美術館・展覧会情報サイト アートアジェンダ

EXHIBITION

フィリップス・コレクション展

三菱一号館美術館

  • 開催期間:
  • クリップ数:32 件
  • 感想・評価:6 件
フィリップス・コレクション展 三菱一号館美術館-1
フィリップス・コレクション展 三菱一号館美術館-2
フィリップス・コレクション展 三菱一号館美術館-3
フィリップス・コレクション展 三菱一号館美術館-4
フィリップス・コレクション展 三菱一号館美術館-5
フィリップス・コレクション展 三菱一号館美術館-6
フィリップス・コレクション展 三菱一号館美術館-7
フィリップス・コレクション展 三菱一号館美術館-8
フィリップス・コレクション展 三菱一号館美術館-9
フィリップス・コレクション展 三菱一号館美術館-10
フィリップス・コレクション展 三菱一号館美術館-11
フィリップス・コレクション展 三菱一号館美術館-12
フィリップス・コレクション展 三菱一号館美術館-13
フィリップス・コレクション展 三菱一号館美術館-1
フィリップス・コレクション展 三菱一号館美術館-2
フィリップス・コレクション展 三菱一号館美術館-3
フィリップス・コレクション展 三菱一号館美術館-4
フィリップス・コレクション展 三菱一号館美術館-5
フィリップス・コレクション展 三菱一号館美術館-6
フィリップス・コレクション展 三菱一号館美術館-7
フィリップス・コレクション展 三菱一号館美術館-8
フィリップス・コレクション展 三菱一号館美術館-9
フィリップス・コレクション展 三菱一号館美術館-10
フィリップス・コレクション展 三菱一号館美術館-11
フィリップス・コレクション展 三菱一号館美術館-12
フィリップス・コレクション展 三菱一号館美術館-13

この展覧会についてABOUT THIS EXHIBITION

裕福な実業家家庭に生まれ、高い見識を持ったダンカン・フィリップス(1886-1966)の蒐集品を核とし、米国有数の私立コレクションとして知られるワシントンのフィリップス・コレクションは、1918年、私邸でコレクションを公開し始めました。

2018年には100年を迎えます。1921年にはニューヨーク近代美術館よりも早く、アメリカでは最初の近代美術中心の美術館として開館しました。

フィリップスの常に厳しい取捨選択によって、手元に残されたコレクションはいずれも質の高いものばかりです。

本展では、この世界有数の近代美術コレクションの中から、アングル、コロー、ドラクロワ等19世紀の巨匠から、クールベ、そして近代絵画の父マネ、印象派のドガ、セザンヌ、モネ、またはポスト印象派のゴーガン、新しい美術を切り開いた後継のボナール、クレー、ピカソ、ブラックらの秀作およそ75点を展覧します。

開催概要EVENT DETAILS

会期
会場三菱一号館美術館 [MAP]
住所 東京都千代田区丸の内2-6-2
時間 10:00〜18:00(最終入場時間 17:30)
  • ※祝日を除く金曜、第2水曜、会期最終週平日は、21:00まで
休館日 月曜日 年末年始 
※ただし、祝日の場合、会期最終週とトークフリーデーの10/29、11/26、1/28は開館
観覧料 一般 1,700円
高校・大学生 1000円
小・中学生 500円
  • ※障がい者手帳をお持ちの方と付き添いの方1名まで半額
TEL03-5777-8600 (ハローダイヤル)
URLhttp://mimt.jp/

三菱一号館美術館の情報はこちらMUSEUM INFORMATION

三菱一号館美術館 三菱一号館美術館

感想・評価REVIEWS

この美術館ならでは

5

ニューヨークのフリック、ボストンのガードナー、そしてワシントンのフィリップスのような、邸宅美術館のコレクションは、たとえば国立新美術館など大きなところで見ても楽しめないだろう。
作家別ではなく収蔵された年月に沿った展示なので、とりとめのない印象を持つ人もあると思うが、これも美術館の雰囲気をよく再現していると思う。

それぞれの部屋に数点ずつ、持ち主の好みの絵を、趣向をこらして掛ける。
素敵な邸宅の部屋に入るたびにわくわくしたのを思い出した。
贅沢だが品のよいお金の使い方をする人達がいた時代があったのですね。

汐留のルオーを見た後に行ったので、ヴェルレーヌ像が印象深かった。

BY kamakura23

参考になりました!1
THANKS!

参考になったら
「THANKS!」をクリック

あなたは参考になりました!
をクリックしています。

参考になりました!を取り消す

多彩な近代美術のコレクション

4

シスレーは好きな画家で色々なところで見てきましたが 雪景色は初めてでした
ピカソのブロンズ像 道化師も好きです
一枚どうぞ と言われたら ピカソの グラスと果物のある静物 を頂きたいです

BY kage0512

参考になりました!1
THANKS!

