美術館・展覧会情報サイト アートアジェンダ

青森県の展覧会

展覧会情報を登録申請する

検索

並び順

表示地域設定変更 全国の展覧会

十和田市現代美術館|青森県開催中AKI INOMATA:Significant Otherness 生きものと私が出会うとき

会期:

生物の観察と調査を通して独創的な作品を作り出すAKI INOMATAの、日本の美術館では初となる個展です。 やどかりに3Dプリンターで制作した各国の都市を...

AKI INOMATA:Significant Otherness 生きものと私が出会うとき

青森県立美術館|青森県開催予定青森 EARTH2019:いのち耕す場所 ―農業がひらくアートの未来

会期:

青森の大地(EARTH)に根ざしたアート(ART)の可能性を探究するシリーズ企画「青森EARTH」。今回のテーマは「農業」。 大地を耕し地域の食や社会を支える...

青森 EARTH2019:いのち耕す場所 ―農業がひらくアートの未来

青森県立美術館|青森県会期終了子どものための建築と空間展

会期:

私たちが子どものときに過ごした空間は、原風景として長く記憶に留まり、その後の私たちの生き方や考え方に与える影響は少なくありません。 本展は、子どもたちの生活の中心となる学びの場・遊びの場と...

子どものための建築と空間展

国際芸術センター青森|青森県会期終了アーティスト・イン・レジデンス2019/夏「はかなさへの果敢さ」

会期:

「もののあわれ」の考え方のように、日本では物事の移ろいやすさ、つまり「はかなさ」を味わうことが根付いてきました。自然や風景、人、社会の絶え間...

アーティスト・イン・レジデンス2019/夏「はかなさへの果敢さ」

国際芸術センター青森|青森県会期終了石田尚志展「弧上の光」

会期:

線がうねり、にじみ、増殖し、重なり面を作り、形が生まれたかと思えば消えていく。 線を描いては撮影し、撮影したコマをつないで映像にするドローイング・アニメーションの手法を用いた映像作品で知ら...

石田尚志展「弧上の光」

国際芸術センター青森|青森県会期終了ヴィジョン・オブ・アオモリ vol.17「塚本悦雄|彫刻ファーム」

会期:

国際芸術センター青森では「ヴィジョン・オブ・アオモリ」と題して、青森ゆかりのアーティストを紹介する展覧会を年に一度開催してきました。第17回目...

ヴィジョン・オブ・アオモリ vol.17「塚本悦雄|彫刻ファーム」

青森県立美術館|青森県会期終了アルヴァ・アアルト―もうひとつの自然

会期:

建築家アルヴァ・アアルト(1898-1976)はフィンランドを代表する建築家・デザイナーです。合理主義、機能主義を旨とするモダニズムの中に人間の生理に...

アルヴァ・アアルト―もうひとつの自然

十和田市現代美術館|青森県会期終了ウソから出た、まこと ―地域を超えていま生まれ出るアート

会期:

地域の人々との共同作業によって作られる作品やプロジェクトが、いま日本では数多く行われています。 十和田市現代美術館が昨年から取り組んでいる〈...

ウソから出た、まこと ―地域を超えていま生まれ出るアート

十和田市現代美術館|青森県会期終了毛利悠子 ただし抵抗はあるものとする

会期:

国内外で注目を集める新進アーティスト、毛利悠子(もうりゆうこ)が、世界初の美術館での個展を十和田市現代美術館で開催します。 ◆毛利悠子(もうり...

毛利悠子 ただし抵抗はあるものとする

国際芸術センター青森|青森県会期終了秋のアーティスト・イン・レジデンス2018 展覧会「〇動」

会期:

私たちが意識するかどうかに関わらず、世界は動きによって成り立ち、変化を続けています。体を動かしても動かされても、移動した事実は一つの変化とい...

