美術館・展覧会情報サイト アートアジェンダ

国立西洋美術館The National Museum of Western Art, Tokyo

国立西洋美術館

Photo:© 国立西洋美術館

国立西洋美術館についてABOUT The National Museum of Western Art, Tokyo

国立西洋美術館は、フランス政府から寄贈返還された松方コレクション(川崎造船所社長、衆議院議員を務めた松方幸次郎が、大正初期から昭和初期の1910年代から1920年代にかけて築いた印象派絵画やロダンの彫刻などを中心とするフランス美術コレクション)を基礎に、1959(昭和34)年4月に発足した。

以来、広く西洋美術全般を対象とする唯一の国立美術館として、展覧事業を中心に運営が行われている。

戦後、1951年のサンフランシスコ講和会議の際に、首相吉田茂がフランスの外務大臣に要求して(連合国に管理されていた個人の財産は所有者に返還されるという平和条約による)、松方コレクション返還交渉が開始されることとなった。

しかし、その後の交渉の中で、コレクションの中で重要な、ゴーギャンやゴッホなどいくつかの作品についてはフランス側が譲らず、結局、絵画196点、素描80点、版画26点、彫刻63点、書籍5点の合計370点の作品が、美術館を建設して展示するという条件付きで返還された。それらを受入れるのための美術館は、ル・コルビュジエにより基本設計が行われ、1959年に国立西洋美術館として開館した。

1979年には、前川國男設計によって新館が設立された。常設展としては、年間を通して、松方コレクション作品および創立以来毎年購入しているルネサンス以降20世紀初頭までの作品および寄贈・寄託作品の展示を開催している。

また、1997年(平成9年)に竣工した企画展示館において欧米の美術館等からの借用作品による新聞社等との共催展を年3回程度開催し、西洋美術の紹介に力を注いでいる。

2016年5月17日、国立西洋美術館の建築が、「ル・コルビュジエの建築作品」として世界遺産への登録が正式に勧告されることが決まった。ユネスコ世界遺産委員会の諮問機関「イコモス」によって、「ル・コルビュジエの建築作品」の17施設が、世界遺産に登録するよう勧告される。フランスが代表となり、スイス、ドイツ、日本など7か国が共同で推薦しており、トルコで7月に開催される世界遺産委員会で、正式な登録が決定すれば、大陸をまたいでの初めての世界遺産登録となる。国立西洋美術館の建築は、日本唯一のル・コルビュジエの建築作品である。

アクセスマップACCESS MAP

Googlemapで見る

〒110-0007 東京都台東区上野公園7番7号  TEL 03-5777-8600 (ハローダイヤル)
国立西洋美術館 [MAP]

利用案内INFORMATION

国立西洋美術館 公式サイトURL
http://www.nmwa.go.jp/
所在地
〒110-0007 東京都台東区上野公園7番7号
TEL 03-5777-8600 (ハローダイヤル)
最寄駅
JR上野駅下車(公園口出口)徒歩1分
京成電鉄京成上野駅下車 徒歩7分
東京メトロ銀座線、日比谷線上野駅下車 徒歩8分
開館時間
開館時間 09:30〜17:30(最終入館時間 17:00)
開館時間についての追記事項
※毎週金曜日は、9:30〜20:00まで
(最終入場時間 19:30)
定休日
月曜日 
定休日についての追記事項
・ただし、月曜日が祝日又は祝日の振替休日となる場合は開館し、翌日の火曜日が休館
・年末年始(12月28日~翌年1月1日)
・その他、臨時に開館・休館することがあります。
詳細はこちらから
・開館時間・休館日の最新情報については、国立西洋美術館のトップページをご確認ください。
入館料・観覧料
常設展
一般 430円(220円)
大学生 130円(70円)
※( )内は、団体20名以上
※無料観覧日(常設展のみ) 毎月の第2、第4土曜日、文化の日(11月3日)

企画展は別料金となります。
開催中の企画展案内については、こちらをご確認ください。

入館料・観覧料についての追記事項
※高校生以下及び18歳未満、65歳以上、心身に障害のある方及び付添者1名は無料(入館の際に学生証または年齢の確認できるもの、障害者手帳をご提示ください)
※国立美術館キャンパスメンバーズ 加盟校の学生・教職員は無料(入館の際に学生証または教職員証をご提示ください)
割引クーポン
特になし
美術館名 よみがな
こくりつせいようびじゅつかん

国立西洋美術館についての感想・評価REVIEWS

この美術館にはまだ感想・評価の投稿がありません。
最初の感想・評価を投稿してみませんか?

感想・評価を投稿する

国立西洋美術館 開催展覧会情報EXHIBITION INFO

開催中国立西洋美術館 開館60周年記念 松方コレクション展

会期:

日本を代表する美術館のひとつ、国立西洋美術館(東京・上野)。印象派やロダン作品の質の高いコレクションに加え、20世紀の巨匠ル・コルビュジェの建...

国立西洋美術館 開館60周年記念 松方コレクション展

開催中日本・フィンランド外交関係樹立100周年記念 モダン・ウーマン―フィンランド美術を彩った女性芸術…

会期:

19世紀後半から20世紀初頭のフィンランドでは、ロシアからの独立運動、そして1917年に誕生する新し...

