美術館・展覧会情報サイト アートアジェンダ

青森県立美術館AOMORI MUSEUM OF ART

青森県立美術館

Photo:左から 外観/メインエントランス(上段左)/コミュニティホール(上段右)/外観(下段左)/アレコホール(下段右)

青森県立美術館についてABOUT AOMORI MUSEUM OF ART

青森県の豊かな芸術風土や、隣接する三内丸山(さんないまるやま)遺跡に埋蔵された縄文のエネルギーを芸術創造の源泉として捉えながら、強烈な個性を有する青森県のアーティストたちの原風景を探求し、世界に向けて発信することを目指し、青森県立美術館は、2006年7月13日に開館した。

美術をはじめとして、映画、演劇、音楽など様々な文化芸術活動を活発に展開し、驚きや感動の体感とともに、新しい価値観と出会う場を積極的に創出する。

2000年2月18日、青森県立美術館設計競技において、応募作品393点(国内からの参加数としては史上最大規模の建築コンペとなった)の中から、建築家 青木淳の作品が最優秀の栄冠に輝いた。

青森県立美術館の建築においては、敷地が日本最大級の縄文集落跡 三内丸山(さんないまるやま)に隣接していること、つまり青森の人々やその言語に感じられる内にこもったエネルギーと縄文文化との強い連鎖、そしてその表現者としての棟方志功等の芸術家、そうした土着的場所性をいかに建築で表現しうるのか、といった点が問われていた。

審査委員長の伊東豊雄は、青木淳による提案はこの点を最も見事に表現されたように感じる、と評価した。

青木淳による設計は、「三内丸山縄文遺跡」の発掘現場から着想を得て、発掘現場のトレンチ(壕)のように、地面が幾何学的に切り込まれ、その上から白く塗装された煉瓦の量塊が覆いかぶさっている。上の量塊の下の面も、凹凸を見せ、土の上向きの凹凸と量塊の下向きの凹凸が、まるで並びの悪い歯列かのように、気ままに、隙間を持ちながら噛み合わされている、という点を建築の基本構成としている。

美術館のシンボルマーク、ロゴタイプをはじめとする総合的なビジュアルイメージは、アートディレクターの菊地敦己が設計している。シンボルマークは「木」と「a」をモチーフにし、パターン(繰り返しの群れ)として展開した。「青い木が集まって森になる」という成長を描いている。

青森県立美術館のコレクションは、地域と風土に密着した芸術を重視した収集を行っている。郷土の作家では、棟方志功、関野凖一郎、斎藤義重、小野忠弘、阿部合成、野沢如洋、橋本花、工藤甲人、工藤哲巳、寺山修司、成田亨、奈良美智など個性豊かな作家の作品を収集。青森県以外の作家では、荒川修作、今井俊満、恩地孝四郎、高山良策、鳥海青児、浜口陽三、山口長男など。海外作家ではシャガール、カンディンスキー、クレー、マティス、レンブラント、ルドン、ピカソといった作家の作品を収集している。

◆ シャガール: バレエ「アレコ」舞台背景画
20世紀を代表する画家の一人、マルク・シャガール(1887-1985)は、1942年、亡命先のアメリカでバレエ「アレコ」の舞台装飾に取り組んだ。青森県立美術館は、全4幕からなるそのバレエの背景画の内、3点を収蔵している。1点の大きさは縦が約9メートル、横は約15メートル。巨大な画面にシャガールの色彩への情熱がほとばしっている。

アクセスマップACCESS MAP

Googlemapで見る

〒038-0021 青森県青森市安田字近野185  TEL 017-783-3000
青森県立美術館 [MAP]

利用案内INFORMATION

青森県立美術館 公式サイトURL
http://www.aomori-museum.jp
所在地
〒038-0021 青森県青森市安田字近野185
TEL 017-783-3000
最寄駅
JR新青森駅から車で10分。JR青森駅・青森空港から車で20分。東北縦貫自動車道青森I.C.から車で5分。

青森市営バス青森駅前6番バス停から三内丸山遺跡 行き 「県立美術館前」下車 (約20分)

ルートバスねぶたん号 新青森駅東口バス停から乗車 「県立美術館前」下車 (約10分)
開館時間
開館時間 09:30〜17:00(最終入館時間 16:30)
開館時間についての追記事項
※6月1日~9月30日 9:00〜18:00
(最終入場時間 17:30)
定休日
定休日についての追記事項
毎月第2、第4月曜日
※この日が祝日の場合は、その翌日
※年末 12月29日~12月31日
※ただし、企画展の開催・展示替えなどにより、臨時休館や休館日の変更等がありますので、詳しくはスケジュールカレンダーでご確認ください
入館料・観覧料
一般 510円(410円)
大学生・高校生 300円(240円)
中学生・小学生 100円(80円)
※( )内は、団体割引20名以上
※展示内容により変更する場合があります。
※企画展は別途
入館料・観覧料についての追記事項
※団体での観覧をご希望のお客様は団体申込みの手続きをお願いします。
団体申込書 (PDF/80KB)
割引クーポン
特になし
美術館名 よみがな
あおもりけんりつびじゅつかん

青森県立美術館についての感想・評価REVIEWS

この美術館にはまだ感想・評価の投稿がありません。
最初の感想・評価を投稿してみませんか?

