EXHIBITION

ゴッホ展
響きあう魂 ヘレーネとフィンセント

名古屋市美術館

  • 開催期間:2022年2月23日(水・祝)〜2022年4月10日(日)
ゴッホ展 ―響きあう魂 ヘレーネとフィンセント 名古屋市美術館-1
ゴッホ展 ―響きあう魂 ヘレーネとフィンセント 名古屋市美術館-2
ゴッホ展 ―響きあう魂 ヘレーネとフィンセント 名古屋市美術館-3
ゴッホ展 ―響きあう魂 ヘレーネとフィンセント 名古屋市美術館-4
ゴッホ展 ―響きあう魂 ヘレーネとフィンセント 名古屋市美術館-5
ゴッホ展 ―響きあう魂 ヘレーネとフィンセント 名古屋市美術館-6
ゴッホ展 ―響きあう魂 ヘレーネとフィンセント 名古屋市美術館-7
ゴッホ展 ―響きあう魂 ヘレーネとフィンセント 名古屋市美術館-8
ゴッホ展 ―響きあう魂 ヘレーネとフィンセント 名古屋市美術館-9
フィンセント・ファン・ゴッホ《夜のプロヴァンスの田舎道》1890年5月12-15日頃 クレラー=ミュラー美術館蔵
©Kröller-Müller Museum, Otterlo, The Netherlands
フィンセント・ファン・ゴッホ《種まく人》1888年6月17-28日頃 クレラー=ミュラー美術館蔵
©Kröller-Müller Museum, Otterlo, The Netherlands
フィンセント・ファン・ゴッホ《黄色い家(通り)》1888年9月 ファン・ゴッホ美術館(フィンセント・ファン・ゴッホ財団)蔵
©Van Gogh Museum, Amsterdam(Vincent van Gogh Foundation)
フィンセント・ファン・ゴッホ《レモンの籠と瓶》1888年5月 クレラー=ミュラー美術館蔵
©Kröller-Müller Museum, Otterlo, The Netherlands
フィンセント・ファン・ゴッホ《悲しむ老人(「永遠の門にて」)》1890年5月 クレラー=ミュラー美術館蔵
©Kröller-Müller Museum, Otterlo, The Netherlands
ピエール=オーギュスト・ルノワール《カフェにて》1877年頃 クレラー=ミュラー美術館蔵
©Kröller-Müller Museum, Otterlo, The Netherlands
ジョルジュ・スーラ《ポール=アン=ベッサンの日曜日》1888年 クレラー=ミュラー美術館蔵
©Kröller-Müller Museum, Otterlo, The Netherlands
オディロン・ルドン《キュクロプス》1914年頃 クレラー=ミュラー美術館蔵
©Kröller-Müller Museum, Otterlo, The Netherlands
ヘレーネ・クレラー=ミュラー
©Kröller-Müller Museum, Otterlo, The Netherlands
ゴッホ展 ―響きあう魂 ヘレーネとフィンセント 名古屋市美術館-1
ゴッホ展 ―響きあう魂 ヘレーネとフィンセント 名古屋市美術館-1
ゴッホ展 ―響きあう魂 ヘレーネとフィンセント 名古屋市美術館-1
ゴッホ展 ―響きあう魂 ヘレーネとフィンセント 名古屋市美術館-1
ゴッホ展 ―響きあう魂 ヘレーネとフィンセント 名古屋市美術館-1
ゴッホ展 ―響きあう魂 ヘレーネとフィンセント 名古屋市美術館-1
ゴッホ展 ―響きあう魂 ヘレーネとフィンセント 名古屋市美術館-1
ゴッホ展 ―響きあう魂 ヘレーネとフィンセント 名古屋市美術館-1
ゴッホ展 ―響きあう魂 ヘレーネとフィンセント 名古屋市美術館-1

