国立新美術館 The National Art Center, Tokyo

国立新美術館国立新美術館

国立新美術館についてABOUT The National Art Center, Tokyo

大きなうねりのように波打つガラス張りの巨大な建物は、青い空に向かって両手を広げるように建っている。2007年、六本木に開館した国立新美術館は、建築家 黒川紀章が、生前最後に完成した国内最大級の展示スペースをもつ美術館である。

同館は、所蔵品を持たず、主に公募展や企画展のためのギャラリースペースとなっている。内外から人やモノ、情報が集まる国際都市、東京に立地する美術館として、「美術」を介して人々がさまざまな価値観に触れる機会を提供し、相互理解と共生の視点に立った新しい文化の創造に寄与している。

企画展や公募展の展覧会事業のほか、美術に関する資料を収集・公開・提供する事業や、講演会やシンポジウム、ワークショップなどの教育普及事業の3つを主な事業として掲げている。

2007年に開館して以来、印象派からエコール・ド・パリ、日本画、現代写真、アメリカン・ポップ・アート、世界の美術館のコレクション展など多岐にわたる企画展が開催されている。

利用案内INFORMATION

国立新美術館 公式サイトURL
https://www.nact.jp/
所在地
〒106-8558 東京都港区六本木7-22-2
TEL 050-5541-8600(ハローダイヤル)
最寄駅
東京メトロ千代田線乃木坂駅 青山霊園方面改札6出口(美術館直結)
都営大江戸線六本木駅7出口から徒歩約4分
東京メトロ日比谷線六本木駅4a出口から徒歩約5分
開館時間
10:00〜18:00 (最終入館時間 17:30)
※企画展 会期中の金・土曜日は20:00まで、7~9月の金・土曜日は21:00まで(入館は開館の30分前まで)
休館日
火曜日 
火曜日が祝日又は振替休日に当たる場合は開館し、翌平日休館。ただし、例外的な開館日もあるのでご確認ください。設備維持管理、及び年末年始は休館となります。年末年始休館日の日程は国立新美術館ホームページをご確認ください。
入館料・観覧料
入館無料
※企画展の観覧料は展覧会ごとに定めます。
開催中の展覧会情報をご確認ください。
※公募展の観覧料は美術団体によって異なります。
割引クーポン
特になし
美術館名 よみがな
こくりつしんびじゅつかん

アクセスマップACCESS MAP

Googlemapで見る

国立新美術館
〒106-8558 東京都 港区六本木7-22-2  TEL 050-5541-8600(ハローダイヤル)

国立新美術館についての感想・評価REVIEWS

5.0

座り心地のいいイスが多い

コレクションを一切持たない美術館(正しくはアートセンター)です。
国立の美術館だけあって建築はかなり豪華というか現代的で、中にいるときに感じる外からの日差しの斜光が素晴らしいです。なので陽の低い冬が特におすすめです。
イスもミッドセンチュリーの有名なデザイナーのソファを贅沢に使っていて、すごく座り心地がよくてつい長居してしまう、いい意味で色んな人に開かれた美術館です。

THANKS!をクリックしたユーザー
karachanさん

2.0

館内が暑いです

今夏は政府から節電要請が出ているので仕方ないことだと思いますが、公共の施設へはかなり強い要請が来ているのでしょう。いつもは寒いくらい冷やされている館内がとても暑かったです。吹き抜けだし、日光入るし、椅子が置いてあっても休む気にならないくらい暑いです。外は暑いから涼しい美術館でデートなどと考えている人は要注意です。まったく涼しくないので汗が引かない状態で鑑賞することになります。涼しさを求める方は夜間もしくは少しでも涼しい季節になってから来館することをお勧めします。ちなみに体感室温は、電車の弱冷房車くらい。寒がりの方にはちょうどよいかもしれませんが、それ以外の方にはじっとり汗ばむ室温です。

