川崎市岡本太郎美術館TARO OKAMOTO MUSEUM of ART, KAWASAKI

川崎市岡本太郎美術館

川崎市岡本太郎美術館についてABOUT TARO OKAMOTO MUSEUM of ART, KAWASAKI

岡本太郎の生誕の地である川崎市にある、川崎市市民ミュージアムで回顧展が行われたことをきっかけに、1991年11月に岡本太郎氏の所有する主要作品352点が川崎市に寄贈され、美術館建設が決定。1993年3月には「仮称岡本記念館建設構想」が策定されるとともに、あらたに岡本太郎氏の所有する主要作品1427点が追加寄贈された。

同年7月、建設予定候補地に神奈川県川崎市の多摩丘陵の一角に位置する生田緑地が選定され、1996年11月に美術館建設が着工、1999年10月に川崎市岡本太郎美術館が開館した。

生田緑地の美しい自然の中に建つ岡本太郎美術館は、四季を通じて野鳥の森、菖蒲園、梅園などの様々な自然とふれあえる環境にある。生田緑地内には、岡本太郎美術館だけではなく、日本民家園、かわさき宙(そら)と緑の科学館、伝統工芸館などの施設が設置されている。

岡本太郎美術館は、「自然と融合した美術館」をコンセプトとし、展示室を始めとするほとんどの施設を地下に据え、地上にはシンボルタワーである「母の塔」を中心とする公園スペース、カフェテリアや湧水を利用した池や滝など、美術館機能だけでなく生田緑地の自然を取り入れた、市民の憩の場となる設計が施されている。

また、「体験型展示空間」をコンセプトに、石段を上がり洞窟に入るイメージで設計された通路や天上のドームから光が差し込むエントランスホール、豊かな緑地に湧き上がる水をイメージした床の青いタイル、太陽の塔の顔のレリーフが出迎え、太郎ワールドに誘う迷宮的な空間の常設展示室など、岡本太郎のジャンルを越えた様々な造形表現や思想とその背景に出会うことのできる工夫が凝らされている。

アクセスマップACCESS MAP

Googlemapで見る

〒214-0032神奈川県川崎市多摩区枡形7-1-5 TEL 044-900-9898
川崎市岡本太郎美術館

利用案内INFORMATION

川崎市岡本太郎美術館 公式サイトURL
http://www.taromuseum.jp/
所在地
〒214-0032神奈川県川崎市多摩区枡形7-1-5
TEL 044-900-9898
最寄駅
小田急線 向ヶ丘遊園駅

◆徒歩約17分(南口から道なりに進み、ダイエーを左手に見ながら稲生橋交差点を渡る。そのまま直進し、生田緑地の入口から坂道を上がり、芝生広場の右手奥が美術館)

◆タクシー 南口タクシー乗り場から、行き先を「生田緑地東口」ないしは「日本民家園まで」。生田緑地の入口まで4分程度。そこから徒歩で約5分。

◆バス 南口ターミナルから川崎市バス「溝口駅南口行」(5番のりば・溝19系統)乗車、「生田緑地入口」で下車(約3分)、バス停より徒歩約8分 ※1時間に1~2本の運行

◆バス 北口ターミナルから小田急バス「専修大学行」乗車、終点「専修大学前」で下車(約10分)、バス停より生田緑地西口園路(通行可能時間 8:00~17:30)を通って徒歩約6分
開館時間
開館時間 09:30〜17:00(最終入館時間 16:30)
定休日
月曜日 
定休日についての追記事項
※月曜が祝日の場合は開館
祝日の翌日は休館日(祝日の翌日が土日にあたる場合は開館)
年末年始、他に臨時休館日あり
入館料・観覧料
<企画展>
展覧会によって異なります。
開催展覧会情報をご確認ください。
※企画展開催時は企画展・常設展はセット料金になります
割引クーポン
特になし
美術館名 よみがな
かわさきしおかもとたろうびじゅつかん

川崎市岡本太郎美術館についての感想・評価REVIEWS

この美術館にはまだ感想・評価の投稿がありません。
最初の感想・評価を投稿してみませんか?
(展覧会についての感想・評価は、各展覧会のページよりご投稿をお願いいたします。
こちらは、「美術館」自体についての感想・評価の投稿欄となります。)

感想・評価を投稿する

川崎市岡本太郎美術館 開催展覧会情報EXHIBITION INFO

高橋士郎 古事記展 神話芸術テクノロジー

高橋士郎 古事記展 神話芸術テクノロジー

開催中

会期:

高橋士郎は造形作家として、1960年代よりコンピューター制御のアート「立体機構シリーズ」を制作し、その先駆的な作品は日...

