神奈川県の展覧会

展覧会情報を登録申請する

特別展「清方と二人の弟子―門井掬水 西田青坡―」 

特別展「清方と二人の弟子―門井掬水 西田青坡―」 

鎌倉市鏑木清方記念美術館|神奈川県会期終了

会期:

鏑木清方のもとには、画風や人柄に惹かれて多くの入門希望者が集まり、一時、弟子は五十...

KAGAYA 星空の世界 天空の贈り物

KAGAYA 星空の世界 天空の贈り物

そごう美術館|神奈川県会期終了

会期:

空を見上げることをきっかけに広がる世界は、果てしない― 写真作品約100点と、16mの巨大...

川崎市市制100周年記念展 生命の交歓 岡本太郎の食

川崎市市制100周年記念展 生命の交歓 岡本太郎の食

川崎市岡本太郎美術館|神奈川県会期終了

会期:

生きものが生きものを食べるのは、まさに生命の交歓である。※ 岡本太郎にとって「食」と...

驚異の細密表現展 ―江戸・明治の工芸から現代アートまで―

驚異の細密表現展 ―江戸・明治の工芸から現代アートまで―

横須賀美術館|神奈川県会期終了

会期:

開港場であり居留地のあった横浜は、明治期には陶磁器の一大生産地であり、眞葛焼に代表...

吉田克朗展―ものに、風景に、世界に触れる

吉田克朗展―ものに、風景に、世界に触れる

神奈川県立近代美術館 葉山|神奈川県会期終了

会期:

多摩美術大学で斎藤義重に学んだ吉田克朗(よしだかつろう 1943-1999)は、1969年から物...

特別展「清方えがく、華やぐ舞台~芝居絵を中心に~」 

特別展「清方えがく、華やぐ舞台~芝居絵を中心に~」 

鎌倉市鏑木清方記念美術館|神奈川県会期終了

会期:

日本画家・鏑木清方は大の芝居好きで、画業をとおして歌舞伎や新派に取材した作品を多く...

常設展「前衛たちの足跡 岡本太郎とその時代」

常設展「前衛たちの足跡 岡本太郎とその時代」

川崎市岡本太郎美術館|神奈川県会期終了

会期:

岡本太郎は、18歳の時に東京美術学校(現・東京芸術大学)を中退し、両親の渡欧について...

平野杏子展 - 生きるために描きつづけて

平野杏子展 - 生きるために描きつづけて

平塚市美術館|神奈川県会期終了

会期:

平塚市在住の洋画家、平野杏子(ひらのきょうこ、1930年-)の本格的回顧展を開催します...

1950~60年代の日本画 - 造形への挑戦

1950~60年代の日本画 - 造形への挑戦

平塚市美術館|神奈川県会期終了

会期:

戦後まもなく、それまでの伝統的な日本画のあり方に危機感をつのらせた画家たちが新たな...

再興第108回院展

再興第108回院展

そごう美術館|神奈川県会期終了

会期:

日本美術院は、横浜出身の岡倉天心を中心に、横山大観、菱田春草、下村観山らが加わり、1898(明治31)年に創立された日本画の研究団体...

鈴木敏夫とジブリ展

鈴木敏夫とジブリ展

横須賀美術館|神奈川県会期終了

会期:

高畑勲•宮﨑駿両監督と共に、世界を代表する数々のアニメーション映画を世に送り出してきたスタジオジブリ・プロデューサー鈴木敏夫。 ...

第8回横浜トリエンナーレ  「野草:いま、ここで生きてる」

第8回横浜トリエンナーレ 「野草:いま、ここで生きてる」

横浜美術館|神奈川県会期終了

会期:

横浜トリエンナーレは、横浜市で3年に一度開催する現代アートの国際展です。これまで、国...

収蔵名作展 日本画の煌めき

収蔵名作展 日本画の煌めき

箱根・芦ノ湖成川美術館|神奈川県会期終了

会期:

箱根・芦ノ湖成川美術館コレクションの代表的な作品と作家の作品を紹介します。 出展作家は、麻田鷹司、石本正、岩田壮平、牛尾武、大...

開館30周年記念 ヨーゼフ・ボイス

開館30周年記念 ヨーゼフ・ボイス

カスヤの森現代美術館|神奈川県会期終了

会期:

カスヤの森現代美術館では1994年の開館当初より戦後美術を語る上で欠くことの出来ない作...

企画展「子どもへのまなざし~清方が描いた子どもたち~」

企画展「子どもへのまなざし~清方が描いた子どもたち~」

鎌倉市鏑木清方記念美術館|神奈川県会期終了

会期:

大正から昭和にかけ日本画壇で活躍した鏑木清方。その画業の始まりは挿絵でした。16歳で...

小金沢健人×佐野繁次郎 ドローイング/シネマ

小金沢健人×佐野繁次郎 ドローイング/シネマ

神奈川県立近代美術館 鎌倉別館|神奈川県会期終了

会期:

現代美術作家と神奈川県立近代美術館の所蔵作家をとりあげ、一つの視点でそれぞれの作品...

第27回岡本太郎現代芸術賞(TARO賞)

第27回岡本太郎現代芸術賞(TARO賞)

川崎市岡本太郎美術館|神奈川県会期終了

会期:

1954年、岡本太郎43歳のときに出版された『今日の芸術』。この本には「時代を創造する者...

展覧会情報を登録申請する

検索対象地域設定

最大12か所までお選びいただけます。
※地域設定を指定しない場合、全国(全都道府県)が対象に表示されます。

都道府県別のチェックをすべて外す

関東地方
近畿地方
東北地方
中部地方
中国地方
九州地方
北海道
四国地方

こちらの機能は、会員登録(無料)後にご利用いただけます。

会員登録はこちらから
SIGN UP
ログインはこちらから
SIGN IN

※あなたの美術館鑑賞をアートアジェンダがサポートいたします。
詳しくはこちら

CLOSE


がマイページにクリップされました

CLOSE マイページクリップ一覧を見る


がお気に入りに登録されました

CLOSE マイページお気に入り一覧を見る


を訪問済みに移動しました

CLOSE マイページ訪問済みイベントを見る

CLOSE