4.0

ここはMuseumではなくて、Art Centerです、とのこと

国立新美術館の英語表記は THE NATIONAL ART CENTER, TOKYO。興味深いのはMuseumではなくART CENTERとしているところ。

「コレクションを持たず、国内最大級の展示スペース(14,000m2)を生かした多彩な展覧会の開催、美術に関する情報や資料の収集・公開・提供、教育普及など、アートセンターとしての役割を果たす、新しいタイプの美術館です」とWebサイトでは説明してます。

だったら国立アートセンターとでもすればよかったのにね。

まあ、それでも、黒川紀章の設計した(正確には黒川紀章氏と日本設計の共同体による設計)建物は美しいし、展示スペースも広々として、悪くない。

地下鉄の乃木坂駅から、雨が降ってもあまり濡れずに行けるのも少しありがたい。どう… Read More

5.0

子供から大人まで過ごしやすい美術館

乃木坂駅から直結、道幅も広く障害者やベビーカーにも優しい。館内も飲食店いくつあり、休憩所で持ち込みで食べてる方も多い。ガラス張りの建物で陽射しが気持ちよく桜も綺麗だった。

4.0

久方ぶりの訪問 

お昼時 陽を浴びてガラスの茶室が綺麗です
ガラスのベンチはだいぶ前に ここ国立新美術館の展覧会で 座った記憶があります
コロナの影響でまばらな人影です  込んでいるのは嫌だけど
早くコロナが収束して欲しいものです

あなたも感想・評価を投稿してみませんか?
(展覧会についての感想・評価は、各展覧会のページよりご投稿をお願いいたします。
こちらは、「美術館」自体についての感想・評価の投稿欄となります。)
感想・評価を投稿する

国立新美術館 開催展覧会情報EXHIBITION INFO

CLAMP展

CLAMP展

開催予定

会期:

少年漫画、少女漫画、青年漫画を横断して多様な漫画作品を世に送り出し、またときには漫画という枠を超えて独自の表現を追求し続けてき...

田名網敬一 記憶の冒険

田名網敬一 記憶の冒険

開催予定

会期:

田名網敬一(たなあみけいいち 1936-)は幼少期に経験した戦争の記憶とその後に触れたアメリカ大衆文化からの影響が色濃く反映された...

国立新美術館にて、今後開催予定の展覧会

これまでに国立新美術館で開催された展覧会

第10回 日展

第10回 日展

会期終了

会期:

日展は、その前身である文展(文部省美術展覧会)の創設から今年116年目を迎える伝統ある美術団体です。日本画、洋画、彫刻、工芸美術...

テート美術館展 光 — ターナー、印象派から現代へ

テート美術館展 光 — ターナー、印象派から現代へ

会期終了

会期:

本展は、「光の画家」と呼ばれるジョゼフ・マロード・ウィリアム・ターナーや風景画の名...

ルーヴル美術館展 愛を描く

ルーヴル美術館展 愛を描く

会期終了

会期:

人間の根源的な感情である「愛」は、古代以来、西洋美術の根幹をなすテーマの一つでした。ギリシア・ローマ神話を題材とする神話画、現...

DOMANI・明日展 2022-23

DOMANI・明日展 2022-23

会期終了

会期:

文化庁は、将来の日本の芸術界を支える人材の育成のため、若手芸術家が海外の関係機関等で行う研修を支援する「新進芸術家海外研修制度(...

こちらの機能は、会員登録(無料)後にご利用いただけます。

会員登録はこちらから
SIGN UP
ログインはこちらから
SIGN IN

※あなたの美術館鑑賞をアートアジェンダがサポートいたします。
詳しくはこちら

CLOSE

こちらの機能は、会員登録(無料)後にご利用いただけます。

会員登録はこちらから
SIGN UP
ログインはこちらから
SIGN IN

ログインせずに「いいね(THANKS!)」する場合は こちら

CLOSE


がマイページにクリップされました

CLOSE マイページクリップ一覧を見る


がお気に入りに登録されました

CLOSE マイページお気に入り一覧を見る


を訪問済みに移動しました

CLOSE マイページ訪問済みイベントを見る

CLOSE

name

参考になりました!をクリックしたユーザー 一覧
CLOSE