ゴッホ展
響きあう魂 ヘレーネとフィンセント

東京都美術館

  • 開催期間:2021年9月18日(土)〜2021年12月12日(日)
  • クリップ数:113 件
  • 感想・評価:12 件
ゴッホ展 響きあう魂 ヘレーネとフィンセント 東京都美術館-1
ゴッホ展 響きあう魂 ヘレーネとフィンセント 東京都美術館-2
ゴッホ展 響きあう魂 ヘレーネとフィンセント 東京都美術館-3
ゴッホ展 響きあう魂 ヘレーネとフィンセント 東京都美術館-4
ゴッホ展 響きあう魂 ヘレーネとフィンセント 東京都美術館-5
ゴッホ展 響きあう魂 ヘレーネとフィンセント 東京都美術館-6
ゴッホ展 響きあう魂 ヘレーネとフィンセント 東京都美術館-7
ゴッホ展 響きあう魂 ヘレーネとフィンセント 東京都美術館-8
ゴッホ展 響きあう魂 ヘレーネとフィンセント 東京都美術館-9
ゴッホ展 響きあう魂 ヘレーネとフィンセント 東京都美術館-10
ゴッホ展 響きあう魂 ヘレーネとフィンセント 東京都美術館-11
ゴッホ展 響きあう魂 ヘレーネとフィンセント 東京都美術館-12
ゴッホ展 響きあう魂 ヘレーネとフィンセント 東京都美術館-13
ゴッホ展 響きあう魂 ヘレーネとフィンセント 東京都美術館-14
ゴッホ展 響きあう魂 ヘレーネとフィンセント 東京都美術館-15
ゴッホ展 響きあう魂 ヘレーネとフィンセント 東京都美術館-16
ゴッホ展 響きあう魂 ヘレーネとフィンセント 東京都美術館-17
ゴッホ展 響きあう魂 ヘレーネとフィンセント 東京都美術館-18
フィンセント・ファン・ゴッホ《夜のプロヴァンスの田舎道》1890年5月12-15日頃 油彩、カンヴァス 90.6×72cm クレラー=ミュラー美術館蔵
©Kröller-Müller Museum, Otterlo, the Netherlands
フィンセント・ファン・ゴッホ《麦わら帽子のある静物》1881年11月後半-12月半ば 油彩、カンヴァスに貼った紙 36.5×53.6cm クレラー=ミュラー美術館蔵
©Kröller-Müller Museum, Otterlo, the Netherlands
フィンセント・ファン・ゴッホ《森のはずれ》1883年8-9月 油彩、カンヴァス 33.8×48.5cm クレラー=ミュラー美術館蔵
©Kröller-Müller Museum, Otterlo, the Netherlands
フィンセント・ファン・ゴッホ《レストランの内部》1887年夏 油彩、カンヴァス 45.5×56cm クレラー=ミュラー美術館蔵
©Kröller-Müller Museum, Otterlo, the Netherlands
フィンセント・ファン・ゴッホ《石膏像のある静物》1887年後半 油彩、カンヴァス 55×46cm クレラー=ミュラー美術館蔵
©Kröller-Müller Museum, Otterlo, the Netherlands
フィンセント・ファン・ゴッホ《糸杉に囲まれた果樹園》1888年4月 油彩、カンヴァス 64.9×81.2cm クレラー=ミュラー美術館蔵
©Kröller-Müller Museum, Otterlo, the Netherlands
フィンセント・ファン・ゴッホ《レモンの籠と瓶》1888年5月 油彩、カンヴァス 53.9×64.3cm クレラー=ミュラー美術館蔵
©Kröller-Müller Museum, Otterlo, the Netherlands
フィンセント・ファン・ゴッホ《種まく人》1888年6月17-28日頃 油彩、カンヴァス 64.2×80.3cm クレラー=ミュラー美術館蔵
©Kröller-Müller Museum, Otterlo, the Netherlands
