美術館・展覧会情報サイト アートアジェンダ

千葉市美術館Chiba City Museum of Art

千葉市美術館

千葉市美術館についてABOUT Chiba City Museum of Art

千葉市美術館は、1995年(平成7年)1月に開館した、千葉県千葉市中央区にある美術館で、中央区役所との複合施設である。

建築家 矢部又吉(1888-1941)の設計によって、川崎銀行千葉支店として1927年(昭和2年)に建設された建物は、千葉市では現存する数少ない歴史的建造物の1つで、平成7年に市の文化財に指定されている。美術館・中央区役所をこの場所に建設するにあたり、この建物を”鞘堂方式”により保存し、利用できるように再生された。
8本の円柱が並ぶネオ・ルネッサンス様式の建物は、新しいビルの内部に包みこまれるようにしてそのまま復元保存されており、内部はホールとなっている。この建物は、建設省設立50周年記念事業「公共建築百選」にも選ばれている。7階と8階が展示室、さらに図書室やミュージアムショップ、レストラン、各種貸し出しスペースなど、様々な機能を持つ都市型の美術館である。

千葉市美術館では、以下の3つのコンセプトで作品をコレクションしており、なかでも浮世絵のコレクションは国内有数の規模を誇る。また、独自の視点をもった企画展を年に5~6回開催しており、千葉市美術館でしか見られない展覧会のために全国的からファンが集う。

◆ 近世・近代の日本絵画・版画

江戸時代の絵画、江戸~昭和初期の版画を数多く収蔵している。江戸時代には、狩野派、琳派、円山四条派、浮世絵派など、さまざまな流派が興隆し、それぞれに個性をもった絵画様式を切り開いてきた。独特の様式と最高の多色摺版画技法を誇る浮世絵版画や版本、近代に入って誕生した新たな版画芸術、創作版画や新版画も多数収蔵する。

◆現代美術

第二次世界大戦が終了した1945年以降に制作された、日本と欧米の現代美術を収集している。戦後美術は、急速に変化を遂げる時代の流れに歩調をあわせるがごとく、様々な動向や表現手法を次々に生み出してきた。千葉市美術館では、それぞれの時期に重要な問題を提起した重要な作品を関連付けながら回顧・検証し、幅広い視野のもとに収集を行っている。特に1970年代の日本美術では、特色のある層の厚いコレクションが形成されている。

◆ 房総ゆかりの作品

四季おりおりの自然に恵まれた千葉の風土の中で生まれた美術をふたつのジャンルに分けて収集している。ひとつは、戦後を代表する版画家の一人として数えられる浜口陽三や千葉市の美術界に忘れ得ぬ足跡を遺した無縁寺心澄・菅谷元三郎など、房総出身もしくは房総に関わりの深い作家たちによる作品。そしてもうひとつは、房総を訪れた曽宮一念や山口長男たちによって描かれたこの地の風景画である。

アクセスマップACCESS MAP

Googlemapで見る

〒260-8733 千葉県千葉市中央区中央3-10-8  TEL 043-221-2311
千葉市美術館 [MAP]

利用案内INFORMATION

千葉市美術館 公式サイトURL
http://www.ccma-net.jp/
所在地
〒260-8733 千葉県千葉市中央区中央3-10-8
TEL 043-221-2311
最寄駅
JR千葉駅東口より 徒歩約15分

千葉都市モノレール県庁前方面行「葭川(よしかわ)公園駅」下車徒歩5分

京成バス(バスのりば7)より大学病院行または南矢作行にて「中央3丁目」下車徒歩2分

京成千葉中央駅東口より 徒歩約10分
開館時間
開館時間 10:00〜18:00(最終入館時間 17:30)
開館時間についての追記事項
※金・土曜日は20:00まで(最終入場時間 19:30)
定休日
定休日についての追記事項
※毎月第1月曜日(祝日の場合は翌日)
※上記の休館日以外にも、展示替え等のため展示室が閉室となる場合があります
展覧会スケジュールをご確認のうえご来場ください。
入館料・観覧料
観覧料は展覧会毎に異なります。
開催展覧会情報をご確認ください。
割引クーポン
特になし
美術館名 よみがな
ちばしびじゅつかん

千葉市美術館 開催展覧会情報EXHIBITION INFO

没後60年 北大路魯山人 古典復興 ―現代陶芸をひらく―

開催期間:

こちらの展覧会はご招待チケットプレゼント中!
京都に生まれた北大路魯山人(きたおおじ ろさんじん 18...

