京都文化博物館The Museum of Kyoto

京都文化博物館

京都文化博物館についてABOUT The Museum of Kyoto

京都文化博物館は、千年余の都として優れた文化を育み、日本文化の形成において大きな役割を果たしてきた「京都」の歴史と文化の紹介を目的として、平安建都1200年の記念事業として、1988年(昭和63年)10月に開館した。

前身の「平安博物館」は、代表的な近代洋風建築として重要文化財の指定をうけた旧日本銀行京都支店の建物であったが、京都文化博物館を創設するにあたり財団法人古代学協会からこの建物が京都府に寄贈された。近代洋風建築は、京都府によって「京都文化博物館」として、あらたに開館した。現在、この建物は、京都文化博物館の別館として使用されている。

別館の北側に、鉄筋コンクリート造地上7階地下1階の建物が新たに建てられており、こちらが現在、京都文化博物館の本館として使用されている。

そして、京都文化博物館は、「国民文化祭・京都2011」の開催を控えた2011年(平成23年)7月には、全面リニューアルが行われた。4階では多彩な特別展を開催、2・3階には、京都ゆかりの日本画家・洋画家・彫刻家・工芸家などの作品を企画にあわせて展示紹介する総合展示室、3階フィルムシアターでは京都府所蔵の名作映画を順次上映している。

アクセスマップACCESS MAP

Googlemapで見る

〒604-8183京都府京都市中京区三条高倉 TEL 075-222-0888
京都文化博物館

利用案内INFORMATION

京都文化博物館 公式サイトURL
http://www.bunpaku.or.jp/
所在地
〒604-8183京都府京都市中京区三条高倉
TEL 075-222-0888
最寄駅
地下鉄「烏丸御池駅」下車 5番出口から三条通りを東へ徒歩3分
阪急「烏丸駅」下車 16番出口から高倉通りを北へ徒歩7分
京阪「三条駅」下車 6番出口から三条通りを西へ徒歩15分
JR・近鉄「京都駅」から地下鉄へ
市バス「堺町御池」下車、徒歩2分
開館時間
開館時間 10:00〜18:00
開館時間についての追記事項
<特別展> 10時~18時
※毎週金曜日は19時30分まで延長(入場は30分前まで)
<別館> 10時~19時30分(各種イベント時は別)
<ろうじ店舗> 店舗によって異なる
(詳細は京都文化博物館ホームページをご覧ください)
定休日
月曜日 
定休日についての追記事項
※祝日の場合は開館、翌日休館
入館料・観覧料
一般:500円(400円)
大学生:400円(320円)
高校生以下 :無料
※( )内は20名以上の団体料金
団体でのご利用についてをご確認ください。
※別館は、入場無料(有料催事もあります)
入館料・観覧料についての追記事項
※総合展示チケットで、フィルムシアターも観覧できます。
※身体障害者手帳、療育手帳、精神障害者保健福祉手帳、被爆者手帳、戦傷病者手帳の提示で、特別展・総合展示ともに入場料が無料になります(等級・都道府県は問いません)。また、障がい者1名につき介護者1名の入場料が無料になります。
※大学生は、大学生、短期大学生、高等専門学校生が対象です。その他の研究生、聴講生、科目等履修生などは含みません。
割引クーポン
特になし
美術館名 よみがな
きょうとぶんかはくぶつかん

京都文化博物館についての感想・評価REVIEWS

4.0

別館の近代洋風建築が素敵な博物館

現在は、別館となっていますが、元日本銀行の京都支店の建物であった近代洋風建築の建造物が素敵です。こちらは、「平安博物館」という、平安時代を中心とする古代史の専門博物館だったようです。源氏物語の写本として著名な「大島本」(重要文化財)も所蔵していたそうです。

現在は、この別館の北側にある鉄筋コンクリートの7階建ての建物が、京都文化博物館の本館となっています。

4階で特別展、2・3階には企画展に合わせて京都ゆかり作家の作品を展示紹介する総合展示室、3階には、フィルムシアターもあります。

あなたも感想・評価を投稿してみませんか?
(展覧会についての感想・評価は、各展覧会のページよりご投稿をお願いいたします。
こちらは、「美術館」自体についての感想・評価の投稿欄となります。)
感想・評価を投稿する

京都文化博物館 開催展覧会情報EXHIBITION INFO

京都文化力プロジェクト関連事業 舞妓モダン

京都文化力プロジェクト関連事業 舞妓モダン

開催中

会期:

本展はご招待チケットプレゼント中!
舞妓。いまや京都を代表する文化の一つとして知られていますが、その歴史の詳...