フィンセント・ファン・ゴッホ《サン=レミの療養院の庭》1889年5月 油彩、カンヴァス 91.5×72cm クレラー=ミュラー美術館蔵
©Kröller-Müller Museum, Otterlo, the Netherlands
フィンセント・ファン・ゴッホ《悲しむ老人(「永遠の門にて」)》1890年5月 油彩、カンヴァス 81.8×65.5cm クレラー=ミュラー美術館蔵
©Kröller-Müller Museum, Otterlo, the Netherlands
フィンセント・ファン・ゴッホ《花咲くマロニエの木》1890年5月22-23日 油彩、カンヴァス 63.3×49.8cm クレラー=ミュラー美術館蔵
©Kröller-Müller Museum, Otterlo, the Netherlands
フィンセント・ファン・ゴッホ《黄色い家(通り)》1888年9月 油彩、カンヴァス 72×91.5cmファン・ゴッホ美術館(フィンセント・ファン・ゴッホ財団)蔵
©Van Gogh Museum, Amsterdam(Vincent van Gogh Foundation)
ピエール=オーギュスト・ルノワール《カフェにて》1877年頃 油彩、カンヴァス 35.7×27.5cm クレラー=ミュラー美術館蔵
©Kröller-Müller Museum, Otterlo, the Netherlands
ジョルジュ・スーラ《ポール=アン=ベッサンの日曜日》1888年 油彩、カンヴァス 66×82cm クレラー=ミュラー美術館蔵
©Kröller-Müller Museum, Otterlo, the Netherlands
オディロン・ルドン《キュクロプス》1914年頃 油彩、板に貼った厚紙 65.8×52.7cm クレラー=ミュラー美術館蔵
©Kröller-Müller Museum, Otterlo, the Netherlands
ピート・モンドリアン《グリッドのあるコンポジション5:菱形、色彩のコンポジション》1919年 油彩、カンヴァス 63×63cm クレラー=ミュラー美術館蔵
©Kröller-Müller Museum, Otterlo, the Netherlands
ヘレーネ・クレラー=ミュラー
©Kröller-Müller Museum, Otterlo, the Netherlands
クレラー=ミュラー美術館外観
©Kröller-Müller Museum, Otterlo, the Netherlands
ゴッホ展 響きあう魂 ヘレーネとフィンセント 東京都美術館-1
ゴッホ展 響きあう魂 ヘレーネとフィンセント 東京都美術館-1
ゴッホ展 響きあう魂 ヘレーネとフィンセント 東京都美術館-1
ゴッホ展 響きあう魂 ヘレーネとフィンセント 東京都美術館-1
ゴッホ展 響きあう魂 ヘレーネとフィンセント 東京都美術館-1
ゴッホ展 響きあう魂 ヘレーネとフィンセント 東京都美術館-1
ゴッホ展 響きあう魂 ヘレーネとフィンセント 東京都美術館-1
ゴッホ展 響きあう魂 ヘレーネとフィンセント 東京都美術館-1
ゴッホ展 響きあう魂 ヘレーネとフィンセント 東京都美術館-1
ゴッホ展 響きあう魂 ヘレーネとフィンセント 東京都美術館-1
ゴッホ展 響きあう魂 ヘレーネとフィンセント 東京都美術館-1
ゴッホ展 響きあう魂 ヘレーネとフィンセント 東京都美術館-1
ゴッホ展 響きあう魂 ヘレーネとフィンセント 東京都美術館-1
ゴッホ展 響きあう魂 ヘレーネとフィンセント 東京都美術館-1
ゴッホ展 響きあう魂 ヘレーネとフィンセント 東京都美術館-1
ゴッホ展 響きあう魂 ヘレーネとフィンセント 東京都美術館-1
ゴッホ展 響きあう魂 ヘレーネとフィンセント 東京都美術館-1
ゴッホ展 響きあう魂 ヘレーネとフィンセント 東京都美術館-1

