美術館・展覧会情報サイト アートアジェンダ

東郷青児記念 損保ジャパン日本興亜美術館Seiji Togo Memorial Sompo Japan Nipponkoa Museum of Art

東郷青児記念 損保ジャパン日本興亜美術館

Photo:左から 損保ジャパン本社ビル外観/展示風景/東郷《望郷》/ゴッホ《ひまわり》

東郷青児記念 損保ジャパン日本興亜美術館についてABOUT Seiji Togo Memorial Sompo Japan Nipponkoa Museum of Art

東郷青児記念 損保ジャパン日本興亜美術館は、1976年7月に開館してから約四半世紀にわたり、国内外の芸術作品による展覧会を開催しています。

当初は「東郷青児美術館」という最初の館名が示すとおり、損保ジャパン日本興亜の前身会社のひとつである安田火災が文化貢献として芸術鑑賞の場を提供する美術館を構想した際に、同社とゆかりの深かった東郷青児からコレクションを提供する申し出を受け、画伯の自作を主に展示する方針で開館いたしました。

東郷青児は独自の女性像と幅広い行動力をもって洋画史上に大きな足跡を残しました。1930年代から同社の前身会社の営業案内や記念品等のデザインを次々に手がけ、なかでも画伯の絵を掲載したカレンダーは今も根強いファンを持っています。1978年の逝去時には、自作156点と、画伯の収集した他作家の189点の遺贈を受け、それらが当館の収蔵品の核になりました。

収蔵品はその後も徐々に増え、グランマ・モーゼス、ルノワール、ピカソ、ルオー、岸田劉生、山口華楊、奥村土牛、東山魁夷のほか、大賞・奨励賞・公募展「FACE」グランプリの受賞作品なども含め、約620点(2014年9月)になりました。

とりわけ、1987年10月にはフィンセント・ファン・ゴッホの≪ひまわり≫、1989年1月にはポール・ゴーギャンの≪アリスカンの並木路、アルル≫、1990年1月にはポール・セザンヌ≪りんごとナプキン≫が加わり、展示内容が一躍充実しました。

近年は、芸術の振興や国際交流を目的に、内外の近現代作家の佳品を紹介する特別展や企画展を年に5回程と、収蔵作品展を年に1回程のペースで開催しています。さらに、特別展と企画展でも、収蔵作品を10点前後ご紹介しています。

新宿という都会の喧騒の中にありながら、超高層ビルの42階に位置する当館は極めて落ち着いた雰囲気をもち、展望回廊からは東京都心の雄大な眺望を楽しむことができます。

アクセスマップACCESS MAP

Googlemapで見る

〒160-8338 東京都新宿区西新宿1丁目26-1 損保ジャパン日本興亜本社ビル42F  TEL 03-5777-8600 (ハローダイヤル:美術館利用案内)
東郷青児記念 損保ジャパン日本興亜美術館 [MAP]

利用案内INFORMATION

東郷青児記念 損保ジャパン日本興亜美術館 公式サイトURL
http://www.sjnk-museum.org/
所在地
〒160-8338 東京都新宿区西新宿1丁目26-1 損保ジャパン日本興亜本社ビル42F
TEL 03-5777-8600 (ハローダイヤル:美術館利用案内)
最寄駅
JR新宿駅西口、丸ノ内線新宿駅・西新宿駅、大江戸線新宿西口駅より徒歩5分
開館時間
開館時間 10:00〜18:00(最終入館時間 17:30)
開館時間についての追記事項
※展覧会により金曜日の開館時間を延長する場合があります。
※開館時間等の変更は公式サイトトップ(右下展覧会カレンダー)から確認ください
定休日
月曜日 
定休日についての追記事項
※祝日・振替休日の場合は開館
※展示替の期間(詳しくは展覧会予定をご覧ください)
※年末年始
入館料・観覧料
※展覧会により異なります。
開催展覧会情報をご確認ください。
割引クーポン
特になし
美術館名 よみがな
とうごうせいじきねん そんぽジャパンにっぽんこうあびじゅつかん

東郷青児記念 損保ジャパン日本興亜美術館についての感想・評価REVIEWS

この美術館にはまだ感想・評価の投稿がありません。
最初の感想・評価を投稿してみませんか?

感想・評価を投稿する

東郷青児記念 損保ジャパン日本興亜美術館 開催展覧会情報EXHIBITION INFO

開催中みんなのレオ・レオーニ展

会期:

赤い色をしたきょうだいたちの中で、唯一黒い魚の物語『スイミー』。小学校の教科書に掲載され、日本全国で親しまれています。 作者のレオ・レオーニ(1910-1999)は、イタリアやアメリカでグラフィック・...

みんなのレオ・レオーニ展

東郷青児記念 損保ジャパン日本興亜美術館にて、今後開催予定の展覧会

これまでに東郷青児記念 損保ジャパン日本興亜美術館で開催された展覧会

会期終了FACE展 2017 損保ジャパン日本興亜美術賞展

会期:

損保ジャパン日本興亜美術財団の公益財団法人への移行を機に創設された本展は、今回で5回目を迎え、新進作家の動向を反映する公募コンクールとして定着...

FACE展 2017 損保ジャパン日本興亜美術賞展

会期終了クインテットⅢ-五つ星の作家たち

会期:

このたび東郷青児記念 損保ジャパン日本興は亜美術館、国内外の美術館企画展などで作品を発表している中堅作家5人を選び、「クインテット」(五重奏)...

クインテットⅢ-五つ星の作家たち

会期終了風景との対話 コレクションが誘う場所

会期:

風景画には、私たちを描かれた世界の中にひきこむ力があります。 そこで感じたことは記憶の底に残り、日常のふとした瞬間によみがえります。 絵を見...

風景との対話 コレクションが誘う場所

会期終了カリエール展

会期:

セピア色の画面に神秘的に浮かびあがる人物や母子像で知られる、19世紀フランス象徴主義を代表する画家、ウジェーヌ・カリエール(1849年生~1906年没)の展覧会です。 没後110年に開催される本展覧会で...

カリエール展

会期終了魔法の美術館 光と影のイリュージョン

会期:

「魔法の美術館」とは、見て、参加して、楽しむ全く新しい形の展覧会です。美術ファンだけでなく、ふだん美術館に足を運ばれない方々も、子どもから大...

魔法の美術館 光と影のイリュージョン

会期終了フランスの風景 樹をめぐる物語 -コローからモネ、ピサロ、マティスまで-

会期:

「樹木」というモティーフを通して、印象派を中心とするフランス近代風景画の進展を探る展覧会です...

フランスの風景 樹をめぐる物語 -コローからモネ、ピサロ、マティスまで-

会期終了絵画のゆくえ2016 FACE受賞作家展

会期:

2012年度に創設された公募コンクール『FACE』は、年齢・所属を問わない新進作家の登竜門として毎回数多くの応募者を迎えています。出品作品は美術評論...

絵画のゆくえ2016 FACE受賞作家展

PAGE TOPPAGE TOP

こちらの機能は、会員登録(無料)後にご利用いただけます。

会員登録はこちらから
SIGN UP
ログインはこちらから
SIGN IN

※あなたの美術館鑑賞をアートアジェンダがサポートいたします。
詳しくはこちら

CLOSE


がマイページにクリップされました

CLOSE マイページクリップ一覧を見る


がお気に入りに登録されました

CLOSE マイページお気に入り一覧を見る


を訪問済みに移動しました

CLOSE マイページ訪問済みイベントを見る

CLOSE

name

参考になりました!をクリックしたユーザー 一覧

CLOSE