美術館・展覧会情報サイト アートアジェンダ

山梨県立美術館Yamanashi Prefectural Museum of Art

山梨県立美術館

山梨県立美術館についてABOUT Yamanashi Prefectural Museum of Art

山梨県立美術館は1978年の開館以来、「ミレーの美術館」として広く親しまれている。最初の収蔵品であるジャン=フランソワ・ミレーの《種をまく人》を中心として、ミレーやバルビゾン派の作家、ヨーロッパの主要な風景画家、ならびに山梨ゆかりの作家や日本の近現代作家の作品収集に力を注いでいる。

所蔵品の総点数は現在約1万点にもおよび、コレクション展は年4回展示替えを行う。
ミレーやコロー、ルソーといったバルビゾン派を主に紹介する「ミレー館」、望月春江や近藤浩一路など山梨ゆかりの作家や日本近現代の重要な作家を多彩なテーマで紹介する「テーマ展示室」、版画作品で知られる萩原英雄の作品や蒐集品を紹介する「萩原英雄記念室」の3室がある。

また、1978年7月に完成した山梨県立美術館の建築設計は、日本を代表する建築家であり、モダニズム建築の旗手といわれ、ル・コルビュジェに師事した前川國男によるものである。

アクセスマップACCESS MAP

Googlemapで見る

〒400-0065 山梨県甲府市貢川1-4-27  TEL 055-228-3322
山梨県立美術館 [MAP]

利用案内INFORMATION

山梨県立美術館 公式サイトURL
http://www.art-museum.pref.yamanashi.jp/
所在地
〒400-0065 山梨県甲府市貢川1-4-27
TEL 055-228-3322
最寄駅
JR中央本線甲府駅
開館時間
開館時間 09:00〜17:00(最終入館時間 16:30)
定休日
月曜日 
定休日についての追記事項
月曜日(祝日の場合は翌日)
祝日の翌日(日曜日の場合は開館)
年末年始
その他臨時開館・休館あり
入館料・観覧料
コレクション展
一般 520円(420円)
大学生 220円(170円)
※( )は20名以上の団体、県内宿泊者割引に適用

※特別展は、展覧会により異なります。
開催展覧会情報をご確認ください。
入館料・観覧料についての追記事項
※高校生以下の児童・生徒は無料
※障害者手帳を持参の方は本人と介護の方1名が無料
※65歳以上は無料(健康保険証等持参)特別展は別途
割引クーポン
特になし
美術館名 よみがな
やまなしけんりつびじゅつかん

山梨県立美術館についての感想・評価REVIEWS

常設展示

4

ミレーの「種まく人」をオークションで競り落とし、収蔵してからはじまった美術館。会館は40年ほど前。芸術には縁遠い田舎だった甲府は、ミレーが来たことによって変化を遂げた。バルビゾン派の名画を多く所蔵している。

ミレーやルソー、バルビゾン派の画家たちが描いた風景が、甲府の周囲にも広がっている。
街とこれほど共鳴したコレクションを持っているこの美術館。とても素晴らしかった。

BY cronista

参考になりました!0
THANKS!

参考になったら
「THANKS!」をクリック

あなたは参考になりました!
をクリックしています。

参考になりました!を取り消す

あなたも感想・評価を投稿してみませんか?
感想・評価を投稿する

山梨県立美術館 開催展覧会情報EXHIBITION INFO

開催展覧会情報は、現在ありません

これまでに山梨県立美術館で開催された展覧会

会期終了現代日本の工芸 国際交流基金寄託作品と山梨の工芸

会期:

日本の現代工芸の代表として、20年近くかけて世界のおよそ50ヶ国、100ヶ所以上の会場で展示され、多くの人々を魅了した工芸作品約60点が、国際交流基金...

現代日本の工芸 国際交流基金寄託作品と山梨の工芸

会期終了萩尾望都SF原画展 宇宙にあそび、異世界にはばたく

会期:

1969年に『ルルとミミ』でデビュー以降、『ポーの一族』や『トーマの心臓』など不朽の名作を生み、幅広いジャンルを手掛けてきた萩尾望都。 大島弓子...