この展覧会についてABOUT THIS EXHIBITION

今日、世界中で絶大な人気を誇るフィンセント・ファン・ゴッホ(1853-1890)。その世界最大の個人収集家がヘレーネ・クレラー=ミュラー(1869-1939)です。ファン・ゴッホに魅了され、画家がまだ評価の途上にあった1908年からおよそ20年間で、約90点の絵画と180点を超える素描・版画を収集しました。

本展では、ヘレーネが初代館長を務めたクレラー=ミュラー美術館のコレクションから、選りすぐりのファン・ゴッホの絵画28点と素描20点を展示します。

新印象派の影響を色濃く見せるパリ時代の《レストランの内部》、黄と青の対照がまばゆいアルル時代の《種まく人》、糸杉を描いたサン=レミ時代の傑作《夜のプロヴァンスの田舎道》などで、その初期から晩年までの画業をたどります。

また、ミレー、ルノワール、スーラ、ルドン、モンドリアンらの作品20点もあわせて展示し、ファン・ゴッホ作品を軸に近代絵画の展開をたどるべく築かれた、ヘレーネの類まれなコレクションを紹介します。

さらに、ファン・ゴッホ美術館から《黄色い家(通り)》を含む4点を展示し、20世紀初頭からファン・ゴッホの人気と評価が飛躍的に高まっていく背景にも注目します。

◆ 巡回予定

「ゴッホ展
響きあう魂 ヘレーネとフィンセント」
福岡市美術館
2021年12月23日(木)~2022年2月13日(日)


「ゴッホ展
響きあう魂 ヘレーネとフィンセント」
名古屋市美術館
2022年2月23日(水)~4月10日(日)

開催概要EVENT DETAILS

会期 2021年9月18日(土)〜2021年12月12日(日)
会場 東京都美術館 Google Map
住所 東京都台東区上野公園8-36
時間 9:30〜17:30 (最終入場時間 17:00)
  • 夜間開室:10月15日(金)より、毎週金曜日20:00まで開室(入室は閉室の30分前まで)
休館日 月曜日 
9月21日(火)
※ただし9月20日(月・祝)、9月27日(月)、11月8日(月)、11月22日(月)、11月29日(月)は開室
観覧料 一般 2,000円
大学生・専門学校生 1,300円
65歳以上 1,200円
  • ※高校生以下無料(日時指定予約必要)。未就学児は日時指定予約不要
    ※身体障害者手帳・愛の手帳・療育手帳・精神障害者保健福祉手帳・被爆者健康手帳をお持ちの方とその付添いの方(1名まで)は無料(日時指定予約は不要)
    ※高校生、大学生・専門学校生、65歳以上の方、各種お手帳をお持ちの方は証明できるものを要提示
TEL050-5541-8600(ハローダイヤル)
URLhttps://gogh-2021.jp

東京都美術館の情報はこちらMUSEUM INFORMATION

東京都美術館 東京都美術館

巡回展TRAVELING EXHIBITION

ゴッホ展 響きあう魂 ヘレーネとフィンセント 巡回情報
※巡回先は、全情報が載っていない場合もございます。最新の巡回先一覧は、展覧会公式サイトなどでご確認いただけますよう、お願いいたします。
また、会期が変更など開催情報に変更が生じる場合がありますので、お出かけの際には、公式サイトにて最新情報をご確認ください。

感想・評価 | 鑑賞レポートREVIEWS

5.0

描かねば生きていけなかった人

どの時代をみても一貫して描いているモチーフは木の幹や太陽や悲しみといった人間の感情。太陽と月と星と……生をあれほど信じて、誰かの慰めになるような絵を描こうとしてきたのに、そんな自分の生がゆらゆら揺らいでいった時、彼は何を思っただろう。
喜びよりももっと人間が「生きている」ことを実感するのは、やはり苦しみの瞬間で。ただ今ここにある生命を感じ、どうしようもなく生き続けていかなくてはいけない命。
不遇が生む浪漫だとか魅力だとか、そんなものは彼にとっては知ったことではないだろうけど、ただ彼の絵が時を経てたくさんの人の心の慰めになっていることが唯一の救いだ。

4.0

ゴッホのなかでも

クレラー=ミュラー美術館から厳選された、いわゆる「いいゴッホ」がたくさん。

観る目のあるコレクターだからこその作品と出逢えます。

REPORT

静かで、力強いゴッホの名画

オランダの実業家の妻であり、世界最大のゴッホ作品の個人収集家となったヘレーネ・クレラー=ミュラー。彼女が長い年月をかけて収集した作品群の層の厚さと、彼女の審美眼に感心した。

へレーネが「天国のようだ」と深く感銘を受けた《レ…readmore

THANKS!をクリックしたユーザー
シンディさん
  • VIEW797
  • THANKS1
  • BY tomoandy

5.0

素晴らしいコレクション

ヘレーネ・クレラー=ミューラーのコレクションが来日、久々の大型海外コレクションで、混雑は覚悟していたけど。。
予約制でこれほど混んでしまうのだから、普通だったらどうなったことか。
混んではいたが、たいがいの作品は目の前で、そしてやや遠目で、きちんと鑑賞できた。
初来日の作品も多かったと思う。
初期から際立つデッサン力、たぐいまれな色彩感覚。
実物を肉眼で見ることの大切さを改めて認識した。

4.0

パワーすごい

ゴッホの濃ーい10年の創作活動のほとんどのポイントを年月、地域を順に追って鑑賞できる展示で
純粋に鑑賞しやすかった。
ゴッホの絵を描くということへの向き合い方は、初期の頃から晩年まで変わらず、
真っ直ぐな情熱をひたすらその作品に傾け続けたことが感じられる。
珍しいという素描もたくさん鑑賞ができる。