没後60年 北大路魯山人 古典復興 ―現代陶芸をひらく―

これが、魯山人。これぞ、魯山人
ただいま開催中

千葉市美術館にて、今後開催予定の展覧会

これまでに千葉市美術館で開催された展覧会

歿後60年 椿貞雄 師・劉生、そして家族とともに

開催期間:

山形県米沢市に生まれた椿貞雄(1896-1957)は、早逝した長兄の影響により画家を志すようになります。1914(大正3)年に上京した椿は岸...

歿後60年 椿貞雄 師・劉生、そして家族とともに

ゆかりの地・千葉にて20年ぶりの回顧展
会期終了

絵本はここからはじまった− ウォルター・クレインの本の仕事

開催期間:

ウォルター・クレイン(Walter Crane 1845-1915)は、19世紀後半にイギリスで活躍し、現代の絵本の基礎を築いた重要な画家の一人であり...

絵本はここからはじまった− ウォルター・クレインの本の仕事

クレインの芸術を日本初、本格的に紹介
会期終了

BIB50周年 ブラティスラヴァ世界絵本原画展 − 絵本の50年 これまでとこれから−

開催期間:

「ブラティスラヴァ世界絵本原画展」(略称BIB=Biennial of Illustrations Bratislava)は...

BIB50周年 ブラティスラヴァ世界絵本原画展 − 絵本の50年 これまでとこれから−

絵本のこれまでとこれからを探る
会期終了

文人として生きる− 浦上玉堂と春琴・秋琴 父子の芸術

開催期間:

日本文人画壇の巨星 浦上玉堂(1745-1820)は、岡山の鴨方藩のエリート武士でしたが、50歳のときに脱藩、安定した生活を捨て自由を手にし...

文人として生きる− 浦上玉堂と春琴・秋琴 父子の芸術

新出、初公開作品も多数含む約270点!
会期終了

岡崎和郎 Who's Who−見立ての手法

開催期間:

岡崎和郎(1930-)は、身の回りのものをモチーフとした、楽しく軽快なオブジェで知られています。 1960年代より、「御物補遺」という...

岡崎和郎 Who's Who−見立ての手法

半世紀を超える岡崎和郎の仕事を概観
会期終了

小川信治−あなた以外の世界のすべて

開催期間:

小川信治(おがわしんじ 1959-)は「世界とは何か」をテーマに、西洋名画や観光名所など人々の見慣れたイメージを極めて精緻に改変し、...

小川信治−あなた以外の世界のすべて

精緻な描写力による多面的な表現性
会期終了

河井寬次郎と棟方志功 日本民藝館所蔵品を中心に

開催期間:

民芸運動の創始者として世界的に知られる柳宗悦(1889-1961)が創設した日本民藝館には、その考えに賛同し、支えた個人作家の作品が収...

河井寬次郎と棟方志功  日本民藝館所蔵品を中心に

芸術家二人の貴重な作品を中心に約240点
会期終了

ふたつの柱 ー江戸絵画/現代美術をめぐる

開催期間:

千葉市美術館のコレクションの「ふたつの柱」ともいえる、江戸絵画と現代美術をあわせた展示紹介です。 展示室では、現代美術、江戸絵...

ふたつの柱 ー江戸絵画/現代美術をめぐる

江戸絵画と現代美術、共通するものがたり
会期終了

生誕140年 吉田博展

開催期間:

− けれども私は自然を崇拝する側に立ちたい − 吉田博(明治9年~昭和25年/1876-1950)は福岡県久留米市の生まれ。京都の地で三宅克己...

生誕140年 吉田博展

けれども私は自然を崇拝する側に立ちたい
会期終了

開館20周年記念 初期浮世絵展 −版の力・筆の力−

開催期間:

新興都市江戸に暮らす人々が、太平の世に自信と愛着を深めていく17世紀後半、浮世絵の始祖と位置付けられる菱川師宣(?-1694)が活躍を始...

開館20周年記念 初期浮世絵展 −版の力・筆の力−

木版画と肉筆画それぞれの表現の魅力
会期終了

PAGE TOPPAGE TOP

こちらの機能は、会員登録(無料)後にご利用いただけます。

会員登録はこちらから
SIGN UP
ログインはこちらから
SIGN IN

※あなたの美術館鑑賞をアートアジェンダがサポートいたします。
詳しくはこちら

CLOSE


がマイページにクリップされました

CLOSE マイページクリップ一覧を見る


がお気に入りに登録されました

CLOSE マイページお気に入り一覧を見る


を訪問済みに移動しました

CLOSE マイページ訪問済みイベントを見る

CLOSE