美術館・展覧会情報サイト アートアジェンダ

静嘉堂文庫美術館SEIKADO BUNKO ART MUSEUM

静嘉堂文庫美術館

静嘉堂文庫美術館についてABOUT SEIKADO BUNKO ART MUSEUM

静嘉堂文庫美術館は、世田谷区岡本(最寄駅 東急田園都市線・大井町線の二子玉川駅)にあり、現在、「曜変天目(「稲葉天目」)」(茶碗)、俵屋宗達筆 「源氏物語関屋・澪標図屏風」などの国宝7点、重要文化財84点を含む、およそ20万冊の古典籍(漢籍12万冊・和書8万冊)と6,500点の東洋古美術品を収蔵する。

静嘉堂の歴史は、三菱第二代社長 岩﨑彌之助(いわさき やのすけ 1851~1908)が、1892(明治25)年、神田駿河台の自邸内に静嘉堂文庫を創設したことに始まる。

1911(明治44)年には、岩﨑家の高輪別邸(東京都港区)に移転し、さらに1924(大正13)年には世田谷区岡本にある彌之助の墓の隣接地に静嘉堂文庫を建設。1940(昭和15)年には、彌之助の長男 三菱第四代社長 岩﨑小彌太(いわさき こやた 1879~1945)により、財団法人静嘉堂が創立された。

1977(昭和52)年には、展示室を設けて静嘉堂が収蔵する美術品の一般公開を行ってきたが、1992(平成4)年4月、静嘉堂創設100周年に際して、同敷地内にあらたに「静嘉堂文庫美術館」が建設され、開館。世界に3点しか現存していない中国・南宋時代の国宝「曜変天目(稲葉天目)」をはじめとする所蔵品(※常設展示はされていない)を、年間4~5回の展覧会でテーマ別に公開している。

岩﨑彌之助は、明治期の西欧文化を偏重する世相の中で、軽視されがちであった東洋固有の文化財を愛惜し、後世へとその遺産を残すために、 1887(明治20年)頃から本格的に美術品の収集を開始した。さらに小彌太によって、美術館の収集は拡充されていった。彌之助が、絵画、彫刻、書跡、漆芸、茶道具、刀剣など広い分野にわたるのに対して、小彌太は、特に中国陶磁を系統的に集めている点が特色となっている。

静嘉堂文庫美術館は、武蔵野の面影を色濃く残した自然の広がる中にあり、美術館内の敷地にも、趣きある庭園が広がり、梅園やギンモクセイなど、四季折々のさまざまな樹木や花々を楽しむことができ、鑑賞後の散策なども楽しめる。

アクセスマップACCESS MAP

Googlemapで見る

〒157-0076 東京都世田谷区岡本2-23-1  TEL 03-5777-8600(ハローダイヤル)
静嘉堂文庫美術館 [MAP]

利用案内INFORMATION

静嘉堂文庫美術館 公式サイトURL
http://www.seikado.or.jp/
所在地
〒157-0076 東京都世田谷区岡本2-23-1
TEL 03-5777-8600(ハローダイヤル)
最寄駅
<バス> 二子玉川駅から 二子玉川駅バスターミナル4番のりばから東急コーチバス「玉31・32系統」。「静嘉堂文庫」下車(所要時間は通常8~10分。運行本数1時間に約3本)。案内標識に沿って徒歩約5分

成城学園前駅から 小田急線成城学園前駅下車、南口バスのりばから二子玉川駅行きバスにて「吉沢」下車。大蔵通りを北東方向に徒歩約10分。

<タクシー> 二子玉川駅から美術館入口前まで約10分です。タクシー料金は約800円です。

<徒歩> 駅から静嘉堂まで徒歩で20~25分ですが、住宅街を通るので初めての方には少し分かりづらいです。閉館までの時間にあまり余裕のないときは、バスかタクシーでの来館をお勧めします。
開館時間
開館時間 10:00〜16:30(最終入館時間 16:00)
定休日
月曜日 
定休日についての追記事項
※月曜日が祝日の場合は開館し翌火曜日休館
※展覧会期間以外は休館です。常設展示はありません。
※展覧会期間は年間スケジュールをご確認ください。
※展覧会によっては前後期の展示替作業のため、臨時に休館することがあります。

入館料・観覧料
一般 1,000円(800円)
大高生 700円(500円)
障害者手帳提示の方および同伴者1名 700円(500円)
中学生以下 無料
入館料・観覧料についての追記事項
※( )は20名以上の団体割引料金
割引クーポン
特になし
美術館名 よみがな
せいかどうぶんこ

静嘉堂文庫美術館 開催展覧会情報EXHIBITION INFO

開催予定入門 墨の美術―古写経・古筆・水墨画―

会期:

本展は、「墨」をテーマに、奈良時代から室町時代までの日本美術の優品を紹介する展覧会です。 奈良時代には仏教の広がりとともに、国...

