篠田桃紅 夢の浮橋

菊池寛実記念 智美術館

  • 開催期間:2022年6月18日(土)〜2022年8月28日(日)
  • クリップ数:25 件
  • 感想・評価:2 件
篠田桃紅 夢の浮橋 菊池寛実記念 智美術館-1
篠田桃紅 夢の浮橋 菊池寛実記念 智美術館-2
篠田桃紅 夢の浮橋 菊池寛実記念 智美術館-3
篠田桃紅 夢の浮橋 菊池寛実記念 智美術館-4
《夢の浮橋》 1990 年 63.5×90.5 ㎝ リトグラフ、手彩
《夜明け》 1967 年 124.0×124.0 ㎝ 墨、和紙に金箔 (撮影:尾見重治、大塚敏幸)
《朝ぼらけ》 1960 年頃 90.0×177.0 ㎝ 墨、銀泥、カンバス (撮影:尾見重治、大塚敏幸)
《山上焚火》 2004 年 59.0×44.0 ㎝ 墨、朱、紙
篠田桃紅 夢の浮橋 菊池寛実記念 智美術館-1
篠田桃紅 夢の浮橋 菊池寛実記念 智美術館-1
篠田桃紅 夢の浮橋 菊池寛実記念 智美術館-1
篠田桃紅 夢の浮橋 菊池寛実記念 智美術館-1

この展覧会についてABOUT THIS EXHIBITION

篠田桃紅(1913-2021)は第二次世界大戦後、日本の書の可能性を大きく広げたひとりであり、「墨象(ぼくしょう)」と呼ばれる水墨抽象画の表現を開拓した作家です。1913(大正2)年に大連に生まれ、東京に育つと、幼少よりほぼ独学で書を学び二十代より書家として活動を始めました。やがて従来の書風に囚われない創作に進み頭角を現すと、1956~58年にかけ単身渡米、当時アートシーンの中心だったニューヨークを拠点に水墨の作品を発表し海外でも評価を高めました。

菊池寛実記念 智美術館は、創設者の菊池智(1923-2016)と作家との長年の交流が機縁となり、桃紅作品を館内に常設展示する所縁ある美術館として、これまで二度の個展を開催しています。

この度の展覧会では、昨年3月に107歳で逝去した作家を追悼すると共に、改めてその創造の軌跡を紹介します。展示企画にあたっては40年来、作家のメインディーラーとして活動してきたギャラリー、ザ・トールマン コレクションを監修に迎え、1950年代から晩年までの篠田桃紅の肉筆、版画の他、着物など約50点余の作品を紹介します。

開催概要EVENT DETAILS

会期 2022年6月18日(土)〜2022年8月28日(日)
会場 菊池寛実記念 智美術館 Google Map
住所 東京都港区虎ノ門4-1-35 西久保ビル
時間 11:00〜18:00 (最終入場時間 17:30)
休館日 月曜日 
7月19日(火)
※ただし7月18日は開館
観覧料 一般 1,100円
大学生 800円
小中高生 500円
TEL03-5733-5131(代表)
URLhttps://www.musee-tomo.or.jp/

菊池寛実記念 智美術館の情報はこちらMUSEUM INFORMATION

菊池寛実記念 智美術館 菊池寛実記念 智美術館

感想・評価 | 鑑賞レポートREVIEWS

4.0

陶芸専門館で見る桃紅作品は多少疑問だけど、常設展示にある桃紅作品に心惹かれる

菊池寛実記念 智美術館は現代陶芸の専門館なんですが、篠田桃紅の作品が2つ常設されている。一つはエントランスホールにある《ある女主人の肖像》(1988年)という抽象作品で、壁一面を使っていてかなり大きい。ちなみに女主人とは菊池寛実記念 智美術館の設立者である菊池智のことだ。もう一つは展示会場がある地下へ降りていく螺旋階段に沿って展開される作品《真・行・草》(2003年)。階段の壁面には銀の和紙が貼られ、その上に桃紅が書いた「いろは歌」の料紙をコラージュした作品です。つまり、どちらもこの美術館のために作成されたもので、菊池智と篠田桃紅との縁の深さがうかがえる。

一方で、この美術館は陶芸専門で、展示台とか照明などが陶芸作品用に作られている。そういった場所で、通常、立体物が置かれている展示台にリトグラフやエッティングを額装して置いているのは、少々苦しい感じです。

オペラシティギャラリーでの展示と比べると、点数も少ないし、わりと最近の作品が多い。とはいっても、常設作品の2点がちょっとほかにない作品なので、そこそこ楽しめたと思います。

4.0

美しすぎる墨の線

オペラシティーに続き開催された桃紅展だが、こちらも見応えが有る。
エッチングやリトグラフなどは特に珍しい。鉄筆などの引っかき線が新鮮で面白い。

墨の濃淡、緊張と弛緩、面と線の美しい作品が並ぶ。
幅広の刷毛による面が交差する上に細く鋭い「月」の崩し字がスッと描かれて研ぎ澄まされた空間を演出。

エントランスの常設作品や展示室へ続く光の螺旋階段の大きな壁画は必見。
美術館創設者との深い交流が感じられる手書きの着物と帯などの展示も有る。

オペラシティーと違い、こちらは撮影禁止。所々に有る桃紅の書籍の一文が効果的。

THANKS!をクリックしたユーザー
morinousagisanさん

あなたも感想・評価を投稿してみませんか?
感想・評価を投稿する

より詳しい鑑賞レポート 《600文字以上》のご投稿は、
こちらから。ページ枠でご紹介となります。
鑑賞レポート《600文字以上》を投稿する

周辺で開催中の展覧会も探してみて下さい。
東京都港区で開催中の展覧会

出展予定作品・関連画像IMAGESS

《夢の浮橋》 1990 年 63.5×90.5 ㎝ リトグラフ、手彩

《夜明け》 1967 年 124.0×124.0 ㎝ 墨、和紙に金箔 (撮影:尾見重治、大塚敏幸)

《朝ぼらけ》 1960 年頃 90.0×177.0 ㎝ 墨、銀泥、カンバス (撮影:尾見重治、大塚敏幸)

《山上焚火》 2004 年 59.0×44.0 ㎝ 墨、朱、紙

こちらの機能は、会員登録(無料)後にご利用いただけます。

会員登録はこちらから
SIGN UP
ログインはこちらから
SIGN IN

※あなたの美術館鑑賞をアートアジェンダがサポートいたします。
詳しくはこちら

CLOSE

こちらの機能は、会員登録(無料)後にご利用いただけます。

会員登録はこちらから
SIGN UP
ログインはこちらから
SIGN IN

ログインせずに「いいね(THANKS!)」する場合は こちら

CLOSE


がマイページにクリップされました

CLOSE マイページクリップ一覧を見る


がお気に入りに登録されました

CLOSE マイページお気に入り一覧を見る


を訪問済みに移動しました

CLOSE マイページ訪問済みイベントを見る

CLOSE

name

参考になりました!をクリックしたユーザー 一覧
CLOSE