

CLOSE マイページお気に入り一覧を見る


を訪問済みに移動しました

CLOSE マイページ訪問済みイベントを見る

CLOSE

name

参考になりました!をクリックしたユーザー 一覧

CLOSE