祈り・藤原新也

世田谷美術館

  • 開催期間:2022年11月26日(土)〜2023年1月29日(日)
  • クリップ数:19 件
  • 感想・評価:1 件
祈り・藤原新也 世田谷美術館-1
祈り・藤原新也 世田谷美術館-2
祈り・藤原新也 世田谷美術館-3
祈り・藤原新也 世田谷美術館-4
祈り・藤原新也 世田谷美術館-5
祈り・藤原新也 世田谷美術館-6
祈り・藤原新也 世田谷美術館-7
祈り・藤原新也 世田谷美術館-8
祈り・藤原新也 世田谷美術館-9
祈り・藤原新也 世田谷美術館-10
チベット 1975年 ©Shinya Fujiwara
インド 2010年 ©Shinya Fujiwara
バリ島 2000年 ©Shinya Fujiwara
恐山 2016年 ©Shinya Fujiwara
宮古 2011年 ©Shinya Fujiwara
渋谷 2010年 ©Shinya Fujiwara
朝鮮半島 1977年 ©Shinya Fujiwara
門司港 1991年 ©Shinya Fujiwara
作家ポートレート 2010年 ©Yuji Tozawa
作家ポートレート 2019年 ©Yuji Tozawa
祈り・藤原新也 世田谷美術館-1
祈り・藤原新也 世田谷美術館-1
祈り・藤原新也 世田谷美術館-1
祈り・藤原新也 世田谷美術館-1
祈り・藤原新也 世田谷美術館-1
祈り・藤原新也 世田谷美術館-1
祈り・藤原新也 世田谷美術館-1
祈り・藤原新也 世田谷美術館-1
祈り・藤原新也 世田谷美術館-1
祈り・藤原新也 世田谷美術館-1

この展覧会についてABOUT THIS EXHIBITION

1944年に福岡県門司市(現 北九州市)に生まれた藤原新也。東京藝術大学在学中に旅したインドを皮切りに、アジア各地を旅し、写真とエッセイによる『インド放浪』、『西蔵放浪』、『逍遥游記』を発表します。1983年に出版された単行本『東京漂流』はベストセラーとなり、社会に衝撃を与えます。また同年に発表された『メメント・モリ』は、若者たちのバイブルとなりました。1989年には、アメリカを起点に西欧へと足をのばし、帰国後は自身の少年時代を過ごした門司港で撮影した『少年の港』をはじめ、日本にカメラを向けます。

旅のはじまりから50年後、現代の殺伐を伝えるニュースを背に、大震災直後の東北を歩き、コロナ禍で無人となった街に立った藤原。これまでの道程と、自身の表現の根幹に流れる人への思いが、本展の「祈り」というタイトルに込められています。そして藤原の見た、人が生き、やがて死へと向かうさまは、現在形の〈メメント・モリ(死を想え)〉へと昇華され、新たな姿でわたしたちの「いま」を照らします。

藤原の表現活動で特筆すべきは、写真、文筆、絵画、書とあらゆるメディアを縦横無尽に横断し、それぞれの領域において秀でた表現を獲得していることです。本展は、「祈り」をキーワードに、初期作から最新作までの写真作品や文章を一堂に展示し、藤原新也の多彩な仕事を立体的に展開します。

◆ 藤原新也 プロフィール
1944年福岡県門司市(現 北九州市)生まれ。東京藝術大学絵画科油画専攻に入学後、アジア各地を旅し1972年に処女作『インド放浪』を発表。第3回木村伊兵衛写真賞、第23回毎日芸術賞を受賞。著書に『全東洋街道』、『東京漂流』、『メメント・モリ』、『アメリカ』、『渋谷』、『コスモスの影にはいつも誰かが隠れている』、『日々の一滴』など。写真集に『少年の港』、『千年少女』、『花音女』、『神の島 沖ノ島』(共著)などがある。

開催概要EVENT DETAILS

会期 2022年11月26日(土)〜2023年1月29日(日)
会場 世田谷美術館 Google Map
住所 東京都世田谷区砧公園1-2
時間 10:00〜18:00 (最終入場時間 17:30)
休館日 月曜日 
1月10日(火)
年末年始 12月29日~1月3日
※ただし2023年1月9日(月・祝)は開館、
観覧料 一般 1,200円
65歳以上 1,000円
大高生 800円
中小生 500円
TELハローダイヤル:050-5541-8600
URLhttps://www.setagayaartmuseum.or.jp/

世田谷美術館の情報はこちらMUSEUM INFORMATION

世田谷美術館 世田谷美術館

講演会・イベント情報EVENT INFORMATION

◆藤原新也特別講演会
日時:12月10日(土) 14:00~15:30
会場:世田谷美術館講堂
※参加方法など詳細は、11月1日(火)に美術館公式サイトにてお知らせします。

感想・評価 | 鑑賞レポートREVIEWS

REPORT

仄暗さの中にある、美しさ

これは、、、見た方が良い。
想像を遥かに越えて、見るものの心に訴えかけてくる。
くれぐれも心の準備と覚悟が必要だ。
いち写真家の展覧会だと思って、気軽に足を踏み入れると大怪我を負うことになる。

『祈り』と称された展覧会名の通り…readmore

THANKS!をクリックしたユーザー
Audreyさん、黒豆さん、Boodlesさん、さいさん

あなたも感想・評価を投稿してみませんか?
感想・評価を投稿する

より詳しい鑑賞レポート 《600文字以上》のご投稿は、
こちらから。ページ枠でご紹介となります。
鑑賞レポート《600文字以上》を投稿する

周辺で開催中の展覧会も探してみて下さい。
東京都世田谷区で開催中の展覧会

出展作品・関連画像IMAGES

チベット 1975年 ©Shinya Fujiwara

インド 2010年 ©Shinya Fujiwara

バリ島 2000年 ©Shinya Fujiwara

恐山 2016年 ©Shinya Fujiwara

宮古 2011年 ©Shinya Fujiwara

渋谷 2010年 ©Shinya Fujiwara

朝鮮半島 1977年 ©Shinya Fujiwara

門司港 1991年 ©Shinya Fujiwara

作家ポートレート 2010年 ©Yuji Tozawa

こちらの機能は、会員登録(無料)後にご利用いただけます。

会員登録はこちらから
SIGN UP
ログインはこちらから
SIGN IN

※あなたの美術館鑑賞をアートアジェンダがサポートいたします。
詳しくはこちら

CLOSE

こちらの機能は、会員登録(無料)後にご利用いただけます。

会員登録はこちらから
SIGN UP
ログインはこちらから
SIGN IN

ログインせずに「いいね(THANKS!)」する場合は こちら

CLOSE


がマイページにクリップされました

CLOSE マイページクリップ一覧を見る


がお気に入りに登録されました

CLOSE マイページお気に入り一覧を見る


を訪問済みに移動しました

CLOSE マイページ訪問済みイベントを見る

CLOSE

name

参考になりました!をクリックしたユーザー 一覧
CLOSE