美術館・展覧会情報サイト アートアジェンダ

東京都美術館Tokyo Metropolitan Art Museum

東京都美術館

提供:東京都美術館

東京都美術館についてABOUT Tokyo Metropolitan Art Museum

上野駅公園口から左手に東京文化会館、右手に国立西洋美術館を見ながらまっすぐ噴水前広場に向かい、少し右手奥に進むと、柔らかい赤茶色のもモダニズム建築が現れる。あたたかみのある建物のアーチをくぐるように美術館の入口方面に進むと、広々とした地階の空間へと導かれる。

東京都美術館は、北九州の石炭商 佐藤慶太郎から約100万円(現在の貨幣価値にしての32億円相当)の建設資金の寄付を受け、1926年(大正15年)に日本で最初の公立美術館「東京府美術館」として生まれた。ヨーロッパの神殿を思わせる列柱を仰ぎ見る大階段を配した、建築家 岡田信一郎による開館当時の建物は、そのクラシカルな風貌と相まって、「美術の殿堂」と称された。

日本の三大美術団体展の「院展(日本美術院)」「二科展(二科会)」「文展(現在の日展)」(文部省美術展覧会)の展覧会の開催会場として利用され、さまざまな公募団体展や美術大学の卒業制作展など、政府による官展から在野の美術団体を問わず芸術家の発表の場となり、ここに作品が飾られることは、芸術家として認められたことを示す晴れ舞台となった。

現在の建物は、1975年(昭和50年)9月に竣工、建築家 ル・コルビュジエに学び、戦後日本の建築業界をリードした、モダニズム建築の旗手 前川國男によるものである。2010年(平成 22 年)から2012年(平成 24 年)にかけて、設備の全面更新に加え、ユニバーサルデザインの整備、来館者の鑑賞空間の質的向上や利用者の利便性向上などを図るために、全面改修工事を行った。

現在は、国内外の名品を楽しめる特別展や公募展、自主企画展など、多くの展覧会を開催するほか、アート・コミュニケーション事業など、「アートへの入口」としてさまざまな事業を展開。館内にカフェや2つのレストラン、ミュージアムショップ、美術情報室などを併設しており、アメニティ設備も充実している。

アクセスマップACCESS MAP

Googlemapで見る

〒110-0007 東京都台東区上野公園8-36  TEL 03-3823-6921
東京都美術館 [MAP]

利用案内INFORMATION

東京都美術館 公式サイトURL
https://www.tobikan.jp
所在地
〒110-0007 東京都台東区上野公園8-36
TEL 03-3823-6921
最寄駅
JR上野駅「公園口」より徒歩7分
東京メトロ銀座線・日比谷線上野駅「7番出口」より徒歩10分
京成電鉄京成上野駅より徒歩10分
※駐車場はございませんので、車でのご来館の際はご注意ください。
開館時間
開館時間 09:30〜17:30(最終入館時間 17:00)
開館時間についての追記事項
特別展開催中の金曜日は、9時30分~20時まで開館。入館は閉館時間の30分前まで。
定休日
定休日についての追記事項
第1、第3月曜日

・特別展・企画展 毎週月曜日(祝日・振替休日の場合は翌日)
・上記以外の展覧会 第1、第3月曜日(祝日・振替休日の場合は翌日)

<全館休館日>
・毎月第1、第3月曜日(祝日・振替休日の場合は翌日)
・整備休館
・年末年始
入館料・観覧料
入館料は無料です。
※観覧料は、展覧会により異なります。
開催展覧会情報をご確認ください。

※公募団体等による展覧会スケジュールは、トップページまたは、公募展カレンダーをご覧ください。

割引クーポン
特になし
美術館名 よみがな
とうきょうとびじゅつかん

東京都美術館についての感想・評価REVIEWS

この美術館にはまだ感想・評価の投稿がありません。
最初の感想・評価を投稿してみませんか?

感想・評価を投稿する

東京都美術館 開催展覧会情報EXHIBITION INFO

開催中コートールド美術館展 魅惑の印象派

会期:

ロンドンのコートールド美術館は、イギリスが世界に誇る印象派・ポスト印象派の殿堂です。 マネ最晩年の傑作《フォリー=ベルジェールのバー》、ルノワ...

コートールド美術館展 魅惑の印象派

開催中上野アーティストプロジェクト2019「子どもへのまなざし」

会期:

こちらの展覧会はご招待チケットプレゼント中!
「公募展のふるさと」とも言われる東京都美術館は、さまざまな芸術家の発...

