美術館・展覧会情報サイト アートアジェンダ

国立新美術館The National Art Center, Tokyo

国立新美術館

国立新美術館についてABOUT The National Art Center, Tokyo

大きなうねりのように波打つガラス張りの巨大な建物は、青い空に向かって両手を広げるように建っている。2007年、六本木に開館した国立新美術館は、建築家 黒川紀章が、生前最後に完成した国内最大級の展示スペースをもつ美術館である。

国立新美術館は、所蔵品を持たず、主に、公募展や企画展のためのギャラリースペースである。内外から人やモノ、情報が集まる国際都市、東京に立地する美術館として、「美術」を介して人々がさまざまな価値観に触れる機会を提供し、相互理解と共生の視点に立った新しい文化の創造に寄与します。

企画展や公募展の展覧会事業のほか、美術に関する資料を収集・公開・提供する事業や、講演会やシンポジウム、ワークショップなどの教育普及事業の3つを主な事業として掲げている。

2007年に開館して以来、下記のような、印象派からエコール・ド・パリ、日本画、現代写真、アメリカン・ポップ・アート、世界の美術館のコレクション展など多岐にわたる企画展が開催されている。

「大回顧展モネ 印象派の巨匠、その遺産」2007/04/07~2007/07/02
「アムステルダム国立美術館所蔵 フェルメール≪牛乳を注ぐ女≫とオランダ風俗画展」2007/09/26~2007/12/17
「没後50年 横山大観―新たなる伝説へ」2008/01/23~2008/03/03
「モディリアーニ展」2008/03/26~2008/06/09
「巨匠ピカソ 愛と創造の軌跡」2008/10/04~2008/12/14
「加山又造展」2009/01/21~2009/03/02
「ルーヴル美術館展 美の宮殿の子どもたち」2009/03/25~2009/06/01
「生誕150年ルネ・ラリック 華やぎのジュエリーから煌きのガラスへ」2009/06/24~2009/09/07
「オルセー美術館展2010『ポスト印象派』」2010/05/26~2010/08/16
「没後120年 ゴッホ展 こうして私はゴッホになった」2010/10/01~2010/12/20
「大エルミタージュ美術館展 世紀の顔・西欧絵画の400年」2012/04/25~2012/07/16
「アンドレアス・グルスキー展」2013/07/03~2013/09/16
「アメリカン・ポップ・アート展」2013/08/07~2013/10/21
「オルセー美術館展 印象派の誕生―描くことの自由―」2014/07/09~2014/10/20

アクセスマップACCESS MAP

Googlemapで見る

〒106-8558 東京都港区六本木7-22-2  TEL 03-5777-8600 (ハローダイヤル)
国立新美術館 [MAP]

利用案内INFORMATION

国立新美術館 公式サイトURL
http://www.nact.jp
所在地
〒106-8558 東京都港区六本木7-22-2
TEL 03-5777-8600 (ハローダイヤル)
最寄駅
東京メトロ千代田線乃木坂駅 青山霊園方面改札6出口(美術館直結)
都営大江戸線六本木駅7出口から徒歩約4分
東京メトロ日比谷線六本木駅4a出口から徒歩約5分

開館時間
開館時間 10:00〜18:00(最終入館時間 17:30)
開館時間についての追記事項
※企画展 会期中の金・土曜日は20:00まで、7~9月の金・土曜日は21:00まで(入館は開館の30分前まで)
定休日
火曜日 
定休日についての追記事項
火曜日が祝日又は振替休日に当たる場合は開館し、翌平日休館。ただし、例外的な開館日もあるのでご確認ください。設備維持管理、及び年末年始は休館となります。年末年始休館日の日程は国立新美術館ホームページをご確認ください。
入館料・観覧料
入館無料
※企画展の観覧料は展覧会ごとに定めます。
開催中の展覧会情報をご確認ください。
※公募展の観覧料は美術団体によって異なります。
割引クーポン
特になし
美術館名 よみがな
こくりつしんびじゅつかん

国立新美術館についての感想・評価REVIEWS

この美術館にはまだ感想・評価の投稿がありません。
最初の感想・評価を投稿してみませんか?

感想・評価を投稿する

国立新美術館 開催展覧会情報EXHIBITION INFO

開催中話しているのは誰? 現代美術に潜む文学

会期:

国内外で活躍する日本の現代美術家6名によるグループ展を開催します。 本展に参加する6名の作家は1950年代から1980年代生まれまでと幅広く、表現方法...

話しているのは誰? 現代美術に潜む文学

開催中カルティエ、時の結晶

会期:

カルティエの作品は1995年、2004年、2009年の展覧会を通して日本で紹介されてきました。 1989年以降、日本だけでなく世界各国の主要美術館においてそのコレクションが展示紹介されてきたことは、数ある...

カルティエ、時の結晶

開催予定日展 新しい時代 日本の美 改組 新 第6回(平成31年度)日本美術展覧会

会期:

こちらの展覧会はご招待チケットプレゼント中!
日展は、明治40年の第...