日本・フィンランド外交関係樹立100周年記念 モダン・ウーマン―フィンランド美術を彩った女性芸術家たち

開催予定日本・オーストリア友好150周年記念 ハプスブルク展 600年にわたる帝国コレクションの歴史

会期:

広大な領地を支配下に収め、神聖ローマ帝国を代々世襲するなど、ヨーロッパの歴史の表舞台で常に脚...

日本・オーストリア友好150周年記念 ハプスブルク展 600年にわたる帝国コレクションの歴史

開催予定ロンドン・ナショナル・ギャラリー展

会期:

ロンドン中心部、トラファルガー広場に面して建つ世界屈指の美の殿堂、ロンドン・ナショナル・ギャラリー。 多くのヨーロッパの美術館とは違い王室の...

ロンドン・ナショナル・ギャラリー展

国立西洋美術館にて、今後開催予定の展覧会

これまでに国立西洋美術館で開催された展覧会

会期終了国立西洋美術館開館60周年記念 ル・コルビュジエ 絵画から建築へ―ピュリスムの時代

会期:

20世紀建築の巨匠ル・コルビュジエ(1887-1965)が設計した国立西洋美術館本館は、2016年にユネス...

国立西洋美術館開館60周年記念 ル・コルビュジエ 絵画から建築へ―ピュリスムの時代

会期終了ルーベンス展-バロックの誕生

会期:

ペーテル・パウル・ルーベンスの名は、わが国では名作アニメ『フランダースの犬』によって知られています。そう、主人公ネロ少年が一目見たいと望み続け、最終回にはその前で愛犬パトラッシュとともにこ...

ルーベンス展-バロックの誕生

会期終了ミケランジェロと理想の身体

会期:

「神のごとき」と称えられたイタリア・ルネサンスの巨匠、ミケランジェロ・ブオナローティ(1475~1564)。 彫刻、絵画、建築の各分野で傑出した作品を残しましたが、ミケランジェロ自身は自らを「彫刻...

ミケランジェロと理想の身体

会期終了プラド美術館展 ベラスケスと絵画の栄光

会期:

マドリードにあるプラド美術館は、スペイン王室の収集品を核に1819年に開設された、世界屈指の美の殿堂です。 本展は、同美術館の誇りであり、西洋美...

プラド美術館展 ベラスケスと絵画の栄光

会期終了北斎とジャポニスム HOKUSAIが西洋に与えた衝撃

会期:

19世紀後半、日本の美術は、西洋で新しい表現を求める芸術家たちを魅了し、“ジャポニスム”という現象が生まれました。 なかでももっとも注目されたの...

北斎とジャポニスム HOKUSAIが西洋に与えた衝撃

会期終了アルチンボルド展

会期:

ジュゼッペ・アルチンボルド(1526-1593年)は、16世紀後半にウィーンとプラハのハプスブルク家の宮廷で活躍した、イタリア・ミラノ生まれの画家です。 自然科学に深い関心を示したマクシミリアン2世、...

アルチンボルド展

会期終了シャセリオー展―19世紀フランス・ロマン主義の異才

会期:

本展はフランス・ロマン主義の異才テオドール・シャセリオー(Théodore Chassériau 1819-1856)の芸術を日本で初めて本格的に紹介するものです。 アン...

シャセリオー展―19世紀フランス・ロマン主義の異才

会期終了クラーナハ展-500年後の誘惑

会期:

ルカス・クラーナハ(父 1472-1553年)は、いまから500年前のドイツを生きた画家です。16世紀前半のドイツ、それは変革につぐ変革、激動につぐ激動の只中にありました。その時代の揺れ動きを誰よりも敏感...

クラーナハ展-500年後の誘惑

会期終了聖なるもの、俗なるもの メッケネムとドイツ初期銅版画

会期:

イスラエル・ファン・メッケネム(c.1445-1503)は、15世紀後半から16世紀初頭にライン川下流域の町で活動したドイツの銅版画家です。 当時人気のショー...

聖なるもの、俗なるもの メッケネムとドイツ初期銅版画

会期終了日伊国交樹立150周年記念 カラヴァッジョ展

会期:

ミケランジェロ・メリージ・ダ・カラヴァッジョ(1571-1610年)は、西洋美術史上最も偉大な芸術家のひとりであり、イタリアが誇る大画家です。彼の理想...

日伊国交樹立150周年記念 カラヴァッジョ展

会期終了黄金伝説展 古代地中海世界の秘宝

会期:

今から6000年以上前の世界最古の金製品が本展に登場します。そこにはふたつの驚きがあります。ひとつは、その黄金は6000年もの時を経ていること。もう...

黄金伝説展 古代地中海世界の秘宝

PAGE TOPPAGE TOP

こちらの機能は、会員登録(無料)後にご利用いただけます。

会員登録はこちらから
SIGN UP
ログインはこちらから
SIGN IN

※あなたの美術館鑑賞をアートアジェンダがサポートいたします。
詳しくはこちら

CLOSE


がマイページにクリップされました

CLOSE マイページクリップ一覧を見る


がお気に入りに登録されました

CLOSE マイページお気に入り一覧を見る


を訪問済みに移動しました

CLOSE マイページ訪問済みイベントを見る

CLOSE

name

参考になりました!をクリックしたユーザー 一覧

CLOSE