この展覧会についてABOUT THIS EXHIBITION

20世紀初頭、ファン・ゴッホ作品の世界最大の個人収集家となったヘレーネ・クレラー=ミュラー。ファン・ゴッホの芸術に深い精神性を見出し、情熱と理念をもって収集活動に打ち込んだヘレーネは、のちにクレラー=ミュラー美術館を設立し、作品を広く公開する夢を実現しました。

本展では、作品を通じて魂の交流ともいえる深い結びつきを得た画家と収集家の関係に焦点を当て、ファン・ゴッホの魅力に迫ります。クレラー=ミュラー美術館のコレクションから、選りすぐりのファン・ゴッホの油彩画28点と素描・版画20点を展示。また、ミレー、ルノワール、スーラ、ルドン、モンドリアンらの作品20点もあわせて展示し、近代絵画の展開をたどるべく築かれた、ヘレーネの類まれなコレクションを紹介します。

さらに、ファン・ゴッホ美術館から《黄色い家(通り)》を含む4点を展示し、20世紀初頭からファン・ゴッホの人気が飛躍的に高まっていく背景にも注目します。

開催概要EVENT DETAILS

会期 2022年2月23日(水・祝)〜2022年4月10日(日)
会場 名古屋市美術館 Google Map
住所 愛知県名古屋市中区栄2-17-25 (芸術と科学の杜・白川公園内)
時間 9:30〜17:00 (最終入場時間 16:30)
  • ※金曜日は20:00まで(最終入場時間 19:30)
休館日 3月7日(月)、3月28日(月)
観覧料 日時指定予約制
平日
一般 1,900円
高大生 1,300円
土日祝
一般 2,000円
高大生 1,400円
いずれも中学生以下は無料(日時指定予約不要)
  • ※障害のある方、難病患者の方は、手帳または受給者証(ミライロID可)の提示により本人と付添者2名まで、それぞれの料金の半額で観覧できます。
    ※中学生以下は無料(日時指定予約不要)
    ※高大生チケットあるいは障害者チケットを購入の方と中学生は、当日美術館の受付で証明となるもの(学生証、障害者手帳など)を要提示。提示できない場合は、差額の支払いが必要となります。
    ※同時に多くの方が入場することを避けるため、団体割引は行いません。
    ※本展のチケットで名古屋市美術館の常設展も観覧できます。
    ※3月22日(火)から4月4日(月)までの平日(3月28日[月]を除く)は、高校生は無料(日時指定予約不要・要学生証)。
TEL[展覧会について]
ハローダイヤル:050-5542-8600
[チケットについて]
Boo-Wooチケットカスタマーセンター:
0570-084-700
URLhttps://gogh-nagoya.jp/

名古屋市美術館の情報はこちらMUSEUM INFORMATION

名古屋市美術館 名古屋市美術館

感想・評価 | 鑑賞レポートREVIEWS

あなたも感想・評価を投稿してみませんか?
感想・評価を投稿する

より詳しい鑑賞レポート 《600文字以上》のご投稿はこちらから。
ページ枠でご紹介となります。
鑑賞レポート《600文字以上》を投稿する

周辺で開催中の展覧会も探してみて下さい。
愛知県で開催中の展覧会

こちらの機能は、会員登録(無料)後にご利用いただけます。

会員登録はこちらから
SIGN UP
ログインはこちらから
SIGN IN

※あなたの美術館鑑賞をアートアジェンダがサポートいたします。
詳しくはこちら

CLOSE

こちらの機能は、会員登録(無料)後にご利用いただけます。

会員登録はこちらから
SIGN UP
ログインはこちらから
SIGN IN

ログインせずに「いいね(THANKS!)」する場合は こちら

CLOSE


がマイページにクリップされました

CLOSE マイページクリップ一覧を見る


がお気に入りに登録されました

CLOSE マイページお気に入り一覧を見る


を訪問済みに移動しました

CLOSE マイページ訪問済みイベントを見る

CLOSE

name

参考になりました!をクリックしたユーザー 一覧
CLOSE