これまでに川崎市岡本太郎美術館で開催された展覧会

音と造形のレゾナンス-バシェ音響彫刻と岡本太郎の共振

音と造形のレゾナンス-バシェ音響彫刻と岡本太郎の共振

会期終了

会期:

岡本太郎は、芸術がすべての人と共有するものであるという理念を貫き、《太陽の塔》をはじめとする多くのパブリック作品を...

企画展 第23回岡本太郎現代芸術賞(TARO賞)

企画展 第23回岡本太郎現代芸術賞(TARO賞)

会期終了

会期:

時代に先駆けて、たえず新たな挑戦を続けてきた岡本太郎。岡本太郎現代芸術賞は、岡本の精神を継承し、自由な視点と発想で...

岡本太郎“聖家族”

岡本太郎“聖家族”

会期終了

会期:

漫画家である父・岡本一平と、小説家であり歌人の母・岡本かの子を両親に持つ岡本太郎。一家と関わりの深かった小説家・川端康成は、この家族を“聖家族”と呼びまし...

これまでの企画展みんな見せます! 後期/芸術と社会・現代の作家たち

これまでの企画展みんな見せます! 後期/芸術と社会・現代の作家たち

会期終了

会期:

生前の岡本太郎氏から川崎市が2千点におよぶ主要作品の寄贈を受け、1999年10月に...

岡本太郎美術館20周年記念展  これまでの企画展みんな見せます! 前期/岡本太郎・縄文から現代へ

岡本太郎美術館20周年記念展  これまでの企画展みんな見せます! 前期/岡本太郎・縄文から現代へ

会期終了

会期:

生前の岡本太郎氏から川崎市が2千点におよぶ主要作品の寄贈を受け、1999年10月30...

企画展「岡本太郎と日本の伝統」

企画展「岡本太郎と日本の伝統」

会期終了

会期:

1951年11月、岡本太郎は東京国立博物館において縄文土器と出会い、その4次元的な造形力に衝撃を覚え翌年、美術雑誌『みづゑ』に「四次元との対話-縄文土器論」を発...

企画展 「第22回岡本太郎現代芸術賞(TARO賞)」

企画展 「第22回岡本太郎現代芸術賞(TARO賞)」

会期終了

会期:

時代に先駆けて、たえず新たな挑戦を続けてきた岡本太郎。 岡本太郎現代芸術賞は、岡本の精神を継承し、自由な視点と発想...

イサム・ノグチと岡本太郎 -越境者たちの日本-

イサム・ノグチと岡本太郎 -越境者たちの日本-

会期終了

会期:

イサム・ノグチと岡本太郎は、1950年、日本アヴァンギャルド美術家クラブの主催により東中野のレストラン「モナミ」で開催...

街の中の岡本太郎 パブリックアートの世界

街の中の岡本太郎 パブリックアートの世界

会期終了

会期:

岡本太郎が多面的な活動の中で、公園や学校などパブリックな空間に創作した作品は、全国に70ヵ所140点以上に及びます。 ...

岡本太郎の写真-採集と思考のはざまに

岡本太郎の写真-採集と思考のはざまに

会期終了

会期:

岡本太郎は若い日に留学したパリで、画家としての方向を模索するかたわら、自分の行く道への裏づけを得たいという切実な思...

企画展「第21回岡本太郎現代芸術賞(TARO賞)」展

企画展「第21回岡本太郎現代芸術賞(TARO賞)」展

会期終了

会期:

時代に先駆けて、たえず新たな挑戦を続けてきた岡本太郎。 1954年、岡本太郎43歳のときに出版された『今日の芸術』。この...

岡本太郎とメディアアート 山口勝弘―受け継がれるもの

岡本太郎とメディアアート 山口勝弘―受け継がれるもの

会期終了

会期:

アヴァンギャルドの一匹狼として、戦後日本の美術界にノンを突きつけた岡本太郎ですが、同時に分野を超えた新しい芸術の展...

こちらの機能は、会員登録(無料)後にご利用いただけます。

会員登録はこちらから
SIGN UP
ログインはこちらから
SIGN IN

※あなたの美術館鑑賞をアートアジェンダがサポートいたします。
詳しくはこちら

CLOSE


がマイページにクリップされました

CLOSE マイページクリップ一覧を見る


がお気に入りに登録されました

CLOSE マイページお気に入り一覧を見る


を訪問済みに移動しました

CLOSE マイページ訪問済みイベントを見る

name

参考になりました!をクリックしたユーザー 一覧

CLOSE