でもなんと言っても、1888年以降から加わる、描写のさらなる力強さ。
絵が発している力強さを多くの人が感じ取っているように思う。
特には「サン=レミの療養院の庭」のパワーがすごかった。

木々の根元や幹の強さは、ジャポニズムの影響なのかなあなどと想像しながらの鑑賞も
楽しませていただいた。

そしてへレーネ・クレラー=ミュラーの情熱に感服。
若くして作品を収集し始め、それを公共にオープンにするというそのリーダーシップがカッコよすぎる!
そしてテオやその家族や、購入者の手を渡ってここに存在する作品たち。

ありがとう!

THANKS!をクリックしたユーザー
ひつじさん、ファイさん

4.0

青色と黄色が見事です

ヘレーネさんの収集の様子がよくわかるパネル展示は、とても興味深かったです。
ゴッホ(とテオ)の足跡をたどる旅のような作品群です。
平日午前でしたが、想像以上の混雑でした。

THANKS!をクリックしたユーザー
K10526さん、ファイさん

5.0

心をえぐり取られるような画家

ゴッホの絵は本当に大好きで…。筆致や色彩が心に迫って、えぐり取られるような痛みを感じるくらい魅了される。モチーフも彼のキリスト教精神に根付いていて、一筋縄ではいかない奥深さがある。これほどの名品を一度に見られる機会は早々ないので、多少混んでますが行くべきです。『糸杉と星の見える道』は見ながらちょっと泣いてしまって、思わずミニキャンバスを買って家に飾ってる。

THANKS!をクリックしたユーザー
ファイさん

5.0

ゴッホの作品の変遷が分かりました

ゴッホは色使いが特徴的ですよね。2階のゴッホの作品は素描が中心となっており、デッサン力がこんなにもしっかりしていることを知りませんでした。そして3階は徐々にゴッホらしさが爆発し、空が怪しくなってくるんです。浜辺さんも一推しの「夜のプロヴァンスの田舎道」は、本展の目玉ですね。大満喫しました。

5.0

久しぶりに堪能しました

ゴッホに早くから注目したヘレーネさんのコレクション展覧会。
ゴッホ以外にも彼女の審美眼にかなった素敵な作品がごっそり来ています。
久しぶりの海外からの大型展覧会、図録もマスト買い、グッズもおしゃれなものからかわいいものまでたくさんあり。充実でした。

THANKS!をクリックしたユーザー
ファイさん、puffchumさん、Nine Livesさん

5.0

念願の黄色い家と対面

ゴッホ作品の魅力にいち早く気付いて、世間が評価し始める前から収集活動をされていたヘレーネ・クレラー=ミュラー氏のコレクションと、ゴッホ美術館のコレクションから構成された展覧会で、間違いなくこの秋冬で注目されている目玉展覧会の1つかと思います。
ゴッホの素描はあまり鑑賞の機会がなかったので新鮮でしたし、いつか実物を見たいと願っていた黄色い家とも対面でき、大満足です。ゴッホ以外にも同年代の印象派、静物画、キュビズム作品も展示され、クレラー=ミュラー氏の芸術作品を後世に残す使命感も感じ取れました。
週末に鑑賞しましたが、日時指定制とはいえ混雑しており、最前列で絵画を見たい人は絵画の前に置かれた柵に沿ってゆっっっくりと進む感じでした。じっくり絵画と対面されたい方は、平日鑑賞をお勧めします。

THANKS!をクリックしたユーザー
ファイさん、Nine Livesさん、ぷりんさん

3.0

ゴッホ展混雑しています

ゴッホ展、混んでいます。
入館料と日時指定なのでそれなりに鑑賞出来るのかと思いきや
初っ端から2重、作品によっては3重の列となりコロナ禍の展覧会では一番混雑している印象です。

この時期にゴッホの画業を俯瞰できるコレクションを貸し出してくれたのはとても有り難いです。
それなりに良いゴッホが来ていると思います。
ルドンとスーラが来ているのが嬉しいです。
実はスーラ来日のほうが目玉なんではないかと。

夕方から閉館までいました。
閉館近くまでは混雑していて大体の作品が頭越しに見る感じです。
閉館近くは流石にロビー階はしっかり観られます。
メイン作品は2階にあるので最終盤まで混雑気味でした。
独占したいのであれば初回入場かつ開館待ちして2階直行でしょうか。