上野アーティストプロジェクト2019「子どもへのまなざし」

東京都美術館にて、今後開催予定の展覧会

これまでに東京都美術館で開催された展覧会

会期終了伊庭靖子展 まなざしのあわい

会期:

画家の眼とモティーフのあわいにある世界に魅せられた伊庭靖子(いばやすこ 1967-)は、触れたくなるようなモティーフの質感やそれがまとう光を描くことで、その景色を表現し続けてきました。 自ら撮影...

伊庭靖子展 まなざしのあわい

会期終了クリムト展 ウィーンと日本 1900

会期:

グスタフ・クリムト(1862~1918)は、19世紀末から20世紀初頭のウィーンで活躍した画家です。 代表作《接吻》はオーストリアの芸術を代表する国宝的作品として位置付けられ、今や国外への出品は許され...

クリムト展 ウィーンと日本 1900

会期終了都美セレクション グループ展 2019

会期:

「都美セレクション グループ展」は東京都美術館が新しい発想によるアートの作り手を応援する展覧会です。 今回は企画公募により選抜された3つのグル...

都美セレクション グループ展 2019

会期終了奇想の系譜展 江戸絵画ミラクルワールド

会期:

美術史家・辻惟雄氏(つじのぶお 1932〜)が、今から半世紀近く前の1970年に著した『奇想の系譜』。 そこに紹介されたのは、それまでまとまって書籍や展...

奇想の系譜展 江戸絵画ミラクルワールド

会期終了ムンク展―共鳴する魂の叫び

会期:

ノルウェーを代表する画家エドヴァルド・ムンク(1863-1944年)の回顧展を開催します。 ムンクが繰り返し描く人間の生と死、愛のテーマ、人間の心の内側の表出は、20世紀美術における表現主義の潮流の...

ムンク展―共鳴する魂の叫び

会期終了没後50年 藤田嗣治展

会期:

明治19年(1886)に日本で生まれ、80年を超える人生の約半分をフランスで暮らし、晩年にはフランス国籍を取得して欧州の土となったエコール・ド・パリを代表する画家・藤田嗣治(レオナール・フジタ 1886-19...

没後50年 藤田嗣治展

会期終了おべんとう展―食べる・集う・つながるデザイン

会期:

誰かと一緒に食べる行楽弁当から毎日のお昼ごはんまで、お弁当は私たちの生活の中に深く根づいています。 本展では日本独自の食文化である「おべんと...

おべんとう展―食べる・集う・つながるデザイン

会期終了プーシキン美術館展──旅するフランス風景画

会期:

珠玉のフランス絵画コレクションで知られるモスクワのプーシキン美術館から、17世紀から20世紀の風景画65点が来日します。 神話の物語や古代への憧憬...

プーシキン美術館展──旅するフランス風景画

会期終了ブリューゲル展 画家一族 150年の系譜

会期:

16世紀のフランドル(現在のベルギーにほぼ相当する地域)を代表する画家ピーテル・ブリューゲル1世。聖書の世界や農民の生活、風景などを時に皮肉も交...

ブリューゲル展 画家一族 150年の系譜

会期終了ゴッホ展 巡りゆく日本の夢

会期:

ファン・ゴッホは、浮世絵をはじめとする日本美術から大きな影響を受け、生涯にわたってさまざまな作品を描きました。 本展では、「ファン・ゴッホのジャポニスム」、「日本人のファン・ゴッホ巡礼」の...

ゴッホ展 巡りゆく日本の夢

会期終了上野アーティストプロジェクト「現代の写実―映像を超えて」

会期:

東京都美術館、東京藝術大学などがある「上野」は、多くの芸術家が育ち、輩出してきた長い歴史のある芸術家のメッカです。なかでも「公募展のふるさと...

上野アーティストプロジェクト「現代の写実―映像を超えて」

会期終了ボストン美術館の至宝展 ― 東西の名品、珠玉のコレクション

会期:

世界有数の規模と質を誇るボストン美術館のコレクションは、国や政府機関の経済的援助を受けず、ボストン市民、個人コレクターや企業とともに築かれて...

ボストン美術館の至宝展 ― 東西の名品、珠玉のコレクション

PAGE TOPPAGE TOP

こちらの機能は、会員登録(無料)後にご利用いただけます。

会員登録はこちらから
SIGN UP
ログインはこちらから
SIGN IN

※あなたの美術館鑑賞をアートアジェンダがサポートいたします。
詳しくはこちら

CLOSE


がマイページにクリップされました

CLOSE マイページクリップ一覧を見る


がお気に入りに登録されました

CLOSE マイページお気に入り一覧を見る


を訪問済みに移動しました

CLOSE マイページ訪問済みイベントを見る

CLOSE

name

参考になりました!をクリックしたユーザー 一覧

CLOSE