箱根・芦ノ湖成川美術館 Narukawa Art Museum

箱根・芦ノ湖成川美術館

箱根・芦ノ湖成川美術館についてABOUT Narukawa Art Museum

1988年(昭和63年)4月に開館した箱根・芦ノ湖畔に立つ成川美術館は、文化勲章受章画家・山本丘人の代表作150点余りを核に、平山郁夫作の作品(素描を含む)を40点余、他現代日本画を中心としたコレクションを4000点以上所蔵している。

堀文子、岡信孝、牧進、関口雄揮、吉田善彦、毛利武彦、平岩洋彦、岡崎忠雄、小林済、前本利彦、牛尾武、柳沢正人らの作品数は、日本一を誇り、そのほかにも、日本で1、2を誇るコレクションとして、森田りえ子、石本正、中野嘉之、平松礼二、木村圭吾、内藤五琅、矢谷長治、吉田多最らの作品群がある。

成川美術館は、現代日本画に焦点を絞り、その精華を世に問うユニークな美術館である。特に、戦後の日本画のすばらしさを広めることを設立の目的の一つとしている。

戦後の日本の歩みとともに進展した新しい現代日本画は、平安時代の「やまと絵」以来の伝統を誇りながらも、色彩を塗り重ね、構図やイメージの刷新や拡張など、芸術として一層の深化を遂げている。

国際化した現代の複雑な感情も画背に塗り込めらながら、新時代の美術運動を画する最初の指標として、昭和23年1月に結成された「創造美術」の先頭に立って日本画を牽引したのが山本丘人であり、その作品が成川美術館のコレクションの中核となっている。

また、有名作家・実力作家を顕彰するだけではなく、無名であっても将来有望な画家、世に未だ知られていない気骨のある芸術家たちをいち早く認め、それらの作品を精力的に収集・展示することで、現代の作家とともに歩みながら、新しい日本画の未来を切り開くことこそを真の使命としている。

アクセスマップACCESS MAP

Googlemapで見る

箱根・芦ノ湖成川美術館
〒250-0522神奈川県 足柄下郡箱根町元箱根570番  TEL 0460-83-6828

利用案内INFORMATION

箱根・芦ノ湖成川美術館 公式サイトURL
http://www.narukawamuseum.co.jp/
所在地
〒250-0522 神奈川県 足柄下郡箱根町元箱根570番
TEL 0460-83-6828
最寄駅
JR小田原駅または小田急線 小田原駅/箱根湯本駅から、箱根登山バス/伊豆箱根バス「元箱根港」下車

箱根観光船「元箱根」乗り場前/伊豆箱根遊覧船「元箱根」乗り場徒歩3分
開館時間
開館時間 09:00〜17:00
定休日
年中無休 
入館料・観覧料
一般 1,300円(1,100円)
大学生・高校生 900円(700円)
中学生・小学生 600円(500円)
幼児 無料
※( )内は団体(10名以上)
入館料・観覧料についての追記事項
※障がい者手帳をご提示いただくと入場料は1,000円、同行の方1名様は同額となります
※「インターネット特別割引券」をご提示いただければ記載の割引をいたします
割引クーポン
http://www.narukawamuseum.co.jp/about/coupon.html
美術館名 よみがな
なるかわびじゅつかん

箱根・芦ノ湖成川美術館についての感想・評価REVIEWS

この美術館にはまだ感想・評価の投稿がありません。
最初の感想・評価を投稿してみませんか?
(展覧会についての感想・評価は、各展覧会のページよりご投稿をお願いいたします。
こちらは、「美術館」自体についての感想・評価の投稿欄となります。)
感想・評価を投稿する

箱根・芦ノ湖成川美術館 開催展覧会情報EXHIBITION INFO

PartⅠ 花のある風景

PartⅠ 花のある風景

開催中

会期:

国内外の花のある風景を描いた作品を展示します。 自然の陽光や外気を感じるような生命感溢れる豊かな絵画世界です。 牛尾武、倉島重...

PartⅡ 花のある静物

PartⅡ 花のある静物

開催中

会期:

花のある静物を描いた作品を展示します。 伝統的な花鳥画ではなく、日本画の新しい表現や静物画の象徴性をもつ作品を多く展示します。...

収蔵名作展 日本画の煌めき

収蔵名作展 日本画の煌めき

開催中

会期:

平山郁夫、加山又造、東山魁夷、杉山寧、麻田鷹司、工藤甲人らの成川美術館の代表的なコレクションを展示します。

これまでに箱根・芦ノ湖成川美術館で開催された展覧会

収蔵名作展~日本画の煌めき~

収蔵名作展~日本画の煌めき~

会期終了

会期:

成川美術館の代表的なコレクション展です。 人物画の名匠・堀泰明による歌舞伎の坂東玉三郎を描いた六曲一双の屏風の大作をはじめ、平...

芳澤一夫展~希望をもとめて~

芳澤一夫展~希望をもとめて~

会期終了

会期:

2021年秋に開館予定の小田原市民ホールの緞帳デザインを手がけた芳澤一夫は、小田原駅のステンドグラス、さだまさしのCDジャケット、高...

齋 正機 展 新世代の日本画~やさしく、あたたかな絵~

齋 正機 展 新世代の日本画~やさしく、あたたかな絵~

会期終了

会期:

現代の日本画に新たな風を吹き込む齋正機(さいまさき)の展覧会。鉄道や田園風景、人々...

こちらの機能は、会員登録(無料)後にご利用いただけます。

会員登録はこちらから
SIGN UP
ログインはこちらから
SIGN IN

※あなたの美術館鑑賞をアートアジェンダがサポートいたします。
詳しくはこちら

CLOSE

こちらの機能は、会員登録(無料)後にご利用いただけます。

会員登録はこちらから
SIGN UP
ログインはこちらから
SIGN IN

ログインせずに「いいね(THANKS!)」する場合は こちら

CLOSE


がマイページにクリップされました

CLOSE マイページクリップ一覧を見る


がお気に入りに登録されました

CLOSE マイページお気に入り一覧を見る


を訪問済みに移動しました

CLOSE マイページ訪問済みイベントを見る

CLOSE

name

参考になりました!をクリックしたユーザー 一覧
CLOSE