適切に距離を保って鑑賞したい、人目を気にせずじっくり鑑賞したい、
という方にはオススメしません。

THANKS!をクリックしたユーザー
ファイさん、Nine Livesさん、他1人

5.0

「ゴッホ観たー」

久しぶりの海外美術館の収蔵品展。コロナ禍でも実現してくれたことに感謝したい。クレラー=ミュラー美術館の作品と、ファン・ゴッホ美術館から数点。ゴッホ以外の作品もあり、ルドンのキュクロプスを観ることができたのは良かった。ゴッホについてはオランダ時代の作品が多かった。ゴッホファンにはオランダ時代も興味深いのかもしれないが、そこまでではない私にはやっぱりゴッホはアルル時代からがいい。特に最晩年のゴッホならではのうねるような絵からは何気ない場所であっても自然の放つ渦巻くようなエネルギーを感じる。時代順に並んでいたため、最後に盛り上がり、「ゴッホ観たー」という満足感を得て会場をあとにできた。

THANKS!をクリックしたユーザー
ファイさん、Nine Livesさん

あなたも感想・評価を投稿してみませんか?
感想・評価を投稿する

より詳しい鑑賞レポート 《600文字以上》のご投稿は、
こちらから。ページ枠でご紹介となります。
鑑賞レポート《600文字以上》を投稿する

周辺で開催中の展覧会も探してみて下さい。
東京都台東区で開催中の展覧会

出展作品・関連画像IMAGES

フィンセント・ファン・ゴッホ《夜のプロヴァンスの田舎道》1890年5月12-15日頃 油彩、カンヴァス 90.6×72cm クレラー=ミュラー美術館蔵
©Kröller-Müller Museum, Otterlo, the Netherlands

フィンセント・ファン・ゴッホ《麦わら帽子のある静物》1881年11月後半-12月半ば 油彩、カンヴァスに貼った紙 36.5×53.6cm クレラー=ミュラー美術館蔵
©Kröller-Müller Museum, Otterlo, the Netherlands

フィンセント・ファン・ゴッホ《森のはずれ》1883年8-9月 油彩、カンヴァス 33.8×48.5cm クレラー=ミュラー美術館蔵
©Kröller-Müller Museum, Otterlo, the Netherlands

フィンセント・ファン・ゴッホ《レストランの内部》1887年夏 油彩、カンヴァス 45.5×56cm クレラー=ミュラー美術館蔵
©Kröller-Müller Museum, Otterlo, the Netherlands

フィンセント・ファン・ゴッホ《石膏像のある静物》1887年後半 油彩、カンヴァス 55×46cm クレラー=ミュラー美術館蔵
©Kröller-Müller Museum, Otterlo, the Netherlands

フィンセント・ファン・ゴッホ《糸杉に囲まれた果樹園》1888年4月 油彩、カンヴァス 64.9×81.2cm クレラー=ミュラー美術館蔵
©Kröller-Müller Museum, Otterlo, the Netherlands

フィンセント・ファン・ゴッホ《レモンの籠と瓶》1888年5月 油彩、カンヴァス 53.9×64.3cm クレラー=ミュラー美術館蔵
©Kröller-Müller Museum, Otterlo, the Netherlands

フィンセント・ファン・ゴッホ《種まく人》1888年6月17-28日頃 油彩、カンヴァス 64.2×80.3cm クレラー=ミュラー美術館蔵
©Kröller-Müller Museum, Otterlo, the Netherlands

フィンセント・ファン・ゴッホ《サン=レミの療養院の庭》1889年5月 油彩、カンヴァス 91.5×72cm クレラー=ミュラー美術館蔵
©Kröller-Müller Museum, Otterlo, the Netherlands

こちらの機能は、会員登録(無料)後にご利用いただけます。

会員登録はこちらから
SIGN UP
ログインはこちらから
SIGN IN

※あなたの美術館鑑賞をアートアジェンダがサポートいたします。
詳しくはこちら

CLOSE

こちらの機能は、会員登録(無料)後にご利用いただけます。

会員登録はこちらから
SIGN UP
ログインはこちらから
SIGN IN

ログインせずに「いいね(THANKS!)」する場合は こちら

CLOSE


がマイページにクリップされました

CLOSE マイページクリップ一覧を見る


がお気に入りに登録されました

CLOSE マイページお気に入り一覧を見る


を訪問済みに移動しました

CLOSE マイページ訪問済みイベントを見る

CLOSE

name

参考になりました!をクリックしたユーザー 一覧
CLOSE