挑む浮世絵 国芳から芳年へ

挑む浮世絵 国芳から芳年へ

会期: 2020年6月6日(土)~7月19日(日) ⇒ 開催中止

旺盛な好奇心と柔軟な発想、豊かな表現力を武器として浮世絵のさらなる活性化につなげた歌川国芳(うたがわくによし 1797-1861年)。 本展では国芳の武者絵を中心...

これまでに京都文化博物館で開催された展覧会

池大雅−文人たちの交流−

池大雅−文人たちの交流−

会期終了

会期:

池大雅は享保8年(1723)京都に生まれ、幼い頃から書をよくし、文人画といわれる分野で活躍しました。中国に端を発する「文人」たちは、幅広い教養と知識をもって国...

京都 祇園祭 -町衆の情熱・山鉾の風流(ふりゅう)

京都 祇園祭 -町衆の情熱・山鉾の風流(ふりゅう)

会期終了

会期:

千年の都・京都。その都市としての精神を支えてきたのが祇園祭です。 この展覧会は、山鉾(やまぼこ)を飾る舶来の希少な...

Kyoto Art for Tomorrow 2020  ―京都府新鋭選抜展―

Kyoto Art for Tomorrow 2020  ―京都府新鋭選抜展―

会期終了

会期:

本展は、京都の地で新しい芸術の創造に取り組む新進の若手作家を顕彰し紹介する展覧会として、60年以上にわたる長い歴史を...

みんなのミュシャ ミュシャからマンガへ―線の魔術

みんなのミュシャ ミュシャからマンガへ―線の魔術

会期終了

会期:

アール・ヌーヴォーを代表する芸術家アルフォンス・ミュシャ(1860-1939)。彼が紡ぎだした、「線の魔術」ともいえる華や...

ICOM京都大会開催記念 東京富士美術館所蔵 百花繚乱 ニッポン×ビジュツ展

ICOM京都大会開催記念 東京富士美術館所蔵 百花繚乱 ニッポン×ビジュツ展

会期終了

会期:

本展は、2019 年に開催されるICOM 京都大会を記念して、東京富士美術館が所蔵す...

ICOM京都大会開催記念 京の歴史をつなぐ

ICOM京都大会開催記念 京の歴史をつなぐ

会期終了

会期:

ICOM京都大会テーマ「文化をつなぐミュージアム-伝統を未来へ-」に沿って、京都の文化遺産や景観がどんな歴史を経て、いか...

横山華山展 KAZAN - A Superb Imagination at Work

横山華山展 KAZAN - A Superb Imagination at Work

会期終了

会期:

横山華山(1781/4~1837)は、江戸時代後期に京都で活躍した絵師です。幼少の頃から曾我蕭白の絵に触れて独学し、岸駒に入...

美を競う 肉筆浮世絵の世界

美を競う 肉筆浮世絵の世界

会期終了

会期:

鮮やかな色彩で摺られた版画のイメージが強い浮世絵ですが、肉筆画は量産される錦絵の版画と違い、浮世絵師が絹本・紙本に直接描く一点物。 本展では貴重な肉筆画...

北野天満宮 信仰と名宝 ―天神さんの源流―

北野天満宮 信仰と名宝 ―天神さんの源流―

会期終了

会期:

平安時代の政治家・漢学者・漢詩人・歌人であった菅原道真公は、死後、天満大自在天神として崇められて、現在に至るまで「...

明治150年記念 華ひらく皇室文化 明治宮廷を彩る技と美

明治150年記念 華ひらく皇室文化 明治宮廷を彩る技と美

会期終了

会期:

2018年は、明治改元から150年にあたり、これを記念して明治期の華やかな皇室文化をテーマに特別展を開催します。 本展は...

西尾維新大辞展~京都篇~

西尾維新大辞展~京都篇~

会期終了

会期:

「京都の二十歳」としてデビューし、昨年作家業15周年を迎えた西尾維新の展覧会『西尾維新大辞展~京都篇~』が、7/7(土)から9/17(月・祝)まで京都文化博物館に...

平安博物館回顧展 -古代学協会と角田文衞の仕事-

平安博物館回顧展 -古代学協会と角田文衞の仕事-

会期終了

会期:

平成30年に京都文化博物館は30周年を迎えました。 京都文化博物館の前身の一つが、昭和43年に古代学協会が開館した平安博...

こちらの機能は、会員登録(無料)後にご利用いただけます。

会員登録はこちらから
SIGN UP
ログインはこちらから
SIGN IN

※あなたの美術館鑑賞をアートアジェンダがサポートいたします。
詳しくはこちら

CLOSE


がマイページにクリップされました

CLOSE マイページクリップ一覧を見る


がお気に入りに登録されました

CLOSE マイページお気に入り一覧を見る


を訪問済みに移動しました

CLOSE マイページ訪問済みイベントを見る

name

参考になりました!をクリックしたユーザー 一覧

CLOSE