感想・評価を投稿する

青森県立美術館 開催展覧会情報EXHIBITION INFO

開催中シャガール「アレコ」全4作品完全展示

会期:

青森県立美術館の中心には、縦・横21m、高さ19m、四層吹き抜けの大空間が設けられています。 アレコホールと呼ばれるこの大きなホールには、20世紀を...

シャガール「アレコ」全4作品完全展示

開催中青森 EARTH2019:いのち耕す場所 ―農業がひらくアートの未来

会期:

青森の大地(EARTH)に根ざしたアート(ART)の可能性を探究するシリーズ企画「青森EARTH」。今回のテーマは「農業」。 大地を耕し地域の食や社会を支える...

青森 EARTH2019:いのち耕す場所 ―農業がひらくアートの未来

これまでに青森県立美術館で開催された展覧会

会期終了子どものための建築と空間展

会期:

私たちが子どものときに過ごした空間は、原風景として長く記憶に留まり、その後の私たちの生き方や考え方に与える影響は少なくありません。 本展は、子どもたちの生活の中心となる学びの場・遊びの場と...

子どものための建築と空間展

会期終了アルヴァ・アアルト―もうひとつの自然

会期:

建築家アルヴァ・アアルト(1898-1976)はフィンランドを代表する建築家・デザイナーです。合理主義、機能主義を旨とするモダニズムの中に人間の生理に...

アルヴァ・アアルト―もうひとつの自然

会期終了めがねと旅する美術展

会期:

現代は膨大な視覚情報が溢れている時代です。それらを「見る」ための器具として欠かせないのが、「めがね」です。 視力を補うため装置であると同時に、「レンズ」もまた広義の「めがね」として、ミクロ...

めがねと旅する美術展

会期終了東奥日報創刊130周年・青森放送創立65周年記念 絵画の絆「フランスと日本」展 モネ・ドガ・ピカソ…

会期:

東奥日報創刊130周年と青森放送創立65周年を記念し、ひろしま美術館の収蔵品(コレクション)の中か...

東奥日報創刊130周年・青森放送創立65周年記念 絵画の絆「フランスと日本」展 モネ・ドガ・ピカソから大観まで -ひろしま美術館コレクション-

会期終了シャガール - 三次元の世界 展

会期:

青森県立美術館の高さ約20メートルの大ホールに展示されたマルク・シャガール(1887-1985)によるバレエ「アレコ」の背景画は、青森県立美術館のコレクションを代表する作品です。本展は、多くの人々を魅了...

シャガール - 三次元の世界 展

会期終了コレクション展 2017-4 アーティストの眼

会期:

絵本『ちいさいおうち』の作者、バージニア・リー・バートンの特集展示を行うほか、ガラス作家・石井康治、グラフィックデザイナー・菊地敦己、写真家...

コレクション展 2017-4 アーティストの眼

会期終了夢に挑む 洋画をめぐる画家たちの冒険 ~明治・大正・昭和 日本と青森の近代洋画史~

会期:

19世紀、西洋文明との本格的な出会いから始まった日本の近代以降、洋画をめぐり画家たちが挑んだ夢...

夢に挑む 洋画をめぐる画家たちの冒険 ~明治・大正・昭和 日本と青森の近代洋画史~

会期終了遥かなるルネサンス

会期:

本展は、16世紀後半のイタリアを訪れた天正遣欧少年使節の足跡をたどりつつ、“日本人が初めて見たヨーロッパ文化”“日本人が初めて見たイタリア・ルネサンスの芸術”に焦点を当てて、ルネサンスの豊穣なる...

遥かなるルネサンス

会期終了コレクション展 2017-1 ラブラブショー2関連企画 DIALOGUES ダイアローグズ -作家たちの対話から

会期:

親密な交流を持った作家同士、同じ問題意識で結ばれた作家同士、あるいは一緒に作品を制作する過程...

コレクション展 2017-1 ラブラブショー2関連企画 DIALOGUES ダイアローグズ -作家たちの対話から

会期終了ラブラブショー2

会期:

2009年末に開催した「ラブラブショー」から7年・・・、ついに待望の第二弾! ラブラブショーは「出逢い」をコンセプトとした美術展です。美術をはじめ、多彩なジャンルで活躍しているアーティスト、クリ...

ラブラブショー2

会期終了コレクション展特別企画 「青森コンプレックス2016」

会期:

青森県立美術館開館10周年にあたり、コレクション展特別企画「青森コンプレックス2016」を開催いたします。 青森県は、新しい芸術表現を切り拓いた多...

コレクション展特別企画 「青森コンプレックス2016」

会期終了青森県立美術館開館10周年記念 「生誕80周年 澤田教一:故郷と戦場」

会期:

1936(昭和11)年に青森市に生まれた澤田教一は、1965年、戦火の絶えないインドシナ半島に赴き、カ...

青森県立美術館開館10周年記念 「生誕80周年 澤田教一:故郷と戦場」

PAGE TOPPAGE TOP

こちらの機能は、会員登録(無料)後にご利用いただけます。

会員登録はこちらから
SIGN UP
ログインはこちらから
SIGN IN

※あなたの美術館鑑賞をアートアジェンダがサポートいたします。
詳しくはこちら

CLOSE


がマイページにクリップされました

CLOSE マイページクリップ一覧を見る


がお気に入りに登録されました

CLOSE マイページお気に入り一覧を見る


を訪問済みに移動しました

CLOSE マイページ訪問済みイベントを見る

CLOSE

name

参考になりました!をクリックしたユーザー 一覧

CLOSE