秋のアーティスト・イン・レジデンス2018 展覧会「〇動」

国際芸術センター青森|青森県会期終了夏のアーティスト・イン・レジデンス 2018 未完の庭、満ちる動き

会期:

人は暮らしの中で、会社や学校あるいは友人同士などの何らかのコミュニティに属し、国籍、性別、言語、政治、思想など様々なものを、意識的にも無意識...

夏のアーティスト・イン・レジデンス  2018 未完の庭、満ちる動き

青森県立美術館|青森県会期終了めがねと旅する美術展

会期:

現代は膨大な視覚情報が溢れている時代です。それらを「見る」ための器具として欠かせないのが、「めがね」です。 視力を補うため装置であると同時に、「レンズ」もまた広義の「めがね」として、ミクロ...

めがねと旅する美術展

十和田市現代美術館|青森県会期終了スゥ・ドーホー:Passage/s パサージュ

会期:

本展「Passage/s」で、韓国出身の作家スゥ・ドーホーは、その半透明の布を使ったシリーズの最新作を展示します。また彼のロンドン、ニューヨーク、ソウ...

スゥ・ドーホー:Passage/s パサージュ

青森県立美術館|青森県会期終了東奥日報創刊130周年・青森放送創立65周年記念 絵画の絆「フランスと日本」展 モネ・ドガ・ピカソ…

会期:

東奥日報創刊130周年と青森放送創立65周年を記念し、ひろしま美術館の収蔵品(コレクション)の中か...

東奥日報創刊130周年・青森放送創立65周年記念 絵画の絆「フランスと日本」展 モネ・ドガ・ピカソから大観まで -ひろしま美術館コレクション-

国際芸術センター青森|青森県会期終了ヴィジョン・オブ・アオモリvol.16-Part2 「ある、晴れた日に」

会期:

かつて青森市の柳町通にあった「柿貞商店」は、明治時代には既に店を構え、昭和30年頃は農薬、ペンキ、工業薬品、ランプの油、線香、蝋燭、ねぶたの染...

ヴィジョン・オブ・アオモリvol.16-Part2 「ある、晴れた日に」

国際芸術センター青森|青森県会期終了ヴィジョン・オブ・アオモリvol.16-Part1 柿崎真子 | アオノニマス 潜

会期:

国際芸術センター青森では、「ヴィジョン・オブ・アオモリ」と題して、青森ゆかりのアーティストを...

ヴィジョン・オブ・アオモリvol.16-Part1 柿崎真子 | アオノニマス 潜

国際芸術センター青森|青森県会期終了多田友充展

会期:

本展タイトル:多田友充展「性根の腐った誠実さのかけらもない人間どもの流す情報を、ただただ鵜呑みにして自らの頭で考えることもせず無邪気に人に暴力を振るう、たましいのない空っぽの操り人形どもは...

多田友充展

青森県立美術館|青森県開催中シャガール「アレコ」全4作品完全展示

会期:

青森県立美術館の中心には、縦・横21m、高さ19m、四層吹き抜けの大空間が設けられています。 アレコホールと呼ばれるこの大きなホールには、20世紀を...

シャガール「アレコ」全4作品完全展示

PAGE TOPPAGE TOP

検索対象地域設定

最大12か所までお選びいただけます。
※地域設定を指定しない場合、全国(全都道府県)が対象に表示されます。

都道府県別のチェックをすべて外す

関東地方

近畿地方

東北地方

中部地方

中国地方

九州地方

北海道

四国地方

こちらの機能は、会員登録(無料)後にご利用いただけます。

会員登録はこちらから
SIGN UP
ログインはこちらから
SIGN IN

※あなたの美術館鑑賞をアートアジェンダがサポートいたします。
詳しくはこちら

CLOSE


がマイページにクリップされました

CLOSE マイページクリップ一覧を見る


がお気に入りに登録されました

CLOSE マイページお気に入り一覧を見る


を訪問済みに移動しました

CLOSE マイページ訪問済みイベントを見る

CLOSE