EXHIBITION

没後70年 南薫造

東京ステーションギャラリー

  • 開催期間:2021年2月20日(土)〜2021年4月11日(日)
  • クリップ数:14 件
没後70年 南薫造 東京ステーションギャラリー-1
没後70年 南薫造 東京ステーションギャラリー-2
没後70年 南薫造 東京ステーションギャラリー-3
没後70年 南薫造 東京ステーションギャラリー-4
没後70年 南薫造 東京ステーションギャラリー-5
没後70年 南薫造 東京ステーションギャラリー-6
没後70年 南薫造 東京ステーションギャラリー-7
没後70年 南薫造 東京ステーションギャラリー-8
没後70年 南薫造 東京ステーションギャラリー-9
没後70年 南薫造 東京ステーションギャラリー-10
没後70年 南薫造 東京ステーションギャラリー-11
《春(フランス女性)》1908年頃、ひろしま美術館
《少女》1909年、東京国立近代美術館
《坐せる女》1908年、広島県立美術館
《瀬戸内海》広島県
《すまり星》1921年、東京藝術大学
《六月の日》1912年、東京国立近代美術館
《ロンドンの裏庭》1907年、広島県立美術館
《うしろむき》1909年、広島県立美術館
《魚見(自刻)》1911年頃、個人蔵
《曝書》1946年、広島県立美術館
《生家の近く》1949年頃、個人蔵
没後70年 南薫造 東京ステーションギャラリー-1
没後70年 南薫造 東京ステーションギャラリー-1
没後70年 南薫造 東京ステーションギャラリー-1
没後70年 南薫造 東京ステーションギャラリー-1
没後70年 南薫造 東京ステーションギャラリー-1
没後70年 南薫造 東京ステーションギャラリー-1
没後70年 南薫造 東京ステーションギャラリー-1
没後70年 南薫造 東京ステーションギャラリー-1
没後70年 南薫造 東京ステーションギャラリー-1
没後70年 南薫造 東京ステーションギャラリー-1
没後70年 南薫造 東京ステーションギャラリー-1

この展覧会についてABOUT THIS EXHIBITION

「日本の印象派」を代表する画家のひとり南薫造(みなみくんぞう・1883-1950)は、東京美術学校卒業後、イギリスやフランスに留学。帰国後に第4回文展で三等賞を受賞し、若くして画壇での地位を築きました。

風景画を得意とし、農村や海景といった瀬戸内の情景を描くとともに、アジア各地に写生旅行に赴き、異国の情景をみずみずしい感性で描き出しました。

南薫造の全貌を紹介する東京での初めての回顧展です。

開催概要EVENT DETAILS

会期 2021年2月20日(土)〜2021年4月11日(日)
会場東京ステーションギャラリーGoogle Map
住所 東京都千代田区丸の内1-9-1
時間 10:00〜18:00(最終入場時間 17:30)
  • ※金曜日は20:00まで
    (最終入場時間 19:30)
休館日 月曜日 
※ただし4月5日は開館
観覧料 一般 1,200円
高校・大学生 1,000円
  • ※中学生以下無料
    ※障がい者手帳等持参の方は100円引き(介添者1名は無料)
    ※前売券と団体券の販売は行いません
    ※チケットの購入方法など、入館についての詳細は美術館の公式サイトをご確認ください。
TEL03-3212-2485
URLhttp://www.ejrcf.or.jp/gallery/
割引券http://www.ejrcf.or.jp/gallery/campaign.html

東京ステーションギャラリーの情報はこちらMUSEUM INFORMATION

東京ステーションギャラリー 東京ステーションギャラリー

感想・評価 | 鑑賞レポートREVIEWS

あなたも感想・評価を投稿してみませんか?
感想・評価を投稿する

より詳しい鑑賞レポート 《600文字以上》のご投稿はこちらから。
ページ枠でご紹介となります。
鑑賞レポート《600文字以上》を投稿する

周辺で開催中の展覧会も探してみて下さい。
東京都千代田区で開催中の展覧会

こちらの機能は、会員登録(無料)後にご利用いただけます。

会員登録はこちらから
SIGN UP
ログインはこちらから
SIGN IN

※あなたの美術館鑑賞をアートアジェンダがサポートいたします。
詳しくはこちら

CLOSE


がマイページにクリップされました

CLOSE マイページクリップ一覧を見る


がお気に入りに登録されました

CLOSE マイページお気に入り一覧を見る


を訪問済みに移動しました

CLOSE マイページ訪問済みイベントを見る

name

参考になりました!をクリックしたユーザー 一覧
CLOSE