萩尾望都SF原画展 宇宙にあそび、異世界にはばたく

会期終了黄昏の絵画たち 近代絵画に描かれた夕日・夕景

会期:

過ぎ去った時間への郷愁を誘うとともに、繰り返し訪れる明日を予感させる「夕日・夕景」は、洋の東西を問わず、古来、多くの人々の心を捉えてきました...

黄昏の絵画たち 近代絵画に描かれた夕日・夕景

会期終了デザインあ展

会期:

こどもたちのデザインマインドを育む番組 NHK Eテレ「デザインあ」。本展は「デザインあ」のコンセプトを、体験の場に発展させた展覧会です。 優れたデザインには、人と人、人とモノをよりよくつなぐ工...

デザインあ展

会期終了平成30年度 新収蔵品展

会期:

平成30年度に新たに美術館へ収蔵された作品を展示します。 日本画からは野口小蘋、三枝雲岱、河内雅渓、近藤浩一路、のむら清六、三枝茂雄など、洋画は埴原久和代、わたなべゆう、菊島明など、版画から...

平成30年度 新収蔵品展

会期終了山梨県立美術館開館40周年記念 シャルル=フランソワ・ドービニー バルビゾン派から印象派への架…

会期:

フランスの画家シャルル=フランソワ・ドービニー(1817-1878)は、近代風景画の歴史上、重要な役割...

山梨県立美術館開館40周年記念 シャルル=フランソワ・ドービニー バルビゾン派から印象派への架け橋

会期終了山梨県立美術館開館40周年記念 銅版画の詩人 追悼 深沢幸雄展

会期:

2017年1月に死去した深沢幸雄(ふかざわ ゆきお)は、1924(大正13)年に山梨県南巨摩郡増穂町(現、富士川町)に生まれ、長く日本を代表する銅版画家...

山梨県立美術館開館40周年記念 銅版画の詩人 追悼 深沢幸雄展

会期終了魔法の美術館 光と遊ぶ、真夏のワンダーランド

会期:

まるで魔法にかけられたように、光ったり、動いたり、映像や音が変化したりする不思議な作品たち。 体を動かすことで音や光をダイナミックに操ること...

魔法の美術館 光と遊ぶ、真夏のワンダーランド

会期終了愛されて40年 『100万回生きたねこ』 佐野洋子の世界展

会期:

世代を超えて読み継がれ、昨年出版40周年を迎えた佐野洋子作『100万回生きたねこ』。 本展ではその名作原画(特別出品)を中心に、代表的な絵本の原画、...

愛されて40年 『100万回生きたねこ』 佐野洋子の世界展

会期終了山梨県立美術館物語 40年間のストーリー&ヒストリー

会期:

山梨県立美術館は昭和53(1978)年に開館し、平成30(2018)年は40周年にあたります。本展では山梨県立美術館の歩みを様々な資料や所蔵品をとおして振り返...

山梨県立美術館物語 40年間のストーリー&ヒストリー

会期終了特別展「狩野芳崖と四天王―近代日本画、もうひとつの水脈―」

会期:

近代日本画の父とも称される狩野芳崖と、「芳崖四天王」と呼ばれた4人の高弟(岡倉秋水、岡不崩、高屋肖哲、本多天城)に注目した内容で、彼らの新出作...

特別展「狩野芳崖と四天王―近代日本画、もうひとつの水脈―」

会期終了特別展「ヴラマンク展 絵画と言葉で紡ぐ人生」

会期:

激しい色彩表現を特徴とする「野獣派(フォーヴィスム)」の画家として知られるモーリス・ド・ヴラマンク(1876-1958)は、20世紀のフランスで活躍した...

特別展「ヴラマンク展 絵画と言葉で紡ぐ人生」

PAGE TOPPAGE TOP

こちらの機能は、会員登録(無料)後にご利用いただけます。

会員登録はこちらから
SIGN UP
ログインはこちらから
SIGN IN

※あなたの美術館鑑賞をアートアジェンダがサポートいたします。
詳しくはこちら

CLOSE


がマイページにクリップされました

CLOSE マイページクリップ一覧を見る


がお気に入りに登録されました

CLOSE マイページお気に入り一覧を見る


を訪問済みに移動しました

CLOSE マイページ訪問済みイベントを見る

CLOSE

name

参考になりました!をクリックしたユーザー 一覧

CLOSE