入門 墨の美術―古写経・古筆・水墨画―

静嘉堂文庫美術館にて、今後開催予定の展覧会

これまでに静嘉堂文庫美術館で開催された展覧会

会期終了書物にみる海外交流の歴史 ~本が開いた異国の扉~

会期:

長い豊かな時を持つ日本の歴史は、各時代を通し、海外とのさまざまな交流の上に育まれてきたものと言えるでしょう。 古代以来、我が国...

書物にみる海外交流の歴史 ~本が開いた異国の扉~

会期終了日本刀の華 備前刀

会期:

日本刀の主要製作地(山城・大和・備前・相模・美濃)のうち、備前(岡山県南東部)は、上質な原料や水運の利に恵まれ、平安時代より優れた刀工を輩出し、圧倒的な生産量を誇ったこ...

日本刀の華 備前刀

会期終了~桐村喜世美氏所蔵品受贈記念~岩﨑家のお雛さまと御所人形

会期:

丸く愛らしい顔立ちに品格のただよう、幼児の姿をした内裏雛をはじめ、子供仕立てに作られたお雛さまは、昭和初期、三菱第4代社長の岩...

~桐村喜世美氏所蔵品受贈記念~岩﨑家のお雛さまと御所人形

会期終了~生誕200年記念~ 幕末の北方探検家 松浦武四郎展

会期:

「幕末の北方探検家」「北海道の名付け親」として知られる松浦武四郎(まつうらたけしろう 1818-1888)をご存じですか? 武四郎は伊勢...

~生誕200年記念~ 幕末の北方探検家 松浦武四郎展

会期終了―明治150年記念― 明治からの贈り物

会期:

経済的な分野のみならず、芸術文化の支援によっても日本を支えたいと願った静嘉堂の創始者、岩崎彌之助(1851-1908・三菱第2代社長)と...

―明治150年記念― 明治からの贈り物

会期終了酒器の美に酔う

会期:

「天の美禄」「百薬の長」と称えられる酒。婚礼や宴といった祝いや別れの席、また日々の暮らしのなかなど、人生のさまざまな場面で酒が酌まれ、盃が交わされます。 古くから東洋で...

酒器の美に酔う

会期終了歌川国貞展

会期:

「錦のように美しい」と称され、江戸時代の庶民を熱狂させた多色摺木版画「錦絵」。 江戸時代後・末期(19世紀前半)を代表する浮世絵師、歌川国貞(1786-1864)は特に美人画と役者...

歌川国貞展

会期終了あこがれの明清(みんしん)絵画 ~日本が愛した中国絵画の名品たち~

会期:

深遠な山水から愛らしい猫まで多様な様相をみせる中国・明清時代(1368~1912)の絵画は...

あこがれの明清(みんしん)絵画 ~日本が愛した中国絵画の名品たち~

会期終了~かおりを飾る~ 珠玉の香合・香炉展

会期:

古くは仏前に芳香を献ずるものであった香の文化は、インドや東南アジアから仏教伝播とともに広がり、わが国へ伝えられました。香合(こ...

~かおりを飾る~ 珠玉の香合・香炉展

会期終了挿絵本の楽しみ ~響き合う文字と絵の世界~

会期:

私たちは普段さまざまな方法で情報のやり取りをしています。ただ、手段は多様化しても、その中心となっているのは、文字と画像(絵)で...

挿絵本の楽しみ ~響き合う文字と絵の世界~

会期終了超・日本刀入門 ~名刀でわかる・名刀で知る~

会期:

武士の魂“日本刀”は、1000年におよぶ歴史のなかで、武器として武人を鼓舞し、美術品としても鑑賞されてきました。近年ブームに沸きなが...

超・日本刀入門 ~名刀でわかる・名刀で知る~

会期終了漆芸名品展 ‐うるしで伝える美の世界‐

会期:

古来、天然の美しい塗料として、あるいは接着剤・保護膜として用いられ、今日まで豊かな造形と意匠を生み出してきた“うるし”。 静嘉堂...

漆芸名品展 ‐うるしで伝える美の世界‐

PAGE TOPPAGE TOP

こちらの機能は、会員登録(無料)後にご利用いただけます。

会員登録はこちらから
SIGN UP
ログインはこちらから
SIGN IN

※あなたの美術館鑑賞をアートアジェンダがサポートいたします。
詳しくはこちら

CLOSE


がマイページにクリップされました

CLOSE マイページクリップ一覧を見る


がお気に入りに登録されました

CLOSE マイページお気に入り一覧を見る


を訪問済みに移動しました

CLOSE マイページ訪問済みイベントを見る

CLOSE