参考になったら
「THANKS!」をクリック

あなたは参考になりました!
をクリックしています。

参考になりました!を取り消す

フィリップス氏の宝箱

5

上京してきた絵画好きの母と同伴で行ってきました。この企画展の後で行ったルーベンス展に行く予定で上野方面に向かっていましたが、母がルベーンス展よりも行きたいようだったので急遽予定を変更し、私は期待ほぼゼロ状態で入館しました。結果的には、後で行ったルーベンス展よりもずっと満足度の高く、機会があればもう一度行きたいと思うぐらいの内容でした。

企画展全体で言えることは、ピカソのキュビズム的な作品数点を除いて、私の色彩感覚的に合う作品ばかりでした。ゴーガンの作品は色彩感覚的にもかなり苦手なほうなのですが、今回の展示作品である「ハム」は全く”拒否反応”を起こさない、好感が持てる作品であることに驚きました。また、現在、ピエール・ボナール展が開催されていますが、正直あまり興味がそそられず、行くかどうか迷っていましたが、今回の企画展で出会った彼の作品はどれも素晴らしかったので、そちらの企画展にも是非行ってみたくなりました。

他の方も書かれていますが、フィリップス氏が本当に欲しかったものだけを集めた感じ、あまりまとまりがないという印象は受けます。ですが、本当に良いもの、好きなものであれば、形式やジャンルに拘らずにどうやってでも収集するという、彼の心意気のようなものを感じられ、その点においてもとても好感が持てました。特に、新たにコレクションに加えたい作品を購入する資金作りのために、既に持っている名作を手放したりもするという潔さは、凡人にはとても出来ることではなく、一種の感動を覚えました。

展示された作品自体はもちろんですが、展示の仕方、作品の解説などにもセンスの良さが感じられ、とても贅沢な時間を過ごせたように思います。全体を見終わってから、最後にもう一度観たいと思った作品は幾つもありましたが、その中でも特に強烈な印象を残したドガの「稽古をする踊り子」をしっかり目に焼き付け、会場を後にしました。

BY gengreen

参考になりました!2
THANKS!

参考になったら
「THANKS!」をクリック

あなたは参考になりました!
をクリックしています。

参考になりました!を取り消す

自分の目を試すにはいい機会

4

宣伝コピーは「全員巨匠!」で、まさか「全員集合!」を踏まえたものではないと思いますが、ビッグネームが目白押し。
作品として有名なものは少ないけれど、どれもこれも知っている画家ばかり。
これはセザンヌね、あれはゴヤ、こっちはブラックで、あっちはカンディンスキーかな、あそこにはピカソもあるね・・・といった具合で、まるで美術史の教科書を見ているかのよう。なんとなく近代から現代絵画までの復習している感じです。自分の美術の目を試しなおすには、いい展覧会かもしれません。

BY honneko

参考になりました!1
THANKS!

参考になったら
「THANKS!」をクリック

あなたは参考になりました!
をクリックしています。

参考になりました!を取り消す

面白いコレクションです

5

最近の「名士のコレクション展」としてはちょっと不思議なコレクションが多い気がします。
有名どころというよりは、本当に自分の好きなものを集めた感じ。特に古古典的ものではなくて、斬新なものが多いです。キュビスムやシュルレアリスム的なものもあります。
フィリップスさんが本当にほしいものだけを集めているのでごちゃまぜのおもちゃ箱的コレクションなので、あまりまとまった印象はなく、面白いコレクションだと思います。

BY sasaneko0211

参考になりました!2
THANKS!

参考になったら
「THANKS!」をクリック

あなたは参考になりました!
をクリックしています。

参考になりました!を取り消す

GOOD COLLECTION!

5

フィリップス・コレクション、とても良かったです!
近現代の良質な作品ばかりで流石の彗眼!と納得。

ゴヤ《ペテロの悔恨》 コレクションの中ではちょっと異質な感じがしましたが、コレは凄かったです。
ゴッホも良品、ゴーガン《ハム》が観られて嬉しい。

予想外に大変良かったのがボナールです。
現在、国立新美術館でボナール展が開催中で、正直あまりピンと来ずレビューはしていないのですが
こちらのコレクションのボナールはとっても良いです!
ゴヤ、ゴッホ、ボナールを中心に見惚れていました。

途中、パネル展示の撮影コーナーあります。
記念でメモ帳プレゼントとクジを1回引けました(期間限定かも)。
親しみやすい作品が多く幅広い年齢層が楽しめる内容の展覧会です。

BY 黒豆

参考になりました!3
THANKS!

参考になったら
「THANKS!」をクリック

あなたは参考になりました!
をクリックしています。

参考になりました!を取り消す

あなたも感想・評価を投稿してみませんか?
感想・評価を投稿する

周辺で開催中の展覧会も探してみて下さい。
東京都千代田区で開催中の展覧会

PAGE TOPPAGE TOP

こちらの機能は、会員登録(無料)後にご利用いただけます。

会員登録はこちらから
SIGN UP
ログインはこちらから
SIGN IN

※あなたの美術館鑑賞をアートアジェンダがサポートいたします。
詳しくはこちら

CLOSE


がマイページにクリップされました

CLOSE マイページクリップ一覧を見る


がお気に入りに登録されました

CLOSE マイページお気に入り一覧を見る


を訪問済みに移動しました

CLOSE マイページ訪問済みイベントを見る

CLOSE

name

参考になりました!をクリックしたユーザー 一覧

CLOSE