日展 新しい時代 日本の美 改組 新 第6回(平成31年度)日本美術展覧会

開催予定ブダペストーヨーロッパとハンガリーの美術400年

会期:

日本とハンガリーの外交関係開設150周年を記念し、ハンガリー最大の美術館であるブダペスト国立西洋美術館とハンガリー・ナショナル・ギャラリーのコレ...

ブダペストーヨーロッパとハンガリーの美術400年

国立新美術館にて、今後開催予定の展覧会

これまでに国立新美術館で開催された展覧会

会期終了国立新美術館開館10周年 安藤忠雄展 ―挑戦―

会期:

元プロボクサー、独学で建築を学ぶ―という異色の経歴で知られる建築家 安藤忠雄(1941年-)は、1969年より「都市ゲリラ」として建築設計活動をスター...

国立新美術館開館10周年 安藤忠雄展 ―挑戦―

会期終了改組 新 第4回(平成29年度)日本美術展覧会

会期:

日展は、日本画・洋画・彫刻・工芸美術・書の五つの部門からなる総合美術展で、また世界でも類を見ない規模の公募展です。 全国各地から、10代の学生...

改組 新 第4回(平成29年度)日本美術展覧会

会期終了サンシャワー:東南アジアの現代美術展 1980年代から現在まで

会期:

人口約6億人。経済発展目覚ましい東南アジア地域の現代アートには、世界から大きな注目が集まっています。 国立新美術館、森美術館、国際交流基金アジ...

サンシャワー:東南アジアの現代美術展 1980年代から現在まで

会期終了国立新美術館開館10周年 ジャコメッティ展

会期:

スイスに生まれ、フランスで活躍したアルベルト・ジャコメッティ(1901-1966年)は、20世紀のヨーロッパにおける最も重要な彫刻家のひとりです。 アフ...

国立新美術館開館10周年 ジャコメッティ展

会期終了国立新美術館開館10周年 チェコ文化事業 「ミュシャ展」

会期:

アール・ヌーヴォーを代表する芸術家の一人、アルフォンス・ミュシャ(1860-1939)は、モラヴィア(現在のチェコ共和国)に生まれ、27歳でパリに渡って...

国立新美術館開館10周年 チェコ文化事業 「ミュシャ展」

会期終了国立新美術館開館10周年 草間彌生 わが永遠の魂

会期:

世界を舞台に活躍する前衛芸術家、草間彌生。 1950年代後半に単身ニューヨークに渡って以降、絵画、彫刻、インスタレーション、映像、さらには小説や詩...

国立新美術館開館10周年 草間彌生 わが永遠の魂

会期終了未来を担う美術家たち 19th DOMANI・明日展 文化庁新進芸術家海外研修制度の成果

会期:

文化庁は、将来の日本の芸術界を支える人材の育成のため、若手芸術家等が海外の大学や芸術関係機関...

未来を担う美術家たち 19th DOMANI・明日展 文化庁新進芸術家海外研修制度の成果

会期終了ダリ展

会期:

スペインに生まれたサルバドール・ダリ(1904–89年)は、もっとも有名な20世紀の芸術家の一人です。1929年に彗星のようにパリの美術界に登場し、シュルレアリスムを代表する画家として活躍しますが、やが...

ダリ展

会期終了改組 新 第3回(平成28年度)日本美術展覧会

会期:

日本画、洋画、彫刻、工芸美術、書の5科にわたり、全国各地から応募された作品の入選者ならびに無鑑査(日展会員、準会員、前年度特選受賞者)の作品、...

改組 新 第3回(平成28年度)日本美術展覧会

会期終了日伊国交樹立150周年特別展 アカデミア美術館所蔵 ヴェネツィア・ルネサンスの巨匠たち

会期:

アカデミア美術館は、ヴェネツィアの美術アカデミーが管理していた諸作品を基として、14世紀から18...

日伊国交樹立150周年特別展 アカデミア美術館所蔵 ヴェネツィア・ルネサンスの巨匠たち

会期終了オルセー美術館・オランジュリー美術館所蔵 ルノワール展

会期:

世界でも有数のルノワール・コレクションを誇る、オルセー美術館とオランジュリー美術館。 本展覧会は、両美術館が所蔵する、100点を超える絵画や彫刻...

オルセー美術館・オランジュリー美術館所蔵 ルノワール展

会期終了MIYAKE ISSEY展: 三宅一生の仕事

会期:

(国立新美術館ホームページより) 2007年の開館以来、「さまざまな美術表現を紹介し、新たな視点を提起する美術館」を活動理念とする国立新美術館では、デザインは重要な展示テーマの一つと考えてきまし...

MIYAKE ISSEY展: 三宅一生の仕事

PAGE TOPPAGE TOP

こちらの機能は、会員登録(無料)後にご利用いただけます。

会員登録はこちらから
SIGN UP
ログインはこちらから
SIGN IN

※あなたの美術館鑑賞をアートアジェンダがサポートいたします。
詳しくはこちら

CLOSE


がマイページにクリップされました

CLOSE マイページクリップ一覧を見る


がお気に入りに登録されました

CLOSE マイページお気に入り一覧を見る


を訪問済みに移動しました

CLOSE マイページ訪問済みイベントを見る

CLOSE

name

参考になりました!をクリックしたユーザー 一覧

CLOSE